日本人が食べる前に言うこと

日本人が食べる前に言うこと

日本の文化や習慣に興味がありますか?ここでは、日本人が食事をする前に言う言葉についてご紹介します。読んでみてくださいね。

日本語では、食事のことを「ごはん」と言いますが、この言葉は実際には「蒸した米」のことを指します。米は日本料理の重要な要素であるため、この言葉はすべての食事の共通語として使われるようになりました。 

日本の伝統的な食事には、一膳の白いご飯、主菜(肉や魚)、副菜(野菜)、汁物(味噌汁や澄まし汁)、香の物などが含まれます。 

日本人は食事の時間をとても大切にしていて、それをしっかりと表現しています。敬意を示す方法として、日本人は自分の気持ちや考えを形にするために手を合わせます。これは、ご先祖様や神様に敬意を表すときに使う手の動きと同じです。しかし、手を合わせずに、挨拶をすることもあります。

日本人は食事の前に何を言うか知っていますか?日本人が食事をするときに使うフレーズをすべてご紹介します。

食べる前に日本人が言うことは?

日本人は最初の一口を食べる前に、「いただきます」と言います。これは、食事を用意してくれた人への敬意と感謝の気持ちを表す方法です。 

いただきます」とはどういう意味ですか?

いただきます」は、「いただきます」の丁寧な形です。これは、料理を受け取って食べることへの謙虚さを表す言葉です。この言葉の由来は、「頭のてっぺん」という意味の日本語の漢字から来ています。 

跪いて頭を下げ、腕を上に伸ばしている体勢です。目上の人から何かを受け取るときによく見せる姿勢です。 

また、仏壇からお供え物を受け取るときの習慣から生まれた言葉だとも言われています。この風習では、目上の人から何かを受け取るときのように、頭の上から受け取る必要があります。

日本人が「いただきます」と言うのは、いただいた食べ物に対する感謝の気持ちを表しています。このフレーズを言うことで、料理を作ってくれた人への感謝の気持ちも込められています。

この言葉を言うと、主菜か副菜のどちらかを一口食べます。その後、ご飯を少し食べて、最後にお椀から直接スープをいただきます。日本では、スープを飲むときにスプーンを使いません。ご飯は最後まで残しておき、漬け物と一緒に食べるのが一般的である。  

関連する 使うべき日本語の基礎知識

ごちそうさま

ごちそうさま」とは、日本人が食事を終えた後に使う言葉である。ごちそうさま」とは、日本人が食事を終えた後、食事を用意してくれた人に改めて感謝の気持ちを伝えるために使う言葉です。漢字では「御馳走様」と書きます。 

千總」とは、走るという意味です。なぜ「走る」のかというと、一昔前までは、文字通り走って食事をとっていました。狩りをしたり、釣りをしたり、収穫をしたりして食事をしていました。また、料理を作るためには、いろいろなところから食材を集めてこなければなりませんでした。 

そのため、このフレーズは、目の前にある料理を作るために、すべての材料を集めるという大変な作業をしてくれた人への感謝の気持ちを表すために使われます。 

このフレーズには、より敬意を表すために「ご」という言葉が付けられています。ごちそう」とは、ごちそうや豪華な食事を意味する言葉です。 

さま」とは、人の名前の後に付けて敬意を表す接尾語です。ごちそうさま」に「さま」をつけることで、自分のために料理を作ってくれた人への敬意と感謝の気持ちを表しているだけなのです。 

ごちそうさま」という言葉は、すべての言葉を合わせると、「こんなにおいしい料理を一生懸命作ってくれてありがとう」という意味になります。 

日本に来たら、食事の後にこの言葉を使うようにしましょう。そうすれば、ホストはとても喜んでくれるでしょう。 

関連する 日本語学習が困難な理由

手のひらを合わせる必要がありますか?

日本人が手のひらを合わせるのは、敬意、感謝、誠意を示していることを意味します。これは、食事の最初と最後に行われるジェスチャーです。ですから、「いただきます」や「ごちそうさま」を言うときには、手のひらを合わせて、敬意を払っていることを示すのがよいでしょう。 

しかし、これは必須ではありません。そのため、あまり気が進まない場合は、省略して、食事の前後にこれらのフレーズを言うだけでも構いません。 

その他、食事の際によく使われる日本語フレーズをご紹介します。

いただきます」「ごちそうさま」以外にも、日本で食事をする際によく使われるフレーズがいくつかあります。いただきます」や「ごちそうさま」以外にも、日本で食事をする際にこれらのフレーズを知っておくと、とても便利です。

オカワリ

おかわり」とは、「もっと食べてください」という意味で、ある料理をもっと食べたいときに使う言葉です。まだお腹が空いているときや、食べきれなくてもその料理が大好きなときに使うといいでしょう。 

また、日本では、食べ終わった後にお皿に食べ物を残すことは、失礼なこととされています。特に、おかわりを頼んだ料理は、そのように考えられます。ですから、食べる量にも注意が必要です。無駄にしないためにも、常に正確な量を頼むようにしましょう。  

Oishii

Oishiiは、ホストに料理が美味しいと伝える方法です。これは、料理人や料理を作ってくれた人を喜ばせるための素晴らしい方法です。食べ物を噛みながら「Oishii」と言うと、一緒に食事をしている人たちは、あなたが本当に食べ物を楽しんでいることを知って嬉しくなるでしょう。 

また、食べ終わった後に、食事を用意してくれた人のシェフにも言ってみましょう。自分の料理があなたを幸せな気分にさせてくれたことを伝えることができます。 

ケッコーです。

これは、何かが出されたときに「No, thank you」と言う丁寧な言い方です。食べるかどうかわからない料理を食べたくないときに、この言葉を使うことができます。また、もうお腹いっぱいなのに、おかわりをしないかと聞かれたときにも、この言葉を使うことができます。 

オナカがイッパイ

Onaka ga ippai」は、「I am full」という意味です。これは、おなかの中にもう食べ物を入れるスペースが残っていないことを示すフレーズです。また、本当にお腹いっぱいで、お皿の上の食べ物を全部食べきれない時にも使えます。これは非常に丁寧な言い方で、これ以上食べ物を摂取できないので、残しておかなければならないことを表しています。

kekkou desu」と「onaka ga ippai」はとても相性の良いフレーズです。これらのフレーズを組み合わせると、「いいえ、ありがとうございます。私はお腹いっぱいです」という意味になります。

日本の食事のエチケット

日本で食事をするときのフレーズがわかったところで、守るべきテーブルマナーを知っておいて損はないでしょう。そこで、日本人がこだわっている食事のマナーをご紹介します。 

#1- 食べ物が口の中より上に出てはいけない 

食事の際、箸を口の高さよりも上に上げてはいけません。これが、箸を持つべき最高の高さです。食事の際には、食べ物との睨み合いをしてはいけません。

#2- 箸は茶碗の上に置いてはいけない 

お椀をお箸の置き場所にしていると、日本の食事のマナーを無視していることになります。正しいことのように思えるかもしれませんが、信じてはいけません。箸置きがない場合は、箸の包み紙を使って自分で箸置きを作ることができます。それもない場合は、お盆の側面などを利用して箸を休めることができます。 

#3- 落ちてくる食べ物を手で受け止めてはいけません。 

私たちは皆、罪悪感を感じていますよね。私はいつも、口から出てきた食べ物が下に落ちるのを、手で受け止めてしまいます。しかし、日本ではこれはマナー違反とされています。

#4- スラーピングは許容され、奨励されます。 

これまでの人生で、「口をすぼめるのは失礼だ」とか「気持ち悪い」と言われてきたかもしれません。食事中に音を出すのは、あまり声を出してはいけません。しかし、日本ではそのようなことはありません。日本では、麺類を食べるときに「すする」という音を出すことが奨励されています。これは、食事を楽しんでいることの表れなのです。 

#5- スープ用のスプーンがない 

日本ではスプーンを使ってスープをすすることはありません。その代わり、箸を使ってスープの中の固形物をすべて食べます。また、スープは、器を口に近づけて一口ずつ飲みます。

#6- 醤油は必要な分だけ使う。 

醤油は、必要な分だけ自分で注ぐ必要があります。注ぎすぎはマナー違反になります。ただし、食べ終わった後は跡を残しておくのが望ましい。

#7- 箸の正しい使い方 

箸は、食べ物を刺すためではなく、食べ物を持つために使います。銛ではありませんので、使い方には注意が必要です。

日本で食事をする準備はできましたか?

さて、食前・食後の適切なフレーズの使い方やテーブルマナーなど、一連の流れに慣れてきたところで、日本に行って食事を楽しむ準備はできましたか?

関連記事

  1. 日本人の子供のしつけ方
  2. 日本の名前の仕組み
  3. 日本文化の日
  4. 日本のお正月の家族の伝統
日本語学習が難しい理由

なぜ日本語学習は難しいのか|日本語は本当に難しいのか?

日本人の日付の書き方

日本人の日付の書き方