2022年の日本の就活|知っておきたい10の重要事項

日本での就職活動

日本での仕事をお探しですか?ここでは、重要な 日本での就職活動で知っておくべきこと!読んでみてください。

どの国にも、どの文化にも、それぞれ固有の特徴があります。さて、あなたがどのような 日本語 日本に溶け込もうとしている外国人にとって、日本での就職活動を始める前に準備しておくことはとても良いことだと思います。 

日本では何でもそうですが、就職活動の場面でも、他の国の伝統とは大きく異なります。

として多くの外国人が来ていますが 英語 先生方の中には、契約終了後に他の可能性に目を向けたいと思っている人もいるでしょう。 

日本での就職活動を行う上で知っておくべきことをまとめました。 

日本での就職活動について知っておきたいこと

必要なのはマルチリンガルスキルだけではありません

日本での就職活動について、まず知っておいていただきたいことは 日本語がわかる は十分ではありません。 

 現在、ほとんどの国で、あなたの語学力が評価されています。特に、英語に精通したバイリンガルやマルチリンガルであれば、なおさらです。 

日本でもそうですが、あなたのように日本語だけでなく英語も使いこなすマルチリンガルはたくさんいます。 

日本での就職活動

マルチリンガルのスキルは、履歴書に書くと間違いなく見栄えがしますし、英語教師としての仕事を探している場合には非常に有効です。しかし、それに加えて、応募する仕事に適した他のスキルも身につけましょう。 

例えば、メインのティーチング・ディプロマに加えて、アダルト・ティーチングの資格や、効果的なレッスン・プランニングのコースを行う。 

ソフトウェアやテクノロジー関連の仕事に応募する場合も同様です。応募する仕事をこなすための短期コースを受講して、資格を取得しましょう。 

Master "ビジネスレベルの日本語"

...Or Business Level English.日本での就職活動について知っておくべきことの次は、ビジネスレベルの日本語や英語をマスターしておく必要があるということです。 

日本は、多くの先進国や途上国と同様に、単なるバイリンガルではなく、その言語を母国語のように読み、会話ができる人材を求めています。 

あなたが外国人であれば、おそらく日本語の授業をいくつか受け、ほとんどの言葉を理解できるでしょう。しかし、多くの企業が「JLPT2またはJLPT1レベルの社員のみを求める」と指定しているため、それだけでは十分ではありません。 

リード  お弁当 The Art Of Japanese Boxed Lunch

それは、英語でも同じことが言えます。もしあなたが日本人で、多国籍企業や国際的な企業に応募するのであれば、語学力をしっかりと磨いてください。 

アクセントや言葉のニュアンスをマスターして、面接官を驚かせることができるようになるまで、練習、学習、そしてまた練習しましょう。

小型化

日本での就活で知っておくべきことの次は、スタートアップを選んだほうがいいということです。 

ダウンタウンにあるおしゃれなオフィスを持つ大手企業に入社するのは夢かもしれませんが、日本に来たばかりの人にとっては、その夢は今のところほんの少しだけ遠いものかもしれません。 

日本の採用担当者は、自分の国に長く住んでいる人を採用する習慣があります。これは、そのような社員は日本の文化を理解しており、よりよく適合すると考えるからです。 

しかし、気にすることはありません。それはあなたの夢の終わりではありません。日本ではいたるところで新しいスタートアップが生まれており、多くのミレニアル世代や若い人たちがゼロから会社を作っています。 

彼らは、才能、創造性、多様なスキル、あなたが新鮮な視点で提供できるものを求めています。これらの求人に応募すれば、簡単に採用担当者とつながることができます。 

これらの仕事は、経験を積んだ後、数年後に巨大なオフィスに移るためのステップにもなります。 

ニッチ・ジョブ・ポータル 

多くの企業、特に新興企業やスタートアップ企業は、Wantedly、Daijob、Gaijinpotなどのニッチな求人ポータルサイトで求人広告を出しています。 

また、多様な人材を求めているため、より柔軟な要件を備えているのも特徴です。 

応募する前にちょっとした下調べをしておきましょう。Linkedinは、その会社がどんな社員を雇っているのか、どんな教育や雇用のバックグラウンドを持っているのかを理解するのに適したポータルです。 

彼らのバックグラウンドが多様であればあるほど、合格の可能性が高いことがわかります。

このような企業は、あなたの多様性を評価してくれるので、多言語能力、様々な国での勤務経験、幅広い職種での経験など、あなたの強みをアピールすることができます。 

適切な人材紹介会社との連携

ほとんどの高級で実績のある人材紹介会社は、管理職以上のポジションを募集するために雇われていることを覚えておいてください。

リード  日本のお正月に大切な12の家族の習慣

彼らはミッドレベルやエントリーレベルのポジションには対応していません。もしあなたがエントリーレベルのポジションを特に探しているのであれば、彼らからは何のリードも得られないので、時間の無駄になるかもしれません。 

そうは言っても、エントリーレベルのポジションを扱っているエージェントもいくつかあります。新卒の方や初めての仕事を探している方は、これらのエージェントに連絡してみてください。 

技術系やソフトウェア系の仕事の良きパートナーである人材紹介会社があります。IT関連の仕事を探している場合、これらのエージェントは、関連分野の面接をいくつか受けられるようにしてくれます。 

自分の知り合いに連絡を取り、おすすめのリクルーターを教えてもらってから、その人と仕事をするようにしましょう。また、クライアントがどのような仕事に就いているのか、リクルーターに統計を聞いてみるのもいいでしょう。 

採用担当者は、あなたのことをすべて知りたがっています。

欧米では、プライバシーや個人情報は非常に重要視されています。しかし、日本では、あなたはすべてを、つまり文字通りすべてを、潜在的な雇用者に開示することになります。

配偶者の有無、子孫の有無、将来の予定など、様々な情報を開示しなければなりません。 

このような質問は、アメリカなどでは嫌われるかもしれませんが、日本では何歳になっても当たり前のように行われています。 

例えば、ギャップイヤーなど、履歴書の中で「変だ」と思われるものについて質問されても、気を悪くしないでください。欧米ではギャップイヤーは非常に一般的ですが、学校を卒業してすぐに大学に行く東洋ではあまり一般的ではありません。 

また、1つまたは2つ以上の異なるタイプのキャリアパスに手を出したことがある場合は、それに関する質問にも答えられるようにしておきましょう。 

若いリクルーターが在籍する近代的で新しい企業は、世界の一般的な慣行をよりよく理解しており、伝統的な企業と比較して、あなたへの質問は少ないかもしれません。 

オファーを受ける前に会社を判断する

面接は、企業側が自分に合っているかどうかを見極めるためだけのものではありません。その会社があなたの価値観やキャリアパスに合っているかどうかを見極める機会でもあるのです。 

就職活動をしていて、面接の電話がかかってこなかったり、いくつかの会社に断られたりするのは、とても怖いことです。

外国人でも現地人でも、日本で就職活動をする際には、自分が受けた仕事は数ヶ月後、数年後に毎日行うものであることを常に念頭に置いてください。 

リード  日本語を学ぶためのベストな方法|日本語を学ぶための10の効果的な方法

会社の人たちは、あなたが見たり接したりする顔になり、その文化はあなたのものになります。

面接の様子から判断して、自分が尊重されているかどうか、会社の倫理観や価値観が自分と合っているかどうかを評価することができます。 

仕事の内容について質問し、それが自分にとって刺激的かどうかを見極める。

毎日やっている自分をイメージできますか?その役割を引き受けることにした場合のキャリアパスや組織での成長について、面接官に質問してみましょう。 

各社の採用活動を知る

どの会社にも採用のパターンがあります。大学院や修士課程を卒業したばかりの新卒者を採用する会社もあります。

自分に合った会社に応募すれば、面接を受けられる可能性が高くなります。 

他の企業の中には、大体2~3年の実務経験を持つ人材を特に求めているところもあります。もし、あなたがすでに経験を積んでいるなら、それが一番のチャンスとなるでしょう。 

適切な時期に応募する

日本の学生は4月に卒業しますが、欧米の学生は9月に卒業します。 

日本ではこの時期に合わせて2つの採用サイクルがあり、1つは大学を卒業したばかりの若い日本人学生を採用する4月、もう1つは海外からの候補者を採用する9月です。 

これを知った上で、このサイクルに応募すれば、面接に呼ばれる可能性が高くなります。 

インターンシップの道を歩む

また、日本経済団体連合会の倫理指針によれば、ほとんどの企業は4月と9月のサイクルでしか採用活動を行わないことになっているので、注意が必要です。 

これは、試験や卒業に向けて集中しなければならない学生にプレッシャーを与えないために設けられたものです。 

しかし、企業はそれ以外の時期に優秀な人材を逃したくはありません。そのため、多くの企業がインターンシップを実施しており、それが正社員として採用される可能性もあります。

インターンシップに応募したり、オファーがあれば積極的に参加したりすることを恐れてはいけません。 

日本語で女性を表現するには

日本語で「女」を表現する6つの方法

日本の "年賀状 "事情

日本の年賀状ガイド 2022年版