日本人の誕生日の祝い方|5つの特別な日本の誕生日の習慣

日本人の誕生日の祝い方

日本文化を学ぶシリーズ 日本人の誕生日の祝い方.日本における誕生日祝いの習慣についてご紹介します。

私は誕生日を祝うのが大好きです。大好きな人たちに一堂に会する、一年で最も特別な日です。愛する人たちから誕生日のお祝いをもらうのも大好きです。また、パーティーを開いたり、素敵なプレゼントをもらったりするのも大好きです。皆さんもきっと誕生日が好きですよね? 

しかし、年齢を重ねても誕生日を祝い続けることができるのだろうか。この答えは、間違いなくあなたの出身国によって異なります。欧米諸国では、誕生日はその人の人生の中で最も重要な日と考えられており、たとえ年長者であっても誕生日を祝います。しかし、この伝統はどの国でも同じというわけではありません。 

日本での誕生日の祝い方は、他の国の祝い方とは異なります。日本人がどのように誕生日を祝っているのか、このガイドをまとめました。日本の誕生日の伝統や習慣についてすべて知るために、読み進めてください。日本での誕生日の祝い方が、普段慣れ親しんでいるものとどう違うのか、きっと驚かれることでしょう。

  ショップ・フロム・ジャパン  

日本では、第二次世界大戦後まで誕生日を祝うことがなかった。その理由は、日本から せいようりゅう と1950年代以降の伝統があります。 

この時期、西洋のファッションや食事、クリスマスやイースターなどの祝祭が広まった。また、誕生日を祝う習慣も定着した。 

1950年代以前の日本が誕生日を祝わなかったのは、日本が個人よりも集団を重視する傾向にあるからです。日本では、誕生日はプライベートなもの、個人的なものと考えられているのです。 

誕生日のお祝いは、当初は海外の方が主流な概念でした。それ以前は、日本人が祝う誕生日は元旦だけだった。日本人はこの日に年を取ると信じて、みんなで祝っていたのである。 

日本では、お正月は今日に至るまで非常に重要な日とされています。お正月になると、日本では子供や10代の子供にお祝いのお金を渡す習慣があります。 

しかし、日本ではこの70年の間に誕生日の概念が変わってきています。日本人がどのように誕生日を祝っているのか、興味はありませんか?   

日本人の誕生日の祝い方

日本では、誕生日はケーキを食べたり、プレゼントを贈ったり、家族で集まったりしてお祝いします。また、「厄年」と呼ばれる不祝儀を守ったり、「二十四節気」に従ってお祝いしたりと、ユニークな習慣もあります。また、子どもたちはキャラクターをテーマにしたパーティーを開くことが多く、神社やお寺にお参りして祝福を受ける人もいるようです。また、ソーシャルメディアでも誕生日の挨拶が盛んに行われるようになりました。

日本の誕生日の風習

誕生日は、日本文化において特別な意味を持つものである。日本の伝統的な習慣の中には、西洋の習慣の影響を受けているものもありますが、日本の誕生日祝いを特徴づけるユニークな側面もあります。

日本では一般的な誕生日の習慣をご紹介します:

  • 成人式のお祝い

日本では、20歳を迎えることは大きな節目となります。1月に行われる「成人の日」には、若者たちがこの日を祝います。この日、前年に20歳になった人たちは、振袖という伝統的な服装で、役所などで行われる式典に出席します。スピーチしたり、プレゼントをもらったりして、正式に成人したことを祝います。

  • オメデトウゴザイマス
リード  なぜ日本人はマスクをするのか|日本のマスク文化に隠された5つの興味深い理由

"オメデトウゴザイマス "は、日本語で「お誕生日おめでとう」と言うときに使われるフレーズです。友人や家族、同僚などが誕生日を祝うときに、この言葉を使うのが一般的です。また、バースデーカードを交換したり、メッセージを送ったりして、お祝いの気持ちを伝えることもあります。

  • バースデーパーティー

近年、日本では欧米スタイルのバースデーパーティーが、特に子どもたちの間で人気を博しています。飾り付けや風船、ゲーム、バースデーケーキなどが用意されることが多い。子どもは友だちを招待し、親はゲームを企画したり、ピエロやマジシャンなどのエンターテイナーを雇ったりすることもあります。

誕生日の子どもは、みんなで「ハッピーバースデー」の歌を歌いながら、ケーキのろうそくを吹き消すのが一般的です。

  • ヤクドシ

日本の民俗学では、ある年齢が不吉であるとか、災難に遭いやすいとされています。そのひとつが "厄年 "である。男性は25歳、42歳、61歳の3つ、女性は19歳、33歳、37歳、61歳の4つが不吉な年齢とされています。このような誕生日には、儀式を行ったり、神社に参拝したりして、厄除けに気を配る人もいるようです。

  • レッド&ホワイト

日本では、特定の色をお祝いの行事に関連付けることが一般的です。赤と白は、喜びと純潔を象徴する縁起の良い色とされています。包装紙や風船、花など、誕生日の飾り付けにはこれらの色がよく使われています。

同様に、日本の伝統菓子である「和菓子」は、誕生日などの特別な日に紅白のデザインで作られることが多い。

  • 誕生日プレゼント

誕生日にプレゼントを贈るのも、日本では一般的な習慣です。洋服やアクセサリー、化粧品、本、趣味のものなど、贈る相手の好みに合わせて選ぶのが一般的です。プレゼントは美しくラッピングして贈るのが一般的で、お祝いの言葉や感謝の気持ちを込めたメモを添えて贈るのがおすすめです。

  • 長寿のお祝い

日本では、年齢を重ねるごとに、その節目を盛大に祝うことができます。例えば、60歳を迎えると「還暦」「古希」を迎えます。これは干支でいうところの一周忌にあたります。長寿と知恵を称えるために、家族で集まり、ごちそうを食べ、贈り物をするのが一般的です。

現代日本の誕生日祝い

最近の日本では、主に子供の誕生日を祝うことが多いようです。誕生日には、親が小さな集まりを開いて、子供たちにケーキを切らせる。誕生日に用意されるケーキは、白いビクトリア・スポンジにクリームを塗ったものが一般的だ。ケーキにつけるロウソクの数は、子供が何歳になるかによって異なる。

ハッピーバースデーの歌も、暗闇の中で英語で歌います。この歌が歌われると、子どもはろうそくを吹かなければならない。バースデーソングを英語で歌うのは、日本語に相当する歌がないためである。この儀式は、欧米での誕生日の祝い方とよく似ている。 

しかし、だからといって、日本の大人たちは、自分たちなりの誕生日の祝い方、この日の楽しみ方を持っています。大人の場合、誕生日の男の子や女の子のために、友人たちがパーティーを企画する。これは習慣的な儀式である。

このお祝いの会計は、パーティーを企画した友人や家族が完全に負担してくれる。これは、誕生日の女の子や身体への贈り物となるため、完全に理にかなっています。 

関連する 日本人の敬意の表し方

日本では子供の誕生日はどのように祝うのですか?

日本人の誕生日の祝い方

誕生日を祝うのに、子どもは最も幸運な存在です。親は、子供たちが特別な日を本当に楽しめるようにします。誕生日の子供のために小さな集まりが催される。ケーキとろうそくでお祝いします。ケーキは、子供や親の好みに合わせて、シンプルなものから凝ったものまでデザインされる。ケーキをカットするときには、照明が落とされ、ハッピーバースデーの歌が歌われる。そして、欧米の文化にならって、親から子へプレゼントが贈られます。また、非常に贅沢ないくつかの誕生日パーティーがあることを参照してください。 

初節句

初節句

日本の子供が1歳になったときの誕生日の習慣は、アメリカで見られるものとはかなり異なっています。アメリカ人は子供の1歳の誕生日にケーキを叩き割る。 

しかし、日本では「一升餅」と呼ばれる餅を子供が担いだり、踏んだりする。この餅は重さが4キロほどあり、子供が誕生日のお祝いをする習慣を知るきっかけとなる。 

リード  日本の畳の部屋とその文化

この風習は幸運をもたらすと考えられています。もう一つ、日本で行われている初節句の風習に「絵馬取り」というものがあります。これは、子供が自分の将来を象徴するような品物を選ぶことができる伝統である。 

例えば、子供が電卓を選んだら、将来のビジネス力に優れていることを意味している可能性があります。 

関連する 日本人の親の呼び方

日本の伝統的な七五三

七五三を直訳すると、七・五・三。これは、7歳の女の子と5歳の男の子、そして3歳の男女の子供を、親が神社に連れて行くという日本の伝統的な行事である。

この子どもたちには、千歳飴というお菓子が誕生日プレゼントとして贈られます。この日、誕生日の子どもたちは、日本の伝統的な衣装を身につけます。これは11月15日の縁起の良い日に行われる風習です。子供の健やかな成長を願う風習です。 

関連する 日本人の日付の書き方

日本では、大人はどのように誕生日を祝うのでしょうか?

日本人の成人の誕生日

子供たちがかなり豪華なパーティーをするのに対して、大人の誕生日祝いはかなり地味なものです。友人や家族が誕生日パーティーを企画し、その費用をすべて負担しなければならないこともある。

誕生日の男の子や女の子は何もお金を払わないので、この誕生日のお祝いは彼らにとってプレゼントのようなものです。ただし、このお祝いは誕生日当日に行うのではなく、その前後に行います。

関連する 日本人が食べる前に言うこと

日本の夫婦は誕生日をどのように祝っているのだろうか。

日本人の夫婦の誕生日

日本の大人が生まれた日は、大切な人と一緒にお祝いしたいと思うものです。その大切な人とは、配偶者であったり、彼女やボーイフレンドであったりする。この日、カップルは一緒に外出したり、プレゼントを交換したりする。この特別な日に何をするかは、人それぞれです。また、ロマンチックなディナーに行ったり、日帰り旅行をしたりすることもある。 

しかし、このお祝いに贅沢をする必要はありません。シンプルなケーキとカードがあれば、その日はとても特別なものになるのです。また、誕生日を特別なものにするために、この日にできる手頃な体験がいくつかあります。ロマンチックな散歩、おいしい食事、日帰り旅行などです。これらはすべて、この日を特別なものにすることができます。

日本には、大人の誕生日という特別な習慣があります。

アメリカには大人の特別な誕生日があるように、日本にも誕生日がある。アメリカでは、18歳と21歳が成人の誕生日とされています。日本では20歳がその年齢にあたります。ここでは、日本の特別な誕生日の習慣をいくつかご紹介します。 

二十歳の誕生日の風習

日本では20歳になると大人とみなされます。この誕生日は、1月の第2月曜日に祝われます。この日に行われる成人式は、以下のように知られています。 せいジンノヒ.

この日、政府は20歳になる人に公文書を送ります。女性はこの日を記念して、特別な着物を着る。祝賀会ではスピーチやパフォーマンスが行われ、20歳になるすべての人が参加する。 

還暦の風習

もう一つ、日本で重要な誕生日祝いは、成人が60歳になる時である。この日は、干支のサイクルが終了し、生まれ変わることを象徴しているため、とても重要な日です。この日は、家族で還暦の誕生会を催す。この特別な日のために、誕生日の男性は特別な座布団、赤い袖なしのベスト、扇子を装いの一部として取り入れます。また、ケーキに白い鶴や赤い亀などの飾りをつけることもあります。 

喜寿の風習

日本人の誕生日会

77歳は、日本ではまたとない特別な誕生日のお祝いです。なぜか、と思われるかもしれません。それは、この年齢が楽しくて幸せな年齢と考えられているからです。この年齢まで生きてこられた方は、かなり幸運な方だと思います。77歳は通過儀礼、つまり「が・の・い・う・い」と考えられています。

八十八夜の風物詩

88歳の誕生日祝いは、88の字が米粒に似ていることから、「米寿」とも呼ばれている。日本人が88歳の誕生日を祝うのは、米が善の象徴と見なされているからである。この日を記念する伝統的な贈り物には、鳩のついたステッキがあります。

九十九折の風習

日本の99歳の誕生日祝いは「ホワイト」バースデーと呼ばれています。白寿と呼ばれるからには、ほとんどのゲストが白い服を着て、日本の伝統的な長寿の誕生日プレゼントを贈るのが目に見えている。

日本での誕生日のお祝い:よくある質問

日本人は誕生日に何を食べるのでしょうか?

日本人は誕生日に様々な料理を食べますが、代表的な料理には次のようなものがあります:

  • セキハンです: 誕生日などの特別な日によく食べられるお赤飯です。縁起を担ぐとされる小豆を使用しています。
  • もち: 誕生日によく出されるお餅の一種。もち米を杵でつき、もちもちとした食感に仕上げたものです。餅はプレーンな状態で食べることができ、また、甘いものや香ばしいものを入れて食べることもできる。
  • 天ぷらです: 魚介類や野菜などを衣につけて揚げた料理です。天ぷらには、醤油、みりん、酒などで作ったつけ汁が添えられることが多い。
  • お寿司です: 酢飯の上に魚介類や野菜などの具材を乗せた日本料理です。寿司にはわさびや紅しょうがが添えられていることが多い。
  • ラーメンです: 豚肉や鶏肉、野菜などを入れて食べることが多い、日本の麺類です。ラーメンはボリュームがあり、食べ応えがあるため、誕生日の食事として人気があります。
リード  日本人は幸せか?

日本人の誕生日には、これらの料理のほかに、ケーキやアイスクリーム、フルーツなどを楽しむこともあります。誕生日に出される具体的な食べ物は、その家庭の伝統や好みによってさまざまです。

日本人は誕生日に何を言うのか?

日本語で「お誕生日おめでとうございます」と言う場合、「おたんじょうびおめどとうございます」が一般的です。このフレーズは、誕生日の挨拶をするための丁寧で正式な方法です。

しかし、友人や家族の間では、「お誕生日おめでとう」、あるいは「誕生日おめでとう」と、よりカジュアルな表現で誕生日のお祝いをすることもあります。

また、カードやメッセージ、SNSの投稿など、文字で誕生日の挨拶をすることも一般的です。素敵な一年になりますように」、「幸せな一年をお過ごしください」などです、「幸せな一年をお過ごしください」「幸せな一年を過ごしてください。"

これらのフレーズや表現は、日本語で誕生日を祝う人に「おめでとう」「幸せ」「幸運」を伝えるもので、誕生日に感謝や好意を表すことを重視する文化が反映されています。

日本人は誕生日を2回祝うのか?

そう、日本人は誕生日を2回祝うのです。1つ目は正式な誕生日、つまり生まれた日です。ケーキやプレゼントを用意し、"ハッピーバースデー "を歌ってお祝いします。2番目の誕生日は元旦です。かつての日本人は、いつ生まれても元旦には1歳になっていると考えていました。

この習慣はほとんどなくなりましたが、今でも新しい年の始まりの記念として、新年の誕生日を祝う人がいます。

日本では誕生日が盛んなのでしょうか?

日本では、アメリカなどの諸外国ほど誕生日は盛んではありません。しかし、それでも誕生日は祝われますし、その祝い方は年齢や機会によって様々です。

小さなお子さんの場合、誕生日は自宅やパーティー会場でパーティーを開いてお祝いすることが多いようです。パーティーでは、ゲームやアクティビティ、食事、ケーキなどを楽しむことができます。子供の誕生日パーティーは、親が計画することが多いのですが、子供が計画プロセスに参加することもあります。

大人の場合、誕生日は外食や友人とのちょっとした集まりでお祝いすることが多いようです。大人の誕生日のお祝いは、子供の誕生日会よりも形式ばらないのが一般的です。

また、日本ではより盛大にお祝いされる特別な誕生日があります。例えば、20歳の誕生日は大きな節目であり、盛大なパーティーで祝われることが多い。また、60歳の誕生日も大きな節目であり、正式なセレモニーで祝われることが多い。

全体的に、日本では誕生日は祝われますが、他の国に比べてそれほど大きなものではありません。誕生日の祝い方は、その人の年齢や機会によって異なることがあります。

日本の誕生日の風習! 

日本人の誕生日の祝い方の違いや、さまざまな伝統はおわかりいただけたでしょうか?もしあなたが日本に住んでいる、もしくは日本に住んでいる大切な人がいるのであれば、これらの誕生日の習慣や伝統を忘れないでください。お誕生日おめでとうございます。

関連記事

  1. 日本語学習が困難な理由
  2. 日本刀ができるまで

どう思う?

100歳以下のベストジャパニーズウイスキー

日本のウイスキーは日本の方が安い?

グッチは日本では安いのか

グッチは諸外国より日本の方が安い?