日本のオノマトポエイアのリスト|知っておくべき5種類の日本のオノマトペ!

日本のオノマトポエイア

日本のオノマトペとは、音を表す言葉のことです。英語で一般的なオノマトペは、「pop」、「whoosh」、「bang」、「baam」です。オノマトペは言語をより活気に満ちた活気のあるものにします。

オノマトペは、マンガや漫画で最も一般的に見られます。しかし、日本のオノマトペ表現は日常生活でますます一般的になっています。日本語での会話スキルを向上させる方法を探しているなら、日本のオノマトペがまさに必要なものです。

日本語は英語やアラビア語に比べて動詞や形容詞が比較的少ないです。日本のオノマトペは非常に柔軟性があり、さまざまな意味があります。これは、新しい学習者のために学ぶことを困難にする可能性があります。

日本語は他のどの言語よりもオノマトペが多いです。日本人は日常の交流にもオノマトペを使っています。 Iitは、小さなニュアンスを表現するために使用されます。そのため、日本語を学びたいのであれば、日本語のオノマトポエイアに慣れておく必要があります。

日本のオノマトポエイアのリスト

日本のオノマトペの種類

日本語では、オノマトペは動物の音、自然、無生物、動き、感情を表現するために使用できます。日本のオノマトペの5つのタイプは次のとおりです。

  1. ギオンゴ:乗り物や雨など、生き物以外の音。
  2. ギタイゴ:蒸し暑さや汗でベタベタした感じなどの状態を表す音。
  3. ギセイゴ:鳥や人などの生き物が作る音。
  4. ぎょうご:深い眠りに落ちたり、歩き回ったりするなど、特定の動きを表す音。
  5. ぎじょうご:不気味な気持ちで寒気を感じるなど、気持ちを表す音。

物事を簡単にするために、2つの主要なタイプがあります。音を表す言葉と感情や感情を表す言葉であるGiongoとGitaigoです。

日本語オノマトペの文法形式

これは少し注意が必要かもしれません。ルールは少し曖昧です。しかし、通常、音を表す単語はカタカナ(ほとんどのGiongoのように)で書かれ、感情や状態を表す単語はひらがな(ほとんどのGitaigo)で書かれます。

しかし、これはそれがどんな種類の音であるかによります。カタカナはかなり硬くて四角く見え、ひらがなは丸くて柔らかいです。ですから、それに関しては、カタカナは硬い音に使われ、ひらがなは柔らかい音に使われます。

日本語のオノマトペ表現の3つの主要な文法形式は次のとおりです。

  1. ダブルフォーム:フォームは、音または感情の継続的な状態を表します。たとえば、興奮を表す「ワクワク」や流暢に話す行為を表す「ペラペラ」などです。
  1. とフォーム:このフォームは、速く、短く、途切れた音を表現するために使用されます。たとえば、「hatto」はあえぎを表すために使用され、「zotto」は背骨を走る震えを表すために使用されます。 
  1. この形式:この形式は、遅いまたは引き出された音またはアクションを表現するために使用されます。たとえば、怠惰な歩行を表す「のそり」や、落胆を表す「しんぼり」などです。

動物の効果音のための日本のオノマトペ(ギセイゴ)

  • ワンワン:ウーフウーフ(犬)
  • ニャニャー:ニャーニャー(猫)
  • Mo- mo- :Moo-moo(牛)
  • Hi-ホアヒン:いななき-いななき(馬)
  • Bu- bu- :Oink-oink(豚)
  • Kokekokko-:Cockadoodledoo(オンドリ)
  • ケロケロ:リビット-リビット(カエル)
  • Uki uki :Oo-oo-ah-ah(サル)
  • Bu-n :バズバズ(ミツバチ、または飛んでいる昆虫)
  • コンコン:キツネの鳴き声

人々の効果音のための日本のオノマトペ(ギセイゴ)

  • コホンコホン:軽い咳
  • Guu guu :大声でいびきをかく。
  • Kushu:くしゃみ
  • ワイワイ:遊んでいる子供たち、または騒々しく話している人々のグループ
  • Koso koso: Secret whispering
  • Kya- :悲鳴を上げる
  • Zuru zuru: Slurping loudly
  • ニコニコ:微笑む(何か面白いことで)
  • 病気:じっと見つめる
  • Gabu gabu: To guzzle a drink
  • Gyaa gyaa:大声で泣いたり泣いたりする
  • しくしく:ささやく、またはそっと泣く

無生物効果音のための日本のオノマトポイア(Giongo)

  • パラパラ:光、散乱した雨、または本のページをめくる。
  • 凛凛:自転車のベルが鳴るような鳴る音。
  • コンコン:ノック
  • 五郎五郎:雷鳴、または大きな物体が大声で転がる
  • Za- za- :大雨
  • ごぼうごぼう:ごぼう
  • ガタンガトン:電車がパチパチと音を立てる音
  • ガシャン:クラッシュ
  • カタカタ:クリッククラック、またはタイピング
  • 着用着用:ざわめき
  • ボード:バン

状態または条件のための日本のオノマトペ(Gitaigo)

  • キラキラ:スパークリング
  • 達人達人:めまい
  • ペトペト:汗でベタベタする
  • Bisshori: To be soaked
  • Pika pika: To shine
  • ムシムシ:湿気が多く、暑くてべたつく天気
  • ピリピリ:スパイシーで辛い感覚
  • ベトベト:ねばねば
  • ダラダラ:怠惰
  • Hoka hoka: Steamy, warm food
  • Fuwa fuwa: Furry or fleece
  • Kara Kara: Sweating

感情と感情のための日本のオノマトペ(ギジョウゴ)

  • :吐き気
  • アイラIRA:イライラするために、
  • びっくり:びっくり、びっくり
  • のろのろ:怠惰に感じる
  • ボロボロ:精神的に消耗していると感じる
  • ゾット:背筋を冷やすために、通常はひどいまたは怖い感じから
  • Musu-t :ふくれっ面
  • ランラン:ハミングを楽しく
  • やきもき:落ち着かないのが心配
  • ムクムク:アイデアを考えて、インスピレーションがヒット
  • ドキドキ:興奮や緊張を伴うハートレース
  • Uki uki: Cheerful

動きのある日本のオノマトペ(ぎょうご)

  • 達人達人:回転する
  • Yukkuri:ゆっくりと何かをします
  • コロコロ:何かが転がる
  • うろうろ) :さまよう
  • スタスタ:活発な散歩
  • Kote-t :うなずいて寝る
  • Kaba-t :スタートで目を覚ます
  • Gachi gachi: Teeth chattering
  • 芝芝:速く点滅
  • すぐには、あなたの食べ物を下にchowing:カバのKABA
  • ダダダダダダダ:ランニング

食品の風味と食感を表現するための日本のオノマトペ

  • パリパリ: 「サクサク」、「無愛想」
  • Saku saku: “crunchy”
  • シャキシャキ: 「サクサクしてジューシー」
  • トロット:「なめらかに溶ける」
  • ふんわり:「ふわふわ」、「ソフト」、「光」
  • Kachi kachi or Kochi kochi: “hard,” “stiff,” “rigid”
  • パサパサ:「ドライ」、「ドライアウト」、「触りにくい」
  • しっとり:「しっとり」「やわらかい手触り」
  • プリット:「スパイシーで辛い」
  • コッテリ:「リッチ」、「ヘビー」、「リンギング」、「ファット」
  • アサリ:「重くも長続きもしない」「軽い」
  • 天国の天国:「ねばねばしてぬるぬる」

体型を説明するための日本のオノマトペ

  • GARI GARI:「痩せた」「スキニー」、「皮膚や骨、」「」薄いです
  • ほっそり:「スリム」「スレンダー」「シン」
  • スラット:「スリム」、「スレンダー」
  • ポッチャリ:「ぽっちゃり」「ふっくら」
  • Muki muk i:「筋肉」、「茶色」
  • ガッキリ:「しっかりした」、「骨太」、「筋肉」
  • サラサラ:「なめらか」「ドライ」「クリーン」(髪の毛を表現するときに使用)
  • Bosa bosa:「コーミングされていない」、「もつれている」(髪の毛を説明するときに使用)

誰かの性格のタイプや態度を説明するための日本のオノマトペ

  • チャキチャキ: 「率直」「率直」
  • さばさば: 「さわやか」「うるさい」
  • Tekipaki: 「アラート」、「よく整理された」、「クリスプ」
  • Honobono:”relaxed,” “heartwarming”
  • Ottori:”easygoing”
  • のほん族:「のんき」「のんびり」
  • キャラキャラ: 「浅い」「無駄」「遊んで」
  • セカセカ:「忙しい」「落ち着かない」「気まぐれ」
  • Guzu guzu:「時間を無駄に」または「dillydallying」

健康状態を説明するための日本のオノマトペ

  • めがしょうぼしょぼする: 「目がむくむ」「目が腫れる」
  • Me ga gorogoro suru: 「何かが目に入ったような気分」
  • Hana ga zuruzuru deru: “to have a runny nose”
  • Hana ga muzumuzu suru: “one’s nose is tickling”
  • Mimigakīntosuru: 「耳鳴りがする」「耳鳴りがする」
  • くしゃみ:くしゃみ音
  • コンコン:咳の音
  • Goho goho: strong cough
  • Zoku zoku: shiver from fever

天気を説明するための日本のオノマトペ

  • カミナリがゴロゴロナル:ゴロゴロは、雷の鳴き声に使われるオノマトペの言葉です。ゴロゴロはお腹の音や重い物が転がる音としても使われます。
  • ピカットひかる:ピカットは、閃光や短命の輝きを表すオノマトペの言葉です。さまざまな方法で使用できますが、その1つは稲妻を説明することです。
  • Amegazāzāfuru :Zāzāは、大雨の音や状態を表すオノマトペの言葉です。
  • Ame ga potsupotsu furi hajimeru: Potsupotsu or potsuripotsuri describes the sound of rain that started not too long ago.
  • あめがパラパラふる:パラパラは小雨が降る音を表現しています。
  • Donyori :「曇り」、「鈍い」、「不機嫌」
  • カラット:「片付け、(天気)」、「乾いた」、「さわやか」
  • ジム・ジム:「湿気のある」
  • Tsuru tsuru: “very slippery”
  • Bisho bisho: “soaking wet”

睡眠の動作を表現するための日本のオノマトペ

  • Gūgū :実際のいびき音を説明します。また、いびきに関連することが多い、よく眠っている状態についても説明します。
  • ぐすり:ぐっすり眠っていることを示します。
  • 末安屋:軽い呼吸の音を伴って、快適に静かに眠っている人の状態を説明します。
  • うとうと:居眠りやうなずきなどの眠気に抵抗できないことを指します。これは、通常の睡眠時間外に行われる浅い睡眠を指します。

笑いの行動を表現するための日本のオノマトペ

  • クスクスは、抑制された笑いを表現するために使用される笑い声です。
  • Gerageraはかなり大きな声でguffawingの音を記述する。
  • ケラケラは、ゲラゲラよりも高音の笑いに使用されます(「K」の音は、「G」の音よりも軽いまたは高音を表すために使用されます)。

食べる行為を表現するための日本のオノマトペ

  • パクパク:食べ物をすばやく食べる行動を表すために使用されます。
  • ペロペロ:誰かに何かを舐める(人や動物)の行動を記述するために使用します。

見る行動を表現するための日本のオノマトペ

  • ジロット:一瞬厳しく見たり、非難したりする行為。
  • 次郎次郎:露骨に繰り返し何かを上下に見つめる行為。通常は不快な方法で。
  • ちらちら:時々見えなくなる。
  • Kyoro kyoro :不思議なことにまたは神経質に周りを見回すアクション。

泣く行為を表現するための日本のオノマトペ

  • Gyāgyā:甲高い騒々しい泣き声やきしむ音。
  • しくしく:静かに泣きます。通常は女性や子供が泣きます。
  • Mesomeso :うめき声とうめき声を続ける泣き虫の態度。

日本のオノマトポエイアのリスト:FAQ

日本のオノマトペはいくつありますか?

日本語には、音節と繰り返しの単語を含む千以上のオノマトペがあります。

日本の犬は何と言いますか?

日本のオノマトペでは、犬が発する音は「ワンワン」で表されます。

日本の豚は何と言いますか?

日本のオノマトペでは、豚の鳴き声は「ぶぶう」で表されます。

ドキドキは日本語でどういう意味ですか?

日本語では、「ドキドキ」は興奮や緊張による心臓の鼓動の音を表すために使用されます。

また読む:

  1. 日本人が食べる前に言うこと
  2. 食品注文のための簡単な日本語
  3. レストランで食べるための簡単な日本語のフレーズ
見るべき日本のアニメ

2021年に見るべき日本のアニメ9選

石垣島でやるべき6つのベスト|石垣アクティビティ2021