日本は湿度が高い?

日本は蒸し暑い

日本への旅行で、日本は湿度が高いのだろうかと疑問に思っていませんか?日本は数ヶ月間、とても湿度が高くなることがあります。日本はいつからいつまで湿度が高いのか、その理由をご紹介します。  

世界地図をご覧になった方は、日本が水域に囲まれていることにお気づきかもしれません。島国なのである。海は、この国の天候に影響を与えます。 

日本には、夏、冬、春、秋の4種類以上の季節があります。そのどれもが明確に定義され、1年の間に張り巡らされている。 

冬と夏の気温が極端であることに驚かされる。日本の夏は湿度が高く、不快なほど汗をかく。太平洋上に高気圧が形成され、熱風が発生し、日本全国に流れます。 

では、夏に日本を訪れるのは良いことなのだろうか。 

日本は湿度が高い? 

日本の地形が気温に与える影響

天気の話をする前に、まず地理とそれに影響を与える要因について理解しよう。 

日本は3000キロメートル以上にわたって広がっている。北から南へ、北海道、本州、四国、九州、沖縄の5つの主要な島があります。地震、津波、火山噴火などの災害が多い。 

について語る しっき6月から9月の間が多い。春には雨が降ります。9月以降は、快適な気候を目の当たりにすることができます。この時期、場所によっては雨が降ることもあり、そのため少し湿度が高くなります。 

夏といえば、気温が高く、湿度も半端ない。海に囲まれた国であることを考えると、夏は耐え難いものになる。汗だくになってしまうので、暑さを乗り切るためには水分補給が必要です。 

地理的な条件により、日本全国で異なる気候を体験することができます。日本の夏のデータを比較すると、全国的に気温に大きな差があることがわかる。

東京を例にとると、1年を通しての気温の推移は以下のようになります。6月下旬から気温が上がり始め、8月に最も高くなる。9月に入ると傾きが小さくなる。 

リード  日本における女性の8つのタイプ

日本の湿度

日本の気温の仕組みがわかったところで、次は湿度について学んでみましょう。 

湿度とは、空気中の水蒸気が多すぎることです。その結果、汗をかきやすくなり、快適性が損なわれてしまうのです。日本では、灼熱の太陽が暑さを増すと、湿度も上がります。 

梅雨が明けたばかりの7月から始まる。8月になると、湿気に耐えるのはかなり無理がある。会場全体がサウナになる。 

ちょっとした家事でも汗をかきます。また、土砂降りの雨や強風も予想されます。夏休みということもあり、どこへ行っても人だかりができています。 

これが、夏の旅行の不快感をさらに高めている。多くのイベントが行われるが、適切な手配をすれば、その一部となることができる。 

出典インスタグラム

湿度が不快に感じる大きな理由のひとつは、湿度が体に与える影響です。外出先では、気温ではなく、体が反応するのです。 

夏の日本にいると、どうしても汗をかいてしまう。データによると へいきんしつど は72%から90%の範囲にある。これは、空気中の水蒸気の量が非常に多く、その場所にいると不快に感じることを意味します。 

暑い地域出身の方が日本に旅行すると、夏や梅雨の時期に湿度が高すぎると感じるでしょう。日本より雨の多い国出身の方は、湿度に耐えられると思います。 

日本の湿度を乗り切るためのヒントとコツ

冬はもちろん、夏でも何を着ればいいのかわかりますが、湿度の高いところでは何を着ればいいのでしょうか?心配しないでください、私たちはあなたを応援しています。 

ゆったりとした服装を選びがちですが、ワンピースや半袖Tシャツなど、通気性の良い素材を使った服装がおすすめです。通気性のよい服装で、暑さをしのぎましょう。 

気をつけなければならないのは、日本の文化です。短い服はふさわしくないと考えるところもあります。地方ではたいていそうなので、服装に気をつける必要があります。 

女性は、短いスカートやワンピース、半袖のシャツなど、前述のように通気性の良い生地であれば何でもOK。一方、男性は、ショートパンツ、ズボン、チノパンなど、自分の都合に合わせて着ることができる。 

リード  さん」「様」「くん」「ちゃん」など、日本での敬称の使い分けについて
出典インスタグラム

旅行プランにお寺や神社が含まれている場合は、適切な服装を心がけましょう。その国の文化を尊重するためにも、そうする必要があります。一方、屋外の予定がある場合は、日焼け止めを携帯し、体を覆うような服を着るようにしてください。これは、日焼けを避けるためです。 

さらに、履物に関しては、軽いものを選ぶようにしましょう。日本ではたくさん歩きますから、歩きやすいほうがいいんです。スニーカーやクロックス、軽いサンダルなど、何でもOKです。 

気温が高くてどうにもならないと感じたら、冷房の効いた場所を探してみましょう。モールやオフィス、カフェなどには冷房設備があり、リラックスできます。 

それに、水筒は自分で持っていく必要があります。自動販売機もありますが、念には念を入れた方が無難です。買っておくと便利なのが、うちわです。旅先でも使えるもの。

予想外の大雨なので、傘の携帯を忘れずに。スマホの天気予報アプリをダウンロードして、予報を把握してから出歩きましょう。 

日本の夏を彩るスポット

日本は美しい国であり、探検する場所がたくさんあります。暑さから逃れるために、以下に挙げる場所をぜひ訪れてみてください。 

富士山 

富士山 は、旅行先として最適な場所の一つです。標高3,776メートルのこの山からは、息をのむような絶景が広がっています。 

登山シーズンは7月から9月まで。混雑を避けるため、事前に計画を立てて訪れることをお勧めします。週末や公休日は混雑します。 

出典インスタグラム

軽井沢

軽井沢は理想的な避暑地です。緑が豊かで、水辺があり、温泉もある。標高が高いので、都会より比較的涼しいです。ここでは自然を満喫し、暑い夏の一日をリラックスして過ごすことができます。 

また、白糸の滝という美しすぎる滝もあります。様々なアクティビティを提供しているホテルがたくさんあります。 

出典インスタグラム

にっこう

もしあなたが自然を愛し、歴史に愛着を持つなら、日光はあなたのための場所です。涼しい気候のため、日光は理想的な夏の旅行先でもあります。東京から電車で2時間です。 

リード  日本人は観光客が嫌い?

日光東照宮、日光山輪王寺、日光二荒山神社などの世界遺産で知られています。また、緑が多く、自然を身近に感じることができます。 

日光は、地元の人たちだけでなく、海外からの観光客も多いので、それに合わせて滞在を計画することが重要です。事前に予約できるホテルはいろいろあります。 

出典インスタグラム

湿度の高い日本で食べるべきもの

日本の夏料理は広大で、味わい深い料理がたくさんあります。これは見逃せないものです。気温が高いので、かき氷のような冷たい料理がおすすめです。かき氷は、かき氷の上にフレーバーシロップやコンデンスミルクをかけたもの。 

冷やし中華も名物のひとつです。 

ざるそば - あっさりした出汁で食べる蕎麦です。風味豊かで、体を冷やしてくれます。 

冷やしそうめん - 小麦の細麺で、新鮮なトッピングと冷たいスープが添えられている。

出典インスタグラム

美味しいものを選ぶ一方で、水分補給のために水分の多い野菜や果物を食べることも忘れないでください。辛いものは食べないでください。体の熱に拍車がかかり、不快に感じるかもしれません。最後に、暑さをしのぐためにジュースや冷たい飲み物など、水分をたくさん摂りましょう。 

結論 

7月から8月にかけての日本は湿度が高い。気温が高く、湿度も高いため、不快な思いをすることになります。日本はその地理的側面から、夏は高温で大雨に見舞われます。

夏に日本を訪れる予定がある場合は、軽装で行く必要があります。暑さをしのぐために、水を飲んだり、うちわを持ち歩くようにしましょう。さらに、日本には冷房が効いている場所がたくさんあるので、重宝しますよ。 

都市部より比較的寒い観光地がいくつかあります。訪問を計画し、夏の間にリラックスしてください。様々な夏祭りに参加することができます。 

辛いものは避け、様々な冷たい料理を選ぶようにしましょう。天気予報のアプリをダウンロードして、把握しておくことをおすすめします。後悔するよりも、安全である方が良いのです。すべての訪問を慎重に計画することをお勧めします。最後に、日本は美しい旅行先です。 

関連記事

Ava Satoによって書かれた。

はじめまして!Japan Trulyのメインライターです。日本のことは何でも好きで、スキンケアやメイクアップ、ガジェットなど、日本の製品を試すのが大好きです。ここでは、日本のベストセラー製品のレビュー(試してみたもの)をご覧いただけます。

紋付

日本の男性用紋付袴ガイド

東京で日曜日も営業しているお店

東京で日曜日も営業しているお店