日本風呂ガイド|日本風呂の飲み方101

日本風呂ガイド

日本のお風呂の飲み方を知りたいですか?これが 日本風呂ガイド!見てみな

日本は新しい技術の進歩で時代を先取りした国であり、現代への旅は非常に印象的でした。しかし、日本人は自分たちの文化を非常に真剣に受け止めており、近代化に関係なくそれに固執しています。私たちがここで話しているのは日本の入浴習慣です。

ストレスを解消し、安らかにくつろげる銭湯で入浴するのが日本人の伝統です。日本人は仕事を休んで天然温泉で蒸し風呂を楽しんでいます。実際、日本には火山性の山々があるため、3000以上の温泉があります。

日本の伝統的なお風呂を体験したい場合は、従わなければならないいくつかのルールがあります。日本の公共風呂に行くときに必要になるかもしれない完全なガイドを用意しているので、私たちはあなたを助けるためにここにいます。

日本風呂ガイド

日本風呂の種類

日本のお風呂に参加する方法を学ぶ前に、利用できる日本のお風呂の種類をよく理解しておくことをお勧めします。日本のお風呂には、温度や水源によって2種類あります。

日本のお風呂の第一のタイプは、と呼ばれている銭湯。これは、水が一定の温度に加熱され、人々が普通のお風呂を楽しみに行く日本の銭湯を指します。

これは、私たちが自宅で行う入浴の習慣に似ています。そこでは、温水を入れた浴槽に座ってリラックスします。

日本風呂ガイド

一方、もう一つのタイプの日本風呂は温泉と呼ばれ、天然温泉から水を利用する銭湯です。

この水は摂氏25度以上の温度で、リチウムや水素イオンなどのミネラル成分が豊富です。温泉に足を運び、リラックスするだけでなく、天然温泉のミネラルで体を豊かにします。

温泉と銭湯の違い

日本の両方の入浴習慣は公衆浴場を含みますが、それらの間には一定の違いがあります。

先ほど申し上げましたように、温泉の温泉は天然温泉を利用しており、その温度は一般的に摂氏25度から40度の間です。

温泉には、血行を促進し、消化器系を解毒し、細胞に酸素を供給し、精神的ストレスや肉体的苦痛を完全に和らげるさまざまなイオンが含まれているため、温泉入浴は一般的に体にとってより有益です。

温泉は日本の伝統的な入浴習慣であり、1000年以上にわたって古代の日本人が続けてきました。

温泉の入浴施設は、通常、入浴中に自然のエキゾチックな風景を見ることができる屋外環境に設定されています。個人的に使用できる温泉プールもあります。

一方、銭湯は、建物の内外に浴槽が建てられている銭湯です。銭湯の水温は場所によって異なり、人工的に水を加熱します。

スーパー銭湯などの高級ホテルが提供する銭湯サービスもあります。スーパー銭湯では、サウナやスパなど、他のサービスも提供されています。通常の銭湯よりもかなり高額です。

日本の銭湯に入る前のルール

日本人は完全に裸で浴場に入浴することを覚えておいてください。これは最初は私を不意を突かれたが、この慣行の背後には有益な理由がある。

精神的ストレスや肉体的苦痛をすべて取り除き、温泉に裸で入浴することで、ミネラルが簡単に体に浸透します。

  • 日本のすべての浴場には、番号が付けられたロッカーが備わっています。服や貴重品はすべてロッカーの中に入れ、鍵を忘れずに持っていきましょう。
  • 浴場にはシャンプー、タオル、ロッカーキーを入れることができるバスケットがあります。
  • 温泉や温水浴槽に入る前に、かけゆと呼ばれるミニシャワーを浴びる必要があります。これは、汗や不純物を取り除き、お風呂の高温に適応できるようにするためです。
  • シャワーを浴びている間、シャンプーまたはボディウォッシュで自分をきれいにし、徹底的に洗ってください。シャワーエリアにはシャワーを浴びながら使える椅子があります。それらも必ず掃除してください。
  • ミニシャワーが終わったら、銭湯に行ってもいいです。急ぐことなく注意深くゆっくりと水に足を踏み入れてください。簡単にアクセスできる場所で、バスケットを浴槽から遠ざけることができます。
  • タオルを使って汗を拭くことができますが、水に入れないように注意してください。
  • 体を水に浸してリラックスし、ストレスに気をつけないでください。

日本風呂後のルール

  • 入浴後すぐにタオルで乾かしてください。ドレッシングルームに歩いて行くときにバスローブを着ることができます。
  • ロッカーキーやタオルなどを置いた場所にかごを持っていきましょう。
  • 脱衣所に入る前に、濡れていないことを確認してください。
  • これで、ロッカーを開けて服を着て持ち物を持っていくことができます。
  • 出発前に必ずロッカーに鍵を置いてください。
  • ほとんどの銭湯のドレッシングルームには、無料で使用できるヘアドライヤーがあります。
  • 出発する前に、すべてを所定の位置に保ち、周囲を整頓してください。

日本の銭湯に入るときに従う必要のある最も重要なルールについて説明したので、次に、銭湯に入るときに完全に禁止されている、または日本人に嫌われている特定の行動や慣行について話し合うのが最善です。

日本風呂のすべきこととすべきでないこと

  • お風呂に小さなタオルを持っていってください。
  • シャンプーを持ってシャワールームに行き、よく洗ってください。
  • すべての持ち物をロッカーに保管し、タオルを保管できるバスケットを持っていきます。
  • 頭にタオルをかけて汗を拭きます。
  • お風呂で周りの人と話すことはできますが、礼儀正しくしてください。
  • 子供を銭湯に連れて行くことはできますが、目を離さないでください。
  • 温水が他の人に飛び散って害を及ぼす可能性があるため、水に飛び込まないでください。
  • お風呂の主な目的はリラックスすることだけなので、お風呂の周りを泳がないでください。
  • 服、アクセサリー、サンダルを着用したり、お風呂に入れたりしないでください。
  • 携帯電話を持ち歩かないでください。
  • 水の周りで喧嘩しないでください。
  • 銭湯にいるときはあまり話さないでください。
  • 月経中は銭湯に行かないでください。
  • 日本人が眉をひそめていると考えているため、入れ墨がある場合は銭湯に入ることができません。
  • 銭湯にいるときは、叫んだり、不必要な音を立てたりしないでください。
  • ペットをお風呂に連れて行かないでください。
  • お風呂に入っているときは写真を撮ることはできません。
  • お風呂に長くとどまらないでください。
  • 日本人は失礼だと思っているので、誰も見つめないでください。

結論として、日本の銭湯に行くときに注意する必要があるのは、静かな風呂を楽しんで、すべてのストレスを取り除くことです。

健康で落ち着いたお風呂をご希望の場合は、体に良いミネラルが豊富に含まれているので、日本の温泉に行くことができます。通常のお風呂は、ゆったりとくつろげる銭湯に行くことができます。

日本風呂に入る:よくある質問

温泉入浴のルールは?

温泉に入浴する際に従う必要のある最も重要なルールは次のとおりです。
–服を脱ぎ、裸でお風呂に入る
–水に入る前にシャワーエリアでシャワーを浴びてください
–ゆっくりと注意深く水に入る
–お風呂で泳いで回らないでください
–静かにして、あまり話さないでください
–電話やカメラなどの電気機器を持ち込まないでください
–走り回らないでください
–化粧をしないでください
–長く滞在しないでください

日本人はどれくらい入浴しますか?

日本人は、特に銭湯での入浴が大好きなことで知られています。日本人が入浴する時間は人によって異なりますが、ほとんどの人は20分から30分の間入浴します。

日本で友達と一緒に入浴するのは普通ですか?

友人、家族、あるいは完全な見知らぬ人と一緒に公衆浴場で裸で入浴することは日本の伝統的な習慣です。日本人は、お風呂で完全に裸になることで、ストレスや肉体的な痛みを取り除くことができると信じています。また、ミネラルを体に吸収しやすい温泉で裸で泳ぐのもいいですね

温泉で入れ墨ができないのはなぜですか?

入れ墨は組織犯罪に関連していると日本人が信じているため、入れ墨のある人は温泉に入ることができません。したがって、入れ墨のある人は日本で嫌われています。古くからの考えですが、日本人はまだ入れ墨に警戒しています。

温泉はユニセックスですか?

温泉は天然温泉水を利用した銭湯です。古代日本の伝統では、男性と女性の両方が一緒に入浴していました。ただし、現在、温泉には男女別の温泉施設があります。日本にはユニセックスの温泉もいくつかあります。

温泉でタオルを着てもらえますか?

温泉にはタオルを着ることができますが、タオルをかごに入れて裸で水に行くことになっています。あなたはまだあなたの顔を拭くために小さなタオルを持っていることができますが、それはあなたの頭の上にだけ保持されるべきです。

日本の銭湯とは?

銭湯とは、人々が温かくリラックスできるお風呂を訪れることができる日本の銭湯のことです。第二次世界大戦後、家に風呂場がなく、銭湯に風呂に入ったときに人気が出ました。

また読む:

日本語居酒屋ビギナーズガイド

日本語居酒屋入門ガイド2021

東京で相撲のチケットを購入する方法

東京で相撲のチケットを購入する方法:ガイド