観光客は日本食レストランに入れるか?

観光客は日本食レストランに入れるか?

観光客は日本食レストランに入れるのだろうか?このブログでは、日本にある「日本食専用」のレストランについてお話します。そして、観光客として入ることができるのかどうか。

日本の街をぶらぶら歩いていると、きれいなレストランなのに日本人専用と書かれた看板を見たことはありませんか?

観光客は「日本人専用」のレストランに入れるか?

日本には、地元の人しか入れないレストランがあちこちにあるからです。日本には、地元の人しか入れないレストランがあります。 りょうてい (料亭)です。本格的な日本料理を提供する伝統的な日本料理店です。

今回は、観光客が「Japanese Only」レストランを利用できるのか、その方法についてご紹介します。

さて、何を待っているのでしょうか?さぁ、はじめましょう 

観光客は日本食レストランに入れるか?

ジャパニーズオンリーレストランとは?

涼亭 (料亭)は、伝統的で本格的な日本料理店であり、正当な日本料理を提供している。また、県内のこのようなレストランでは、当該県の名物料理が食べられる場合もある。

一般的に、このようなタイプのレストランでは、全体として地元の人しか受け入れられませんが、ほとんどの場合、そのようなことはありません。 りょうてい (料亭)は、日本の富裕層や有力者が、ビジネスや政治の世界で高級な会合を行う際に利用されています。

料亭の中

の控えめで、隠れたスタイル。 りょうてい (料亭)は、日本の金持ちのビジネスマンや政治家が、ある時は間違いなく機密事項や議論を呼ぶような重要な事柄を議論するのに最適です。

涼亭 (料亭もまた、地元の人が利用できる高級レストランとして表に出てこないという意味で、隠されている。昔は、まずどこにあるか教えてもらわなければならなかったが、これは常連客に独占させるためである。

1840年代の日本政府は、このような有力者の行動を監視するためにスパイを送り込むのが常であったからである。 

しかし、1993年、当時の日本の首相が 細川護熙 の使用停止を宣言した。 りょうてい (料亭)は、密室で行われるビジネスや政治活動のためです。今すぐ りょうてい (料亭)の方が、食事に使うだけなら一般的です。

リード  東京の人気ショッピングエリア7選 2022年

を見ることができるようになりました。 りょうてい (料亭)でGoogleで検索するか、お住まいの地域で尋ねてみてください。この記事の後半では、観光客としてこのようなレストランに入る方法について説明します。

日本人専用レストランを利用するために必要なこと

ローカルなので、アクセスや食事は技術的に不可能ですが りょうてい (どんなに派手な格好をしていても、どんなにシンプルな服装をしていても、日本全国にある「料亭」。また、大金や宝石を見せようが関係ない。

観光客がアクセスする唯一の方法は りょうてい (料亭)は、地元の人とタッグを組むことです。そういう意味では、地元の人がその日のお客さんとしてレストランを紹介してくれるのです。運試しができる りょうてい (しかし、観光客向けのウォークインを受け入れているところもあるという。

料亭の外観

一応、言っておきますが。 りょうてい (料亭は国籍や人種を差別するものではなく、あくまでも日本料理の一種として営業している。また、伝統的な料理の食べ方を守るために、お客を地元の人に限定しているという話もある。

そのため、今でも観光客に食事をさせている りょうてい 伝統的な日本食レストランで何をすべきで、何をすべきでないかを確実に指導できる地元の人が同行している限り、(料亭)である。また、地元の人は食事中も、最高の経験ができるような食べ方を指導してくれる。

しかし、一般的に日本を旅行する際に注意しなければならないのは、日本人が慣れていない行動で誰かを怒らせたり、侮辱したりしないように、まず日本の文化や伝統の基本を勉強してから訪問することです。

日本人とレストランのオーナーは皆、寿司やラーメンといった伝統的な料理の食べ方を知っていて、それを忠実に守っているので、これは食事の際にも非常によく当てはまると思います。

実は、ある記事でお寿司やヴィーガン寿司、お寿司の正しい食べ方についてご紹介しました。

日本食レストランに期待すること

おそらく、本格的で伝統的な日本料理は りょうてい (寿司、ラーメン、うどん、カツなどの「料亭」。地方に行くと、その土地で収穫されたものにちなんだ名物料理があるかもしれませんね。

リード  日本の高知でしたいこと15選|高知を訪れる理由

また、他の伝統的な日本料理店と比べて、より静かで落ち着きのある店構えを期待することができます。伝統的な日本食レストランはどこも比較的静かではありますが りょうてい (料亭)では、お皿や食器で食事をする音が少なくなります。

より静かな環境であることを考慮し りょうてい (料亭での会話では、静かに、低いトーンで話すことが期待されています。大声で話してはいけないというルールはありませんが、お客さんやレストランのオーナーによっては、大声で話すと失礼にあたるかもしれません。

での食事は、どれだけコストがかかるか気になるところです。 りょうてい (しかし、必ずしもそうとは限りません。このようなタイプのレストランは、必ずしも高価なものばかりではありません。 りょうてい (亭料)でありながら、誰もが手に入れられる価格帯に設定されています。

料亭で出される料理

があることは否定しません。 りょうてい (料亭)は、使用する食材の独占性や希少性、あるいは皿の上で料理を生き生きとさせるために必要な技術から、より高級な部類に属するものです。

日本人が考える「日本食レストラン」。

涼亭 (現地の日本人にとって、亭は目新しいものではないので、他の日本食レストランと同じような感覚で見ている。で食事ができるのだから。 りょうてい (料亭)なら、もう特別なことではありません。

ということが多くなっています。 りょうてい (料亭)でも、地元の人専用でない伝統的な日本料理店では、彼らにとっても一般的な料理を提供している。との唯一の利点がある。 りょうてい (料亭)に行くことで、観光客の長蛇の列を解消することができるそうです。 りょうてい (料亭)です。

料亭の内装

また、前述したように りょうてい (かつて、日本の裕福なビジネスマンや政治家が、人目を避けて重要事項や機密事項を議論するために主に使用されていた「金亭」。今はもうそうではありませんから。 りょうてい (料亭)の機能が低下している。

リード  12 外国語書籍のある東京の書店 2022年

それでも、観光客やスポンサーの観光客を持つ日本の地元の人たちにとって、彼らを連れてくることは りょうてい (料亭)での食事は、短期滞在の彼らにとって、高級日本料理店での食事がどのようなものか、見て、感じることができる楽しい思い出となることでしょう。

欧米の「日本食レストラン」事情

欧米人は社会的な育ちが違うので、排他的な設定や、選ばれた人たちのための場所というテーマに対する考え方が違うのでしょう。欧米でこのようなレストランを開くとなると、人種隔離の問題が出てくるかもしれません。

このような背景から、欧米諸国では一般的な差別に対する取り組みとして、特定のグループ専用のレストランは推奨されていない。そのため りょうてい (料亭)は彼らの文化の一部ではないので、入れない他のグループの人たちが間違って受け取る可能性があるんです。

に最も近いと言えるでしょう。 りょうてい (欧米諸国では、クラブやカントリークラブ、ホテルなどの会員にならないと利用できない高級レストランを「亭主」と呼びます。これらの場所の会員は、レストランなどの設備を独占的に利用でき、ゲストも連れてくることができる。

西洋風高級レストラン

との違いだけです。 りょうてい (料亭)は、欧米諸国ではこの手の店は高級で、権力者や影響力のある人、富裕層がよく利用する。

会員制のレストランは、「餃子の王将」と違って国籍にこだわりがありません。 りょうてい (料亭)でも、レストランが必要とする選ばれた人たちだけに提供するという目的は同じです。

観光客は「日本人専用」のレストランに入れるか?

東京や日本各地にある美しく上品な日本料理店に、客がほとんど入っていないのを見るのは、驚きや不思議なことかもしれない。テーブルを確保しようとすると、店員から「観光客は地元の人と一緒でないと食事ができない」と言われる。

これは日本の文化の一部であり、こう呼ばれているので、悪しからず。 りょうてい (料亭)。本格的な日本料理を食べるという文化や伝統を守るために、地元の人たちだけのものにしているのです。

この記事は、「Japanese Only」レストランにアクセスできるかどうかの判断材料になれば幸いです。

関連記事

東京の英語対応可能なヨガスタジオ

東京の英語対応可能なヨガスタジオ6選|東京で英語が話せるインストラクターがいるヨガスタジオまとめ

日本女性の声はなぜ高いのか?

日本女性の声はなぜ高いのか?