日本の野球選手ベスト10

日本の野球選手ベスト

ここでは、その 日本の野球選手ベスト 野球ファンなら知っておきたい情報が満載です。ぜひチェックしてみてください。

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2度の優勝を果たした「日出ずる国」の日本人選手は、野球界では知らない人はいないでしょう。1964年から30年間、MLBはアメリカの球団がNPBの選手と交渉することを禁止する協定を結んでいたため、日本のスポーツ選手を見ることはありませんでした。 

1995年に野茂英雄の代理人が抜け道を利用してLAドジャースと契約したことをきっかけに、MLB球団がNPB選手と有償で契約できるポスティングシステムが構築されました。ここでは、過去30年間に東側から流入した人材を見てみましょう。 

日本の野球選手トップ

鈴木一朗

イチローは、NPBのオリックス・ブルーウェーブに9年間在籍した後、MLBに移籍した。2001年、27歳でシアトル・マリナーズと契約した鈴木は、MLB初年度にアメリカン・リーグのMVPと新人王を獲得した。 

打率.311で、初年度から10年連続でオールスターに選出され、ALのゴールドグローブを受賞。また、10シーズン中7シーズンで最多安打を記録するなど、各シーズンで200本以上のヒットを放ちました。 

イチロー選手のNPBでのスタッツを合わせると、プロレベルでの歴代最多安打(4,367本)となります。30人になったことについてth MLBで3000本安打を達成したイチロー選手は、2025年に資格を得る殿堂入りが有力視されています。 

ダルビッシュ有

ダルビッシュ有は、NPBでの最後のシーズンに、日本ハムファイターズと5億円(~1,300万ドル)の契約を結び、当時の日本で最高額の選手となりました。2012年、テキサス・レンジャーズは、25歳のダルビッシュを$6000万円の契約でロースターに加えました。 

この高額な値段は、その後のMLBでの活躍を考えると、決してお買い得なものではなかったようだ。打率.194、奪三振277は、2年目のシーズンではAL最高の数字だったが、ALサイ・ヤング賞の準優勝にとどまった。 

ダルビッシュはその後、LAドジャースで半シーズン、シカゴ・カブスで3シーズンプレーし、9イニングあたり11.1個の奪三振を記録したのがベスト。812回で1000奪三振を達成したが、これはMLBの誰よりも早い。

田中将大

NPBの東北楽天ゴールデンイーグルスでの7年間の活躍により、田中は、2013年にポストシーズンに進出できなかったニューヨーク・ヤンキースの目に留まりました。 

楽天では24勝0敗で優勝し、2014年には$155万円の7年契約を結んだ。しかし、NPB時代に記録した防御率1.27は達成できず、7年間の平均防御率は3.74、MLBでの自己ベストはヤンキース移籍1年目の2.77でした。 

しかし、彼はプレーオフでより多くの成功を収め、2015年から19年にかけて5勝3敗、防御率2.13を記録しました。2020年に78勝46敗でMLBでの活動を終え、日本に戻って再び楽天でプレーすることになりました。  

黒田博樹

黒田博樹は、広島東洋カープで11シーズンプレーした後、シティ・オブ・エンジェルズに移籍しました。2008年にドジャースと契約した33歳の黒田は、2013年から14年にかけてヤンキースに移籍しました。 

アメリカでのキャリアは、1319イニングで986奪三振、平均ERA3.45という成績を残しました。MLBでは79勝79敗でキャリアを終え、2016年には日本で最も高給取りの選手として広島に戻ってきました。 

2011年4月9日にロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたMLBのアトランタ・ブレーブス対ロサンゼルス・ドジャースの試合で活躍した黒田博樹#18。

野茂英雄

野茂英雄は、その巻き上げるような投球から「トルネード(竜巻)」と呼ばれていたが、キャリア4年目に所属球団(近鉄バファローズ)との契約問題が発生し、代理人が彼を「引退」させ、フリーエージェントとして現役復帰させるなど、フィールド外でも旋風を巻き起こしたのである。 

1995年にはドジャースと契約し、打率.182、奪三振数236の成績を残し、メジャーでの最高のシーズンとなった。 

NLオールスターにも選出され、ナショナル・リーグとベースボール・アメリカ・メジャー・リーグの新人賞を受賞しました。 

1996年のクアーズフィールドでのコロラド・ロッキーズ戦で、日本人初のノーヒットノーランを達成。その後、2001年にはレッドソックスでボルチモア・オリオールズを相手にノーヒッターを達成した。 

LAドジャース、NYメッツ、ボストン・レッドソックス、ミルウォーキー・ブリュワーズ、デトロイト・タイガース、タンパベイ・レイズ、カンザスシティ・ロイヤルズの7チームでプレーし、123勝109敗、1918奪三振、9完封という成績でMLBでのキャリアを終えた。 

松井秀喜

10年間、巨人軍で活躍した松井秀喜は、2003年にNPBでの記録的な契約を断り、$21ミリオンの契約でヤンキースに移籍したときに、MLBへの移籍の意思を明確にした。 

ゴジラ」という愛称は、渡米前から定着していたが、それは彼の目を見張るようなパワーを反映したものであった。最初の3シーズンで70本のホームランを放ち、ヤンキースでは1試合も欠場することなく活躍した。 

その結果、1億5,200万ドルの契約が結ばれ、アメリカで最も稼いだ日本人選手となりました。2009年のワールドシリーズでは、3本のホームランを含む13打数8安打で打率.643を記録し、MVPに選ばれました。 

ヤンキースはフィラデルフィア・フィリーズとのシリーズを4-2で制しました。その後、ロサンゼルス・エンゼルス、オークランド・アスレチックス、タンパベイ・レイズでプレーし、10シーズン1236試合に出場して打率.282を記録し、引退しました。

上原浩治

読売ジャイアンツで10シーズンを過ごした後、ボルチモア・オリオールズは2009年に上原浩治と契約しました。2012年と2013年には、ERA1.75と1.09という素晴らしい成績を残しましたが、すぐには活躍できませんでした。 

また、2013年にボストン・レッドソックスでワールドシリーズを制覇した際には、フェンウェイパークで行われたセントルイス・カージナルスとのシリーズ戦で、最後のアウト(マット・カーペンター)を記録しました。2013年には、101個の三振を奪い、9個の歩かせたことで、MLB史上初の100個以上の三振を奪い、10個以下の歩かせた選手となりました。 

先発投手として契約したものの、リリーフとして進化し、MLBでは95セーブを挙げ、480.2イニングで572個の打者を打ち取った。 

佐々木和弘

2000年に横浜ベイスターズからシアトル・マリナーズにFA移籍しました。NPBの歴代最多セーブ記録を持つ和宏は、MLBでも新人記録となる37セーブを挙げ、その実力を発揮した。 

2001年には球団記録となる45セーブを達成し(その後更新)、在籍4シーズンでマリナーズの歴代セーブ王に輝きました。その後、223.1イニングで242奪三振を記録し、アメリカでの生活を終えて日本に帰国。 

2005年に引退した後、2008年には日本の殿堂入りを果たしました。 

松坂大輔

松坂大輔(Dice-K)は、西武ライオンズでの8シーズンにわたる活躍により、2006年12月にボストン・レッドソックスと契約し、当時の最高額である1億5,110万ドルのポスティングフィーを支払った。 

2007年にはレッドソックスのワールドシリーズ進出に貢献し、コロラド・ロッキーズとの対戦では第3戦で勝利を収めた。翌シーズンからは怪我に悩まされ、大輔のMLBでのキャリアは不安定なものとなりました。 

メジャーでは、50勝37敗、防御率4.45、720個の三振を奪ってキャリアを終えました。2015年には、福岡ソフトバンクホークスで日本復帰を選択し、その後、中日ドラゴンズを経て、現在は西武ライオンズで2度目の活躍をしています。 

また、2006年と2009年には、日本代表としてワールド・ベースボール・クラシックに参加し、MVPを受賞しました。 

2010年5月1日、メリーランド州ボルチモアのカムデンヤードで行われた試合で、2010年シーズンの始球式を行うボストン・レッドソックスの松坂大輔選手

前田健太

前田健太 広島カープで8シーズンを過ごした後、2016年シーズン開始前にロサンゼルス・ドジャースに$20ミリオンで移籍しました。 

健太はドジャースでの4シーズンで641個の奪三振を記録したが、球団が彼を強力な投手陣の一員として残すには十分ではなかったのだ。2020年、ミネソタ・ツインズに移籍した健太は、ミルウォーキー・ブリュワーズ戦でノーヒッターを達成するなど、その実力に期待が集まった。 

現在の成績は、55勝38敗、749個の奪三振。ツインズでの初年度は、6勝1敗、防御率2.0という素晴らしい成績を残しましたが、パンデミックの影響でシーズンが中断しているため、彼の真の実力はまだ発揮されていないようです。 

ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手(アリゾナ州グレンデールのチェイス・フィールドにて)。

ベスト猫アニメ

猫アニメベスト10 2022|歴代の猫アニメの中で一番好きな作品

最高の日本製歯磨き粉

日本の歯磨き粉ベスト2022