キラッとネームとは?

最近、どうしたんだろうと思っていませんか? キラッとネーム 日本でのトレンド?そうです。このトレンドは、多くの人が目立ち、ユニークさを感じるためにできることに、私たちをぎこちなく反応させたり、衝撃を与えたりしてきました。 

キラキラネーム」とは、文字通り「キラキラした」「輝く」名前を意味する日本発の言葉である。輝く名前の何が悪いのかと思われるかもしれないが、日本文化の中で大きな論争を巻き起こしているのは、親が子供につける名前の種類である。 

そこで、日本の命名文化や「キラキラネーム」について詳しく知りたい方は、ぜひ下記をご覧になってみてください。キラキラネームの流行の由来と、これまでの流行の意味合いを分析しました。 

キラッとネームとは 

日本における命名の伝統

技術先進国でありながら、日本人が文化を大切にすることは世界的に知られています。日本では、命名に関する伝統は、最も重要な伝統の1つです。 

日本人は、赤ちゃんの名前を決めるとき、生まれた時間や日付から、どの名前がその子の人生にとって吉と出るかまで分析する。

キラッとネームとは

そもそも日本人は、赤ちゃんの名前をつけるとき、漢字の文字を選んでから、名前の読み方を選ぶ傾向が強い。また、親が赤ちゃんの名前を決めてから漢字を選ぶのが当たり前になっていることもある。

いずれにせよ、日本の文化では、赤ちゃんの名前の前に必ず姓または名を付けなければならないのです。例えば、「野原しんのすけ」という名前は、「野原」という姓があり、「しんのすけ」という名前が子供の名前になります。

 日本では、苗字や姓は父方のものでなければならないという厳しい慣習があります。また、名前の順番も、子供の名前より苗字が先であることが厳しく、ミドルネームを持つことは日本では認められていない。

キラッとネームとは?

キラキラとした名前の流行は1990年代初頭に始まり、今でもキラキラとした名前を子供につける日本の親がいることから、この流行はまだ廃れていないようだ。

リード  日本人の血液型理論。A Crash Course

上記でご紹介したように、キラキラネームとは、輝く、キラキラした名前という意味で、独特の意味を持つ名前です。 

キラッキラの名前は、それ自体、珍しい読み方や読み方をする漢字で書かれているなど、ユニークである。

漢字はもともと複雑な文字で、名前や言葉によって、それぞれの漢字の意味や発音が異なると言われています。 

キラキラとした名前をつける親は、名前の読み方と一致しない漢字を選んでしまうので、名前を読みたいと思ってもなかなか読めず、他の人を混乱させる原因になっています。 

キラキラの名前の例として、甘辛は女性の名前で、「キーキー」と読み、漢字は甘い、塩辛いという意味です。この名前を英語に訳すと、文字通り「ケーキ」という意味になる。 

また、男性のキラキラの名前としては、黄熊「プー」があります。漢字で書くと「黄色い熊」ですが、これは明らかにアニメのキャラクター「くまのプーさん」を指しています。

日本で人気のあるキラキラネームを紹介します。

きらきらネーム漢字の意味発音 英語翻訳 
光宙軽い、またはきらびやかピカチュウ ピカチュウ 
主人公主な登場人物ヒーローヒーロー
耳長ロングイヤーうさぎラビット 
可愛らしいかわいい ぴんくピンク

なぜ親は「キラキラネーム」にこだわるのか?

子供が生まれると、親はその子の名前を何にするかで頭を悩ませ、長いリストを作ってその中からベストなものを選びます。 

時には、親が自分の子供に、その文化と密接に結びついた意味のある名前をつけることもありますし、社会の動向もまた、親の名付け方に大きな影響を与えます。

キラキラネームの流行は、日本の数え切れないほどの家庭にも影響を与え、その現象に適応して子供にユニークな名前をつけています。親が子供にユニークな名前をつけたいと思う大きな理由のひとつに、日本のアニメや漫画の文化があります。

日本におけるアニメやマンガの人気は高く、その影響力は計り知れないものがあります。これまでにも、「ピカチュウ」のようにアニメのキャラクターに由来するキラキラの名前や、「ヒーロー」や「ピンク」のように基本的に英語であるキラキラの名前など、いくつかの例を見てきた。 

リード  日本はなぜ「日出ずる国」なのか?

アニメ好きの親は、自分の好きなアニメのキャラクターの名前を子供につけることが多いようです。

キラキラの名前へのこだわりは、日本の親がいかに自分の子供が他の人と差をつけられるか、ユニークな名前によって注目や人気を集められるかを考えていることとも関係があるのです。 

このように、キラキラネームに英単語をモチーフにしたものがあるのは、日本の親が子供に英語の名前をつけることで、将来子供が海外移住を考えたときに役立つと推測しているからである。

これは、彼らの子供が西洋人に受け入れられるように、あるいはアジア人よりも西洋人らしく見えるようにするためです。

子どもにキラキラネームをつけるメリット

もちろん、このような名前の利点を考えるとき、私たちの頭に最初に浮かぶのは「ユニークさ」です。 

キラキラネームは普通の名前よりも個性的なものが多く、他の人の名前よりもカッコよくて流行に敏感な響きがあると、注目を集める一つの方法となります。

また、子供に重要な感覚を与え、自分の名前は自信と誇りを持たせるものであるという概念を与えます。 

キラキラの名前を持つことは、人々がその子の名前と、その子がどんな顔をしているかも覚えやすく、基本的に識別が容易であることを意味すると思われます。 

しかし、キラッキラの名前にはメリットしかないのでしょうか?

子どもにキラキラネームをつけるときの問題点

常識はずれのことが行われると、最悪の結果を覚悟しなければならない。キラキラの名前もそうで、最初は流行に乗ったと思われたかもしれないが、後で厳しい否定的な批判を受けた。 

キラキラネームは、「子どもたちに個性的な名前をつけたい」という思いから生まれました。ところが、みんなが考え出した名前は、あまりにも不格好だったり、わけがわからなかったり。

1993年、ある親が息子に「悪魔」と名づけたことがきっかけで、「キラキラネーム」が流行した。この名前は、子供の人生に悪い影響を与える可能性があるということで、市議会で否決されたのです。 

子供に特別な名前をつけることは正しいことですが、その名前が子供の将来に大きな影響を与えることをよく考えた方がよいでしょう。 

そのような厄介な名前では、いじめが発生する可能性が高く、その子の自信、学業、キャリアに深刻なダメージを与えることになります。

リード  日本人の名前の仕組み|7つのポイントとは?

また、日本では、キラキラネームは、漢字が意味を持たず、発音しにくいという問題があります。このため、名前を読む人が混乱し、なぜそのような名前なのか、説明を求められることがあります。 

最初は、奇抜な名前をつけることに栄光と驚きを感じるかもしれませんが、子供が成長してキャリアを追求しなければならないとき、キラキラネームはその目標や夢の妨げになる可能性があります。 

名前はその人について最初に知るべきものですから、将来的にマイナスにならないような、キャッチーで意味のある名前をつけてあげたいものです。 

キラキラネームの流行は続くか?

トレンドは時代とともに変化するため、「キラキラネーム」のトレンドはいずれ廃れる可能性があると考えるのが現実的です。 

しかし、私たちが暮らす現代は、個性的でユニークであることが高く評価される世の中に進化しています。また、服装や見た目、振る舞いも奇抜にしようとする傾向が強まっています。

それゆえ、キラキラとした名前を持つことは、これからの時代、一般的な常識と言えるかもしれない。 

キラッキラネームは将来性を損なうとして社会的に認められないという議論もあるが、型破りな名前を持つことを歓迎し、愛でる人たちもいる。この流行がいつまで生きるのか、あるいはいつまで下火になるのかは、時間だけが教えてくれる。

キラッとネームとはよくある質問

キラキラは日本語で言うとどういう意味ですか?

キラキラは「輝く」「煌めく」という意味で、日本人が輝く名前や個性的な名前を指す言葉として使われています。キラキラの名前の流行は、1990年代の初め、ある親が自分の息子に「悪魔」と名付けたことから始まった。それ以来、日本では子供にユニークな名前をつけることが流行し、「キラキラネーム」と名づけられた。 

DQNネームとは何ですか?

DQNとは、キラキラネームに付けられるもう一つの言葉である。日本語では、DQNは「ネーム」と書き、「バカな名前、ダサい名前」と訳される。なぜ、キラキラの名前が、多くの人にバカやダサいと思われるかというと、意味のない名前であることと、名前の読みと一致しない漢字で書かれていることが原因である。 

日本製リフレジャーのベストブランド

日本の冷蔵庫10社以上をレビューした結果...

日本はなぜ日本なのか

なぜ日本は「ジャパン」と呼ばれるのか?