BJTとJLPT。日本で就職するにはどっちがいい?

jlpt vs bjt

あなたは日本での就職を希望していますが、BJTとJLPT、どちらが日本で就職するのに有利なのか、ジレンマに陥っていませんか?この記事では、BJTとJLPTの主な違いを分析し、日本で高収入の職業に就くのに役立つのはどちらかをご紹介します。

日本語の習熟度を測る試験には、BJTやJLPTなどいくつかの種類があります。

どちらの試験も、日本で大学の学位や職業を目指す際に役立つものですが、どちらの試験にも違いや特典があり、ある種の状態では、一方の試験が他方の試験より優位に立つこともあります。 

そこで、外国人が日本で就職する場合、BJTとJLPTのどちらが有利なのかを調べてみました。詳しくは下記をご覧ください。

BJT vs JLPT。日本で就職するにはどっちがいい?

BJTがビジネスの観点から個人の日本語能力を算出する日本語能力試験であるのに対し、JLPTは一般的な文脈での日本語能力を測定する試験です。

JLPTは日本や他の国々で広く実施されているため、日本の雇用者の多くが外国人従業員を採用する際に求める資格なので、日本で就職するためには最適な能力だと言えるでしょう。

BJT検定とは?

のです。 ビジネス日本語能力テスト BJTとは、ビジネスシーンにおける日本語コミュニケーション能力を判定する日本語能力試験です。

つまり、BJT試験を受験した人は、十分な日本語の知識を持ち、専門的な背景を持つ事柄について、自信を持ってフレーズを使い、話すことができる能力を持っている必要があるのです。 

BJT対JLPT

BJTは1996年に設立され、その後、近年の状況に合わせて財団法人日本漢字能力検定協会が試験を改訂しています。

BJTは世界中どこでも受験することができ、いくつかの機関を通じて実施されていますが、最も一般的なのはピアソンのテストセンターです。 

BJTはJLPTと違い、1つのレベルだけで構成されており、全体の点数は800点です。BJT試験の興味深い点は、合格・不合格の判定がないことです。 

リード  東京でアパートを借りる方法2022|東京で一番住みたい街を探そう!

受験者の語学力は、試験の点数で判断し、どの範囲に入るかを慎重に検討します。

BJT試験で高得点を取ると、ビジネスシーンで流暢な日本語を話すことができると評価されます。 

BJTの試験は年間を通じて複数回行われ、コンピュータベースの試験で、選択式の問題が大量に出題されます。

また、BJTのカリキュラムは、「聴解」「聴読解」「読解」の3つのセクションで構成されています。 

日本語能力試験とは?

JLPT(日本語能力試験)は、1984年から実施され、2010年に改訂された最も有名な日本語能力試験です。

日本語能力試験は、N5から始まり、N4、N3、N2、N1まで、易しいものから難しいものまで5つの難易度に区分けされています。

日本語能力試験の各レベルは、言語知識・読解と聴解の2つ以上の要素で構成されています。日本語能力試験はすべて選択問題で構成され、スピーキングテストはありません。 

日本語能力試験は、点数計算の結果、各レベルに合格・不合格の判定が出ます。日本語能力試験は、ほぼすべての国で受験することができ、7月と12月の年2回しか実施されません。 

外国人が日本語を使いこなすには、日本語能力試験の全レベルを受験し、最終的にN2またはN1レベルに達すると、日本語のプロフェッショナルとみなされます。そして、N2、N1レベルになると、日本語のプロフェッショナルとみなされ、日本の産業界で活躍できるようになります。

しかし、どのレベルの日本語能力試験を受験したかによって、候補者を選ぶかどうかは企業の判断によります。一方、いくつかの日本企業では、採用の際に日本語能力試験N1を完全に終了していることを強く求めています。

日本語能力試験N1に合格すると、日本政府が入国審査でより多くのポイントを付与するため、日本で採用される確率が高くなります。

BJTとJLPTの試験内容の違いについて

JLPTとBJTの最も顕著な違いは、それぞれの試験が持っているテストの数です。BJTは必然的に1つの試験だけですが、JLPTは難易度別(N5からN1まで)の5つの試験で構成されています。しかし、BJTもJLPTも試験の数が多いからと言って、両者が大きく対照的なわけではありません。 

リード  2023 シンガポールのベスト日本食レストラン10選

JLPTは学問や日常生活で必要な日本語の能力・熟練度だけを測る試験ですが、BJTはビジネスの場に対応する能力だけを強調する試験です。 

日本語能力試験は、商業環境での活用は可能ですが、日本語でのビジネスコミュニケーションに堪能であることを証明する専門的な学位とまではいきません。 

さらに、JLPTとBJTのその他の対比として、BJTでは採点が合格・不合格で終わるのではなく、受験者のスコアの幅を考慮し、ビジネスの観点から日本語の習熟度を判断していると認識していることです。

その間、日本語能力試験では、各試験の合格・不合格の判定が行われます。 

また、JLPTとBJTの違いは、JLPTが完全に多肢選択問題方式であるのに対し、BJTは部分的に多肢選択問題で構成され、コンピュータのみによる試験である点です。

BJT試験におけるセクション

BJTでは、「聴解」「聴読解」「聴読解」の3つのセクションで受験者をテストします。 

BJTでは、「聴解」「聴読解併用」については、情報抽出、情報予測、情報集約、暗記などのスキルを目指しています。

一方、読解力では、論理的推理力、ビジネスコミュニケーション能力、情報処理能力などのスキルを身につけることができます。 

BJTの3つのセクションでは、文法、ライティング、ボキャブラリー、スピーチ、会話スタイル、ビジネススキル、社会・文化・心理的理解などの要素を把握する必要があります。 

受験者は、BJTカリキュラムのすべての科目を習得すると、試験を受ける資格を得ることができます。

BJTはJLPTのようなレベル分けはありませんが、合計800点満点で、それぞれの点数幅で日本語能力を表にしています。

BJTポイント範囲プロフィシェンシー・レベル
600〜800 J1+
530~599 J1
420から529J2
320から419J3
200~391J4
0〜199J5

BJTテストでは、530点から800点のスコアを獲得することで、どのようなビジネスシーンでも日本語でコミュニケーションができる候補者を特定することができます。

リード  エディンバラで日本製品を買うなら|エディンバラでおすすめの日本のお店6選

BJTテストの習熟度は、必ずしもJLPTのテストレベルと一致せず、互いに大きく異なる。 

日本語能力試験におけるセクション

日本語能力試験は5つのレベルで構成されており、それぞれのレベルが試験の難易度を決定しています。N5は初級、N4は初級の上部に位置し、このレベルで学ぶ内容はすべて教室で学んだことをベースにしています。

一方、レベルN3は、レベルN5、N4とレベルN2、N1をつなぐブリッジング層である。 

一方、N2、N1級は、日常生活やビジネスコミュニケーションなど、より広い範囲での能力が試される上級レベルです。

日本語能力試験のすべてのレベルには、試験が行われる2つの主要なセクション(レベルにより異なる)があります。これらのセクションは、言語知識&リーディングとリスニングです。 

言語知識・読解のセクションでは、読解、文法、語彙、文章、パッセージがテストされます。

一方、リスニングは、課題・要点の理解、言語表現、質問への素早い応答などの要素が試されます。 

セクションのすべての科目コンポーネントは、日本語能力試験の難易度によって変わります。例えば、N5レベルの文法や語彙は、N1レベルのそれよりもずっと簡単でしょう。

そのため、日本語能力試験の受験者は、自分が受験する試験のレベルに合わせて教材を購入する必要があります。

最終的な評決 日本での就職にはBJTとJLPTのどちらが有利か?

JLPTはどこにでもある資格で、日本で外国人を採用する際にほとんどの雇用主が求める資格です。 

日本語能力試験は、初級から上級までの文法、語彙、読解、聴解を含む総合的な日本語の知識を持っている受験者が合格する試験です。そのため、雇用主は日本語能力試験合格者と協力し、コミュニケーションをとるのに便利だと考えています。 

それに対して、BJTは、文法、語彙、聴解など、日本語の能力をビジネスの場でのみ測定する試験です。

したがって、BJT候補者はビジネス環境でのコミュニケーション能力しか持っておらず、一般的な意味でのコミュニケーション能力は持っていないため、雇用者と外国人従業員の間に仕事以外のコミュニケーションの壁ができるのです。

したがって、日本語能力試験は、その普及率と、複数の状況に臨機応変に対応できるという曖昧さから、日本での就職に最適な資格であると言えます。 

日本語能力試験N5合格までの道のり

JLPT N5に到達するのに必要な時間は?

東京でのSIMカードの購入方法

東京でSIMカードを購入する方法2022|東京でSIMカードを購入する簡単な方法!?