日本神話における「鬼」のすべて

鵺

日本神話の生き物に興味はありませんか?ここでは、日本神話に登場する日本の鬼についてご紹介します。ぜひご覧ください。

どんな神話にも、おとぎ話や悪魔などのファンタジーがありますが、日本神話にも知っておきたい興味深い物語がたくさんあります。そのひとつが Oni 日本神話に登場する人気の高い悪魔である。 

日本神話に登場する鬼は、見る者を一瞬にして恐怖に陥れる恐ろしい姿をしていることで知られている。この鬼は日本の民間伝承の中で重要な位置を占めており、その特徴は様々な物語の中で明確に描かれている。 

Klook.com

鬼の神話に興味を持たれたなら、私たちはこの鬼について知るべきことをすべてお伝えしました。さあ、このまま読み進めてください。

日本神話の「鬼」を解説!?

日本神話における「鬼」とは?

日本神話によると、鬼は 日本妖怪 妖怪は日本語では鬼と呼ばれ、変幻自在の鬼や妖怪を意味する。妖怪は日本語で鬼のことであり、シェイプシフター、鬼、邪悪な存在、幽霊などを意味することもある。 

日本語の「鬼」は漢字で書くと「鬼」、英語では「ogre」「troll」と訳される。

鬼は、日本の文学、美術、歴史、ドラマ、そしてアニメや漫画などの現代的な描写にも登場し、日本神話における重要なキャラクターです。  

日本神話に登場する「鬼」は、恐ろしい外見を持ち、人肉食や人間を捕食する悪魔的な本能を持った獰猛な生物として描かれているのは、読んだことがある人はご存知でしょう。 

鬼は本来、悲劇や不運などの悪い予兆を運ぶことで知られており、夢の中で鬼を見ることさえ悪い兆候と解釈されています。

鬼の身体的特徴は、語りによって、また時代によって異なることがある。日本神話の初期の写本では、鬼は私たちが最近見聞きするのとは異なる特徴をもっていると語られている。 

鬼の外見が変わったとはいえ、鬼は我々の心に一瞬にして恐怖を与える恐ろしい顔と体格を持った鬼であることは間違いないだろう。

リード  15 Ways To Say Goodbye In Japanese

 しかし、心配はご無用、すぐにでも鬼に会えそうです。そうでしょうか?それはわからない。

鬼のような姿の「鬼」。

鬼の外見は広く語られるところであり、また賛否両論があるところでもある。一般的に、鬼は筋肉質で重厚な外見をしており、巻き毛の中毛、尖った歯、大きな角、そして赤い肌を持っていると描かれています。 

私たち人類が、なぜこのような悪魔の恐ろしい姿を思いついたのか、誰も知らないが、悪魔がその響きよりもずっと背筋の凍るような姿をしていることに、私たちは同意する。 

そして、先ほど説明したように、日本の民間伝承の鬼もステレオタイプの鬼と似たような姿をしており、鬼は動物の毛皮や皮、特に虎や豹の毛皮でできたふんどしを身に着けているのです。 

また、鬼は鉄でできた金棒という危険な武器を持っており、獲物を襲って引き裂くことができるという伝承がある。 

現代の描写では、オニは角のない鳥や猿の顔をしていたり、小さなこぶがあったりすることもあるようだ。 

鬼の色も赤、青、黒、黄色と変化する。また、鬼には赤鬼と青鬼の2種類しかなく、赤鬼はエンマ大王の奴隷であると言われている。

鬼の外見における宗教的な影響

多くの宗教で天使と悪魔が広く語られているが、鬼は仏教で特別に登場し、別の特徴を持つとされている。 

仏教は日本で広く信仰されている宗教の一つであり、日本文化に大きな影響を与えた。 

仏教が主流になってからは、鬼のイメージも変わり、多少なりとも怖く見えるようになった。

仏教におけるオニの描写は、赤い肌、丸い腹、2本の大きな角を持ち、手首と足首に手錠をかけた大きな人型が一般的である。また、仏教におけるオニの描写は、イヤリングと大きなトゲのある棒を武器として持っているようである。

また、ヒンズー教の神話に登場するキルティムカなどの鬼に由来する動物的な特徴も持っていた。鬼の大きな口は、子供や大人でさえも怖がってしまうほどであった。 

鬼の由来

オニの起源は非常に複雑で、オニの特徴や神話の語り口はシンクレティッドである。つまり、オニはヒンドゥー教と仏教のような1つの信仰集団に属しているのではなく、2つの信仰集団に属しているのである。 

リード  What Is The Meaning Of Doumo?

先に述べたように、日本で仏教が盛んだった頃は、鬼の民話が影響を受けやすく、ヒンドゥー教や仏教の鬼の描写も鬼に近いものがあった。

例えば、ヤクシャはヒンドゥー教の神話で人気のある悪魔の一種ですが、仏教でも同様に悪魔のカテゴリーとしてよく登場します。 

ヤクシャには聖なるものと悪しきものがあり、聖なるヤクシャは神の掟を守り、悪しきヤクシャは世界中に騒乱をまき散らす。

ヤクシャは、日本の鬼と似たような身体的特徴を持つことから、鬼と密接な関係があるように思われる。さらに、ヤクシャは人間を餌にして、鬼と同じように怖がらせる。 

また、罪深い人間は死後鬼に変身して永遠に地獄に落ちると信じられているが、最も邪悪な人間は生きている間に鬼に変身してしまうという。

生きている人間が鬼に変身すると、人に迷惑をかけたり、魔性の本能に負けてしまったりする。 

しかし、日本仏教の研究者の中には、鬼はあくまで仏教に由来し、他の宗教概念の影響を受けていないとする人もいる。しかし、日本仏教の研究者の中には、鬼はあくまでも仏教に由来するもので、他の宗教的な概念の影響を受けているわけではない、とする人もいる。

鬼は妖怪?

鬼は妖怪の一種であると述べましたが、鬼が妖怪でない可能性を示す説明もあります。そもそも妖怪とは、日本では鬼や幽霊、変身した者などを指す言葉です。 

しかし、妖怪という言葉の意味は一つではないので、妖怪の由来は様々である。つまり、妖怪という言葉は、超自然的な生き物を指す言葉として使われることがあり、1つに限定されるものではないのです。

また、日本神話に登場する妖怪にはいくつかの種類があり、変身する妖怪「化物」や、おかしな姿をしていて面白半分に人間を怖がらせる妖怪「尻目」など、人間に対して親切だったり無害だったりする妖怪もいます。

しかし、鬼は人間を侮蔑するタイプで、鬼が変身して親切なふりをして人間を誘い出さない限り、人間と友達になることを好まない。 

鬼の主な動機は、人間を一心に喰らい、人間界に災害、疫病、戦争、飢饉などの災厄をもたらすことである。

鬼は悪の属性を持つ妖怪であり、他の無害な妖怪とも異なるため、妖怪の一種として分類することができる。

現代に生きる鬼

現代では、鬼は単なる娯楽の一つに過ぎない。鬼は、その醜い姿や服装にもかかわらず、節分など日本の祭りの目玉の一つとなっている。

リード  Origin And Meaning Of Konnichiwa | How To Say Good Afternoon In Japanese

この祭りの時期に日本を訪れると、鬼のコスプレをする人たちがいるのを見ることができます。鬼のコスプレをすることで、厄除けの効果があると言われています。 

鬼は、「鬼斬り」などの人気アニメシリーズにも登場する。鬼が主犯となる「鬼退治」のような人気アニメシリーズにも登場しています。また、『ドラゴンボールZ』では、Tシャツにショートパンツというコミカルな出で立ちで、2体のオニが登場する。

このように、「鬼」は、その外見と実在性にもかかわらず、単なるファンタジーの生き物であり、楽しい物語であると結論づけることができるのです。

日本神話の「鬼」について。よくある質問

鬼といえば?

鬼は、日本神話に登場する人気の高い鬼の一つで、動物的な特徴を持ち、野蛮な性質を持っていることで知られている。鬼は人肉を捕食し、災害、飢饉、戦争、疫病などの災厄を引き起こす鬼であると広く信じられている。鬼は非常に悪意に満ちており、そのために殺人を犯し、食人本能に負ける。

日本では、「鬼」は何を表しているのでしょうか?

鬼は、日本神話に登場する妖怪で、極悪非道な鬼を表している。鬼は巨大で筋肉質な体型をしており、大きな丸い腹を持ち、大きな棒である金棒を武器としています。人間を餌にし、地上に災いをもたらすとされる凶悪な妖怪である。

鬼はいつも悪者なのか?

鬼は日本神話に登場する妖怪の一種で、妖怪の定義は無限であり、鬼、悪魔、妖怪など数え切れないほどの意味を持つ言葉である。日本神話には、人間に危害を加えず、ただ怖がらせるのが好きな妖怪もいる。しかし、鬼はもともと極悪非道で獣のような姿をしており、人間を餌として捕食する妖怪の一種である。

関連記事

日本の連続殺人犯

今でもゾクゾクする日本の有名な連続殺人犯6名

OMAE WA MOU SHINDEIRUの意味

OMAE WA MOU SHINDEIRU... NANI」の意味するところは?