日本ではプロポーズと婚約はどう違う?| 日本の婚約の伝統

日本のプロポーズ・婚約のかたち

日本のプロポーズと婚約はどう違うのか 世界の他の地域から?ここでは、それについての説明がありますので、ご覧ください。

日本では、求婚から結婚までの道のりは、西洋の慣習とは異なる豊かな伝統に彩られている。

プロポーズと婚約のニュアンスの違いを理解することは、これらの通過儀礼の背後にある文化的意義を理解する鍵となる。日本の恋愛や結婚式を形作る独特の習慣を探ってみよう。

日本ではプロポーズと婚約はどう違う?

日本では、プロポーズや婚約は西洋の習慣とは異なる。プロポーズは一般的にもっと親密で内密なものであり、結婚を決めるのは一方のパートナーからもう一方のパートナーへの正式な申し込みではなく、お互いの意思によるものである。手の込んだサプライズ・プロポーズとは異なり、日本のカップルは結婚を決めるとき、より控えめな瞬間を迎えるのが一般的だ。

  ショップ・フロム・ジャパン  

婚約は必ずしも必須のプロセスではないが、「結納」と呼ばれる伝統的な顔合わせが行われることもある。結納では、新郎新婦の代表者が両家の結びつきを象徴する贈り物を交換し、結婚式の段取りについて話し合う。

しかし、現代のカップルの多くは、正式な婚約期間を省き、結婚が決まったら直接結婚式の準備を始める。

日本のカップルの中には、欧米式のプロポーズや婚約の要素を取り入れる場合もあるが、伝統的な習慣はいまだに日本の結婚慣習を形成する上で重要な役割を果たしている。

関連情報チェックアウト 日本の結婚式はどう違うのかは、こちらです。

婚約(結納)は欧米と日本ではどう違うのか?

日本では、婚約は必ずしも結婚に不可欠なプロセスではなく、多くのカップルが正式な婚約期間を設けないことを選択する。その代わり、結婚することにお互いに合意した後は、そのまま結婚式の準備を始めることが多い。

しかし、日本の伝統的な結婚式には「結納」と呼ばれる習慣があり、これは婚約にやや似ていると考えられる。

新郎新婦の両家の代表者が一堂に会する正式な儀式で、両家の結びつきを象徴する贈り物を交換する。引き出物には、日本酒、鯛、イカの一夜干しなど、日本文化において縁起の良い意味を持つ伝統的な品物が使われることもある。

結納では、両家で結婚式の日取りや場所など、今後の式の重要な点についても話し合う。この打ち合わせは、西洋的な意味でのプロポーズというよりは、形式的なものであり、結婚するという二人の決意を確認するものである。

プロポーズは欧米と日本ではどう違うのか? 

日本では、欧米の文化に比べると、プロポーズはそれほど手の込んだフォーマルなものではありません。サプライズ満載の盛大なイベントではなく、通常はもっと親密で内輪のカップルの間で行われる。

プロポーズは多くの場合、お互いの意思で決めるものであり、一方のパートナーがもう一方に正式に結婚を申し込むのではなく、カップルが結婚の意思を話し合うものである。

現代の日本でも、結婚を決めるときにロマンチックなひとときを過ごすカップルはいるが、欧米の映画やテレビ番組でよく見られるようなロマンチックなひとときよりは控えめなのが一般的だ。

  • 日本人にとってサイズは重要ではない
ソースUnsplash

西洋と日本のプロポーズの伝統の大きな違いは、イベントの規模が問題にならないことだと思いました。

通常、西洋では、結婚は非常に壮大な概念であり、そのように見せられていることが多い。

オーストラリアなどでは、オリジナリティを重視した豪華なプロポーズプランが多額の費用をかけて行われています。音楽や映像を絡めたプロポーズの話はよくあります。

カップルは、人気映画の中で、お気に入りのダイヤモンドリングを持った女性を誘うシーンを再現しています。これは西洋ではよくあることです。 

意外にも、そのようなプロポーズの話をした友人はいませんでしたが、2~3人は、相手が期待しているときに盛大な演出をしたと言っていました。

彼らの多くは、日本の文化に合わせて控えめにしたいと考えていました。 

リード  日本地図と8つの地域

私の友人の一人は、キッチンで料理をしていたら、その瞬間に夫から "君と一緒にいるととても気持ちがいいから、結婚してくれないか?"と誘われたと言っていました。

「また、「自分の直感を信じて、その場でやってみたという、非常に典型的なものでした。

関連記事を知っていますか? 日本の人口が減っている? 本当の理由をチェックしよう

控えめで甘いものが好きなのです。日本人女性の中には、高望みをする人もいるかもしれませんが、日本人男性は恥ずかしがり屋なので、その期待に応えることができません。

これは、日本ではプロポーズと婚約はどう違うのかという方法のひとつです。 

  • 日本では、女性が男性にプロポーズするのが一般的である。
ソースUnsplash

日本の文化は、男性が女性にプロポーズするという欧米でよく見られる光景とは全く異なります。 女性 日本では男性を誘うことが多いのですが、これはとても興味深く、驚きました。 

私の調査では、5人中3人の女性が夫にプロポーズをしていました。

通常、男性が帰国して婚約するのを見たことはありませんし、奥さんを誘うのもいつも彼らです。 

西洋でその逆が起こると、それはとても注目に値するし、とても珍しいことです。まあ、日本でも大まかに言えばそうではないのだが、女性たちはとてもカジュアルな口調で話していた。

彼らは社会に反抗しているわけではないので、日本では女性が男性にプロポーズすることはそれほど大したことではないのではないかと思いました。と思わせるような、社会に対する反発心がない。 

Mikoは、喧嘩した直後に夫を誘ったことについて、「典型的なプロポーズの方法ではありませんでした」と確認しました。しかし、「女性がデートに誘うことについて、多くの疑問を耳にすることがあります」。 

日本のシャイな男性論と関係があるのではないかと思うことがありますが、おそらくそうでしょう。また、日本では結婚前に彼氏を誘うことはタブーとされているかもしれません。

これは、日本ではプロポーズと婚約はどう違うのかという方法のひとつです。

  • ザ・リング」は特別な日のためにある
ソースUnsplash

プロポーズの中心的なシンボルは何ですか?通常は、男性が片膝をついて座っているときに、ダイヤモンドが輝く指輪の箱を取り出すことです。

確かにその通りです。西洋ではこのようなことが普通に起こり、西洋の提案の中心になっていますが、現代の日本の戦いでは、このようなことはあまり起こりません。 

日本の既婚女性は指輪を1つしかしていないことに気付いていましたが、当時の私は西洋文化に慣れ親しんでいたので、よく戸惑いました。

そこで、友人のM子さんに「婚約指輪をもらったの? 

M子さんによると、婚約式では婚約指輪をつけるが、結婚すると結婚指輪に変えて、婚約指輪は家に置いておくのだそうだ。 

また、M子さんは、日本人が結婚指輪をするのは、特別なイベントに参加するときや、誰かの結婚式のような重要な行事に出席するときだけだと言います。

これは自分で作った伝統のひとつだ。

M子さんは婚約期間中も、毎日着るのではなく、週に一度、美術館やバレエなどの特別なイベントのために外出するときに着用していたそうです。

私が調査した皆さんは、婚約指輪をつけることは大切だと思っていますが、私が調査した友人の大半は、そもそも婚約指輪をもらっていませんでした。

関連記事の方法をご紹介します。 ひな祭り Girl's Day が祝われ、チェックアウト!

  • 日本の伝統的な婚約式
ソースUnsplash

伝統の変化に伴い(日本よりも西洋の方が多い)、結婚やプロポーズも変わってきました。

日本人の中には、自分のやり方で物事を進めたいと思う人もいれば、伝統的な規範を守りたいと思う人もいて、そのような人たちが集まっています。 

欧米では、プロポーズの後、友人や家族と一緒にお祝いする婚約のためのカジュアルなパーティーがほとんどです。と呼ばれています。 yuino (結納)を日本で行っています。 

結納とは、日本の伝統的な儀式で、家族が集まり、干物、扇子、麻、縄などの象徴的な贈り物を交換し、多くの場合、お金で二人の仲を祝福します。

リード  日本語の「和風」と「夫唱婦随」の意味

この儀式を行ったことのある人もいますが、特に地方ではよく行われているそうです。

盛大なパーティーがなくても、プレゼント交換の有無にかかわらず、家族との夕食は必ずあります。

Omiai (お見合い)という、最近ではたまにしか行われない結婚相手を探すための風習があります。

 これは、相手が結婚を望んでいる場合に、婚約パーティの仲介をするという、正式なマッチングの仕組みです。 

Keikoは、私が調査した唯一の友人で、他の現代的な関係の中で、この方法で彼の夫と出会ったのです。2人は1年ほど付き合った後、彼から結婚を申し込まれたそうです。 

2人はさらに1年間婚約し、結婚式の数ヶ月前にyuino partyを開催しました。日本ではプロポーズと婚約はどう違うのでしょうか?さて、これでわかったでしょうか?

  • 日本では婚約期間は通常1年
ソースUnsplash

慶子さんの婚約から結婚までの間には、彼氏と結婚するまでの1年間の求婚期間がありました。このような習慣は欧米ではあまり見られません。婚約してから1年も経たないうちに結婚してしまうのです。

私のインタビューに答えてくれた友人のうち、2人は1年間の求婚期間で、2人はそれぞれ4ヶ月と5ヶ月の婚約期間でした。1人は約2.5年という長い求婚期間でした。

オーストラリアの人々は、実際に結婚する前に、何年も何年もパートナーと婚約することがよくあります。 

求婚は、「日本ではプロポーズや婚約はどう違うのか」というような考えを持っている人には、心に留めておいてほしい重要なことです。

関連記事これらをチェック ラブホテル 日本のどこかでハネムーンを計画している人は、ぜひ泊まってみてはいかがでしょうか。

日本の伝統的なプロポーズは?

日本の伝統的な文化では、プロポーズは西洋の習慣に比べるとあまり芝居がかっておらず、手の込んだものではない。 

その焦点は、シンプルさ、誠実さ、そして結婚を決意したカップルの相互関係である。サプライズ満載の盛大なイベントではなく、日本の伝統的なプロポーズは、ふたりのプライベートで親密な瞬間であるのが一般的だ。

プロポーズのプロセスでは、多くの場合、パートナー同士が結婚の意思や将来について率直に話し合う真剣な会話が交わされる。 

このストレートなアプローチは、2人の間のオープンなコミュニケーションとコミットメントの共有の重要性を強調している。日本の文化では、贅沢なジェスチャーよりも行動や言葉の方が重要視されることが多いことに注意することが重要だ。

日本では、欧米の文化やメディアの影響を受け、伝統的なプロポーズの仕方は控えめであるが、特に都市部や若い世代では、欧米スタイルのプロポーズの要素を取り入れるカップルもいる。 

どのような文化的習慣にも言えることだが、習慣は個人の嗜好や地域の違いによって異なることがある。 

しかし、誠意と相互理解を重視する基本的な姿勢は、日本の伝統的なプロポーズの本質的な側面であることに変わりはない。

日本人はどうやって婚約するのか?

結納と呼ばれる伝統的な婚約の儀式を行う場合と、より現代的なプロポーズを行う場合である。

  • 結納式

結納は正式な婚約の儀式で、通常は新婦の実家で行われる。両家が出席し、新郎家から新婦家に干物、扇子、麻縄、お金などの贈り物が贈られる。新婦の家族は新郎の家族に酒、米、茶などを贈る。結納の儀式は、婚約を成立させ、新婦の家族に祝福を求めるための正式な方法と考えられている。

  • 現代の提案

現代のプロポーズはもっとカジュアルなもので、カップルが適切だと思う方法で行うことができる。レストランや公園など、公共の場でプロポーズすることもできる。また、自宅や静かな場所など、プライベートな場所でプロポーズすることもある。プロポーズには、指輪や花などの贈り物が添えられることが多い。

どのようなプロポーズをするにしても、それがパートナー双方にとって意味のあるものであることが重要である。プロポーズは、カップルの互いへの愛を反映したものであるべきで、二人が永遠に大切にする瞬間であるべきだ。

日本の伝統的な婚約記念品とは?

リード  日本の人口が減少している3つの理由

日本の伝統文化では、結婚が決まると、新郎の家族が新婦の家族に好意と感謝の気持ちを込めて贈り物をする習慣がある。結納」と呼ばれるこれらの贈り物は、結婚のプロセスに欠かせないものであり、両家の結びつきを象徴するものである。具体的な品目は地域の習慣や個人の好みによって異なるが、日本の伝統的な婚約記念品には以下のようなものがある:

  • 日本酒:日本の伝統的な米酒である高級な日本酒は、お祝いと幸運の象徴として贈られることが多い。日本酒には、夫婦の豊かで和やかな未来への願いが込められている。
  • :日本の文化では、鯛は祝い事やめでたいことにちなんだ縁起の良い魚とされている。夫婦の幸せと幸福を願って贈られることが多い。
  • スルメ:イカの一夜干しも伝統的な婚約記念品のひとつ。"するめ "という言葉は、"知る "という意味の "しるめ "に似ていることから、結婚生活を通してお互いの理解と知識を深めてほしいという願いが込められている。
  • 昆布:昆布は、二人の結婚生活が安定し、長続きするようにという願いが込められているため、婚約記念品に含まれることが多い。
  • 柳樽:柳だるは上部が丸くなったギフトボックスの一種で、二人の愛が木のように伸びやかに育つようにという願いが込められている。
  • 御祝儀袋: 現代では、従来の品物ではなく、「御祝儀袋」と呼ばれる専用の封筒にお金を入れて贈るのが一般的になっている。金額は両家の関係や経済状況によって異なる。

日本では婚約指輪が流行っている?

そう、日本には婚約指輪がある。西洋文化ほど一般的ではないが、人気は高まっている。 

日本の伝統的な婚約指輪は、赤い石をあしらった金の指輪である。しかし近年では、異なる色やデザインの指輪を交換するカップルも増えている。

婚約指輪は通常、結納の際に新郎から新婦に贈られる。結納は通常、新婦の実家で行われる正式な婚約の儀式である。結納には両家が出席し、婚約を正式に成立させ、新婦の家族に祝福を求める儀式とされている。

近年、結納の前に婚約指輪を交換するカップルが増えている。 

これはサプライズプロポーズとして行われることが多く、日本文化への西洋の影響が大きくなるにつれて一般的になってきている。

婚約指輪の選択は、最終的にはカップルの自由である。しかし、伝統的な結納は、二人の人生の新たな門出を祝う美しく意味のある方法である。

日本のカップルは婚約するまでにどのくらいデートするのか?

婚約指輪や結婚指輪を専門に扱う日本のネット通販会社「うふふ」の調査によると、日本のカップルが婚約までに付き合う平均期間は約2年半。 

しかし、婚約するまでの交際期間が数ヶ月のカップルもいれば、数年交際するカップルもいるなど、その幅は広い。

日本人カップルが婚約するまでのデート期間に影響を与える要因はいくつかある。

 その要因の一つは、カップルの年齢である。若いカップルは婚約するまでの交際期間が短い傾向があり、年齢が高いカップルは交際期間が長い傾向がある。もう一つの要因は、カップルの文化的背景である。 

日本の伝統的な家庭出身のカップルは、婚約するまでの交際期間が長い可能性があり、欧米化した家庭出身のカップルは、交際期間が短い可能性がある。

人生のパートナー

日本ではプロポーズと婚約はどう違うのか」という疑問に対する答えと、日本の結婚式の文化について理解していただけたでしょうか。 

日本式の結婚をお考えの方は、上記のポイントを参考にしてみてください。

あなたも、自分にぴったりの相手を見つけてくださいね。

また、読んでください。

  1. 日本の出会い系サイトの男性のタイプ

どう思う?

日本人が生魚を食べる理由

日本人が生魚を好んで食べる3つの理由とは?

日本の離婚に対する考え方

日本人の離婚に対する考え方|バツからマルへ