日本の結婚式はどう違うのか|11のユニークな方法

日本の結婚式はどう違うのか

が気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。 日本の結婚式はどう違うのかここでは、そのためのヒントをご紹介します。

日本の結婚式といっても、必ずしも独自のスタイルがあるわけではありません。あちこちの伝統を取り入れたものもあれば、完全に独自のものもあります。

日本の結婚式はどう違うの?

神道、中国、仏教、無宗教を問わず、日本の結婚式は常に非常にフォーマルで、多くの場合、非常にプライベートなものです。結婚式の間は、近親者と数人の招待客だけが出席します。神道式の結婚式を選んだ花嫁は、白無垢を着ます。

ただ、それは 日本の男性 好きになって 日本女性 儀式を行うだけではありません。

この記事「日本の結婚式はどう違うのか」を読み進めていくと、日本の結婚式は、実際の儀式、伝統、婚礼衣装、さらにはギフトの部分でも、さまざまな違いがあることに気づくでしょう。

日本の特徴や、日本での結婚式の違いを見てみましょう。

日本の結婚式はどう違うのか

1つ以上のタイプの結婚式

まず、日本の結婚式はどう違うのかという点についてお話しましょう。日本は文化的に豊かな国ですが、西洋の影響を受けないわけではありませんでした。

日本では神道式の結婚式が人気ですが、キリスト教式の白無垢の結婚式がそれに勝り、大半を占めています。 

花婿衣裳

それは、夫婦のどちらかがクリスチャンだからではなく、よりファッショナブルな種類のものだからということもあります。そのきっかけは、1980年代に行われたダイアナ妃の結婚式の華やかな上映会にありました。

神前式のほか、仏前式や神前式など、日本の伝統的な結婚式が行われています。

それらは非常に稀で、稀な正統派の家族の間でのみ起こることです。私はこの言葉がここに当てはまると思います。神道に生まれ、キリスト教徒と結婚し、仏教徒として死ぬ。

結婚式の装い

さて、次は「日本の結婚式はどう違うのか」についてです。服装です。

前述の神道の結婚式は、何度も何度も花嫁が衣装を着替える必要があります。まずは本殿での挙式から。 

神道の結婚式なら Shinzenshiki, は、伝統的な神社で行われ、新郎新婦は神主の前に立ち、神主の司会で式が始まるのを待ちます。

そして祈りが捧げられます。花嫁が揃える真っ白なアンサンブルは、"the shiromuku. どのようにして ウエディング 日本とは違う、理由は?

この複雑で聖なる衣装は、夫に与えられる女性の純潔を意味しています。また、清潔さと花嫁の処女性を意味しています。

無地の衣装を身にまとうことは、直接的には、汚れを落とし、夫の家庭や生活の価値観や考え方を書き込んだり、型にはめたりするための真っ白なキャンバスとして夫のもとに行くことを象徴しています。

ヘッドドレスの重要性

日本の結婚式の違いの3つ目はヘッドドレスですが、皆さんご存知ですか?

リード  100以上の一般的な日本のファーストネーム|現代的な日本の名前と伝統的な名前

と呼ばれる花嫁が頭にかぶる白いフードがあって初めて衣装が完成します。 ワタボシ (キリスト教式で挙式された方は、引き続き網目状のシースルーベールを着用します)。 

凝ったヘッドドレスの理由は、花嫁の長い髪に宿ると思われる霊を抑えるためです。

第二の課題は、新婦が新郎にしか見えないように、彼女を他の人から隠すことです。これが、日本の結婚式の違いです。

その他、花嫁が身につける衣装が凝っているためにあまり目立たないアクセサリーとしては zōri サンダルと タビ のソックスと一緒に sensu ホールディングファン、ア ハコセコ お財布と カイケン 侍の時代のナイフ。

挙式後、花嫁は、鮮やかな赤と飛翔する鶴のエレガントな刺繍が施された伝統的なブライダル・キモノに着替えることが習慣となっています。と呼ばれるものです。  iro-uchikake. 

この美しい装いに身を包むことで、お二人はこれから披露宴に向けて準備を進めていきます。このブロケードコートには、桜やアプリコットなどの宗教的なモチーフが施されています。

のです。 iro-uchikake は、二人に幸運と健康をもたらし、繁栄と長寿を願うために着用します。日本の結婚式はどう違うのか、という質問の答えになれば幸いです。

招待状に記載された人物のみが招待される - プラスワンはいない

日本の結婚式に招待されるということは、よほどその家族と親しいのでしょうね。日本の結婚式はどのように違うのでしょうか?他の国では家族全員が招待されるのに、日本では一人しか招待されません。

日本の結婚式とアメリカの結婚式の違い

挙式には親しい友人や家族だけが招待され、それ以外のゲストは披露宴に招待されることがよくあります。 

欧米の結婚式では、教会での挙式には多くの人が招待されて盛大に行われ、内輪の披露宴には最愛の人だけが招待されますが、それとは全く逆のことが起きています。 

ゲストに期待されるエチケット

日本の結婚式のもう一つの違いは、招待状を受け取った場合、それは自分だけのものだということです。他の人を連れてくることはできません。プラスワンという選択肢もありません。

妻や夫がいる場合は、別々に招待されます。これに従うのが一般的なエチケットです。サプライズゲストは通常喜ばれません。日本の結婚式が異なる理由の一つは、このエチケットにあります。

カップルへのプレゼント

この点でも、日本の結婚式は、たとえキリスト教式を選択したとしても、欧米の結婚式とは異なります。ここでは、ギフト・レジストリーを作成するという面倒なことはしません。

間違っても夫婦で手土産を持っていかないように。何を持っていこうかと考える手間が省けます。このように、日本の結婚式には贈り物の文化があります。

日本の伝統では、家族ではなく、それぞれのゲストが現金のプレゼントを持ってくることになっています。 gogushi.

御祝儀袋と呼ばれる飾りのついた封筒に、一定の金額を入れます。入れる金額は、新郎新婦との関係によっても異なりますが。

一般的には、友人や同僚が3万円程度、$350に近い金額を出すと言われています。これも、日本の結婚式の違いの一つです。

しかし、相手の上司や親戚であれば、5万円から10万円程度の金額を入れるのが普通です。また、日本では2や4で始まる金額を入れるのは縁起が悪いとされています。

リード  日本人の離婚観2022|バツからマルへ

常にパリッとした新しいノートを入れるようにしています。封筒は直接お二人に渡すことはありません。その代わり、結婚式にはそのような理由で受付係が立ち会っています。

レジストリーを使わない-ゲストへのおみやげ

日本人は、出席してくれたゲストに感謝することをとても大切にしています。単なる結婚式の引き出物ではダメなのです。

婚礼衣裳新郎

日本の結婚式は非常に豪華で、それは結婚式に関わるすべてのものに及びます。これらは結婚式のお土産としても知られています。 

Bestaliproductsでは、安価な結婚式の記念品をまとめて購入する記事を取り上げています。

実際には、家族のイメージが重要であるため、カップルとその家族はこれらに膨大な費用を費やします。このように、日本の結婚式ではゲスト全員にグッズが配られるのです。

そのため、ゲストにはカタログが配られ、その中からギフトを選ぶことができるようになっています。

レジストレーションがないというのは、間違っていると思っていました。ゲストが限られている理由はここにあります(笑)。でも、日本の結婚式はどう違うのかという質問には答えられました。

セレモニアル・ナプティル

やはり、日本の結婚式はかなり凝っていますね。挙式だけではなく、披露宴も行われています。

この2つのイベントの間に、新郎新婦が結婚したばかりのカップルが通るのは サンサンクド.始まりは、1600年の江戸時代です。

カップ酒の共有

日本の結婚式はどう違うのか、という疑問にお答えします。

直訳すると、このようになります。 サンサンクド は「3つの3つの9回」となります。日本の伝統では、奇数は縁起が良いとされており、その中でも9が最も縁起が良いので、3×3で9になるのです。

神父のもとで結婚式を挙げた後、酒を飲む儀式にちなんで名付けられました。新郎新婦ともに、3つの杯から少量の酒を一人ずつ飲む。

かぶり物

飲み方があり、飲む順番があります。それぞれのカップには意味があり、新婚夫婦の生活に良いことばかりをもたらすものを表しています。

これらのカップは サカズキ.カップというよりも、ごく少量を入れられる浅いお椀のようなものです。サイズは小、中、大の3種類がある。 

正しい飲み方は、小さいものは上に、大きいものはテーブルの表面に置くように重ねることです。それぞれのカップには意味があります。 

最初のカップで飲むことは、すべての祖先と家族の最愛の年長者に感謝を示す形である。この杯は天国を表しています。2つ目のカップは、地上での生活を表しています。

2つ目のカップで飲むことは、無条件の愛とケアについて二人が交わした誓いへの敬意を表しています。

最後に、人間を表す3番目のものは、すべての神々に健康と豊穣を祈願するものです。このように、日本の結婚式は日本酒文化の影響を受けています。

飲み方の問題ですが一気にショットのようにカップの中身を飲み干すのではなく、3回に分けて飲み干すことになっています。3つのボウルから3つの口をつける。3×3で9。 サンサンクド.

リーディングは巻き返しを誓う

挙式後、二人は神社の頭上に上がり、神社が用意した誓いの言葉を読み上げます。誓いの言葉があるからこそ、「日本の結婚式はどう違うのか」という疑問に答えることができるのです。

リード  学位がなくても日本で暮らすには|学位がなくても日本で暮らすためにできる8つのこと!

これは、神社の神様に約束や誓いをするために行われる占いで、新郎新婦は初めて神様に自分の姿を一つにして見せます。

朗読の後、新婦と新郎は、二人とも自分の名前と肩書きを大声で言うことで、この結合の正当性を確認し、それを遵守します。

レセプションの始まり(複数)

披露宴というと、「ここでパーティーが終わり、お祝いが終わる」と思うかもしれません。しかし、それは間違いです。彼らをスコットランドのパーティーアニマルと勘違いしているかもしれません。しかし、それは言い過ぎです。

最初のレセプションは、新郎新婦が台座に乗ってみんなに挨拶し、初めて夫婦であることをアピールする場です。

また、日本の結婚式では、新郎新婦やその家族に一番近い人が台座から一番遠いところに座るという独特のものがあります。

彼らにとっては、友人との付き合いよりも、年長者や親戚、同僚に敬意を示すことの方が重要なのです。これは、日本の結婚式がどのように違うのかを示す一つの方法です。

日本の結婚式とアメリカの結婚式の違い 

  • 日本では、結婚式に招待されていない余分なメンバーを連れてくることは好まれません。一方、アメリカでは、配偶者や子供が誰かを招待することは歓迎されます。 
  • 日本の結婚式は親密、小規模、フォーマルであるのに対し、アメリカの結婚式は豪華、オープン、インフォーマルであり、習慣、儀式、招待状などに関しても同様である。 
  • 日本の結婚式は着物や民族衣装で、アメリカの結婚式はガウンやタキシードで行われます。 
  • 日本の花嫁は、挙式の際、ベールの代わりにヘッドドレスを着用するのが一般的です。 
  • 日本の結婚式では、神様に誓いの言葉を読み上げますが、アメリカの結婚式では、お互いに誓いの言葉を読み上げます。
  • 日本の結婚式はダンスをしませんが、アメリカの結婚式はダンスをします。

日本での結婚式はどう違うのか。よくある質問

日本の結婚式に期待することは何ですか?

日本の結婚式は、「結納式」「披露宴」「二次会」の2部構成になっています。虹彩会には友人や同僚だけを招待する。

日本の結婚式には何を着ていけばいいのでしょうか?

日本の結婚式では、動物の革は生と死の象徴とされているため、身につけることはできません。また、女性はノースリーブやツーピースは縁起が悪いとされているため、着ることができません。女性は着物、男性はフォーマルな服装が一般的です。

日本の結婚式には引き出物を持参したほうがいいのでしょうか?

日本では、新婚の夫婦にお金を入れた封筒を贈ることを「御祝儀」と呼ぶのが一般的です。御祝儀は新札を使い、奇数や例外的に8のつくものが良いとされています。一般的には3万円から10万円程度の御祝儀を贈ることが多いようです。 

日本の結婚式はどのくらい?

日本の結婚式は通常20〜40分で、その後2〜3時間の披露宴が行われます。

日本では、結婚式はどのように行われるのですか?

日本の伝統的な結婚式は神道式で行われ、神道の神社で神主の指導のもとで行われます。非常にフォーマルでプライベートなものです。 

日本の結婚式は楽しい!

個人的には、国籍を問わず、結婚式に出席してさまざまな儀式に参加するのが好きですが、日本の結婚式が一番好きなので、少し偏っています。

今回の記事で、日本の結婚式の違いを知っていただけたのではないかと思います。今度は、日本の結婚式に参加して、現地の人のような気分を味わってみてはいかがでしょうか。

魔法界大戦ソーサリーファイトの登場人物の日本語名(1名)

魔法界大戦ソーサリーファイトの登場人物の和名について

いぬやしゃご

犬夜叉の登場人物の和名について