炊飯器で日本米を炊くには?

炊飯器でご飯を炊く方法

日本料理が好きな方には 炊飯器での日本米の炊き方 を使えば、台所での作業が楽になります。水と米の割合に従うだけで、完璧な日本米のボウルができあがります。

他の多くの国と同様に、日本でもお米は主食です。日本では何千年も前からお米が栽培されており、日本人はほぼ毎日、時には三食ともお米を食べています。 

日本の米は短粒種 バラエティオーFライス 炊飯器で炊いたお米はもちもちした食感が特徴です。もちもちした食感のお米を作るには、お米を炊くときの水とお米の比率を最適にするのがコツです。炊飯器には計量器がついていて、水の量を測りながら炊飯器に入れることができるので、とても簡単です。 

炊飯器での日本米の炊き方をご紹介します。

炊飯器での日本米の炊き方 

適切に調理された場合。日本のお米は、粘りのある食感で、喉を通りやすい程度の水分を含んでいます。しかし、水の割合が少しでもずれていると、本当にパサパサのお米になってしまいます。

ネットで調べてみると、「日本のお米の炊き方」のブログや記事では、水と短粒種のお米の比率を1:1にすると書かれていることが多いのですが、ここが間違いの元です(よくある間違いで、私も以前にやってしまったことがありますのでご安心を)。 

短粒米の米と水の比率について

"水と日本のショートグレインの比率は1:1.1か1:1.2

つまり、炊飯器のカップ1杯分(180ml)に対して、200mlの水を加えなければならないのです!これは基本的に、日本のお米よりも10%~20%多くの水を加える必要があります。単純な話ですね。 

そうすれば、お米が完全に乾いてしまわないように、十分な水分を確保することができます。 

それでも米と水の比率を1:1にしたい場合は、炊く前に日本米を別の水に30分ほど浸し、よく水を切ってから、米と水の比率が1:1になるように計量した水を加えます。 

問題は、炊飯器で日本米を炊くレシピのほとんどが、このステップを省略していることです。炊飯器で日本米を炊く場合、ほとんどのレシピでこの工程が省かれており、お米の水分が10-20%も不足しているため、パサパサになってしまいます。 

炊飯器で日本米を炊く場合、水の量はどれくらいですか?

炊飯器で日本米を炊くときは、米と水の比率を1:1.1または1:1.2にするのが鉄則です。

日本のお米を炊くには、1合につき何リットルの水が必要ですか?

日本のお米1合は180mlなので、200mlの水を使います。

  • 日本米2合が360mlの場合、400mlの水を使います。
  • 日本の米3合は540mlなので、600mlの水を使います。
  • 日本米4合を720mlとすると、800mlの水を使います。 
  • 日本米5合は900mlなので、1000mlの水を使います。 
リード  日本で養子縁組をするには 2023年|ガイド101

炊飯器で日本米を炊くときの水と米の比率は、以下の計算で求められます。 

式です。 炊飯器1合=180mlの場合 

180ml×炊飯器のお米のカップ数×1.1(または1.2)=加える水の量(ml 

例えば、日本のお米を5合半炊きたいとしましょう。 

180ml×5.5×1.1(または1.2)=1,089ml(または1,188)mlの水を炊飯器に入れます。

もし、水の量を測るのが面倒なら、炊飯器に入れたお米の量よりも少し多めに水を入れればいいのです。日本のお米を3カップ入れた場合は、3カップの水に少し多めの水を加えて炊飯器に入れます。 

日本米の秘訣。浸漬を省略しない

他の品種のお米とは異なり、日本の短粒種のお米は、短粒種のお米が芯まで十分に水分を吸収するように、最低でも20~30分は水に浸すことが大切です。 

関連する 日本発のヘルシーな緑茶で、和食の食事を洗い流してみませんか?ぜひチェックしてみてください。

日本のお米をどれだけ炊くか?

炊飯器1杯(180ml)の日本米で、お茶碗2杯分(=330gの炊き上がり)の日本米が炊けます。炊飯器1杯(180ml)で2合(=330g)の炊き上がりになります。 

炊飯器で日本米を作るには

  • 準備時間+浸漬時間:約30分
  • 調理時間: 約55分
  • 一人前:ご飯茶碗2杯分

成分をご紹介します。

  • 日本の白い短粒種の米 

炊飯器1杯分の日本米(180ml)の場合 

  • 水200ml 

炊飯器2杯分の日本米(360ml)の場合

  • 水400ml 

炊飯器3杯分の日本米(540ml)の場合

  • 水600ml

炊飯器4杯分の日本米(720ml)の場合

  • 水800ml 

米のとぎ汁5杯分 日本米(900ml)の場合

  • 水1000ml

茶色い短粒種の日本米 

炊飯器1台分 日本産短粒種玄米カップ(180ml)

  • 300~320mlの水
  • コーシャー/シーソルト

玄米短粒種の日本米(360ml)を炊飯器2杯分

  • 570-600mlの水
  • コーシャー/シーソルト

玄米短粒種の日本米を炊飯器3杯分(540ml)

  • 水900ml
  • コーシャー/シーソルト

玄米短粒種の日本米(720ml)を炊飯器4杯分

  • 水1200ml
  • コーシャー/シーソルト 

注:塩分はお好みで調整してください。 

Step By Step Instructions:炊飯器で日本のお米を炊く方法

日本米を炊く前に

リード  東京のインターナショナル・スーパーマーケット一覧|東京のインターナショナル・スーパーマーケットベスト12
Rご飯を炊く
  • Step 1: 炊飯器のカップ(またはお手持ちの計量カップ)を使って、お好みの量のお米を別の容器に取ります。炊飯器のカップ1杯分(180ml)の短粒種のお米で、お茶碗2杯分のご飯が炊けることになります。
炊飯器での玄米の炊き方
  • Step 2: お米が完全に浸る程度の水を加える。水を捨てる をすぐに実行します。 これを2~3回繰り返す。 

ヒント 洗い始めると、お米はあっという間に水を吸収してしまいます。ですから、水をすぐに捨ててしまうことで、数回分の水をお米に吸わせてしまわないように気をつけましょう。 

  • Step 3: 米が完全に浸るように水を加えますが、指を使って容器の中の米を優しく洗います。米を洗うには、指を使って円を描くように米を動かし、10~15秒ほどかけて洗う。 
  • Step 4: 水を捨てる 
  • Step 5: 米の入った容器に再び水を加え、再び同じ作業を繰り返す。 
  • ステップ6: このように2~3回、または水を切ったときに水がほとんど透明になるまで米を洗う。
  • ステップ7. 水がほぼ透明になったら、水をよく切ってください。
米の浸漬
  • ステップ8. 炊飯器に水切りした米を入れる 
  • ステップ9. 1:1.1(または1.2)の比率に従って水を加えます。炊飯器1杯分の日本米(180ml)を入れているので、200mlの水を加えることになります。 
  • ステップ10. 米を約20~30分水に浸す
お米を炊く
  • ステップ11. 次に、炊飯器のメニュー設定で 'スタート'
  • ステップ12. 炊飯器は、お米が炊けたら自動的に知らせてくれるはずです。私の炊飯器は約55分で炊きあがります
  • ステップ13:炊きあがったら10分ほど蒸らしてください。炊飯器に蒸らしの機能がない場合のみ、この方法を行ってください。
  • ステップ14. 炊飯器を開けて、しゃもじを使ってお米をふやかします。 
  • ステップ15 器に盛って、お好みの料理と一緒にお召し上がりください。 

炊いた日本米の保存方法?

残ったご飯を密閉容器に移し、蓋をして水分を保持し、日本のご飯を保存します。ごはんが冷めてから冷凍庫に入れるようにしてください。 

日本米を電子レンジで再加熱する方法?

お米を電子レンジ用の皿に移します。大さじ2杯程度の水をご飯にかける。(お米の量が多ければ少し多めの水を)。お米を入れたボウルに湿らせたペーパータオルをかぶせ、電子レンジのスイッチを入れます。お米1カップにつき約20秒、または十分に熱くなるまで加熱します。 

大量のごはんを加熱する場合は、途中で加熱を中断してごはんをかき混ぜ、再び電子レンジに入れて均一に加熱する必要があります。 

日本のご飯をストーブで温める方法?

炊きあがったご飯を鍋に移す。コンロでご飯を温めるときの鍋は、かき混ぜやすいように深すぎないものを選びましょう。冷めたお米を鍋に入れたら、お米1合に対して大さじ2杯程度の水をかけます。鍋に蓋をする。そして、火は中弱火のままにします。数分おきに、お米が均等に熱くなるまで優しくかき混ぜる。

おすすめの日本製炊飯器

まだ炊飯器をお持ちでない方は、炊飯器に投資することをお勧めします。炊飯器があれば、ご飯の炊きすぎを防ぐことができますし、何度も確認しなくても、毎回完璧な日本米を炊くことができます。 

リード  ロンドンで日本製品を買うなら|ロンドンの日本のお店ベスト9

炊飯器の中で日本米が自動的に炊き上がっている間に、日本米に合う日本風のカレーやグレイビーソースを作ることに集中できます。 

日本製の炊飯器

私のお気に入りの炊飯器は象印の日本製炊飯器兼保温器だ。最大5合半の日本米を炊くことができる。キッチンのカウンターに置くにはかなり場所をとりますが、この炊飯器のおかげで生活がとても楽になるので問題ありません。

自動保温機能と延長保温機能が付いているので、炊き上がったご飯を食べるまで温めておくことができます。野菜を蒸したり、ケーキを焼いたりすることもできます。

他にも、白米・寿司、混ぜご飯、甘口、おかゆ、茶色、ケーキ、スチーム、早炊きなど、本当に便利なメニュー設定が可能です。 

ここでは、炊飯器で日本米を作る方法を順を追って説明します。 

関連する 日本のコンビニエンスストアの本格的な料理は、高級な日本料理店にはかないません。ぜひチェックしてみてください。

炊飯器で日本の米を炊く。よくある質問

日本のお米を炊飯器で炊く場合、水の量は?

炊飯器1杯分の日本米(180ml)の場合の場合、200mlの水を加えると、ちょうど良い硬さの日本米になります。炊く場合 日本米 炊飯器用カップ2杯分(360ml)に、水400mlを加える。

炊飯器で日本の寿司飯を作るにはどうしたらいいのでしょうか?

まず、米を研ぐ。容器に炊飯していない日本のすし飯を入れ、水を張ります。お米を優しく振り回したら、水を切ります。この作業を水が澄むまで繰り返します。今度は洗ったお米を炊飯器に入れ、水を加えます。1合(180ml)のお米に対して、200mlの水を加えます。2合(360ml)の場合は400ml、3合(300ml)の場合は300mlとなります。炊飯器の設定を選び、スタートボタンを押します。

日本のお米は浸水させる必要があるのですか?

日本米は炊く前に浸漬しておくことをお勧めします。日本米を完璧に炊くには、米に水を浸透させる必要があります。日本米を炊く前に30分ほど浸しておくとよいでしょう。

日本の炊飯器はどのくらいで炊けるの?

お米の量や炊飯器にもよりますが、3~4合炊くのに45~55分かかります。早く炊きたい場合は、炊飯器の「早炊き」のスイッチを入れてください。

日本米2合に必要な水の量は?

日本米200カップ(260ml)に対して、日本米を美味しく炊くには400mlの水が必要です。日本米を炊くときは、水と米の割合が非常に重要です。

寿司飯は炊飯器で何分かかるのか?

スーチーライスは45分〜55分ほどで炊きあがります。お米の量や炊飯器によって時間は異なります。

また、読んでください。 

  1. 日本では、お米以外にも麺類が流行っています。蕎麦、ラーメン、うどんなど、お気に入りの麺を探してみてください。
日本の炊飯器でのご飯の炊き方

日本の炊飯器でご飯を美味しく炊く方法をご紹介します。

タイプ: メインコース

料理: 日本語

キーワード: 日本米

レシピー歩留まり: 2人分

準備時間: 35M

調理時間: 45M

所要時間: 1H10M

レシピー材料:

編集部の評価
5
日本のメイド喫茶ガイド

メイドカフェの費用|メイドカフェに行く前に知っておきたいこと

日本での支払い方法

日本での支払いはどうする?