マンガのチャプターとは?

マンガのチャプターとは

ここで、マンガのチャプターとは何かについて、簡単に説明します。マンガの章とは、マンガのエピソードやセクションを構成するマンガのコマの集まりのことです。1章に含まれるマンガのコマ数には決まりはありません。1章は5コマであったり、10コマであったり、それ以上であったりします。各章にはそれぞれタイトルがあります。

日本のエンターテインメント業界は、世界中に住む私たちを感動させる特別なコンテンツに事欠きません。そして、日本のマンガは、多くのオタクが好むエンターテイメントの一つです。 

アニメオタクなら誰でも、自分の好きなアニメがマンガのシリーズを映画化したものであれば、マンガがいかに重要であるかを知っている。マンガは日本語でコミックのことであり、普通のコミックとは違うのだ。マンガは、あなたが見たことのあるほとんどのアニメシリーズにとって生命線です。

マンガというのは幅が広くて、巻や章がいくつもあるんです。もしあなたが漫画ファンダムの初心者なら、歓迎します。もしあなたが相対的な用語や漫画の章が何であるかを学びたいなら、あなたは正しい場所にいます。 

このページでは、マンガの章とは何か、どんな内容か、どのようなものかを説明します。

マンガのチャプターとは?

マンガの章は、全体のプロットを分割したマンガのストーリーの続きである。マンガの章の長さは、マンガとその出版方法によって異なります。マンガの章をまとめたものを「単行本1巻」と呼びます。

マンガとは?

マンガは日本のコミックブックやグラフィックノベルで、英語のコミックブックとは大きく異なります。日本語の漫画家はマンガ家と呼ばれ、それぞれの漫画には作家、編集者、アーティストが一緒に働いている。 

というのも、漫画は長編で何巻もあるため、ストーリーを維持するために多くの人が働いているのです。 

マンガと英語のコミックの大きな違いは、マンガはモノクロで印刷されていることです。マンガは当初、単行本で発売されることはない。 

週刊誌や月刊誌で1話ずつ発表され、全話が完結すると単行本にまとめられる。

マンガには、アクション、格闘技、ファンタジー、ドラマ、ロマンス、ミステリー、コメディ、SF、アドベンチャー、エロなど、さまざまなジャンルがあります。もちろん、マンガにはあらゆる年齢層の読者がおり、特定の層に向けて発売されるマンガもある。 

漫画が視聴者に受け入れられれば、アニメシリーズや映画、実写映画化される。人気アニメシリーズになった漫画には、「NARUTO」「ONE PIECE」「ドラゴンボール」「事件屋/名探偵コナン」「進撃の巨人」「ブラックジャック」などがある。

2020年現在、北米のマンガ市場は約$2.5億円という巨大な価値を持ち、今も世界中で指数関数的に成長しているのだそうです。

マンガに章はあるのか?

マンガは週刊誌や月刊誌に連載されるものだから、読者やマンガ家、出版社にとって便利なように、マンガには章があるはずだ。マンガの章とは、マンガのストーリーの1セクションであり、私たちが読む絵本と同じように、マンガの章はマンガのストーリーの進行方向である。

各章が週刊か月刊かはマンガによって違いますし、マンガ雑誌に全章を連載するには時間がかかる場合もあります。

マンガの中には、全編を1冊の本にまとめた「単行本」形式で発売されるものがあります。 

単行本は日本語では独立した本のことを指しますが、この言葉は広く漫画のシリーズ全体の巻を指す言葉として使われています。前述したように、単行本は複数のマンガの章を1冊にまとめたものである。

戦隊モノの出版社としては、「ジャンプコミックス」「小学館少年サンデー」「講談社少年マガジンコミックス」などが有名で、「ジャンプコミックス」「小学館少年サンデー」「講談社少年マガジンコミックス」「講談社少年マガジンコミックス」「講談社少年マガジンコミックス」などがある。

マンガは何章まであるのか?

これは非常に幅広い質問で、絶対的な答えがあるわけではありません。なぜかというと、マンガの章数は、マンガの種類やターゲット層、出版社、そしてマンガ家自身によって異なるからです。 

マンガを発表する際、マンガ家と出版社は、そのマンガが視聴者にどのように見られているかを分析する。

出版されたマンガのエピソードに視聴者が満足し、魅力を感じれば、マンガ家はそのエピソードを出版するためにさらに制作に取り組むことになる。マンガのエピソードの長さや掲載に必要なページ数は、その時々で異なる。 

また、漫画家は編集者や出版社から一定の仕事とノルマを課される。 

そのため、漫画家が出版社や編集者が設定した目標に達するまで、漫画の章が長くなってしまうことがある。  

そのため、漫画家、ストーリー、関係者の意向により、1つの漫画に数章が設けられることもある。 

章数が多いマンガもあります。

  • ゴルゴ13 - 552章
  • こち亀。東京ビートコップ - 1960年版
  • みなみのてぃお - 1395 chapters
  • クッキングパパ - 1488 chapters
  • グラップラー刃牙 - 1227章

一方、「一発屋」と呼ばれるマンガがありますが、これは単体のコンセプトから1章しかないマンガのことです。 

単発のマンガは、その出来を試すために書かれ、好評であれば、後にマンガのシリーズとして展開される。一発漫画から始まった有名な漫画には、ドラゴンボール、NARUTO、BLEACH、ワンピース、北斗の拳、デスノート、ベルセルクなどがある。

マンガの1章の長さは?

さて、マンガの章数は様々な要素に左右されることがわかったところで、次はマンガの章数の長さについて考えてみましょう。 

マンガの章は、出版社や編集者がマンガ雑誌に掲載する際に、どのように掲載するかによって、非常に長くなったり短くなったりします。また、掲載される漫画の種類によっても異なります。

週刊連載の場合、1章あたりのページ数は18~22ページ、月刊連載の場合、1章あたりのページ数は40~50ページとなります。

 月刊連載のマンガは、次の章を掲載するまでの期間の関係で、読者はページ数が多いほうがいいと思うので、週刊連載のマンガよりもページ数が多い傾向にあります。

週刊漫画や月刊漫画の長さにもかかわらず、どの漫画も発売当初は非常に長い章を持つように設定されています。これは、情報量が多く、夢中になれるプロットがあれば、出版社や編集者がより多くの視聴者を引きつけることができるからです。

週刊誌の例では「ワンピース」が1章19ページ近くあり、「進撃の巨人」のような月刊誌では1章45ページが標準です。

しかし、1989年に発売された『ベルセルク』のように、当初は1章あたり100ページ近くあり、月平均のページ数を上回っていたマンガも、今では1章あたり100ページ近くあり、月平均のページ数を上回っている。その後、1992年にベルセルクはヤングアニマルという隔月刊誌で1章平均20〜40ページで掲載された。

マンガは何ページある?

繰り返しになりますが、マンガには長いものと短いものがあり、それはマンガ家、出版社、編集者、そして読者といったステークホルダーに左右されるものです。 

5万字以内という字数制限があるライトノベルとは異なり、マンガのページ数は特に決められていません。そのため、マンガのページ数はさまざまです。

マンガの平均ページ数は180~250ページと言われています。しかし、マンガにはさまざまなジャンルのものがあるので、これには大きな差があります。短期間しか連載されないマンガもあれば、何年も何十年も連載されるマンガもある。 

例えば、漫画「NARUTO」は全700章、総ページ数14,000ページ。また、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」という最も長く連載されている漫画の1つは、全1960章、39,200ページです。

もし、そのマンガが視聴者に愛されれば、出版社や編集者はマンガ家にストーリーを長くするように勧め、その結果、より多くの章を出版することができ、その見返りとして大きな利益を得ることができるのである。

マンガのチャプターとは何ですか?よくある質問

マンガの章立てはどうなっているのですか?

マンガは、大きなマンガ雑誌で週刊または月刊で発売されます。通常、漫画の章は週刊か月刊で発表されます。その漫画が多くの読者を獲得した場合、その漫画の章を集めて「単行本」と呼ばれる一冊の本にまとめて出版される。

一般的なマンガの1章の長さはどのくらいですか?

マンガの1章の長さは、マンガの種類によって異なるので、特に決まりはありません。毎週連載されているマンガなら18~22ページ近く、月刊誌のマンガなら40~50ページ程度です。

マンガは何章がいいのか?

マンガの章数は、出版社やマンガ家、ファンからの評判によって異なります。視聴者の間で好意的な評価を得ている漫画は、中程度の評価を得ている漫画よりも章数が多くなる可能性が高い。したがって、マンガの章数は、マンガの長さによって決まる。

マンガの1章は何ページですか?

マンガの1章のページ数は、マンガが発行される基準によって異なります。週刊マンガは1章あたり18ページ近くあり、月刊マンガは1章あたり平均40~50ページとなる。

ベスト日本緑茶

ベスト日本緑茶2022

ベストマンガカバー

マンガの表紙デザインベスト10!| マンガの表紙|知っておきたい、すごいマンガの表紙