日本での健康的な食生活のための5つのルール

日本での健康的な食事のルール

あなたは健康志向で、日本での健康的な食事のルールを知りたいと思っていますか?では、日本で健康を維持する方法をお教えしましょう。

健康的な食生活といえば、日本が真っ先に思い浮かびます。これは、日本の国民の体重が中央値であることが大きな理由ですが、それだけではなく、日本の食生活がいかに異なっているか、いかに素材を重視しているかということも理由の一つです。 

日本での健康的な食事のルールとは?

日本での健康的な食事のルールはとてもシンプルです。まず第一に、「原八部の原則」として、少量ずつ食べることが挙げられます。出来合いのものは避け、保存のきかない野菜を使った家庭料理を中心にします。食事にはバラエティを持たせ、水をたくさん飲みましょう。 

そのため、日本食はすべて健康的であり、自動的に健康を維持できると誤解されているようです。また、日本には安価な健康食品もあるので、お金をかけすぎてしまう心配もありません。

しかし、日本料理には、他の料理と変わらない部分もあり、旅行者だけでなく、食事に気を遣うほど長く滞在する予定なら、考慮しなければならないこともあります。

日本の健康的な生活を自分のものにして、日本の食生活の指針を守って元気に過ごしましょう日本の健康的なライフスタイルを自分のものにして、日本の食生活のガイドラインに沿って健康を維持しましょう

日本での健康的な食事のルール

原八部主義を貫く

日本食の分量は、日本で健康的な食事をするために最も必要なルールの一つなので、覚えておきましょう。

一週間の食事計画
ソースUnsplash

人口の5%以下の国が肥満に直面している最大の理由は、ポーションサイズの選択と消費の仕方にあると言っても過言ではありません。ハライチブの原則に従えば、ミニマムなダイエットプランは必要ありません。

日本では、レストランのように注文してから待つのではなく、小さなお皿に少しずつ盛り付けて、少しずつ食べていくシステムが好まれています。

とも呼ばれるこの哲学。 "Hara Hachi Bu"- 日本の健康的な食生活のルールのひとつである「80%満腹になるまで食べなさい」は、沖縄に由来しています。これは、日本の健康的な食生活の最も基本的なルールの一つです。

 私たちの体は、食べたものを消化するのに時間がかかります。実際にお腹がいっぱいになる前に、すでに数口食べてしまっている可能性もあります。

早めに止めるということは、それを完全に回避し、余剰分を体に蓄える機会がないだけなのです。これは、日本における健康的な食生活のルールの一つです。

日本人の1週間の食事計画には、動物性タンパク質、重要な炭水化物、ビタミン、ミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれています。日本では健康的な食事がレストランでも簡単に手に入ります。

日本の米は健康的ですか?
ソースUnsplash

このことが、沖縄が心臓病、がん、脳卒中などの病気にかかる率が最も低く、平均寿命を上回っていることにつながっているのでしょう。

原八分は、日本での健康的な食事の最初のルールの一つです。日本でのダイエット方法に悩んでいる方は、日本の週刊誌に掲載されている食事プランを参考にしてください。

しかし、日本を訪れる際には、メニューや分量を海外に合わせた観光地や施設に足を運ぶことが多くなります。 

天ぷらは量によっては700キロカロリーにもなりますし、人気のカツ丼は少量で1000キロカロリー近くにもなります。

リード  抹茶マカロンの簡単レシピ

 これはビッグマック4個分に相当します。お寿司は、種類にもよりますが、1個あたり平均70~80円と、最も軽いメニューのひとつです。これは、日本で定期的に健康的な食事をする際のルールのひとつです。

とはいえ、個人的にはお寿司はいつまでも食べていられるので、食べる量をコントロールすることも大切です。 

日本のダイエットプラン
ソースUnsplash

つまり、外食を選ぶと、日本料理のイメージよりもはるかに多くのカロリーを摂取することになるのです。

健康を大切にする国で、なぜこのような店が客足を伸ばしているのか。 

観光客だけでなく、日本は非常に忙しい国であり、国民は非常に働き者で時間に追われていることが多く、時には複数の仕事を掛け持ちすることもあります。 

時間はとても貴重な資源であり、誰もが適切な食材を買いに行き、準備する時間があるわけではありません。

JAPAN HEALTHING LIKE
ソースUnsplash

特に、同じものをプロの手で調理してくれて、しかも安いレストランが周りに何軒もある場合は。 

一般市民はこのことを知っていますが、「よりによって日本」で原因不明の体重増加に戸惑う観光客は何百人もいます。

ですから、たまたま日本に長期滞在することになった場合、食事の面では自分で調理するのが一番いいでしょう。 

新鮮な食材がいつでも手に入るし、日本は買い物に関しては地球上で最も便利な国のひとつだと思います。 

もし、自分で料理を作る時間がなかったり、どうしても作りたくない場合は、レストランでの食事量に気をつけましょう。日本での健康的な食事のルールは、実際に実行可能なものです。

食べ物を粗末にすることは悪いことだ」という文化が根付いているので、リクエストすれば喜んで小分けにしてくれます。これは、日本で健康的な食事をするための基本的なルールのひとつです。

日本では既製品を避ける

日本で健康的な食事をするためには、どのような食べ物が理想的ですか?

場合によります。アレルギーや好き嫌いがあっても、日本料理の多くはアジアの伝統的な調理法で作られています。例えば、揚げ物よりも茹でたり焼いたりする方が人気があります。 

日本の食生活指針
ソースUnsplash

しかし、「健康的な食事」のルールは変わりません。体重減少/増加の標準的なルールは、それぞれカロリーの赤字/黒字にのみ基づいています。体が必要とするカロリーよりも300キロカロリー多く食べた場合、その300キロカロリーは脂肪として蓄えられることになります。

 体が必要とするカロリーよりも300キロカロリー少ないと、その分のエネルギーを補うために脂肪が燃焼されます。出来合いのものやインスタント食品を食べていては、健康を維持することはできません。これは、日本の健康的な食生活のルールのひとつです。

そのため、身の回りの便利な場所にある巨大なポーションサイズを考慮すると、この限界を超えて、体が必要とする以上の量を食べてしまい、余分な体脂肪を残してしまうことになりがちです。 

インスタントラーメンやインスタント食品、加工された食品、パッケージされた食品など、どんな形であれ避けてみてください。これは、日本での健康的な食事のルールのひとつであり、ジャンクフードを避けるためのものです。

炭酸飲料は体に悪いので飲まないようにしましょう。これは、日本の健康的な食生活のルールのひとつです。

大皿の天ぷらを食べても1日のカロリーは少なくて済みますし、一緒に食べてくれる人がいれば、頼んだからといって完食しなくてもいいのですから、社交的に食べるのは良い方法です。

リード  10 Best Japanese Whiskey Under 100

量はともかく、炭水化物やナトリウムの問題も出てきます。 醤油 日本料理の定番であり、調理の際にはたっぷりと使い、さらに醤油をかけて食べることが多い。 

安価でヘルシーな食品を提供する日本
ソースUnsplash

しかし、大さじ1杯のしょうゆには、1日に必要なナトリウムの半分弱が含まれています。もうひとつの定番は、マッシュルームや 'ミソ'です。これは、料理をするときの出汁や、人気の高い味噌汁のベースとして使われています。

 食事の中で最もヘルシーなサラダも、味付けのために塩を使うことが多い。 日本の健康的な食事のルールには、これが基本として含まれています。

これはつまり、食事の計画に気をつけないと、ナトリウムを大量に摂取することになるということです。 

炭水化物は、避けるべきものが「目に見える」「目に見える」ものであるため、それほど困難な障害ではありません。つまり、「パンを持っていてください」と言うのは、「シェフが明らかにバランスを考えて作ったこのレシピを、醤油や塩を使わずに用意してもらえませんか」と言うよりも簡単なのです。

 隠れた炭水化物の主な原因は、市販の麺類にあります。典型的なパックは そば は50%もの精製された小麦粉を使用しており、全く健康的ではありません。 

ヘルシーで人気があるのは、山芋の一種を使ったもの。 "こんにゃく山" または "こんにゃく".これは、日本で健康的な食事をするための重要なルールのひとつです。

絹のように美しい細長い麺のセットにされることが多いです。 "Shirataki" と訳されています。 「白い滝「その理由は、麺が箸から流れ落ちて弓の中に戻ってくるからです。

日本でのダイエット方法
ソースUnsplash

砂糖は最後の悩みの種です。しかし、日本では海外に比べてはるかに小さな問題です。

日本では、ソーダや加工された飲料、お菓子はあまり好まれません。代わりに、お茶やジュース、果物が好まれます。

 そのため、彼らは天然の糖分や果物由来の糖分を主に摂取しています。これは、巨大なボトルに入った砂糖の入ったソーダに比べて、管理や分量の調整がしやすいのです。しかし、料理の中には思いもよらないような隠れた糖分がたくさんあります。 

バラエティに富んでいる

では、好きなヘルシー料理を選んで、それだけを食べればいいのでしょうか?日本で健康的な食事をするための基本的なルール-バラエティに富んでいることが重要です。

すぐには影響はありませんが、魔法のように1日の必要量を満たしてくれる料理を選ばないと、特定の栄養素が不足してしまうのです。 

幸いなことに、日本料理ではバラエティに富んだ料理が多く、一皿の中にいくつかの料理が入っていて、それが小分けされていることが多いのです。これは、日本の健康的な食事のルールのひとつです。

日本人の食生活
ソースUnsplash

という伝統的な食事作りの原則があります。 一重三昧」。 文字通りに訳すと "One Soup - Three Dishes". 日本の健康的な食事のルールには、スープがあります。

この方法での食事は、スープ、主菜(通常は野菜、魚、肉、卵)、副菜で構成され、食事のバランスを整え、不足している栄養素を補うことを目的としています。 

このように様々な食品を摂取することで、体に必要な栄養素を確実に摂取することができ、より健康的な生活を送ることができます。日本の米は健康的ですか?はい、でも分量には気をつけてください。

それぞれの成分がそれ自体で健康的であるということは、健康志向の私たちにとってはプラスの要素です。

バラエティに富んでいることは、日本での健康的な食事のルールの一つとして心に留めておきたいことです。

水を飲むときのルール

これは、日本で健康的な食事をする上で最も重要なルールの一つである「水分補給」です。ですから、これを守らないと、日本での健康的な食事のルールはすべて無駄になってしまいます。

水の話は最後にしましょう!そう、水です。日本で食事をしていて、水を飲んでいる人はいないでしょう。 水は胃酸を薄めます。水は胃の中の酸を薄めてしまうので、その結果、体にとっては消化がより難しくなります。

日本での健康的な食事のルール
ソースUnsplash

 そのため、日本の食事には、ストックやスープなどの形で、かなりの量の水分が含まれています。日本での健康的な食事のルールには、どんな形であれ必ず水が含まれています。

リード  モスバーガーの日本でのメニュー 2022年

これらの料理に関しては、「洗い物」をする必要はあまりなく、結果的に直接飲む水の量も少なくて済みます。 

日本のダイエットの秘訣があるとすれば、それは水をたくさん飲むことだけであり、単なる日本のダイエットプランではありません。そのためには、日本での健康的な食事のルールを守ることが、体を維持するために不可欠です。

このようにして、体が最高の効率で動くようになると、非常に健康的な腸になります。ただし、決して食事中に水を飲んではいけないということではありません。 

つまり、食事中に直接飲む水の量が少なければ少ないほど、体が本来の機能を発揮しやすくなるということです。でも、たまに飲む分には害はありません。

水を飲むことは、日本での健康的な食事の最も重要なルールのひとつです。皆さんは、旅行中に実践している健康的な食事の秘訣がありますか?下記のコメント欄で教えてください。 

ミラクルフードに効果はない

ある日、ネットサーフィンをしていたら、あるフルーツが余分な脂肪をカットし、健康を保つのに役立つという記事を見つけたとします。でも、そんな記事は読み飛ばして、自分のことだけを考えていればいいのです。これらのダイエットの流行は本当にうまくいかないと同様に、栄養士によって推奨されていません。 

私が100日健康法を実践しているときに、納豆がダイエットに効果的で、1日2回食べればいいという記事を見つけました。ありがたいことに、私はそれを無視して笑うことができるほど健全でしたが、多くの人が同じことを実践しているのを目にしました。 

ある特定の食品だけを追いかけるよりも、何でもかんでも、しかしコントロールされた形で食べる方が良いのです。また、揚げ物を避けることも、長い目で見ると効果的です

日本での健康的な食事。よくある質問

日本食レストランで食べるヘルシーなものって?

日本のレストランで健康的な食事をするためのルールは、緑豊かでカロリーの低い料理を注文することです。タンパク質が豊富な大豆から枝豆と味噌を注文し、餃子を蒸すといい。カロリーは少ないが味わい深い。刺身や巻き寿司の鮮魚も、ヘルシーな脂肪とタンパク質がたっぷりです。

日本人は本当に健康的な食事をしているのだろうか?

日本では、タンパク質、炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラルなど、栄養のバランスがとれた食事が好まれ、健康的な食生活が広く浸透しています。お茶や魚、大豆、野菜などには砂糖を使わないのが好まれます。

日本人は1日3食食べるのか?

日本人の多くは1日3食を食べますが、彼らによると、夕食は最も重要で、決して抜かしてはいけないものだそうです。

日本人の食事が健康的な理由とは?

日本人はライフスタイルに非常に敏感で、心臓病や2型糖尿病など様々な病気のリスクを回避するため、健康的な生活を好みます。日本人の健康的な食生活は、緑黄色野菜、動物性タンパク質、低糖質など、栄養価の高い食材をふんだんに使っています。 

日本のヘルシーな食べ物にはどのようなものがありますか?

日本人の健康的なライフスタイルには、動物性タンパク質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を豊富に含む食べ物が含まれます。豆腐、大豆、魚、納豆、味噌、刺身などは、最も健康的な日本食の一つです。

Healthy, Wealthy and Wise!

これらの日本での健康的な食事のルールが、あなたの健康維持に役立つことを願っています。食べるものは賢く選んで、不健康なものには手を出さないようにしましょう。

体内のバランスを整えて、水分補給をしてください。この記事「日本での健康的な食事のルール」があなたのお役に立てれば幸いです。

また、読んでください。 

  1. 日本のサツマイモは健康に良い
  2. 日本のおせんべいはヘルシー?

日本ラブホテル2022年版:知っておくべき4つのこと

沖縄のファミリーネーム

19 沖縄の代表的な苗字