2024年外国人の日本就職|日本で仕事を探すときに知っておくべき10のこと

日本での就職活動

外国人のための日本での就職活動のための包括的なガイドは、あなたが日本で夢の仕事を得るための貴重な洞察力と実践的なヒントを提供します。

外国人として日本で就職活動を始めることは、ユニークな挑戦でありチャンスでもあります。このガイドブックでは、日本の雇用情勢の複雑さを掘り下げ、プロとしての充実感を得るための知識と戦略を身につけます。

外国人が日本で仕事を見つけるには?

外国人として日本で就職することは、挑戦的ではありますが、やりがいのある経験です。ここでは、その主なステップをご紹介します:

準備だ:

  • ビザ: 日本で合法的に働くためには、有効な就労ビザが必要です。具体的なビザの種類はあなたの状況によって異なりますが、外国人にとって最も一般的な種類には、高度専門職ビザ、基本就労ビザ、求職者ビザなどがあります。それぞれ要件が異なりますので、よく調べてください。
  • 日本語: 必ずしも必須ではありませんが、日本語能力は非常に有利です。雇用主は通常、日本語能力試験(JLPT)で測定される最低レベルを求めることが多い。語学コースを受講するか、独学で勉強することも検討しましょう。
  • 資格: 仕事によっては、大学の学位、関連する実務経験、または特定の資格が必要な場合もあります。希望する分野の条件を調べましょう。
  • 履歴書とカバーレター 履歴書とカバーレターは日本の求人市場に合わせ、関連するスキルや経験を強調しましょう。プロフェッショナルな書式を使用し、可能であればネイティブ・スピーカーからフィードバックをもらいましょう。
  ショップ・フロム・ジャパン  

仕事を探す

  • ジョブ・ボード Indeed Japan、GaijinPot、JobsInJapanなどのオンライン求人サイトを活用しましょう。英語の求人情報を探すか、Google翻訳などのツールを使って求人内容を翻訳する。
  • 人材紹介会社: 外国人の日本での就職を専門とする人材紹介会社との提携を検討しましょう。彼らはガイダンスを提供し、適切な機会を紹介してくれます。
  • ネットワーキング: 業界のイベントに参加したり、LinkedInでプロフェッショナルとつながったり、オンライン・コミュニティに参加したりして、ネットワークを築き、仕事市場についての見識を深めましょう。

面接:

  • 研究だ: 企業文化、面接のマナー、典型的な面接の質問について学ぶ。事前に答えを準備し、模擬面接で練習する。
  • プロフェッショナルな服装で: 面接時の服装は、日本のビジネスウェアを尊重し、保守的でフォーマルなものにする。
  • 礼儀正しく、敬意を払うこと: プロセスを通じて、面接官と会社に敬意を示すこと。お辞儀をし、丁寧な言葉遣いをし、早めに到着することが大切です。

日本では外国人にどんな仕事があるのか?

日本では、外国人のスキルや経験、日本語能力に応じて、さまざまな種類の仕事があります。ここでは、最も一般的な職種をご紹介します:

英語教師の求人情報 in 日本 にとって 外国人

日本で英語を教える仕事には、大きく分けて2つの種類があります:

  • アシスタント・ランゲージ・ティーチャー(ALT)のポジション ALTは一般的に公立学校で、日本人教師とともに英語指導を補助します。ALTは通常、学士号とTEFLまたはCELTAの資格を持っているが、日本語が流暢である必要はない。
  • 私立語学学校教師の求人 私立の語学学校では、子どもから大人まで、あらゆる年齢の生徒に英語のクラスを提供しています。民間の語学学校の教師は通常、学士号とTEFLまたはCELTAの資格を持っており、日本語が堪能であることも必要な場合があります。

日本で英語教師として働くための資格

日本で英語を教える仕事に就くための具体的な資格は、職種や学校・団体によって異なります。しかし、一般的な資格には以下のようなものがあります:

  • 英語がネイティブまたはネイティブに近い方 日本での英語教師の仕事には、流暢な英語が不可欠です。
  • 学士号 日本での英語教師の仕事には通常、学士号が必要です。
  • TEFLまたはCELTAの資格 TEFLまたはCELTA資格は、外国語として英語を教える能力を証明する資格です。
  • 指導経験: 教職経験があることが望ましい場合が多いが、必ずしも必須というわけではない。

日本で英語教師として働くメリット

日本で英語を教えるメリットはたくさんあります:

  • 日本に住み、日本で働く機会: 日本は美しく、文化的に豊かな国である。
  • 生徒の人生を変えるチャンス: 英語を教えることは、生徒が新しい言語を習得し、自分自身のために新しい機会を開くのを助けることができる、とてもやりがいのある経験になります。
  • 競争力のある給与と福利厚生: 日本の英語教師は、一般的に給与や福利厚生が充実しています。

外国人のための日本での翻訳・通訳の仕事

リード  16の祝祭日とその意義

国際貿易と文化交流の長い歴史を持つ日本では、翻訳と通訳は必要不可欠なサービスです。日本と海外の企業や個人の間の言葉のギャップを埋める翻訳者や通訳者の需要は高い。

日本における翻訳・通訳の仕事の種類

日本での翻訳・通訳の仕事は、大きく分けて2種類あります:

  • 翻訳する: 翻訳とは、書かれた文章をある言語から別の言語に変換することです。翻訳者は、ビジネス、金融、法律、医療など、さまざまな分野で活躍することができます。
  • 通訳: 通訳は、話し言葉をある言語から別の言語に変換する仕事です。通訳者は、ビジネスミーティング、会議、法廷、病院など、さまざまな場面で活躍することができます。

ホスピタリティ・ツーリズムの仕事(外国人向け

日本のホスピタリティ・ツーリズム産業は近年急成長を遂げており、これらの分野で働く人材に対する需要は高い。ホテル、レストラン、旅行代理店、ツアー会社、観光地など、さまざまな場面でホスピタリティとツーリズムの仕事がある。

日本におけるホスピタリティ・ツーリズムの職種

日本では、スキルや経験、日本語能力に応じて、さまざまなタイプのホスピタリティ・ツーリズムの仕事があります。ここでは、最も一般的な職種をいくつかご紹介します:

  • ホテルのスタッフ ホテルのスタッフは、フロントデスク、ハウスキーピング、飲食、コンシェルジュなど、さまざまな部門で働いている。
  • レストランのスタッフ: レストランのスタッフは、サーバー、バーテンダー、コック、皿洗いなど様々なポジションで働く。
  • 旅行会社のスタッフ 旅行代理店のスタッフは、顧客が旅行の計画を立て、予約するのをサポートする。
  • ツアーガイド: ツアーガイドが外国人観光客のために日本を案内する。
  • 観光地のスタッフ: 観光地のスタッフは、チケット販売、インフォメーションデスク、警備など、さまざまな役割を担っている。

日本でホスピタリティ・ツーリズムの仕事に就くための資格

日本でホスピタリティ・ツーリズムの仕事に就くための具体的な資格は、職種や雇用主によって異なる。しかし、一般的な資格には以下のようなものがある:

  • 日本語が堪能であること: 日本での接客業や観光業、特に顧客と接する職種では、日本語能力が求められることが多い。
  • カスタマーサービススキル: 接客業や観光業では、接客スキルが不可欠である。
  • コミュニケーション能力: ホスピタリティやツーリズムの仕事では、顧客、同僚、上司と効果的にコミュニケーションを取る必要があるため、コミュニケーションスキルは重要です。
  • テンポの速い環境で働く能力: ホスピタリティとツーリズムの仕事はペースが速く、要求が厳しいため、プレッシャーの下でもうまく働ける必要があります。

日本の就活サイトをチェック

日本国内の就活サイトでも、英語圏の候補者向けのものがいくつかあります。ここでは、外国人向けの日本の就活サイトを紹介します。

 ダイジョブドットコム

このサイトで特に印象的だったのは、海外の日本企業の求人に応募できることです。例えば、アメリカやイギリスに支店を開設した小さな日本企業の仕事を見つけることができます。

WeXpatsの仕事

WeXpats Jobsの最大の特徴は、希望する職種がわからない、手順がよくわからないという場合でも、サイトのコンサルタントがサポートしてくれることです。また、11ヶ国語で利用できます。

YOLOジャパン

YOLO Japanは、日本で最も人気のある就活サイトの一つです。日本にいる外国人にとっては、すごいサイトです。また、日本のSIMカード、賃貸物件、医療支援にも役立ちます。

外人ポットジョブズ

ガイジンポットジョブズは、日本での仕事を探すのに定評のある人気の求人情報サイトです。フルタイム、パートタイム、日本語を必要としない仕事など、幅広い求人情報が掲載されています。

また、GaijinPotJobsでは、求人情報の他に、キャリアアドバイス、面接のコツ、日本での生活や仕事に関する情報など、求職者のための様々なリソースも提供している。

キャリアエンジン

キャリアエンジンは、日本での仕事探しに定評のある求人情報サイトです。英語と日本語のバイリンガルサイトで、英語と日本語を話すプロフェッショナルの両方に対応しています。フルタイム、パートタイム、日本語能力を必要とする職種など、幅広い求人情報が掲載されています。

Career Engineでは、求人情報のほかにも、キャリアに関するアドバイスや面接のコツ、日本での生活や仕事に関する情報など、求職者向けのさまざまなリソースを提供しています。

マイナビ

マイナビは、日本での仕事探しに人気の高い、評判の高い求人情報サイトです。掲載企業数は7,000社を超え、日本最大級の求人サイトです。マイナビでは、正社員、パート、アルバイトをはじめ、幅広い業種の求人情報を掲載しています。

確かに(日本語)

Indeed (日本語) は、日本での仕事探しに定評のある人気の求人情報サイトです。月間2億5千万人以上のユニークビジターが訪れる、世界最大級の求人情報サイトです。

リード  なぜ多くの日本食レストランは月曜日が定休日なのか?

Indeed Japanでは、フルタイム、パートタイム、幅広い業種の求人情報を掲載しています。

必要なのは多言語能力だけではありません 日本で就職するために

日本での就職活動について、まず知っておいていただきたいことは 日本語がわかる は十分ではありません。 

 現在、ほとんどの国で、あなたの語学力が評価されています。特に、英語に精通したバイリンガルやマルチリンガルであれば、なおさらです。 

日本でもそうですが、あなたのように日本語だけでなく英語も使いこなすマルチリンガルはたくさんいます。 

日本での就職活動

マルチリンガルのスキルは、履歴書に書くと間違いなく見栄えがしますし、英語教師としての仕事を探している場合には非常に有効です。しかし、それに加えて、応募する仕事に適した他のスキルも身につけましょう。 

例えば、メインのティーチング・ディプロマに加えて、アダルト・ティーチングの資格や、効果的なレッスン・プランニングのコースを行う。 

ソフトウェアやテクノロジー関連の仕事に応募する場合も同様です。応募する仕事をこなすための短期コースを受講して、資格を取得しましょう。 

Master "ビジネスレベルの日本語"

...Or Business Level English.日本での就職活動について知っておくべきことの次は、ビジネスレベルの日本語や英語をマスターしておく必要があるということです。 

日本は、多くの先進国や途上国と同様に、単なるバイリンガルではなく、その言語を母国語のように読み、会話ができる人材を求めています。 

あなたが外国人であれば、おそらく日本語の授業をいくつか受け、ほとんどの言葉を理解できるでしょう。しかし、多くの企業が「JLPT2またはJLPT1レベルの社員のみを求める」と指定しているため、それだけでは十分ではありません。 

それは、英語でも同じことが言えます。もしあなたが日本人で、多国籍企業や国際的な企業に応募するのであれば、語学力をしっかりと磨いてください。 

アクセントや言葉のニュアンスをマスターして、面接官を驚かせることができるようになるまで、練習、学習、そしてまた練習しましょう。

日本の中小企業で面接をする

日本での就活で知っておくべきことの次は、スタートアップを選んだほうがいいということです。 

ダウンタウンにあるおしゃれなオフィスを持つ大手企業に入社するのは夢かもしれませんが、日本に来たばかりの人にとっては、その夢は今のところほんの少しだけ遠いものかもしれません。 

日本の採用担当者は、自分の国に長く住んでいる人を採用する習慣があります。これは、そのような社員は日本の文化を理解しており、よりよく適合すると考えるからです。 

しかし、気にすることはありません。それはあなたの夢の終わりではありません。日本ではいたるところで新しいスタートアップが生まれており、多くのミレニアル世代や若い人たちがゼロから会社を作っています。 

彼らは、才能、創造性、多様なスキル、あなたが新鮮な視点で提供できるものを求めています。これらの求人に応募すれば、簡単に採用担当者とつながることができます。 

これらの仕事は、経験を積んだ後、数年後に巨大なオフィスに移るためのステップにもなります。 

で仕事を探す 日本のニッチな求人情報ポータルサイト 

多くの企業、特に新興企業やスタートアップ企業は、Wantedly、Daijob、Gaijinpotなどのニッチな求人ポータルサイトで求人広告を出しています。 

また、多様な人材を求めているため、より柔軟な要件を備えているのも特徴です。 

応募する前にちょっとした下調べをしておきましょう。Linkedinは、その会社がどんな社員を雇っているのか、どんな教育や雇用のバックグラウンドを持っているのかを理解するのに適したポータルです。 

彼らのバックグラウンドが多様であればあるほど、合格の可能性が高いことがわかります。

このような企業は、あなたの多様性を評価してくれるので、多言語能力、様々な国での勤務経験、幅広い職種での経験など、あなたの強みをアピールすることができます。 

日本の人材紹介会社と連携する

ほとんどの高級で実績のある人材紹介会社は、管理職レベル以上のポジションの採用のために雇われることを覚えておいてください。

彼らは中堅やエントリーレベルのポジションには対応しません。特にエントリーレベルのポジションを探しているのであれば、彼らからリードを得ることはできないので、時間の無駄になるかもしれません。 

そうは言っても、エントリーレベルのポジションを扱っているエージェントもいくつかあります。新卒の方や初めての仕事を探している方は、これらのエージェントに連絡してみてください。 

技術系やソフトウェア系の仕事の良きパートナーである人材紹介会社があります。IT関連の仕事を探している場合、これらのエージェントは、関連分野の面接をいくつか受けられるようにしてくれます。 

リード  日本語学習に最適なアプリ7選 2024

自分の知り合いに連絡を取り、おすすめのリクルーターを教えてもらってから、その人と仕事をするようにしましょう。また、クライアントがどのような仕事に就いているのか、リクルーターに統計を聞いてみるのもいいでしょう。 

日本の潜在的な雇用主は、あなたのことをすべて知りたがっています。

欧米では、プライバシーや個人情報は非常に重要視されています。しかし、日本では、あなたはすべてを、つまり文字通りすべてを、潜在的な雇用者に開示することになります。

配偶者の有無、子孫の有無、将来の予定など、様々な情報を開示しなければなりません。 

このような質問は、アメリカなどでは嫌われるかもしれませんが、日本では何歳になっても当たり前のように行われています。 

例えば、ギャップイヤーなど、履歴書の中で「変だ」と思われるものについて質問されても、気を悪くしないでください。欧米ではギャップイヤーは非常に一般的ですが、学校を卒業してすぐに大学に行く東洋ではあまり一般的ではありません。 

また、1つまたは2つ以上の異なるタイプのキャリアパスに手を出したことがある場合は、それに関する質問にも答えられるようにしておきましょう。 

若手のリクルーターが在籍しているような近代的で新しい企業ほど、世界中の一般的な慣習をよく理解しており、伝統的な企業と比べて質問されることが少ないかもしれません。 

オファーを受ける前に会社を判断する

面接は、企業側が自分に合っているかどうかを見極めるためだけのものではありません。その会社があなたの価値観やキャリアパスに合っているかどうかを見極める機会でもあるのです。 

就職活動をしていて、面接の電話がかかってこなかったり、いくつかの会社に断られたりするのは、とても怖いことです。

外国人でも現地人でも、日本で就職活動をする際には、自分が受けた仕事は数ヶ月後、数年後に毎日行うものであることを常に念頭に置いてください。 

会社の人たちは、あなたが見たり接したりする顔になり、その文化はあなたのものになります。

面接の様子から判断して、自分が尊重されているかどうか、会社の倫理観や価値観が自分と合っているかどうかを評価することができます。 

仕事の内容について質問し、それが自分にとって刺激的かどうかを見極める。

毎日やっている自分をイメージできますか?その役割を引き受けることにした場合のキャリアパスや組織での成長について、面接官に質問してみましょう。 

日本企業の採用活動の違いを知る

どの会社にも採用のパターンがあります。大学院や修士課程を卒業したばかりの新卒者を採用する会社もあります。

自分に合った会社に応募すれば、面接を受けられる可能性が高くなります。 

他の企業の中には、大体2~3年の実務経験を持つ人材を特に求めているところもあります。もし、あなたがすでに経験を積んでいるなら、それが一番のチャンスとなるでしょう。 

日本企業の採用シーズンに応募する

日本の学生は4月に卒業しますが、欧米の学生は9月に卒業します。 

日本ではこの時期に合わせて2つの採用サイクルがあり、1つは大学を卒業したばかりの若い日本人学生を採用する4月、もう1つは海外からの候補者を採用する9月です。 

これを知った上で、このサイクルに応募すれば、面接に呼ばれる可能性が高くなります。 

日本企業でインターンシップをすることから始める

また、日本経済団体連合会の倫理指針によれば、ほとんどの企業は4月と9月のサイクルでしか採用活動を行わないことになっているので、注意が必要です。 

これは、試験や卒業に向けて集中しなければならない学生にプレッシャーを与えないために設けられたものです。 

しかし、企業はそれ以外の時期に優秀な人材を逃したくはありません。そのため、多くの企業がインターンシップを実施しており、それが正社員として採用される可能性もあります。

インターンシップに応募したり、オファーがあれば積極的に参加したりすることを恐れてはいけません。 

アメリカ人が日本で仕事を見つけるのは難しいですか?

アメリカ人が日本で仕事を見つけるのは、様々な要因によって難易度が変わってくる。 一般的に、アメリカでの就職よりも難しい。:

その理由はこうだ:

  • ビザの要件 特定の就労ビザが必要で、それぞれのタイプには独自の条件と競争があります。高度熟練専門職ビザは、特定の技能職にとっては容易かもしれませんが、他の職種ではより厳しい条件が課せられます。
  • 日本語だ: 必ずしも必須ではありませんが、ほとんどの仕事において日本語能力は極めて重要です。雇用主は最低レベル(日本語能力試験で測定)を定めていることが多く、流暢であればチャンスは大きく広がります。
  • コンペティションだ: 日本の労働力は高学歴であるため、特に非専門職の競争は激しい。
  • 文化の違い: エチケットや期待など、日本の労働文化を理解し適応することは、成功のために不可欠である。

外国人向けの正社員の求人やパートタイムの求人以外にも、単発の求人や派遣の求人も確認することができます。特に、仕事の合間の時間や、どの仕事に就くか迷っている場合には、最適な方法です。

どう思う?

シカンセン・バゲージ・ルール

新幹線の手荷物ルール:スムーズな日本旅行のための必須ガイド

日本の葬儀事情

日本の葬儀の伝統:日本の葬儀のしきたりについて知っておくべきすべて