日本に来たら必ず食べるべき、最も人気のある日本のストリートフード16選

絶対に食べたい日本のストリートフード

日本にお越しの際は、こちらの 日本のストリートフードは必見 を見逃すわけにはいきません。

日本といえば、アニメや高品質な電気製品、自動車などが有名だと思っている方、それは間違いです。日本は、食欲をそそるユニークな食べ物で有名です。私たちがよく知っている日本食といえば、やはり「寿司」でしょう。 

しかし、今日は、目に映るだけでなく、口の中がよだれでいっぱいになるような、さまざまでおいしい日本のストリートフードを紹介します。

日本のストリートフードは、各国のストリートフードと同様、「屋台」と呼ばれる露店で売られています。屋台は日本のお祭りの時によく見かけられ、様々な種類の美味しい日本のストリートフードが売られています。 

シャウト: ByFoodは興味深い提案をしている。 これ.ぜひチェックしてほしい。

必食の日本のストリートフード

日本のストリートフードのリストを用意しましたので、ぜひご覧ください。

ダンゴ

だんごは、米粉、うるち粉、もち粉で作られた日本の本格的なストリートフードです。だんごは、米粉、うるち粉、もち粉で作られ、中くらいの大きさのボールの中に、あんこなどの甘いものが入っている。3個ずつ棒に刺して食べるのが一般的だ。 

日本の街角では1年中売られていますが、その味は季節によって異なります。例えば、桜の開花時期には、桜の花をイメージしたピンク、白、緑の3色のだんごが登場します。

抹茶やごまなど様々な味があり、キビやトーストした大豆粉など様々な種類の粉が使われている。また、しょうゆや黒ごまをかけたものもある。 

だんごは私の大好きな日本のストリートフードのひとつで、今まで食べたことのないような味です。噛みごたえがあって、おいしくて、甘くて、しかもほのかにナッツのような香りがする。だんごを一度食べたら、もっと食べたくなってしまうでしょう。

たこ焼き

たこ焼きは、私が大好きな日本の屋台料理のひとつで、豊かでジューシーな味わいが特徴です。肝心の中身はたこ焼きなので、たこ焼きとも呼ばれています。たこ焼きは、丸い形をした特別な型で作られます。 

たこ焼きは、小麦粉で作った生地の中に、さいの目に切ったタコ、ネギ、ショウガ、天ぷらのくずなどを入れて焼き上げます。調理中のたこ焼きには、ウスターソースとマヨネーズがかけられている。 

団子と同じように、たこ焼きボールは棒や、時には紙の容器で提供され、業者は拾いやすいように棒を提供してくれます。たこ焼きボールを噛むと、別の世界に連れて行かれます。 

タコの歯ごたえと天ぷらの辛さ、そして生姜の甘さが絶妙な一品です。1本ずつ食べてもいいし、もっと美味しい日本のストリートフードを探して通りを歩いてもいい。

友寄焼(ともろこしやき

シンプルで栄養価が高く、おいしいものを食べたいなら、「焼きトモロコシ」がお勧めです。焼とろこし」は、トウモロコシのことですが、今まで食べたことのないような独特の味がします。 

味噌、醤油をすり込み、バターをのせているので、日本の味が染み込んでいます。全面を均一に焼き上げたコーンは、スティック状になっているので食べやすい。 

味も新鮮で素晴らしく、値段も安い。日本に旅行した際には、ぜひ試してみてください。

焼き鳥

これは、日本の屋台で売られているエキゾチックなチョイスだと思います。ストリートフードの買い物でタンパク質を摂取するなら、これがお勧めです。 

焼き鳥は日本語で「鳥を焼く」という意味で、通常は鶏肉が串に刺されています。串は金属製か竹製のものが一般的で、肉は炭火で焼かれる。露店では、携帯用の炭火焼き器を使うのが一般的だが、これは簡単に調理できるからだ。

鶏肉は通常、調理中または調理後に、タレ、塩、コショウで味付けされます。 

焼き鳥には、醤油とゴマをトッピングして風味を高めます。また、牛肉、豚肉、すずめ、魚介類など、他の肉の選択肢もあります。そのため、試す前に必ずベンダーに尋ねてみてください。

焼きそば

焼きそばは、野菜や肉、そして醤油などの日本の調味料と一緒に中華鍋で炒めた麺料理です。激辛料理がお好きな方にはたまらない一品です。 

ラーメンのような見た目ですが、スープがない状態で提供されます。焼きそばとは、小麦粉で作られた麺を炒めたものです。日本の屋台では、ピリッとした特製の炒めソースと、ネギやニンジンなどの野菜を加えて味付けしています。 

リード  試してみたい日本のロイスチョコレート製品|ロイスチョコレートは日本の方が安い?

また、チキン、シュリンプ、ビーフなど、お好みのタンパク源をお願いすることもできます。

焼きそばは通常、紙製の箱に入っており、箸で食べられる。麺の上には、卵、ゴマ、生姜が乗っている。お店の人が中華鍋で麺を作っているのを見るのも楽しいし、出来上がったらカラフルで美味しい料理が出てくる。

お好み焼き

これは日本の定番ストリートフードで、いくつかのバリエーションがあります。小麦粉を使った生地に、キャベツや肉、魚介類などの具材を混ぜたり、上に乗せたりして作る、日本のお好み焼きです。

しかし、生地に使われる材料は、ストリートフードのベンダーによって異なる。パンケーキの生地を熱した金属製の鉄板に流し込み、十分に焼けたらひっくり返す。

その上に、特製の薬味やソース、海苔、生姜、鰹節などをのせていく。一組のお好み焼きを食べれば、お腹いっぱいになること間違いなし。お好み焼きは、香ばしさ、スパイシーさ、ピリッとした辛さがミックスされていて、噛むと口の中でいろいろな味がします。この香ばしいパンケーキは、ぜひ試してみる価値があります。

たい焼き

辛いものを食べた後に、温かくておいしいデザートがあったらいいですよね。魚の形をしたワッフルの中に、カスタードやチョコレート、あんこなどの甘いものが入っているのがたい焼きです。もちろん、好きな具を選んでもらうことも可能だ。

魚の形をした型に入れて、目の前で調理してくれます。見た目のかわいらしさだけでなく、口の中に残るおいしさも魅力です。

温かいたい焼きを噛むと、口の中でネバネバした具がはじけます。秋の季節、お腹いっぱい食べた後に食べると満足感があります。

カキゴリ

 かき氷は、日本のかき氷にカラフルで風味豊かなトッピングを施したものです。普通のかき氷とは一味も二味も違うデザートです。抹茶、レモン、ぶどう、いちご、さくらんぼなど、さまざまなフレーバーがあります。

氷の塊を手で削って、カップに入れてコーンの形にしていく様子が見られます。かき氷には好きなトッピングをすることができ、ベンダーは甘さを増すために甘いコンデンスミルクを加えます。

かき氷の氷の質感は、お店で食べる硬いかき氷とは違い、柔らかい雪のようです。そのため、かき氷は「エンジェルスノー」と呼ばれています。夏の夜には、氷の入ったかき氷を食べてみてはいかがでしょうか。

フルーツの砂糖漬け

デザートは糖分が多く含まれているため、健康に良くないことがわかっています。しかし、軽くておいしいデザートを食べたいなら、果物の砂糖漬けがおすすめです。果物の砂糖漬けは、ほとんどの国で屋台で売られていますが、日本の砂糖漬けにはバリエーションがあります。 

一口大に切って酢漬けにした後、木の棒で刺して、熱い砂糖のシロップに浸したあんずの砂糖漬けがある。砂糖の膜が溶けないように、屋台ではすぐに氷水につける。

これにより、アプリコットの上に非常に硬い糖衣が形成され、噛み砕くには強い歯が必要となる。リンゴやイチゴなど、他の果物でも同じように作られています。果物の砂糖漬けは、日本のお祭りなどでよく見かけます。

は、私が最も好きな日本のデザートのひとつです。餅米、水、コーンスターチ、少量の砂糖で作られています。最初はペースト状になっていて、その後、好きな形に成形します。

露店では主に、生地を中くらいの大きさのボールに成形し、小豆やゴマ、アイスクリームなどのさまざまな具材を詰めています。

餅の色は、白、薄緑、ピンクの3色で、くっつかないように片栗粉で巻いてある。具を入れたまま蒸すことで、外側のモチモチした食感が生まれる。餅は日本のお正月の名物であり、一年中食べられている。 

タコ・タマゴ

串に刺したタコを焼いたもので、うずらの卵(タマゴ)が添えられていることが多い。 

日本中のお祭りや屋台、露店で見かける、楽しくて美味しいお菓子だ。

串に刺さったタコとウズラの卵の組み合わせを意味する。 

この料理は通常、タコを柔らかくなるまで焼くか茹でた後、茹でるか蒸したウズラの卵と一緒に串に刺して作る。 

串に刺されたタコ・タマゴには、風味を増すために醤油ベースの釉薬のような香ばしいタレがかけられることが多い。

タコタマゴに使われるタコは通常一口大で、一粒一粒が柔らかく、少し歯ごたえのある食感が楽しめる。 

タコは日本料理で愛される食材であり、そのマイルドな風味は、うずらの卵の濃厚でクリーミーな味わいとよく合う。

リード  日本一おいしいお餅はどこ?| 日本一おいしい餅はどこだ?

鶏卵に比べて小ぶりなことで知られるうずらの卵は、黄身が柔らかくなるまで茹でられることが多く、柔らかいタコとのコントラストが楽しい。

タコの卵は味だけでなく、見た目の美しさでも楽しまれている。タコとウズラの卵が交互に並べられ、魅力的な模様が描かれている。 

味と食感の組み合わせに加え、持ち運びに便利な串焼きということで、「たこたまご」は外出の多い人々に愛されている。

日本を訪れたり、日本食を探求したりする際には、屋台やお祭りで「たこたまご」に注目しよう。日本の料理の創造性と魚介類への愛情を示す、美味しくて便利なスナックだ。

串天

串天は日本の屋台料理の一種で、串に刺したかまぼこからなる。かまぼこは、日本料理でよく使われる白身魚のすり身で作られている。 

すり身は、卵、片栗粉、塩などの他の材料と混ぜ合わされ、小さなパテに成形される。 

パテは串に刺され、蒸したり、焼いたり、揚げたりする。

串天は日本ではポピュラーな屋台料理で、お祭りやその他のイベントでよく出される。また、居酒屋でもよく食べられている。 

串天には通常、醤油やマヨネーズなどのつけダレが添えられる。

串天の代表的な種類を紹介しよう:

  • 天ぷら串天: 魚のすり身を揚げたもの。外はカリッとしていて、中は柔らかい。
  • 焼き串天:魚のすり身を焼いたもの。少しスモーキーな風味があり、天ぷら串天より少し歯ごたえがある。
  • 蒸した串天: これは蒸したかまぼこである。串天の中では最も軽く、繊細なタイプである。

串天は、そのままでも、あるいは大きな食事の一部としても楽しめる、美味しくて万能な屋台料理だ。 

様々な種類の日本のかまぼこを試したり、日本の屋台文化の味を体験したりするのに最適な方法だ。

コロッケ

コロッケはコロッケとも呼ばれ、西洋料理に起源を持つ人気の日本料理である。 

具材を混ぜてパティや筒状にし、パン粉をまぶして黄金色にカリカリになるまで揚げた揚げ物である。

コロッケの基本的な材料は、マッシュポテト、ひき肉(牛肉、豚肉、鶏肉など)、またはその両方の組み合わせである。 

しかし、シーフード、野菜、チーズ、カレーなど、さまざまなバリエーションや具材がある。 

この混合物は、塩、胡椒、時にはスパイスやハーブなど、好みの風味に応じた材料で味付けされる。

コロッケを作るには、具材を平たい形か円筒形に成形し、小麦粉をまぶし、溶き卵にくぐらせ、最後にパン粉をまぶす。 

この3段階のコーティング工程により、揚げたときに外側がカリッと仕上がる。一度コーティングされたコロッケは、外は黄金色にカリッと、中は柔らかく風味豊かになるまで揚げられる。

コロッケはスナックやおかず、弁当のおかずとしてよく食べられている。また、お祭りの屋台料理やコンビニエンスストアの人気商品としても楽しまれている。 

ウスターソースに似たピリッとした甘みのある調味料、とんかつソースをかけたり、塩を振ってコロッケを食べるのが好きな人もいる。

この料理は日本料理に欠かせないものとなっており、地域によって様々なバリエーションがあり、ユニークな具材もある。 

定番のじゃがいもや肉のほか、コーン、エビ、カニ、カレー、チーズなどの具が入ったコロッケもある。それぞれのバリエーションが独特の風味と食感を楽しめ、コロッケは日本で広く愛されている万能料理なのだ。

そのまま食べても、あるいは食事の一部として食べても、コロッケは、カリッとした外側に風味豊かでしばしば香ばしい具を組み合わせた、おいしくてほっとするお菓子である。

せんべい

せんべいは日本の伝統的なお菓子である。日本では老若男女に親しまれている。せんべいの歴史は古く、様々な形、大きさ、味がある。

せんべいの主原料は米で、もち米やうるち米を炊き、薄い円盤状や四角形に平たくする。 

煎餅は一般的に焼くか焼くかされるため、パリッとした食感が楽しめる。伝統的な方法では、直火で焼くか、「せんべい焼き」と呼ばれる専用の焼き網を使う。

せんべいは、調理法や風味によってさまざまな種類に分類される。 

一般的なバリエーションをいくつか紹介しよう:

  • 醤油せんべい:醤油味のせんべいで、香ばしく少し塩辛い。焼いたり焼いたりする前に、醤油を塗るのが一般的。
  • のりせんべい:海苔はせんべいの味付けとして人気がある。焼いたり焼いたりする前のせんべいに海苔を巻くことで、うま味が増す。
  • アラアゲせんべい: 荒揚げせんべいは、焼いたり焼いたりするのではなく、揚げる。軽い食感で、塩などで味付けされるのが一般的だ。
  • 豆せんべい:豆せんべいとは、一口サイズの小さなおせんべいのことで、ピーナッツなどの豆類を混ぜて、ナッツの風味と歯ごたえを出したもの。
  • 甘いせんべい:せんべいは香ばしいものが一般的だが、甘いものもある。甘いせんべいには砂糖や蜂蜜が使われることが多く、黒ゴマや抹茶、きな粉などで味付けされることもある。
リード  日本のカワイイ食べ物

せんべいは、せんべい専門店やスーパーマーケット、お祭りなど、さまざまな場面で見かけることができる。小さな個包装になっていることが多いので、外出先でつまんだり、みんなで分け合ったりするのに便利だ。

おいしいだけでなく、せんべいには文化的な意味もある。茶会で客にふるまわれたり、誰かの家を訪ねたときにおみやげとして出されたりする。

せんべいは、香ばしいものでも甘いものでも、日本料理における米のシンプルさと多様性を示す、満足感のある歯ごたえのあるスナックである。

おにぎり

おにぎりは日本の屋台料理である。梅干しやツナサラダ、イクラなど、香ばしい具が入ったおにぎりが一般的だ。 

おにぎりは海苔に包まれていることが多く、日本中のコンビニや市場、屋台で手に入る。

おにぎりは持ち運びに便利な食べ物であるため、外出先でも人気がある。 

また、エネルギー源としても優れているため、ハイカーやサイクリストなどのアウトドア愛好家にも人気がある。

最も人気のあるおにぎりの種類をいくつか紹介しよう:

  • ツナサラダおにぎり: ツナサラダが入った定番のおにぎり。ツナサラダは通常、ツナ、マヨネーズ、セロリ、タマネギ、ピクルスなどの具で作られる。
  • いくらおにぎり: いくら入りのおにぎり。イクラは魚卵の一種で、塩味と塩辛さがある。
  • 梅干しおにぎり: 梅干がたっぷり入ったおにぎり。梅干は酸味と塩味があり、人によってはとても爽やかな味だと感じる。

おにぎりは、そのままでも、あるいは大きな食事の一部としても楽しめる、おいしくて万能な屋台料理だ。 

日本料理のさまざまな味を試したり、日本の屋台文化の味を体験したりするのに最適な方法だ。

イカヤキ

いか焼きはイカを焼いた日本料理である。イカ」は日本語で「イカ」を意味し、「ヤキ」は「焼く」を意味する。 

いか焼きは日本ではポピュラーな屋台料理で、お祭りやその他のイベントでよく出される。また、居酒屋でもよく食べられている。 

イカ焼きは、イカを丸ごと使うこともあれば、イカの輪切りやイカの触手で作ることもある。イカは通常、炭火で焼かれ、醤油ベースの釉薬がかけられる。

いか焼きには、醤油やマヨネーズなどのつけダレが添えられることが多い。

最も人気のあるいか焼きの種類をいくつか紹介しよう:

  • 丸ごとイカ焼き: 最も伝統的ないか焼きである。イカは丸ごと焼かれ、触手がついたまま出されることが多い。
  • イカリングいか焼き: イカリングを使った人気のいか焼き。イカリングはカリッと柔らかくなるまで焼かれる。
  • イカの触手のいか焼き: イカの触手で作るイカ焼き。イカの触手がカリッと歯ごたえが出るまで焼かれる。

いか焼きは、そのまま食べても、料理の一部として食べてもおいしい万能料理である。日本料理のさまざまな味を試してみたり、日本の屋台文化の味を体験したりするのに最適だ。

日本のストリートフード。よくある質問

日本のストリートフードで一番人気のあるものは?

日本のストリートフードで最も人気があるのは、「だんご」「たこ焼き」「焼きとろこし」「焼き鳥」「焼きそば」「お好み焼き」「たい焼き」「かき氷」「フルーツの砂糖漬け」「お餅」です。日本のストリートフードの多くは、棒状のもので売られているため、人通りの多い道を歩きながらでも食べることができる。

日本で一番おいしい屋台料理はどこですか?

ストリートフードは、日本全国どこでも食べられます。しかし、中には他の地域よりも際立って、エキゾチックでおいしいストリートフードを提供しているところもあります。日本で最高のストリートフードを提供している場所は、福岡、仲見世通り、北海道、東京、大阪などです。

スティック状の日本食とは?

日本では、さまざまな食べ物が串に刺さって売られています。歩きながら食べられるように、一口サイズの食べ物を作り、串に刺して売っています。だんご、たこ焼き、焼き鳥などがあります。日本では砂糖漬けの果物も棒に刺して売られている。

トコヤミ食とは?

たこ焼きは日本で人気のストリートフードで、生地の中にタコ、ネギ、ショウガ、天ぷらなどが入っています。ケチャップやマヨネーズ、醤油などのソースをかけて、スティック状にして売られているのが一般的だ。

日本語で「焼き鳥」とは?

焼き鳥は、日本語で「焼き鳥」を意味します。日本で販売されている人気のストリートフードです。一口サイズに焼いた鶏肉を串に刺し、醤油とごまをかけて食べるものです。

関連記事

Ava Satoによって書かれた。

はじめまして!Japan Trulyのメインライターです。日本のことは何でも好きで、スキンケアやメイクアップ、ガジェットなど、日本の製品を試すのが大好きです。ここでは、日本のベストセラー製品のレビュー(試してみたもの)をご覧いただけます。

マクドナルドは日本の方が安い?

マクドナルドは日本の方が安い?

デーモンスレイヤーファンのための日本の観光スポット

デーモン・スレイヤー・ファンが訪れたい日本の10の場所