日本の学校の学年と年齢構成|日本の学校制度ガイド101

日本の学校の成績と年齢構成

のガイドをご紹介します。 日本の学校の学年と年齢構成.日本の学校制度のすべてを知ることができます。 

学校のシステムや構造は国によって異なります。学年度の開始日が国によって異なるため、子供が学校に入学する年齢も異なる場合があります。 

日本の学年は、4月に始まり翌年3月に終わります。その年の4月2日から翌年の4月1日までに生まれた子供は、同じ学年に入ります。 

6歳の誕生日を迎えた年の4月1日までに、その年の小学校1年生になる。 

日本では幼少期の教育が重視されています。そのため、2歳半から3歳頃までにプリスクールに通う子どもも珍しくありません。 

日本の学校の等級と年齢構成

日本の学校の成績

学校の1年は2期または3期に分かれています。それぞれの学期は、春と冬の学期休暇と、通常6週間の夏休みで区切られています。授業は月曜日から金曜日または土曜日に行われます。これは学校によって異なります。

日本では、子どもたちが経験する12年間の正式な教育を、初等教育、中学校(低学年)、高等学校(高学年)に分けています。 

日本では、小学校6年、中学校3年の計9年間の学校生活が義務づけられています。 

日本の教育制度における学校の成績は、以下のように分けられています。

  • 小学校は1年生から6年生まで
  • 中学校は7~9年生で構成されています。
  • 高校は10~12年生で構成されています。

9年間の義務教育の後、生徒は高校か、中等教育と高等教育を合わせた中等教育を選択することができます。 

日本の教育システムの仕組み

日本の学校は5つのサイクルに分かれています。それらは

  • 3歳から6歳までの子どもたちを対象とした保育園、通称「ようちえん」。
  • 6歳から12歳までの子どもたちが通う小学校、通称「小学部」。
  • 12歳から15歳までの子どもたちを対象とした中学(Chūgakkō)とも呼ばれるミドルスクール。 
  • 15歳から18歳までの子どもたちが通う高校で、「甲子園」とも呼ばれる。 
  • 大学、または専門学校(一般的には2年から4年)と呼ばれています。

日本の教育システムとアメリカの教育システムの違い

日本の小学校では、道徳や倫理が重視されています。算数、理科、音楽、体育などの標準的な教科のほかに、道徳を教える教科があります。この科目には専用の教科書と時間が設けられています。この科目を導入した目的は、道徳的なジレンマについての議論を促進することにあります。 

リード  日本の樹木一覧|知っておきたい日本の重要な4つの樹木!

また、15歳までの義務教育でありながら、中学を卒業した人のうち99%が高校に入学して教育を続けるという違いもあります。しかし、アメリカではそうではなく、中退率が高く、義務教育の年齢も異なります。 

日本では、アメリカのように農業や工業、技術の専門学校への入学をタブー視することはありません。

中学校までの公立学校では、入学金や授業料などの費用はかかりません。 

日本の学校では、子どもたちは何を学ぶのでしょうか。

日本の学校で教えられている科目は以下の通りです。

  • 数学
  • 日本語
  • サイエンス
  • 社会科
  • 音楽
  • 工芸品
  • 体育
  • ホームエコノミクス

これらの科目に加えて、多くの小学校では英語もカリキュラムに組み込まれています。また、「書道」と「俳句」も教えています。書道は、日本の伝統的な芸術で、筆に墨をつけて、漢字や仮名を芸術的なスタイルで書きます。 俳句は、17音しかない伝統的な詩の形式です。

日本での試験

日本の受験は、世界で最も過酷でストレスの多い試験の一つです。中学、高校、大学への進学を希望する生徒は、非常に過酷な入学試験を受けなければなりません。

受験生は、この試験のために眠れない夜を過ごします。このような試験は、「試験地獄」と呼ばれています。通常の授業が終わった後、狭い教室で受験生が勉強している姿をよく見かけます。 

多くの学生は2年前からこの入試の準備を始めています。 

リード  日本人は幸せか?

大学進学も簡単ではありません。1回目の選考で合格するのは約56%と報告されています。落ちた人は、次の年に再挑戦するまでの1年間を独学で過ごさなければなりません。 

日本の教育システムが優れている点は何ですか?

日本の教育システムは、世界で最も優れていると考えられています。これは、通常の学業に加えて、道徳や倫理も教えられているからです。これにより、良い人間になるための丸みのある教育を受けることができるのです。 

しかし、他の良い太ももと同様に、日本の教育システムにもいくつかの欠点があります。多くの人は、学校の勉強やテストに集中しすぎていると考えています。これは「ガクレキシャカイ」と呼ばれています。

このような高校や大学への進学競争は、不健全で不要なものだと考える人も多いでしょう。そのため、子供たちは本来ならば遊んだり楽しんだりする時間を、勉強や試験の準備に費やすことになります。 

子どもたちが心を病んだり、燃え尽きたりするケースは少なくありません。ストレスに耐えられず、学校を辞めてしまう子も少なくありません。 

日本の教育水準

世界的に見ても、日本の教育レベルはかなり高いと言われています。で OECD 15歳を対象としたPISA(Programme for International Student Assessment)では、日本の生徒が最も高い成績を収めました。これは、特に科学の分野で見られます。 

また、多くの生徒は学校外の活動にも優れています。高校や大学への入学は、主に1月から3月にかけて行われる入学試験によって行われます。 

日本の特別支援学校

日本には、特別な支援を必要とする子どもたちのニーズに応えるために設立された学校がたくさんあります。これらの学校では、子どもたちがそれぞれのニーズに合った教育を受けることができます。 

日本の普通の学校と同じように、これらの学校も4つのレベルに分かれています。幼稚園、小学校、中学校、高等学校である。 

これらの学校では、身体的・精神的な障害を持つ子どもたちの支援に取り組んでいます。また、自立心を養い、社会参加を促すことも目的としています。 

重度の障害を持つ子どもたちは、これらの特別学校にフルタイムで入学します。重度の障害を持つ子どもたちは、通常の小中学校に通う以外に、少人数制の特別クラスに在籍することができます。また、週に数回、リソースルームを訪問して補習を受けることもできます。

日本の学校の学年と年齢構成について。よくある質問

日本の学校の学年構成はどうなっていますか?

日本の学年は4月に始まり、翌年の3月に終わります。各学年は2学期または3学期に分かれており、学期の間には定期的な休みがあり、6週間の夏休みがあります。

日本の学校の1年はどれくらいですか?

日本の小学生は、一般的に1日6時間半の学校生活を送っています。 

日本では高校は何歳から始まりますか?

日本では、ほとんどの子どもが15〜16歳で高校に入学します。

日本では何年間学校に通うことが義務づけられていますか?

日本国籍の方は、小学校と中学校の9年間の義務教育を受ける必要があります。 

日本の教育は良いのか?

日本では、義務教育段階での就学率が100%であり、識字率もゼロである。これにより、日本の教育システムは全世界で最も優れたものの一つとなり、日本人は最も優れた教育を受けた集団の一つとなっています。 

日本の教育システムのどこが悪いのか?

日本の教育システムで生徒が直面している主な問題は、創造性の欠如、自由の欠如、将来のビジョンの欠如などです。日本の教育システムは、テストや学業に集中しすぎるため、多くの学生が燃え尽きてしまい、最終的には退学してしまいます。 

日本の教育は厳しいですか?

はい、日本の学校には、生徒全員が守らなければならない非常に厳しいルールがあります。 

また、読んでください。

  1. 日本における年齢制限について
  2. レストランでの食事の際に使える簡単な日本語フレーズ
  3. 日本語版Ankiのベストデッキ
日本における歯科用インプラントのコスト(1)

歯科インプラントの費用 2022年|歯科インプラントのベストガイド

日本でコンタクトレンズを購入するには

日本でコンタクトレンズを購入する方法2022|日本でコンタクトレンズを購入するためのベストガイド