知っておきたい日本刀の種類15選

刀剣の製造方法

日本刀の種類を知りたいと思いませんか?日本刀の種類とその歴史についてご紹介します。 

日本刀は「日本刀」と呼ばれ、その卓越した技巧、時代を超越した優美さ、そして深い歴史的意義から、世界的に有名な刀剣です。 

その実用性と芸術的な美しさから、日本文化の中で特別な位置を占め、武士の精神を体現する刃物である。 

日本刀の種類はそれぞれ特徴があり、目的、伝統、技量など、魅力的な物語があります。 

  ショップ・フロム・ジャパン  

日本刀の特徴や継承されてきたものなど、日本刀の豊かな歴史に触れる旅に出かけましょう。 

日本刀を代表する「刀」から、あまり知られていない「宝物」まで、日本刀の魅力に迫ります。武術と芸術が融合し、日本人の魂が輝く刀剣の世界。

日本刀の種類: 早見表

日本刀の種類商品説明
カタナ長いグリップと円形または角形のガードを持つ、湾曲した片刃の剣です。武士が主武器として振るう。
ワキザシ刀と同じようなデザインの短い刀で、刀の仲間であることが多い。武士が二次的な武器として、または近接戦闘のために着用する。
タント直線またはわずかに湾曲した刃を持つ短剣または短刀で、主に刺し傷や切り傷の攻撃に使用される。
タチ刀より長い湾曲した片刃の刃を持つ古いスタイルの刀。腰から吊り下げて着用し、騎兵隊が馬上からの斬撃に使用した。
うちがたな刀の前身で、湾曲した片刃の刃と円形または角形のガードを特徴とする。武士が戦場で使用し、やがてカタナに進化した。
ナギナタ長い木軸に湾曲した刃を取り付けた棒状の武器。女性武士が掃射や打撃技のために振るう。
ヤリ木製の軸にまっすぐな両刃の刃を取り付けた槍状の武器。様々な陣形で足軽が使用する。
つるぎカタナ(刀)に先立つ、直線的な刃を持つ初期のロングソードの一種です。中国や韓国の剣のデザインに影響を受けている。
シラサヤ刀の美しさを際立たせるために、木製の無地のデザインを施した取り付けや鞘のスタイル。
シナイ剣道という武道で、本物の刀の重さや感触を再現するために使用される竹製の練習刀。
ガント20世紀初頭、大日本帝国陸海軍将校のために大量生産された軍刀。
よろい童子侍の鎧の隙間を貫くために作られた特殊なタントです。
たんとう武士が実用と近接戦闘のために一般的に使用する、直線またはわずかに湾曲した刃を持つ短剣のような刀です。
シコミズエ侍の武器として開発された杖の中に剣を隠し持つもの。
おうだち刃渡り90cmを超える非常に長い刀。徒歩で移動する熟練武士が振るう。
しんけん日本古来の刀鍛冶の技法にこだわり、伝統的な製法と材料で鍛えた "本物の刀 "です。

ページ内容

日本刀の種類

カタナ

刀は、おそらく最も有名で象徴的な日本刀である。湾曲した片刃の刃に、円形または角形のガード、両手に収まる長いグリップが特徴です。 

刀は伝統的に武士が振るうものであり、彼らの主要な武器であった。その鋭さ、バランス、切れ味は有名である。 

鎬刀

カタナの長さは約60~70cmで、斬り技と突き技の両方に適しています。

ワキザシ

脇差は、しばしば刀の仲間とも呼ばれる短刀である。湾曲した片刃の刃を持つデザインは似ているが、サイズは小さく、通常長さは30~60センチメートルである。 

脇差は、武士が二次的な武器として、あるいは近接戦闘のために一般的に身に着けていたものである。また、儀式や社会的地位の象徴としても使用された。

タント

タントは、長さ30cm以下の直線またはわずかに湾曲した刃を持つ短剣または短刀である。 

主に接近戦での刺し傷や斬り傷の攻撃に用いられた。タントブレードは、戦場での武器から装飾品まで、デザインや用途がさまざまである。また、日本の伝統的な祭祀や儀式にも使用された。

タチ

太刀は、刀よりも古い日本刀のスタイルである。刀に似た湾曲した片刃の刃を持つが、より長く、腰から吊るすように装着することを意図している。 

太刀は、主に騎馬隊が戦いの際に使用し、馬上からの斬撃に特化したものであった。その後、打刀に進化し、やがて刀になった。

うちがたな

打刀は刀の前身で、湾曲した片刃の刃と円形または四角いガードが特徴である。刀に比べやや短いグリップが特徴で、平安時代に開発された。 

内刀は主に武士が使用し、戦場でも多く使用されました。その後、さまざまな改良が加えられ、刀が開発された。

ナギナタ

薙刀は、長い木製の軸に曲がった刃を取り付けた棒状の武器である。薙刀は、長い木軸に曲がった刃を取り付けた棒状の武器で、薙刀やハルバードに似ている。薙刀は主に女武芸者(おんなぶげいしゃ)と呼ばれる女性武士が使い、日本の家屋や城を守る重要な役割を果たした。 

リード  日本語で感謝を伝える10種類の方法
ナギナタ

薙刀はリーチが長いので、薙ぎ払いや打撃技が効果的に使え、戦場では強力な武器となった。

ヤリ

槍は、木製の軸にまっすぐな両刃の刃を取り付けた槍状の武器である。特に封建時代には、足軽がよく使った。槍は、突き刺す攻撃にも斬る攻撃にも有効で、汎用性が高い。

戦場でも重要な役割を果たし、武士がさまざまな陣形をとって採用した。

つるぎ

剱は両刃の長刀で、刃は直線的で、中央の稜線が顕著なのが特徴である。日本刀の中で最も古いタイプの一つであり、その歴史は古代にさかのぼる。 

剱は中国や朝鮮の刀剣の影響を受け、古墳時代に使用されていた。他の日本刀ほど目立たないが、「刀」の先駆けとして歴史的な意義がある。

シラサヤ

白鞘(しらさや)とは、特定の刀剣の種類ではなく、日本刀に使用される鞘(さや)の様式の一つである。鞘や柄に凝った装飾や金具がなく、素朴な木製の鞘が特徴です。 

白鞘のデザインはシンプルで、刀身そのものの美しさを際立たせています。白鞘に収められた刀剣は、収集品として、あるいは美的価値として飾られることが多い。

シナイ

竹刀は、伝統的な日本刀ではなく、剣道という武道で使用される練習用の武器です。竹刀は、本物の刀の重さや感触を模して、怪我のリスクを最小限に抑えるように設計されています。 

シナイ

竹刀は、4本の竹の板を革や紐でつないだもので、稽古や試合などで使用されます。剣道家は竹刀を使うことで、剣術の技術、規律、敬意を学びます。

ガント

軍刀とは、20世紀初頭、特に第二次世界大戦中に使用された日本の軍刀の一種を指す。大日本帝国陸海軍将校のために大量生産された剣である。 

軍刀は、ナックルボーが特徴的なハンドガードデザインで、刃は伝統的でないプレーンなものです。 

それまでの刀剣のような芸術的な技巧はないが、軍刀は日本史の変革期における軍事の象徴として、歴史的な意義を持っている。

よろい童子

鎧通し」とも呼ばれ、武士の鎧の隙間に突き刺さるように設計された特殊な短刀です。短く頑丈な刀身に厚い背骨と強い刃先があり、鎧兜を突き破ることができる。 

よろい童子は、主に武士が接近戦で主武器が効かなくなったときの予備武器として使用した。

シコミズエ

シコミズエは、杖の中に日本刀を隠し持つユニークな日本刀です。江戸時代、刀を隠す必要のある武士が、刀を隠すための武器として、また奇襲をかけるための武器として開発されました。 

シコミズエは、杖の中に取り外し可能な刃を隠しており、実用的で目立たない護身用具であった。

おうだち

大太刀」「野太刀」とも呼ばれ、刃渡り90cmを超える非常に長い日本刀である。武士の歩兵や衛士など、徒歩で移動する熟練した武士が主に使用した。 

胴太刀はリーチが長く、切れ味が良いので、複数の相手や馬上の敵に有効であった。その大きさゆえ、両手で持つのが一般的であった。

しんけん

神剣とは、日本古来の刀鍛冶の技法を守り、伝統的な手法と材料で鍛えられた「本物の刀」を指します。細部にまでこだわって作られたこれらの刀は、本物であること、そしてその品質が高く評価されています。 

神剣は、武術の稽古や試し斬りなどに使われるほか、歴史的な意義や技巧を評価する愛好家による貴重な収集品として扱われています。

日本刀ができるまで

日本刀は、玉鋼(たまはがね)という伝統的な鋼で作られています。まず、砂鉄を炉の中で木炭と一緒に製錬するところから始まる。炭素量の多いものと少ないものを抽出し、さらに精製し、加熱し、打ち込み、十数回折り曲げて強い層を形成する。その後、木炭と粘土を混ぜたものを刀身に塗り、加熱する。その後、水に浸してカーブをつけ、研磨する。最後に、刀身を取り付け、装飾を施す。 

日本の職人は、1つの刀を作るのに何ヶ月もかけて、最高のものを作り出そうとしていました。日本の職人は、刀鍛冶だけでなく、化学冶金の知識も完璧に身につけていた。 

ニンジャトー
ソースShutterstock

その工程は非常に大掛かりで、何十人もの職人が全ての工程(時には1つの作品を作るために)に関わっていました。それが日本刀の作り方であり、こだわりである。

一番大切なのは、化学的な知識を持っていることで、それがないと刀鍛冶の方法全体が無駄になってしまいます。 

それでは、日本刀がどのように作られているのか、順を追って説明していきます。

ステップ1:スチールメイキング 

この工程では、鉄鉱石を1個含んだ砂鉄を製錬してたたらを作ります。巨大な土の炉の中で、木炭を使って行われる。 

次のステップは非常に重要で、72時間、何の介入もせず、間を置かずに実行される。刀匠は適温になったことを確認すると、要求に応じて砂鉄や木炭を投入します。 

日本刀がどのように作られているかを知るためには、最初の一歩がとても重要です。 

ステップ2:スチールの仕分け

この工程は、72時間に及ぶ大規模な製錬工程の後に行われる。日本刀の作り方の第2段階では、鍛冶屋が粘土の炉を壊して玉鋼を取り出す。 

タマハガネからさらに砕いて、炭素量を考慮しながら鋼の塊を分離していく。高炭素鋼は切れ味の良いカミソリになり、低炭素鋼は丈夫なカミソリになります。

どのような形であれ(高低にかかわらず)、炭素含有量が不足すると、剣が鈍くなったり、脆くなったりするなどの異常が生じる。したがって、両方とも同じように重要である。 

ステップ3:スチールの純化

日本刀を作る上で、最も重要な工程の一つです。この工程では、不純物やスラグがすべて取り除かれる。 

リード  英語にはないクールな日本語23語

その玉鋼をハンマーで16回以上、熱したり、叩いたり、折ったりしながら叩き上げていきます。これは、鉄と炭素を結合させて、切れ味や靭性などの品質を高めるために行われます。

ステップ4:ブレードの鍛造

刀匠が不純物を取り除いた後、次の工程である鍛錬に入ります。 

高炭素鋼は加熱されてU字型の溝に鍛造され、低炭素鋼は加熱されてU字型の溝に収まるストリップに鍛造されます。 

タチ
ソースShutterstock

別々に鍛えられた後、外殻の鋼は切れ味を、内殻の鋼は強靭さと耐久性を目的として鍛えられます。

この作業は少し面倒に感じるかもしれませんが、とても根気のいる作業です。日本刀はこのようにして炭素と鋼を鍛えて作られています。

ステップ5:ブレードコーティング

刀身のコーティングは、鍛造の後、上面と後端に粘土と炭を混ぜたものを深く塗り込む。これは一次的なもので、波紋と呼ばれる刀身の変化をもたらします。 

この刃を、ちょうど華氏1500度、摂氏815度で焼きます。この熱の度合いは、少なくても多くてもいけません。過剰な熱を加えると、割れたり破損したりする恐れがあるからです。

この段階で日本刀はこうして作られます。

ステップ6:ブレードカーブ 

日本刀がどのようにして完璧なカーブを描いているのかというと、これがその答えです。

加熱後、火から下ろした刃を水に浸します。温度の変化によって刃が曲がり、特徴的なカーブを描きます。 

ステップ7:ブレードの研磨

日本刀はどのようにして完璧な艶を出すのか?この段階は非常に重要で、完璧な艶を出すためにいくつかのサブステップがあります。

完全に鍛造された後、研磨機で剃刀を研ぐために数個の研削・研磨石で磨かれる。この作業は何週間も何ヶ月もかけて行うので、簡単にはいかない。 

磨き手が未熟だと、刃の形状が乱れたり、鋼を摩耗させすぎたりして、刀の文化的、機能的、歴史的な意義が失われることがある。これは、余分な量の油が残っていると、腐食やサビの原因になるからです。

ポリッシングオイルに含まれる塩分は、カビの発生につながります。ブレードを磨くことで、ブレードの透明感、美しさ、特性が向上します。 

刃を見て、刃先がどのように冷やされたか、鋼の炭素含有量、研磨の具合などを語ることができる。 

Step 8: ブレードの取り付け

その上で、刃に装飾的なガードを取り付け、さらに大工が鞘に刀を収める。 

飾り付けをする職人が数人いて、その後、革や石、金などで持ち手を作ります。

このステップは、ブレードを作る最初の数ステップと同じくらい重要です。芸術品のようなものである。日本刀がどのように作られているかを見ると、この工程は非常にユニークで、綿密に行われています。

ステップ9:最終検査

カタナ
ソースShutterstock

これは日本刀が作られる最後の工程である。装飾、柄、すべてが終わった後、刀は刀匠に渡され、すべてが完璧であるかどうかをチェックします。 

使用に適していると判断されると、武士や新しい主人に引き渡されます。

日本刀の製造工程はどこで見ることができますか?

日本刀がどのように作られているのか興味がある方は、ぜひ「The Japanese sword」をご覧ください。 刀剣博物館 を東京で開催しました。 

この博物館では、日本の刀剣がどのように作られているかを紹介しています。刀剣美術保存協会が運営しており、日本の武器について深く知ることができます。 

その中には、特別な地位や文化的意義を持つ刀剣が多く含まれています。第二次世界大戦後、進駐軍は刀剣類を破壊しようとしましたが、なぜか無事に保存されています。 

日本刀ができるまで
出典はこちら。 Shutterstock

もうひとつの博物館、「備前長船刀剣博物館」。この博物館には、過去の刀剣の素晴らしいコレクションがあり、他に類を見ないものです。

また、日本刀がどのように作られ、維持されているのか、日本の武器を作るために様々な人が関わっているのか、その他の様々な要素を知ることができるセミナーやワークショップに参加することもできます。 

また、疑問に思ったことは質問することができ、多くのことを学ぶことができます。日本の伝統的な鋼である玉鋼(たまはがね)から日本刀が作られる様子を見ることができるワークショップもあります。

これらのワークショップは日時が限られていますので、必ず事前に予約してください。 

3本の侍の刀はなんというのでしょうか?

侍の刀は、刀、脇差、短刀の3つが主である。刀は最も長く、最もよく知られており、湾曲した片刃の刃、円形または角形のガード、両手で使用するための長いグリップを備えています。 

脇差は刀の仲間で、30~60cmの短い刀で、予備武器や近接戦闘に使われた。 

短刀は、長さ30cm以下の直線またはわずかに湾曲した刃を持つ短刀で、主に刺し傷や斬り傷に使用される。これら3つの刀を合わせて、武士の象徴的な武器とした。

日本の5大名刀とは?

天下五剣」「五箇伝」とも呼ばれる日本の五大名刀は、その歴史的意義と卓越した職人技で伝説となっている。 

小烏丸、鬼丸、三日月宗近、童子切安綱、本所正宗などである。小烏丸は、8世紀に伝説の刀工・甘国によって作られたと言われています。 

粟田口国芳が鍛えた「鬼丸」は、神話に登場する伝説の英雄「義経」との関わりで知られています。 

三条宗近が作った「三日月宗近」は、現存する最古の刀の一つで、民俗学的な背景がある。義経ゆかりの「童子切安綱」は、その切れ味に定評がある。 

最後に、刀匠・五郎入道正宗が制作した「本所正宗」は、日本の刀匠の最高峰として国宝に指定されています。

カタナの種類はどれくらいあるのでしょうか?

一般に刀は一種類しかなく、湾曲した片刃の刃、円形または角形のガード、両手で使うための長いグリップを持つ日本を象徴する刀である。 

リード  日本名はどのように機能するのか?

カタナは、その職人技、バランス、切断能力で有名です。

しかし、カタナというカテゴリーには、デザイン、製造時期、特定の特徴などの点でバリエーションがあります。 

刀の形状、長さ、湾曲、金具の違い、刀匠の流派や地域の違いなどである。このような違いから、それぞれ異なる性質を持つ個性的なカタナが生まれるが、それらはすべてカタナという一般的なカテゴリーに含まれるものである。

日本刀に種類があるように、カタナにも種類があるわけではありませんが、個々のカタナには独自の特徴や歴史があります。

日本には何種類の刀があるのでしょうか?

日本には数多くの刀剣があり、それぞれに特徴や歴史的意義があります。 

主な種類としては、刀、脇差、短刀、太刀、薙刀、槍、剱、白鞘、竹刀、軍刀、よろい落とし、色無地、大太刀、心眼などがある。これらの刀は、刃の形、大きさ、用途、文化的背景など様々である。 

日本刀は、侍が使う「刀」から、優雅な「短刀」、儀式用の「佩刀」まで、日本の伝統的な刀剣製造の豊かな伝統と職人技を反映した多様な品揃えです。

直刀はなんというのでしょうか?

直刀は一般的に "チョクトウ "と呼ばれる。日本語では「直刀」と訳される。刀は刃が曲がっているのが一般的ですが、直刀はその特徴から外れて、まっすぐな刃のデザインになっています。 

曲刀が普及する前の古墳時代や平安時代など、日本史の初期に使われていたのが曲刀です。 

燭台切は、武士の代名詞である曲刀の前身として歴史的に重要な役割を担っています。

ハーフカタナは何と呼ばれているのでしょうか?

半太刀は、一般的に "ハンダチ "と呼ばれています。ハンダチ」とは日本語で「半太刀」と訳され、刀の長さが従来のカタナの約半分であることを表していると考えられています。 

ハンダチは、一般的なカタナに比べ刃渡りが短く、60~75cm程度が一般的です。 

また、柄のスタイルも特徴的で、伝統的な刀のスタイルに包まれた短い柄に、一般的な脇差に見られるツバ(ガード)が取り付けられている。室町時代に使用され、過渡期の刀と考えられている。

巨大なカタナはなんというのでしょう?

巨大な刀は、一般に「大刀」または「野太刀」と呼ばれる。どちらも、非常に長い日本刀を表す言葉として、同じ意味で使われています。"大太刀 "は日本語で "大刀 "と訳され、"野太刀 "は "野太刀 "または "野太刀切り "と訳されることがある。 

刃渡りは90cmを超え、一般的なカタナよりもかなり長いのが特徴です。 

大太刀・小太刀は、主に徒歩の熟練武士が使用し、リーチと切断力が向上した。その大きさゆえ、両手で振るうのが一般的だった。

なぜカタナを2本も持ち歩くのか?

2本の刀を持つことは、武士の地位と心構えを象徴しています。長いカタナはオープンな戦闘のための主要な武器であり、短いワキザシはバックアップとして、近接した場所で使用されました。 

大将は、武士の心構えや武士道への忠誠を示し、一般庶民と区別するものであった。また、儀式や象徴的な意味を持ち、戦闘において多用途に使用することができます。

ダブルエッジカタナってなんていうの?

両刃のカタナは、一般的に "両刀 "または "両刃人 "と呼ばれています。これらの用語は、日本語で「二本の剣」または「二重の剣」と訳されます。 

両刀とは、刀の両面に刃があり、左右どちらからでも切断や斬撃が可能な刀のことです。片刃の一般的なカタナと異なり、両刃を有効に活用できるため、戦闘の汎用性が高い。 

両刀は、片刃のものに比べて一般的ではありませんが、日本の刀工の創意工夫と適応力を示しています。

カーブのないカタナはなんというのでしょうか?

曲線のない刀は、一般的に "シンケン "または "タチ "と呼ばれる。シンケン」とは、日本語で「本物の刀」と訳され、武器としての正統性と機能性を強調する言葉です。 

シンケンカタナは、一般的に刃がまっすぐで、伝統的なカタナに見られる特徴的な曲線がありません。

一方、「太刀」は、「刀」よりも前の歴史的な刀剣の一種を指す。太刀は、長さが長いのが特徴で、刃は直線かやや湾曲していることが多い。太刀は、刃先を下にして腰から吊り下げて着用し、主に馬に乗った武士が使用した。

新剣と太刀は、歴史的な背景や機能的な目的から、刀のデザインをよりストレートにしたバリエーションである。

カタナの血の溝はなんというのでしょうか?

カタナの血の溝は、一般的に "ハイ "と呼ばれています。この用語は、日本語で「溝」または「溝」と訳される。ハイの目的は誤解されがちですが、傷口から血を流すことを主目的としているわけではありません。 

刀の重さを軽減し、刀のバランスを整え、刀を振るときの音を再現するなど、さまざまな役割を担っています。 

さらに、Hiはわずかな空気の乱れを生じさせることができ、身体などからブレードを引き抜く際に引っかかりを防止するのに役立つと考えられる。

ダガーカタナってなんていうんですか?

短剣のようなカタナは、一般的に "タント "と呼ばれています。タント」とは、日本語で「短刀」「短剣」と訳される言葉です。 

カタナは一般的に長さが長く、両手で握るのが特徴であるのに対し、タントは直線またはわずかに湾曲した刃を持つ小型の刃物である。タントブレードの長さは通常15~30cm程度で、近接戦闘や刺し違える技術用に設計されています。 

武士の予備武器として、また、鎧の隙間を切り裂いたり、正確さと制御が必要な作業を行うための実用品として、一般的に使用されていました。

一番かっこいい日本刀は何ですか?

最もクールな日本刀は、本庄正宗に違いない。本庄正宗は、日本の国宝のひとつとされる特別な刀です。13世紀に刀匠・五郎入道正宗によって作られた。 

本庄正宗の魅力は、その歴史と伝説的なオーラにあります。この刀は何世代にもわたって受け継がれ、著名な人物や歴史的な出来事と関連付けられています。 

その精巧な造りと、日本刀の最高傑作としての象徴的な意味合いから、「最もクールな日本刀」の一つとして評価されています。

日本最古の刀は何ですか?

最古の日本刀として知られているのが、"小烏丸 "です。その名は、英語で「Little Crow」または「Small Crow」と訳される。 

小烏丸は、平安時代8世紀に生きたとされる伝説の刀工・天國の作とされています。7世紀後半頃に鍛えられたとされ、1,300年以上前の刀である。

小烏丸の正確な所在は不明だが、その存在を示す史料は存在する。日本の古文書にも記載があり、神話的な起源として崇められています。 

この刀は、日本の刀鍛冶技術の発展において重要な役割を果たし、日本の初期の刀鍛冶の伝統の重要な遺物として有名です。

日本刀はどのように作られるのですか?

日本の武士の刀は、玉鋼と呼ばれる特殊な日本の鋼を使用し、炭素濃度を変えて錬金しています。

日本刀はなぜ高価なのか?

侍の刀が高価なのは、日本刀がどのように作られるかによる。日本刀を作るには、最高の技術と献身を必要とし、1本の刀を作るのに18ヶ月以上かかることもあります。刀身だけで1,000ドル以上するものもあります。この伝統的な製法は何世紀にもわたって続いており、今でも同じです。

侍の刀はどうしてあんなに鋭いのでしょうか?

侍の刀があれほど鋭いのは、2種類の玉鋼で作られているからだ。玉鋼は炭素の含有量が高く、それぞれ鋭い刃と強靭さを与える。強度と耐久性を保つために、熱したり、打ち付けたり、何度も折り曲げたりします。

結論 

日本刀は、その多様な種類と豊かな歴史から、日本の文化、武道、工芸のエッセンスが凝縮されています。 

戦闘用、儀式用、護身用、象徴的な表現など、それぞれの刀種にはそれぞれの目的があります。

これらの刃物は、単なる武器ではなく、日本の武士の伝統を象徴する文化財として尊ばれているのです。

また、読んでください。 

  1. 東京で行きたい美術館
  2. 東京の神社・仏閣ベスト
  3. Teru Teru Bozuとは?

どう思う?

日本のマクロビオティックダイエット

日本版マクロビオティック・ダイエット。バランスのとれた食生活のために

日本人のクリスマスの過ごし方

日本人のクリスマスの過ごし方|日本のクリスマスの過ごし方7選