究極の日本語オノマトペリスト|140の日本語オノマトペがあなたを表現する

日本のオノマトペ

日本語のオノマトペとは、音を表す言葉のことです。英語のオノマトペには「pop」「whoosh」「bang」「baam」などがあります。オノマトペは言葉をより生き生きとしたものにします。

オノマトペで日本語に命を吹き込もう!雷のような轟音から雨のポツポツ音まで、あらゆる擬態語が満載。

音で絵を描くような楽しく生き生きとした単語で、ネイティブのように自分を表現してみましょう!

日本のオノマトペ一覧

動物の鳴き声のための日本語オノマトペ(擬声語)

犬の日本語オノマトペ

  • ワンワン(wanwan)- 蹄、樹皮
  • キャンキャン(きゃんきゃん) - ヤップ、イェルプ
  ショップ・フロム・ジャパン  

猫のための日本語オノマトペ:

  • ニャーニャー ニャーニャー
  • モーモー(mōmō) - ニャー、ニャー(通常は子猫に使う)

鳥の日本語オノマトペ:

  • ピヨピヨ(piyopiyo) - つぶやく、さえずる
  • カーカー (kākā) - カーカー(カラスの場合)

カエルの日本語オノマトペ:

  • ケロケロ(ケロケロ) - ribbit, croak

牛の日本語オノマトペ:

  • モーモー(mōmō) - moo

馬の日本語オノマトペ:

  • ヒヒーン(嘶く

豚の日本語オノマトペ

  • ブーブー(būbū) - oink

アヒルの日本語オノマトペ:

  • ガーガー(gāgā) - ヤブ医者

ネズミの日本語オノマトペ:

  • チューチュー(chūchū) - キーキー言う

ハチの日本語オノマトペ:

  • ブンブン - ブンブン

象の日本語オノマトペ:

  • パオーン(paōn) - トランペット

ライオンの日本語オノマトペ:

  • ガオー(ガオウ) - 轟音

蛇の日本語オノマトペ

  • ヒス・ヒス(hisu hisu) - hiss

猿の日本語オノマトペ

  • キッキー(kikkī) - 金切り声

フクロウの日本語オノマトペ

  • フクロフクロ(フクロフクロ) - hoot

日本語オノマトペの効果音(擬声語)

笑いと微笑みの日本語オノマトペ 

  • ははは(ハハハ) - ハハハ、大笑い
  • へへへ(へへへ) - へへへ、くすくす笑う
  • にこにこ - にっこり笑う

泣き声のオノマトペ

  • うえ(uee) - すすり泣く。
  • ぐすん(ぐすん) - 鼻をすする、そっと泣く
  • ないない(ないない) - ブーブー、子供の泣き声

いびきのオノマトペ 

  • ぐうぐう - いびきの音
  • ぐっすり(ぐっすり) - ぐっすり眠る、安らかないびき

くしゃみのオノマトペ

  • くしゃみ - アチョー、くしゃみ音

くすくす笑う日本語オノマトペ

  • クスクス笑う

喘ぎ声の日本語オノマトペ

  • びっくり仰天

ため息のオノマトペ

  • はぁ(haa) - ため息、安堵や疲労のため息を吐く

あくびのオノマトペ

  • あくび - あくびをする音

拍手のオノマトペ

  • パチパチ(拍手

足音のオノマトペ

  • トントン(軽い足音
  • ガリガリ(ガリガリ) - 重い、擦れるような足音

ランニングの日本語オノマトペ

  • ドタドタ - 走る音

ノックのオノマトペ

  • ノックノック(ノクノク) - ノック音

しゃっくり」の日本語オノマトペ

  • しゃっくり(しゃっくり音

ささやきの日本語オノマトペ

  • ささやく(ささやく音

大声を出すときの日本語オノマトペ

  • ぐいぐい-力強く叫ぶ

無生物効果音のための日本語オノマトペ(祇園囃子)

雨のオノマトペ:

  • 土砂降りの雨
  • ザーザー(zāzā)- 激しい雨が降り続く音
  • パラパラ(parapara) - 小雨が降る

風のオノマトペ:

  • ザワザワ(風の音
  • ピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピューピュー

雷のオノマトペ:

  • ゴロゴロ(ゴロゴロ) - ゴロゴロと雷が鳴る
  • ガラガラ(garagara)-雷のようなカタカタという音

水の流れのオノマトペ

  • ゴボゴボ(ゴボゴボ) - 水の湧き出る音、流れる音
  • シャワシャワ - 軽い水しぶき

足音の日本語オノマトペ:

  • コツコツ - 硬い路面を踏む足音
  • ドタドタ 重い足音

ノックの日本語オノマトペ:

  • コンコン(コンコン) - ノック音
  • ガチャン 重いものがぶつかる音、落ちる音

時を刻む日本語のオノマトペ:

  • トクトク(時計の音
  • キリキリキリキリ......カチカチ、カチカチと音が鳴り続ける

拍手を表す日本語のオノマトペ:

  • パチパチ(拍手

火がパチパチと燃える擬音

  • キュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュン
  • ジュージューという音

電話の着信音の日本語オノマトペ:

  • ガチャ(電話の着信音
  • ピンポーン(ピンポーン) - ドアベルや電話が鳴る

ガラスを割る日本語のオノマトペ:

  • ガラスが割れる音

カッティングのための日本語オノマトペ:

  • キリキリ......切る音
  • ガリガリ(ガリガリ)......ザラザラ、ガリガリ音

状態や状態を表す日本語のオノマトペ(義太語)

興奮や感激を表す日本語のオノマトペ:

  • ワクワク・ドキドキ
  • ドキドキ(dokidoki) - 鼓動、興奮や緊張を感じる。

日本語のオノマトペは、リラックスや落ち着きを表す:

  • のんびり(nonbiri) - のんびりした気分。
  • ほっこり(ほっこり) - 暖かくて心地よい気分

日本語のオノマトペ「疲れた」「眠い」:

  • ぐったり(guttari) - 疲れ果てた感じ
  • うとうと - 眠気を感じる、うとうとする

お腹が空いたときの日本語オノマトペ:

  • ぐーぐー(gūgū)-お腹が鳴る、空腹を感じる

のどが渇いたときの日本語オノマトペ:

  • ペコペコ(pekopeko):お腹が鳴る、お腹が空く、喉が渇く

風邪のオノマトペ:

  • ぶるぶる震える。
  • ひえひえ - 寒気がする

日本語の「暑い」のオノマトペ:

  • ほてる(hoteru)- 暑い、熱っぽい。
  • ほわほわ(ほわほわ) - 温かい気持ちになる

神経質な日本語オノマトペ:

  • そわそわ - 落ち着かない、不安になる
  • きょろきょろする。

驚きやショックを表す日本語のオノマトペ:

  • びっくり - 驚く、ショックを受ける
  • びくびく(びくびく) - 恐怖や驚きで震える

日本語のオノマトペ「喜ぶ」「満足する」:

  • ごきげん(ご機嫌
  • うれしい」「うれしい

混乱したときの日本語オノマトペ:

  • ぼんやり(ぼんやり) - ぼんやりする、ぼんやりする
  • まごまご(まごまご)......戸惑う、当惑う

痛みや痛みを表す日本語のオノマトペ:

  • ズキズキ(ずきずき) - ズキズキする痛み
  • いたい - 傷ついたり痛んだりすること

日本語のオノマトペで感情表現 (技法語)

日本語のオノマトペ「嬉しい」「楽しい」:

  • うれしい」「うれしい
  • はぐ(hashagu) - 遊び心と興奮を感じる
リード  日本人はどのように敬意を示すか?| 日本人に敬意を示す11のヒント

日本のオノマトペ「悲しい」「暗い」:

  • かなしい」...悲しい気持ちになること
  • ふさぎこんだ(fusagikonda) - 気分が沈む、落ち込む

日本語のオノマトペ「怒る」「イライラする」:

  • いかりっぽい(ikarippoi) - 短気になる、イライラする
  • かんかん - 怒りで沸騰する。

驚きや驚きを表す日本語のオノマトペ:

  • びっくり - 驚く、ショックを受ける
  • うろたえる - うろたえる。

日本語のオノマトペ「怖い」「恐い」:

  • こわい」- 怖いと感じる
  • びくびく(びくびく) - 緊張や恐怖を感じる

日本語のオノマトペ「恥ずかしい」「照れくさい」:

  • はにかむ(はにかむ) - 恥ずかしがる、照れる
  • きまりが悪い(きまりがわるい) - 恥ずかしい、気まずい

日本語のオノマトペで「うれしい」「満足」を表す:

  • ごきげん(ご機嫌
  • にっこり - 満足げに微笑む

日本語のオノマトペ 好奇心旺盛な人のために:

  • うきうきする。
  • わくわく(wakuwaku)- 興奮や好奇心を感じる

日本語のオノマトペ「ありがたい」「感謝」:

  • かんしゃ」......感謝すること。
  • ありがたい」「ほっとする

日本のオノマトペ「がっかり」「悔しい」:

  • ざんねん - がっかりする、残念に思う
  • もったいない」・・・貴重なものを無駄にしたことを悔やむ気持ち

日本語のオノマトペ 誇りや自信を表す:

  • ほこり - 誇りや達成感を持つこと
  • じっとり(じっとり) - 自信を持つ。

孤独を表す日本語のオノマトペ:

  • さみしい(さみしい) - 寂しさを感じる
  • やるせない(yarusenai)-無力感、孤立感

日本語の動きの擬音語(ギヨーゴ)

  • Guru Guru:

回転する

  • ユックリと:

ゆっくりと何かをする

  • コロコロ:

何かが巻き起こる

  • Uro uro):

放浪の旅

  • SUTA SUTA:

早歩き

  • コテハン:

うなだれて眠る

  • Kaba-t:

目覚め

  • ガチガチ:

歯軋り

  • 柴犬:

急速に点滅

  • kaba kaba:

早食い

  • ダダダダダダダ

ランニング

食材の味や食感を表現する日本語のオノマトペ

Pari pari:

"crispy," "crusty"

Saku saku。

"カリカリ"

シャキシャキシャキ。

"さわやかでジューシー"

トロット:

「なめらかに溶ける

フンワリ:

"ふわふわ"、"柔らかい"、"軽い"

カチカチ または Kochi kochi:

"硬い"、"堅い"、"硬直した"

Pasa pasa:

"乾燥している"、"乾き切っている"、"手触りが硬い"

Shittori:

"しっとり" "ソフトな感触"

プリット:

「スパイシーでホット

Kotteri:

"リッチ" "ヘビー" "余韻" "ファッティ"

アサーリ:

"重くなく、長続きしない" "軽い"

ネバネバ:

「ネバネバ、ヌルヌル

体型を表す日本語の擬音語

ガリガリガリガリ:

"ガリガリ"、"ガリガリ"、"骨と皮"、"細い"

ホッソリ:

"slim"、"slender"、"thin"

スラット:

"slim"、"slender"

ポッチャリ:

「ぽっちゃり」「ふくよか

ムキ・ムクi:

"筋肉質" "たくましい"

ガッキリ:

"体格がいい" "骨太" "筋肉質"

Sara sara:

"滑らかな"、"乾いた"、"清潔な"(髪を表現するときに使う)

ボサボサ:

「櫛の通らない

性格や態度を表す擬音語

チャキチャキ。

"straightforward" "frank"

サバサバしている。

"爽やか"、"気取らない"

テキパキ。

"アラート"、"ウェルオーガナイズ"、"クリスプ"

ほのぼのとした雰囲気

「リラックス」「ほのぼの

オットーリ:

"お気楽"

ノホホン:

"のんき"、"気楽"

チャラチャラ。

"浅い"、"うぬぼれ"、"遊んでいる"

セカセカ:

「忙しい」「落ち着きがない」「そわそわしている

グズグズグズ:

"時間を無駄にする"、"ぐずぐずする"

健康状態を表現する日本語のオノマトペ

私が書斎にいます。

"to have bleary eyes," "to have puffy eyes"

私がゴロゴロしています。

"feel like something in one's eye"

花がズラリと並んでいます。

"to have a runny nose"

花がムズムズします。

"自分の鼻がくすぐったい"

Mimi ga kīn to suru:

"to have a ringing noise in one's ear", "to have tinnitus"

クシュン。

くしゃみの音

こんこん。

咳の音

ゴホゴホ。

強い咳

ゾクゾクする。

熱で震える

天気を表す日本語のオノマトペ

カミナリがゴロゴロ鳴る:

ゴロゴロ」は雷のゴロゴロという音に使われる擬音語である。腹の音や重いものが転がる音にも使われる。

リード  新幹線の手荷物ルール:スムーズな日本旅行のための必須ガイド

Pikatto hikaru:

ピカッと」とは、閃光や短時間の輝きを表す擬音語である。さまざまな使い方ができるが、そのひとつが稲妻を表現することである。

雨がザーザー降る:

Zāzāは、大雨の音や状態を表す擬音語である。

雨がポツポツ降ってくるのは当たり前:

ポツポツ」または「ポツリポツリ」は、少し前から降り始めた雨の音を表現している。

雨がパラパラ降る:

パラパラは小雨が降る音を表現している。

ドニオリ:

"曇り" "冴えない" "不機嫌"

カラット:

"晴れる、(天気が)"、"乾燥する"、"爽やか"

Jime jime:

「湿度が高い

つるつるつる:

「非常に滑りやすい

美笑 美笑:

「ずぶ濡れ

睡眠時の動作を表現する日本語の擬音語

ググ:

実際のいびきの音を表す。また、いびきと関連してよく眠れる状態を表すこともある。

グッスリ:

ぐっすり眠っていることを示す。

スヤスヤ:

軽い呼吸音を伴って、心地よく静かに眠っている人の状態を表す。

Utouto:

とは、居眠りや居眠りなど、眠気を我慢できないことを指す。通常の睡眠時間外に起こる軽い眠りを指す。

笑う」という動作を表す日本語の擬音語

楠楠

は、笑いを抑えたときに使われるグズグズした音です。

ゲラゲラ

は、かなり大きな声でゲラゲラ笑っている音を表現しています。

ケラケラ

は、ゲラゲラよりも高い音の笑い声に使われます(「K」の音は、「G」の音よりも軽い音や高い音を表現するのに使われます)。

食べる」という動作を表現する日本語の擬音語

パクパク

食べ物を素早く食べる動作を表現するのに使われる。

ペロペロ

誰か(人や動物)が何かをなめる動作を表すのに使われる。

見る」という動作を表現する日本語の擬音語

Jirotto:

一瞬厳しく見たり、非難するような視線を送ること。 

二郎二郎

何かをあからさまに何度も上下に見て、通常は攻撃的な方法で見下す行為。

Chira chira

時々見えなくなる。

キョロキョロ

物珍しそうに、あるいは神経質に周囲を見回すこと。

泣く」という動作を表現する日本語の擬音語

Gyāgya。

騒がしい高音の泣き声や金切り声。

シクシク。

通常、女性や子供が静かに泣くこと。

メソメソ:

うめき声を上げ続ける泣き虫のような態度。

日本のオノマトペとは?

日本語のオノマトペは「擬声語」や「擬音語」と呼ばれ、動作や物、感情に関連する音を模倣した言葉である。 

これらは日本語の重要な一部であり、日常的なコミュニケーションにおいて重要な役割を果たしている。 

日本語のオノマトペは、音、動き、手触り、感情など、さまざまな感覚体験を表現するために使われ、会話や文章表現に深みと鮮やかさを加える。

これらの擬音語は汎用性が高く、副詞、名詞、動詞、形容詞などさまざまな形で使われる。通常の語彙では表現しにくいニュアンスを伝えるために使われる。

例えば、日本語でよく使われる擬音語には次のようなものがある:

  • ざわざわ」......ざわざわという音、あるいは落ち着かない感じ、不安な感じ。
  • ぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺた。
  • ゴロゴロ......ゴロゴロと何かが転がる音。
  • わくわく(wakuwaku)-興奮や期待感。
  • しゅわしゅわ」-炭酸飲料のような泡立つ音。
  • びしょびしょに濡れる。
  • うとうとする。

オノマトペはマンガやアニメ、日常会話で頻繁に使われるため、日本語や日本文化を理解し、鑑賞する上で欠かせない。 

表現にユニークな魅力を与え、生き生きとした表情豊かな雰囲気を作り出すのに一役買っている。

日本のオノマトペの種類

日本語のオノマトペは、それが表す音や使われる文脈によっていくつかの種類に分類することができます。ここでは、一般的なオノマトペの種類をいくつか紹介する:

  • ギセイゴ(擬声語): 擬声語(ぎせいご)とは、人間や動物などの生き物の鳴き声を真似た擬態語のこと。動物が発する鳴き声や、人がさまざまな動作の際に発する音を表現する際によく使われる。例えば
    • ワンワン(ワンワン) - 犬の鳴き声。
    • ニャーニャー(nyānyā)-猫の鳴き声。
    • ガタガタガタガタ......。
  • 擬音語: 擬音語(ぎおんご)とは、物や自然、環境から発生する音など、生物以外の音を模倣した擬音語である。動きや衝撃、自然現象に関連するさまざまな音を表現する。例えば
    • ドンドンという足音。
    • カラカラという音。
    • ザー(zā)- 水や雨などの液体を注ぐ音
  • ギタイゴ(擬態語): 擬声語(ぎたいご)とは、動作や感情の状態、状態、態様を表す擬音語である。感情や感覚、質感を伝えるために使われる。ぎせいご」や「ぎおんご」とは異なり、「ぎたいご」は直接音を表さない。例えば
    • きらきら光る。
    • ふんわり(ふんわり)......ふわっとした感触の、やわらかくてやさしい。
    • ぎゅっと抱きしめるように。
  • 擬情語: 擬声語とは、感情や気持ち、心の状態を表現するオノマトペの一種。会話や描写に感情の深みや強調を加えるために使われる。例えば
    • わくわく(wakuwaku) - ワクワク、ドキドキする。
    • びっくりすること、ショックを受けること。
    • うんざり、腹立たしい。
リード  こんにちわの由来と意味|日本語で「こんにちは」は?

簡単に説明すると、大きく分けて2種類あります。音を表す言葉」と「気持ちや感情を表す言葉」です。

日本語オノマトペの文法形式

これはちょっと難しいかもしれませんね。ルールが少し曖昧なのです。しかし、通常、音を表す言葉はカタカナで書かれ(ほとんどの祇園祭のように)、感情や状態を表す言葉はひらがなで書かれます(ほとんどの祇園祭のように)。

しかし、これは音の種類によって異なります。カタカナは硬くて四角い感じで、ひらがなは丸くて柔らかい感じです。そのため、硬い音にはカタカナ、柔らかい音にはひらがなが使われます。 

日本語のオノマトペ表現の主な文法形式は以下の3つです。

  1. ダブルフォーム。 音や感情の継続状態を表す形です。例えば、興奮を表す「わくわく」や、流暢に話すことを表す「ぺらぺら」など。
  1. といった形です。 速く、短く、切り取るような音を表現するときに使います。例えば、息を呑むような音を表す「はっと」や、背筋がゾクッとするような音を表す「ぞっと」などです。  
  1. りフォームです。 この形は、ゆっくりとした音や動作を表現するのに使われます。例えば、のろのろと歩く様子を「のそり」、落ち込む様子を「しょんぼり」と表現します。 

品詞としての日本語オノマトペ

日本語では、オノマトペはさまざまな文法形式をとることができ、そのため、さまざまな品詞で汎用的に使用することができる。ここでは、日本語のオノマトペの一般的な文法形を紹介する:

  • 副詞 - ふくし: 日本語のオノマトペの多くは副詞として機能し、動作がどのように行われるか、あるいは何かがどのように起こるかを説明する。動詞や形容詞、他の副詞を修飾することもある。例えば
    • さっと(さっと、さっと
    • ゆっくり、のんびり
    • ひっそり静かに
  • 名詞 - めいし): オノマトペの中には、音や動作、状態を直接表す名詞として機能するものもある。また、他の名詞と組み合わせて複合語を作ることもできます。例えば
    • ガラスの音(ガラスの割れる音
    • ポンプ音(ponpu on) - ポンプの音
  • 形容詞 - けいようし: オノマトペは形容詞としても機能し、何かの状態や状態を表す。オノマトペは様々な感覚を伝えるために使われる。例えば
    • あつい(アツイ) - 熱い(触って温かいものを表現する場合)
    • さむい(サムイ) - 寒い(肌寒いものを表現するとき)
  • 動詞(どうし): あまり一般的ではないが、オノマトペの中には動作や動きを表す動詞として機能するものもある。例えば
    • ズキズキする(ずきずきする) - ズキズキする、痛む(脈打つような痛みを表現する場合)
    • ズルズルと滑る。
  • 感動詞 - かんどうし): オノマトペは、感情や反応、反応を表現する間投詞としてよく使われる。オノマトペは、他の品詞との文法的なつながりのない独立した単語であることが多い。例えば
    • びっくり - 驚きを表す
    • わーい(wāi)- 喜びや興奮を表す。

日本語の擬音語は非常に多様であり、文脈や話し手の意図によって使い方が変わることに注意する必要がある。オノマトペの中には複数の文法的機能を持つものもあり、日本語の豊かな表現力をさらに高めています。

日本語のオノマトペはどれくらいあるのでしょうか?

日本語には、五十音や繰り返しの言葉を使ったオノマトペが1000以上もあります。 

日本のオノマトペとは にとって 犬が吠える?

日本語のオノマトペでは、犬の鳴き声を「ワンワン」と表現します。

日本人は何をするのか? オノマトペ にとって 豚は鳴くか?

日本語のオノマトペでは、豚の鳴き声を「ぶーぶー」と表現します。

日本語で「ドキドキ」とはどういう意味ですか?

日本語では、興奮したり緊張したりして心臓がドキドキする音を「ドキドキ」と表現します。

PIKU PIKUとは?

「ピクピク」(piku piku)は、脈打つような動きや痙攣するような動きを表す日本語の擬音表現である。光の明滅、筋肉の震え、心臓の鼓動など、急速に脈打ったり震えたりするものを表現するときによく使われる。

例えば、「ネオンサインがピクピクしている」と言われれば、「ネオンサインが点滅している」という意味になる。

日本の笑顔のオノマトペとは?

日本語の笑顔のオノマトペは「にこにこ」である。このオノマトペは笑顔やニヤニヤした表情を表す。楽しそうに笑っている人や、明るく楽しい雰囲気を表現するときによく使われる。

例えば、こんな感じです:

  • 彼女はにこやかに挨拶した:彼女は笑顔で挨拶してくれた。

日本の寝息とは?

日本語の寝息やいびきのオノマトペは「ぐうぐう」である。ぐっすり眠っている人の深くリズミカルな呼吸音を表している。

この擬音表現は、安らかに眠っている人を表現するときによく使われ、また、穏やかないびきやなだめるようないびきとも関連付けられる。

例えば、こんな感じです:

  • 彼はぐうぐう寝ていました:彼はぐっすり眠っていました。

また、読んでください。

  1. 日本人が食べる前に言うこと
  2. 食べ物を注文するときの簡単な日本語
  3. レストランで食事をするときの簡単な日本語フレーズ

どう思う?

お弁当

お弁当ガイド日本のお弁当

日本での支払い方法

日本での支払いはどうする?