日本のオノマトペ一覧|知っておきたい!日本のオノマトペ5タイプ

日本のオノマトペ

日本語のオノマトペとは、音を表す言葉のことです。英語のオノマトペには「pop」「whoosh」「bang」「baam」などがあります。オノマトペは言葉をより生き生きとしたものにします。

オノマトペというと、漫画やコミックでよく見かけるイメージがあります。しかし、日本語のオノマトペは日常生活の中でどんどん使われています。日本語での会話力を高めたいと思っている方には、日本語のオノマトペがお勧めです。

日本語は、英語やアラビア語に比べて、動詞や形容詞が比較的少ないのが特徴です。また、日本語のオノマトペは非常に柔軟で、幅広い意味を持っています。そのため、初めて学習する人にとっては、習得するのが難しいかもしれません。 

日本語には、他のどの言語よりも多くのオノマトペがあります。日本人は日々の生活の中でもオノマトペを使っています。些細なニュアンスを表現するのにも使われています。だからこそ、日本語を学びたいのであれば、日本語のオノマトペに慣れる必要があるのです。 

日本のオノマトペの一覧

日本のオノマトペの種類

日本語のオノマトペは、動物の鳴き声、自然の音、無生物の音、動作、感情などを表現することができます。日本語のオノマトペには、次の5種類があります。

  1. Giongo。 車や雨など、生物以外のものが発する音。
  2. ギタイゴ。 蒸し暑いとか、汗をかいてベタベタするとか、そういう状態を表す音。
  3. Giseigo。 鳥や人など、生き物が発する音。
  4. ギョロ目。 深い眠りについたり、歩き回ったりするような、特定の動きを表す音。
  5. Gijougo: 不気味な感じがして寒気がするなど、気持ちを表す音。 

簡単に説明すると、大きく分けて2種類あります。音を表す言葉」と「気持ちや感情を表す言葉」です。

日本語オノマトペの文法形式

これはちょっと難しいかもしれませんね。ルールが少し曖昧なのです。しかし、通常、音を表す言葉はカタカナで書かれ(ほとんどの祇園祭のように)、感情や状態を表す言葉はひらがなで書かれます(ほとんどの祇園祭のように)。

しかし、これは音の種類によって異なります。カタカナは硬くて四角い感じで、ひらがなは丸くて柔らかい感じです。そのため、硬い音にはカタカナ、柔らかい音にはひらがなが使われます。 

日本語のオノマトペ表現の主な文法形式は以下の3つです。

  1. ダブルフォーム。 音や感情の継続状態を表す形です。例えば、興奮を表す「わくわく」や、流暢に話すことを表す「ぺらぺら」など。
  1. といった形です。 速く、短く、切り取るような音を表現するときに使います。例えば、息を呑むような音を表す「はっと」や、背筋がゾクッとするような音を表す「ぞっと」などです。  
  1. りフォームです。 この形は、ゆっくりとした音や動作を表現するのに使われます。例えば、のろのろと歩く様子を「のそり」、落ち込む様子を「しょんぼり」と表現します。 

動物の鳴き声の擬音語(ギセイゴ)

  • ワンワン:ワンワンワン(犬)
  • にゃーにゃー:ニャーニャー(猫)
  • モ、モ、モ:モーモー(牛)
  • ひ・ん・に:嘶き(いななき)とは
  • ブ、ブ、ブ:オインク・オインク(豚)
  • こけこっこー:コケコッコー(オンドリ)
  • ケロケロ:リビット・リビット(カエル)
  • ウキウキ:おーおーあーあー(猿)
  • Bu-N:バズバズ(蜂、または飛翔する昆虫)
  • コンコン:キツネの鳴き声

擬音による人物の効果音(ギセイゴ)

  • コホンコホン:軽い咳
  • グゥグゥ:大きないびきをかく
  • Kushu:くしゃみ
  • ワイワイガヤガヤ:子供が遊んでいたり、集団で騒がしく話していたり
  • コソコソ:秘密のささやき
  • きゃー:叫び
  • zuru zuru:大きな音を立てて喉を鳴らす
  • にこにこ:何か面白いことがあって笑うこと
  • 二郎二郎:真剣に見つめること
  • ガブガブガブ:飲み物をガブガブ飲む
  • ぎゃあぎゃあ。 大声で泣き叫ぶこと
  • Shiku siku: 弱音を吐いたり、そっと泣いたり

擬音語(ぎおんご)

  • パラパラ:小雨が降っていたり、本のページをめくっていたり。
  • Rin rin:自転車のベルの音のような、鳴り響く音。
  • コンコン:ノッキング
  • ゴローゴロー:雷が鳴ったり、大きな物が大きく転がったり。
  • ざ・ざ・ざ:大雨
  • ゴボゴボ:湧き出る水
  • ガタンガタン:電車のガタンゴトンという音
  • ガシャン:クラッシュ
  • Kata kata:クリック・クラック、または、タイピング
  • サワサワ:ラストリング
  • バンバン。 バン

状態を表す日本語の擬音語(ギタイゴ)

  • キラキラしている:スパークリング
  • Guru Guru:ディジー
  • ぺとぺと:汗でベタつく感じ
  • Bisshori:浸されること
  • Pika pika:光ること
  • ムシムシ:湿度が高く、不快な暑さ・べたつきのある天候
  • ピリリとした:スパイシーでホットな感覚
  • ベトベトベト:スティッキー
  • ダラダラ:Lazily
  • ホカホカ:蒸して、温かい食べ物
  • Fuwa fuwa: 毛皮やフリース
  • カラカラ。 発汗

感情や気持ちを表す日本語のオノマトペ(ギョロ目)

  • muka muka:吐き気がする
  • アイラアイラ:イライラすること
  • ビックリ:衝撃を受けた、驚いた
  • ノロノロ:怠惰な気分になること
  • ボロボロ:精神的に疲れてしまうこと
  • ゾット:背筋が凍るような気持ちになること。
  • ムスッとする:プーチング
  • ランラン:楽しそうなハミング
  • ヤキモキ:落ち着いていられないほどの心配性
  • ムクムク:アイデアを考えているうちにひらめく
  • ドキドキ。 興奮や緊張で心臓がドキドキする
  • ウキウキする。 チアフル

日本語の動きの擬音語(ギヨーゴ)

  • Guru Guru:くるくる回ること
  • ユックリと:何かをゆっくりと行うこと
  • コロコロ:何かが転がる
  • Uro uro):ぶらぶら歩いてみる
  • SUTA SUTA:早歩き
  • コテハン:うなずきながら眠りにつく
  • Kaba-t:目覚めの良さ
  • ガチガチ:歯ぎしり
  • 柴犬:高速点滅
  • kaba kaba:早速、料理を頬張る
  • ダダダダダダダ ランニング

食材の味や食感を表現する日本語のオノマトペ

  • Pari pari: "crispy," "crusty"
  • Saku saku。 "カリカリ"
  • シャキシャキシャキ。 "さわやかでジューシー"
  • トロット:"スムーズに溶ける"
  • フンワリ:"ふわふわ"、"やわらかい"、"軽い"
  • カチカチ または Kochi kochi:"hard," "stiff," "rigid"
  • Pasa pasa:"乾いた"、"干からびた"、"手触りが悪い"
  • Shittori:"moist" "soft to touch"
  • プリット:"スパイシーでホット"
  • Kotteri:"rich", "heavy", "linging", "fatty"
  • アサーリ:"重くもなく、余韻もない"、"軽い"
  • ネバネバ:"sticky and slimey"

体型を表す日本語の擬音語

  • ガリガリガリガリ:"scrawny," "skinny," "skin and bones," "thin"
  • ホッソリ:"slim," "slender," "thin"
  • スラット:"slim", "slender"
  • ポッチャリ:"chubby", "plump"
  • ムキ・ムクi: "muscular", "brawny" (筋肉質の)
  • ガッキリ:"well-built", "big-boned", "muscular"
  • Sara sara:「なめらかな」「乾いた」「きれいな」(髪を表現するときに使う)
  • ボサボサ:"uncombed", "tangled" (髪の毛を表現する際に使用)

性格や態度を表す擬音語

  • チャキチャキ。 "straightforward" "frank"
  • サバサバしている。 "爽やかな" "気取らない"
  • テキパキ。 "アラート"、"ウェルオーガナイズ"、"クリスプ"
  • ほのぼのとした雰囲気"リラックス" "ハートウォーミング"
  • オットーリ:"easygoing"
  • ノホホン:"carefree", "easygoing"
  • チャラチャラ。 "浅い"、"うぬぼれ"、"遊んでいる"
  • セカセカ:"busy" "restlessly" "fidgety"
  • グズグズグズ:"wasting time" or "dillydallying" (時間の無駄)

健康状態を表現する日本語のオノマトペ

  • 私が書斎にいます。 "to have bleary eyes," "to have puffy eyes"
  • 私がゴロゴロしています。 "feel like something in one's eye"
  • 花がズラリと並んでいます。 "to have a runny nose"
  • 花がムズムズします。 "自分の鼻がくすぐったい"
  • Mimi ga kīn to suru: "to have a ringing noise in one's ear", "to have tinnitus"
  • クシュン。 くしゃみの音
  • こんこん。 咳の音
  • ゴホゴホ。 強い咳
  • ゾクゾクする。 熱で震える

天気を表す日本語のオノマトペ

  • カミナリがゴロゴロ鳴る:ゴロゴロは、雷のゴロゴロという音に使われる擬音語です。ゴロゴロは、お腹の音や、重いものが転がる音としても使われます。
  • Pikatto hikaru:ピカッとは、閃光や短い時間の輝きを表す擬音語です。いろいろな意味で使われますが、その一つが「稲妻」です。
  • 雨がザーザー降る:Zāzāは、大雨の音や状態を表す擬音語です。
  • 雨がポツポツ降ってくるのは当たり前:少し前に降り始めた雨の音を「ポツポツ」または「ポツリポツリ」と表現しています。
  • 雨がパラパラ降る:パラパラは、小雨が降っている音を表現しています。
  • ドニオリ:"overcast" "dull" "sullen"
  • カラット:"clear up, (weather)", "dry," "refreshing"
  • Jime jime:"humid"
  • つるつるつる:"very slippery"
  • 美笑 美笑:"soaking wet"

睡眠時の動作を表現する日本語の擬音語

  • グーグー:実際のいびきの音を表現するため。また、いびきをかいているときによく眠れる状態を表すこともあります。
  • グッスリ熟睡していることを表します。
  • スヤスヤ:軽い呼吸音を伴って、人が心地よく静かに眠っている状態を表現する。
  • Utouto: 居眠りやうたた寝など、眠気に抵抗できない状態のことを指します。通常の睡眠時間以外に行われる軽い睡眠のことを指す。

笑う」という動作を表す日本語の擬音語

  • 楠楠 は、笑いを抑えたときに使われるグズグズした音です。
  • ゲラゲラ は、かなり大きな声でゲラゲラ笑っている音を表現しています。
  • ケラケラ は、ゲラゲラよりも高い音の笑い声に使われます(「K」の音は、「G」の音よりも軽い音や高い音を表現するのに使われます)。

食べる」という動作を表現する日本語の擬音語

  • パクパク:食べ物を早く食べることを意味します。
  • ペロペロ:誰か(人や動物)が何かを舐める動作を表すのに使われます。

見る」という動作を表現する日本語の擬音語

  • Jirotto一瞬でも厳しい目で見たり、非難の目を向けたりすること。 
  • Jiro jiro: 何かをあからさまに何度も上下に見て、通常は攻撃的な方法で見下す行為。
  • Chira chira時々、見えなくなることがあります。
  • キョロキョロ不思議そうに、あるいは神経質そうに周囲を見回す動作のこと。

泣く」という動作を表現する日本語の擬音語

  • Gyāgya。 騒がしい高音の泣き声や金切り声。
  • シクシク。 通常、女性や子供が静かに泣くこと。
  • メソメソ: 呻き続ける泣き虫のような態度。

日本語オノマトペ一覧。よくある質問

日本語のオノマトペはどれくらいあるのでしょうか?

日本語には、五十音や繰り返しの言葉を使ったオノマトペが1000以上もあります。 

日本の犬は何を言っているの?

日本語のオノマトペでは、犬の鳴き声を「ワンワン」と表現します。

日本の豚は何て言ってるの?

日本語のオノマトペでは、豚の鳴き声を「ぶーぶー」と表現します。

日本語で「ドキドキ」とはどういう意味ですか?

日本語では、興奮したり緊張したりして心臓がドキドキする音を「ドキドキ」と表現します。

また、読んでください。

  1. 日本人が食べる前に言うこと
  2. 食べ物を注文するときの簡単な日本語
  3. レストランで食事をするときの簡単な日本語フレーズ
観るべき日本のアニメ

2022年に見るべき日本のアニメベスト9

石垣島でしたい6つのこと|石垣島の旅程には必ず入れたいアクティビティ2022