東京で最も本格的な茶室10選|東京のベスト茶室

東京のトップ茶室

東京で茶道を体験したいなら、東京の本格的な茶室を訪れよう。東京で最高の茶室のリストを作りました。ぜひご覧ください!

東京の茶室

ネオンの夜と賑やかな人ごみという私の知っている東京は、低いドアの隙間から膝をつくと消えてしまった。

畳が年輪を囁き、日差しが障子を照らし、釜の音が静けさを約束する。都会の喧噪の中、私は伝統の殿堂である茶室に迷い込んだ。

抹茶を一口飲むごとに、街の喧騒が溶けていく。何世紀も前の旅のほろ苦いささやきが舌の上で花開く。これはただのお茶ではない。永遠の味であり、都会の中心に刻まれた安らぎの楽園なのだ。

  ショップ・フロム・ジャパン  

親愛なる旅人よ、これらの隠れた聖域を探し求めよ。東京の茶室は、あなたの逃避行、日本の魂への一口となるだろう。

東京で最も本格的な喫茶店は?

中村乃茶屋は東京で最も本格的な茶室である。浜離宮恩賜庭園内に佇む築400年の老舗は、侘び寂びの美学を体現している。タイムカプセルの中に足を踏み入れると、床板のきしむ音が歴代の茶人たちの思い出をささやき、竹林のざわめきが一口一口、あなたの心を和ませてくれる。

素朴な茶器から着物姿の亭主の正確な所作まで、細部に至るまで茶の湯の不朽の精神を物語る。

東京の本格的な茶室

中島のお茶屋

中島の御茶屋は、東京の浜離宮恩賜庭園内にある静寂のオアシスだ。木造の橋が架かる小島にあり、池と庭園の息を呑むような眺めが楽しめる。 

伝統的な畳や屋外のベンチに座りながら、泡立てたばかりの抹茶と繊細な和菓子を楽しめる。 

何世紀もの歴史を持つこの静かな空間で、正式なセレモニーを行うことなく、日本の茶文化の味わいと美しさを堪能しよう。

  • 住所104-0046 東京都中央区浜離宮恩賜庭園1-1 浜離宮恩賜庭園内 中島の茶屋
  • 連絡先+03-3541-0885 (浜離宮恩賜庭園総合案内)
  • ウェブサイトです。 https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/facilities028.html (日本語のみ)
  • コスト抹茶と和菓子のセットで約850円
  • 営業時間毎日午前9:00~午後4:30
  • 予約:不要だが、繁忙期は早めの到着を推奨
  • アクセス浜松町駅(JR各線、ゆりかもめ、東京モノレール)、汐留駅(大江戸線、ゆりかもめ)から公共交通機関を利用。

ムアン(茶室)

東京の活気あふれる港区で伝統をささやく茶室「無庵」。八芳園の静かな庭園の中に佇むこの隠れた名店は、あなたをタイムスリップしたかのような気分に誘う。 

松の香りと鯉の池のさざ波を吸い込みながら、6畳の隠れ家に入る。 

ここでは、着物姿の茶道家が抹茶の優雅な儀式を案内し、一口ごとに文化的な目覚めに変えてくれる。 

季節の絶品スイーツを味わい、リズミカルな泡立てに身を任せ、無庵の時を超えた魅力に魅了されよう。

  • 住所108-0071 東京都港区白金台1丁目1-76
  • 連絡先+03-3473-2121(八芳園)
  • ウェブサイトです。 https://www.happo-en.com/banquet/plan/detail.php?p=438: https://www.happo-en.com/banquet/plan/detail.php?p=438 (日本語のみ)
  • 料金:スイーツ付きお茶体験1人2,160円(要予約)
  • 営業時間月曜・火曜定休、土曜・日曜AM11:00~PM3:00
  • 要予約:必須、八芳園を通じてオンラインまたは電話で予約可能
  • アクセス白金台駅(都営三田線)、目黒駅(JR山手線)が最寄り。
リード  日本の洋菓子チェーン「シャトレーゼ」、セルフレジで24時間営業-その仕組みとは?

おまけ:茶道の前後には、八芳園の見事な日本庭園の散策を楽しもう。

茶室茶館

茶室「茶餐館」は、東京の中心で五感を刺激する旅へと誘う。障子越しに差し込む陽光が、畳敷きの部屋を温かく包み込む。 

淹れたての煎茶の土の香りを吸い込みながら、着物姿の茶人が慣れた手つきでお茶を点てる。一口飲むごとに、繊細な和菓子が引き立てる繊細な味のシンフォニーが広がる。 

都会の喧騒から逃れて、日本古来のお茶の芸術に浸ってみてはいかがだろう。時が伝統に身をゆだね、一杯一杯が文化の傑作を映し出す。

  • 住所103-0013 東京都中央区日本橋人形町1丁目10番6号(日本橋エスディービル1F)
  • 連絡先+81 3-3525-1494
  • ウェブサイトです。 https://chainkan.com/: https://chainkan.com/ (日本語のみ)
  • 料金:1,000円~2,000円(セットにより異なる)
  • 営業時間月曜~土曜 AM11:00~PM6:00、日曜定休
  • 予約オンラインまたは電話にて
  • アクセス東京メトロ日本橋駅(銀座線)、三越前駅(銀座線・半蔵門線)が最寄駅です。

おまけ:お茶を楽しむ前か後に、日本橋の魅力的なお店や歴史的建築物を散策してみては。

ジュリのティールーム

陽光を浴びたスコーン、温かいクロテッドクリーム、そして湯気の立つイングリッシュティーが手招きするJURI'S TEA ROOM。麻布十番のシックな路地裏に佇むこの魅力的な隠れ家は、あなたをコッツウォルズへと誘う。 

ヴィンテージの陶磁器や花柄に囲まれながら、豪華なアームチェアに身をゆだねて。伝統的なアフタヌーン・ティー、繊細なフィンガー・サンドイッチ、バター風味のペストリーなど、英国の情熱がこもった料理をご堪能ください。 

完璧に淹れられた一杯でくつろぎ、JURI'S TEA ROOMで居心地の良い世界と英国の真髄の魅力に誘われましょう。

  • 住所106-0045 東京都港区麻布十番2丁目14番4号(エタニティービル2F)
  • 連絡先+81 3-6381-7685
  • ウェブサイトフェイスブックページ https://ja-jp.facebook.com/juristearooms.nihonbashimitsukoshi/ (日本語)
  • 料金:アフタヌーンティーセット 3,542円(要予約)
  • 営業時間水~金曜AM10:00~PM6:00、土曜AM10:30~PM6:00、月~火曜、日曜定休
  • 予約:電話またはフェイスブックページから。
  • アクセス麻布十番駅(大江戸線)が最寄り駅で、徒歩約5分。

着物茶道舞妓屋 東京店

KIMONO TEA CEREMONY MAIKOYA TOKYOで日本の伝統に浸る。 

美しいドレープの着物を着て、絹のささやきを感じながら畳敷きの隠れ家に足を踏み入れる。 

静寂に包まれた庭園で、茶道の師匠が抹茶を点てる優雅な儀式を案内してくれる。抹茶の土の香りと鮮やかな緑色、そして繊細な和菓子をご堪能ください。 

この魅惑的な体験は、本格的な茶道と華麗な着物を融合させ、最後の一口を飲んだ後も長く余韻が残る日本の心の窓を提供する。

楽羽亭

東京の喧騒から逃れ、楽羽亭で静寂を見つける。新宿御苑の中に佇むこの伝統的な茶室は、静寂に包まれている。 

リード  日本のメロンはなぜ高いのか?

障子越しに差し込む陽光が畳を照らし、淹れたての抹茶を味わいながらくつろげる。鮮やかな緑の色合いと土の香りを楽しみながら、一口ごとに自然の静寂への入り口となる。 

格式張った儀式はなく、ただ庭園の穏やかなささやきに包まれながら、お茶と時間をシンプルに楽しむ。楽羽亭は、静寂と日本の伝統的な茶の味を求める疲れた人々のための楽園である。

  • 住所160-0014 東京都新宿区内藤町11 新宿御苑内
  • 連絡先+03-3351-1451(新宿御苑総合案内)
  • ウェブサイトです。 https://fng.or.jp/shinjuku/place/rest/rakuutei/: https://fng.or.jp/shinjuku/place/rest/rakuutei/ (日本語のみ)
  • 料金:抹茶と和菓子のセットで700円
  • 営業時間毎日AM9:00~PM4:30(ラストオーダーPM4:00)
  • 予約:不要だが、繁忙期には待ち時間が発生する可能性あり
  • アクセス新宿御苑駅(丸ノ内線)が最寄り駅で、徒歩約5分。

桜井日本茶体験

東京の喧騒の中に、洗練されたお茶の楽園が待っている。桜井ジャパニーズティーエクスペリエンスでは、緑茶の世界へと誘う。温かみのあるランプに照らされ、木製のカウンターが探検を誘う。 

熟練の技で焙煎された玉露は、熟練の技で淹れるたびに、その繊細な深みを見せてくれる。 

飲んで、味わって、学ぶ。日本酒を使ったカクテルは、思いがけないひねりで誘惑し、お茶のエッセンスを注入した遊び心のあるアイスクリームは、軽快な喜びを提供する。 

夜の一杯からルーフトップカクテルまで、『桜井』は単なるお茶屋を超え、東京のお茶ルネッサンスの活気あるキャンバスとなる。

  • 住所108-0071 東京都港区港6-8-12(三田ビル1F・屋上)
  • 連絡先+81 3-5791-3350
  • ウェブサイトです。 http://www.sakurai-tea.jp/: http://www.sakurai-tea.jp/ (英語あり)
  • 費用体験内容により異なります。料金例
    • 4,800円 玉露テイスティングフライト&スイーツ
    • 6,000円 玉露とカクテルのペアリング
    • 1,500円 紅茶アイスクリーム
  • 営業時間
    • 日中(三田ビル1F):月曜~木曜 AM11:00~PM11:00、金曜 AM11:00~PM8:00、土曜~日曜 AM11:00~PM8:00
    • 夜(屋上):月~木曜17:00~23:00、金曜17:00~20:00、土日休み
  • 予約:日中のテイスティングと屋上席、特にピーク時には予約を推奨。オンラインまたは電話で。
  • アクセス三田駅(JR山手線)または赤坂駅(銀座線、日比谷線)が最寄り。

茶禅東京

東京の活気あふれる渋谷にある茶禅東京は、あなたをタイムスリップしたかのような気分に誘う。伝統的な畳敷きの部屋は陽の光で温められ、挽きたての抹茶の土の香りが漂う。 

経験豊かなティーマスターが静謐な儀式を案内し、泡のひとつひとつが何世紀もの伝統をささやく。 

繊細な和菓子とともに、鮮やかな緑色のエリキシルを味わおう。セレモニーの後は、ワークショップでお茶の淹れ方の秘密が明かされ、季節ごとの体験がお茶の旅を新しい色で彩ります。 

茶禅東京は単なる茶室ではなく、伝統が現在を包含する生きたタペストリーである。

  • 住所150-0001 東京都渋谷区神宮前1-22-15(新宿高速ビル5F)
  • 連絡先+81 3-5791-3933
  • ウェブサイトです。 https://teaceremony-tokyo.jp/: https://teaceremony-tokyo.jp/: https://teaceremony-tokyo.jp/: https://teaceremony-tokyo.jp/ (英語あり)
  • 費用体験内容により異なります。料金例
    • 3,850円 伝統的な抹茶セレモニーとスイーツ
    • 5,500円 抹茶ワークショップ&抹茶テイスティング
    • 9,350円 季節の抹茶体験(季節によって変わります。)
  • 営業時間毎日AM10:00~PM5:00(最終セレモニーはPM4:00から)
  • 予約:オンラインまたは電話にて。
  • アクセス表参道駅(銀座線、千代田線)、明治神宮前駅(JR山手線)が最寄り。

山本亭(やまもとてい)

東京の東の果てに佇む隠れた宝石、山本亭。歴史ある邸宅の木造のファサードに映る池に、陽光が踊る。 

リード  なぜ日本では信号が緑ではなく青なのか?

一歩足を踏み入れると、畳の香りと歴史のささやきが混ざり合う。 

数寄屋建築の趣を生かした広々とした客室からは、窓一面に広がる庭園の景色が楽しめる。香り高い抹茶と繊細な和菓子で、往時の静けさを味わいながらくつろげる。 

山本亭では伝統的な日本の生活を垣間見ることができる。池をすべる鯉のように静寂が花開き、深呼吸をして、由緒ある茶文化の静かな美しさを受け入れるように誘う。

  • 住所124-0005 東京都葛飾区柴又3-21-15
  • 連絡先+03-5658-4125(葛飾区文化交流・広報課)
  • ウェブサイト残念ながら、山本亭には専用のウェブサイトはないが、他のウェブサイトには情報がある:
  • コスト。
    • 入場料:100円(大人)、50円(子供)
    • お茶とお菓子のセット500円(オプション)
  • 営業時間午前9:00~午後4:30(月曜日と特定祝日は休業)
  • 予約不要
  • アクセス柴又駅(JR常磐線)が最寄り駅で、徒歩約10分。

トップ東京ティールームよくある質問

日本の茶室には何があるのか?

伝統的な茶室は、純粋さと簡素さを促進するように設計されています。床は畳で覆われ、屋根には小さな穴が開いていて、お香や淹れたてのお茶の煙を出すことができます。茶室は、どの角度からも茶の湯を見ることができるように設計されている。客は「小太刀」と呼ばれる小さな四角い火鉢を囲むように座ります。

日本では茶室を何と呼ぶ?

日本では「茶室」には2つの意味がある:

  1. 茶室: これらは伝統的な茶道(茶の湯)のためにデザインされた神聖な空間である。静かでミニマルな木造の部屋は、瞑想的な茶の湯を育む。
  2. ハヤ 西洋のカフェのような、お茶を楽しみながら交流するためのカジュアルなお茶屋さんだ。こぢんまりとした素朴な店や、活気のある賑やかな店を思い浮かべてほしい。

日本の茶室には何を着ていく?

伝統的な茶道(茶の湯)であれば、礼儀正しい服装が鍵となる。男性はスーツにネクタイ、あるいは着物(袴)がふさわしい。女性はエレガントな着物か、膝丈の落ち着いたドレスを着ることが多い。畳の上にしばらく座っているのだから、座り心地も重要だ。しかし、カジュアルな茶屋であれば、ジーンズにブラウスといった洋装でも問題ない。ただ、露出の多いものや派手なものは避けましょう。

日本の茶室にはどうやって入るのか?

日本の伝統的な茶室には躙り口(にじりぐち)がある。入るときは軽く頭を下げ、片膝を立てる。そして、背筋を伸ばし、頭を下げたまま、膝をついて茶室に滑り込む。

中に入ったら、慎重に立ち上がり、玄関の方を向く。亭主が出迎えてくれ、茶の湯を始める準備が整う。

入口のスペースは這うようなもので、ひれ伏して入ることで謙虚さを思い起こさせる。

お茶の時間ですよ!?

東京の一流のティールームをご紹介しましたが、お茶に特別な午後を過ごす準備はできていますか?今すぐこれらのトップ・ティー・ルームを試して、究極の体験を楽しんでください。

また、読んでください。

  1. 東京で行きたい美術館

どう思う?

ポケモンvsユウギョ

Pokemon Vs Yu-Gi-Oh: Which Show Is Better?

日本で避妊薬を入手する方法

日本で避妊薬を手に入れるには?