日本人はなぜ着物を着るのか?| 着物の歴史

日本人が着物を着る理由

着物や浴衣は日本の伝統的な衣服ですが、その意味は何なのでしょうか?この記事を読むと、その意味がわかります。 日本人はなぜ着物を着るのか?

鮮やかな色彩と複雑なデザインが眩しい着物は、憧れの宝物だ。しかし、日本で完璧な一着を見つけるには?そんなことはありません!このガイドでは、賑やかなデパートから魅力的な専門店まで、トップクラスのショッピングスポットを探索し、夢の着物を見つけるお手伝いをします。

日本人はなぜ着物を着るのか?

着物は、フォーマルな場、文化的な儀式、特別なイベントで着用される日本の伝統的な衣服である。文化的アイデンティティ、歴史的継続性、芸術的表現を象徴している。着物は季節の変化に応じて選ばれ、複雑なデザインを施した芸術的なキャンバスの役割を果たす。

家宝を通して家族の絆を深め、優雅さを表現し、観光客に日本文化に触れる方法を提供する。 

  ショップ・フロム・ジャパン  

近代化により日常着としてはあまり見かけなくなったが、着物は日本の豊かな伝統と価値観の象徴として尊敬を集めている。

関連する 日本で着物が買える場所

着物と浴衣の歴史

着物の歴史を深く知るためには、まずその言葉の意味を知る必要があります。着物とは、日本語では衣服を意味しますが、現在では伝統的な衣服のことを指します。 

キモノが誕生する前の日本では、アクセサリーを多用し、上下で異なるアンサンブルの服を着ていました。しばらくして、ヘレン時代になってから、着物のような服を作ろうという動きが出てきました。 

彼らが紹介した技術は、体のサイズを測る必要がなく、難しいものではありませんでした。彼らが行っていたのは、まっすぐな布を切って、それを縫い合わせて着物を作ることだけ。

着物は伝統的な衣服ですが、その背景には様々な理由があります。まず、着物は非常にシンプルで繊細なドレスアップ方法であり、さらに季節を問わずに着られるという利点があります。

冬には重ね着をして暖かく、夏には軽い生地の着物を用意します。それらは簡単に折り畳むことができ、誰にとっても非常に快適に感じられます。

当時の人々は、色とりどりの着物を使って、さまざまな組み合わせを試していましたが、それはとても素晴らしいものでした。それぞれの組み合わせには、政治的な思想や季節の美しさが表現されていました。 

ある時期、男女ともに明るい色だけが好まれた。色は、グループやリーダーを象徴するものとして、非常に重要な役割を果たしていた。

ムガル帝国や他の王朝の支配者たちが、過剰な宝石や王冠で極端に異なる衣装を身に着けていたのと同じように、日本の和服も同じ役割を担っていた。

世界のどこかで、あるいは人間が新しい世代に入っていくように、着物にもその時々に変化する旅があります。徳川幕府が日本を支配したとき、すべてのシナリオが変わりました。侍のリーダーが着用するユニフォームができたのです。 

衣服はその人のアイデンティティとなり、当時の着物は他の衣服スタイルとは違った成長を遂げました。今日に至るまで、着物は日本文化の最も重要な部分とみなされ、日本では尊敬されています。

西洋人が日本を侵略したとき、洋服の着用が義務づけられたが、庶民は着物を着ていた。

特定の着物によって、その人の生い立ち、アイデンティティ、社会的地位がわかる。これは生地、柄、色の選択に基づいて行われた。

今では、着 着物 は珍しくなり、結婚式やお茶会、喪中など、日本の特別な日に着るだけになっています。

奈良時代の着物

日本の奈良時代(西暦710年〜794年)は、日本文化を象徴する衣服である「着物」が誕生した重要な時代である。 

この時代、着物のデザインは中国の宮廷ファッションの影響を受け、現代の着物の原型となる「小袖」が誕生した。

シルエットと影響力:チャオ・フー」のような中国の衣服が着物のシルエットを形成し、ドレープスタイルからより仕立ての良い小袖へと移行した。この革新は、それまでの常識から逸脱し、小さく重なり合う袖を導入した。

生地とモチーフ:着物の生地には絹や麻などの天然素材が使われた。花や鳥など自然をモチーフにしたシンプルなデザイン。芸術的な織りや染めの技術は、後の複雑なデザインの基礎を築いた。

社会的意義: 着物は社会的地位や階級を示すものとなり、色やスタイルによって様々な階級が区別されるようになった。また、宮廷の儀式でも重要な役割を果たし、装いの優雅さに一層の意味を添えた。

遺産と影響力:小袖のデザイン原理と自然の影響への感謝は、着物の進化にとって極めて重要であり続けた。奈良時代の美意識は、着物が日本の伝統と文化的アイデンティティを象徴するものとして進化する中で、着物の永続的な本質を形作った。

平安時代の着物

平安時代(西暦794年〜1185年)、着物は芸術表現のキャンバスへと変貌を遂げた。女性たちは精巧な「十二単」で身を飾り、身分や季節を反映するために布地を重ねた。

色彩は若さや成熟を象徴し、花のモチーフは自然の美しさを表現した。友禅染や金刺繍などの技法が華やかさを添えた。 

着物は社会的階層を示すだけでなく、『源氏物語』のような文学作品や美術品の主役となり、その時代の優雅さと文化を体現した。

鎌倉時代の着物

日本の鎌倉時代(西暦1185年〜1333年)は、社会の変化、軍事的動乱、文化の進化がダイナミックに融合した時代であった。 

この時代には着物のデザインにも顕著な変化が見られ、実用性と優雅さが融合して独特のスタイルが形成された。

よりシンプルなシルエット: 鎌倉時代の着物は、それまでの凝った重ね着から脱却した。小袖は、袖が小さく、仕立てが良いのが特徴で、このような着物が目立つようになった。この変化は社会力学の変化と一致し、台頭する武士階級のニーズに応えた。

実用性重視: 武士文化や封建的な戦いの勃興とともに、着物のデザインは時代の要請に適応していった。地味で落ち着いた色彩が好まれるようになり、戦場での武士の実用的なニーズに応える実用主義の美学が反映された。

禅の影響力 鎌倉時代の着物には、禅宗の「簡素」と「心」の思想が色濃く反映されている。その影響は、落ち着いた色調と控えめなデザインの選択に現れている。着物は、その控えめな優雅さを通して、内面の静けさと調和を映し出すものとなった。

パターンとテクスチャー: 鎌倉時代には、シンプルさが重要視される一方で、複雑な模様や質感が好まれるようになった。竹や松といった自然からインスピレーションを得たデザインが織物に織り込まれたり、染められたりした。金箔や銀箔をあしらった「布帛(ぬいはく)」のような質感のある織物が登場し、深みと豊かさが加わった。

社会の力学: 武士階級の台頭は、社会の規範に大きな変化をもたらした。着物のデザインはこの変化に呼応し、自由な動きと効率的な戦闘を可能にする服装が求められた。こうして着物は、進化する文化的・社会的状況を映し出すキャンバスとなった。

リード  知っておきたい着物の種類16選|日本の着物の究極ガイド

文化的意義: 鎌倉時代の着物は単なる衣服ではなく、実用性と優雅さの融合を体現し、時代の精神と呼応していた。日本が変貌を遂げるにつれ、着物は社会の優先順位や価値観の変化を視覚的に証明する役割を果たした。

まとめると、鎌倉時代の着物は、武家文化の必需品と伝統的な装いの時代を超越した優雅さを融合させた、転換期を象徴するものだった。 

この融合は、時代の実用的な要求を反映するだけでなく、日本の永続的な文化的アイデンティティを示すユニークな美学を生み出した。

江戸時代の着物

日本の江戸時代(西暦1603年〜1868年)は、徳川幕府の下、安定、平和、文化的繁栄の時代であった。 

この時代、着物は優雅さと社会規範の象徴へと進化し、厳格な社会構造と時代の芸術的豊かさの両方を反映した。

シンプルさの中の洗練:江戸時代は、それまでの華美なスタイルとは一線を画す時代であった。それ以前の時代に人気を博した小袖は、洗練され、より親しみやすい衣服へと進化した。複雑な重ね着から、よりシンプルな一重の着物に焦点が移り、繊細で精巧なデザインが施されるようになった。

倹約令と社会的記号:徳川幕府は倹約令を制定し、衣服による贅沢な富の誇示を制限した。着物のデザインは、素材、色、柄によって、着る人の身分や階級を表すようになった。

芸術の繁栄: 社会的な制約があったにもかかわらず、江戸時代には芸術的な表現が急増した。着物のデザインには手描きの複雑なモチーフが取り入れられ、「友禅」などの染色技術はますます洗練されていった。自然や風景、日常の風景が着物に描かれ、着物は着るキャンバスとなった。

商人階級の台頭 江戸時代には豊かな商人階級が出現し、着物ファッションに大きな影響を与えた。豪華でありながら控えめなデザインを好む彼らの好みは、複雑な模様や優雅なモチーフを用いた織物を生み出し、豪華さと控えめさのバランスを取ることにつながった。

地域のスタイルと独自性: 江戸時代には、地域ごとに独自の着物スタイルが発達した。これらの地域的なバリエーションは、より広範な社会規範を守りながら、自己表現を可能にした。こうして着物は、個人の趣味と文化的アイデンティティの両方を反映するものとなった。

役割とスタイルの変化:江戸時代に入ると、女性の役割やファッションは大きく変化した。吉祥文様を下半身にあしらった留袖は既婚女性の正装として流行し、若い世代には華やかで遊び心のあるデザインが好まれた。

レガシーとトランジション 江戸時代が着物のデザインに与えた影響は非常に大きく、現代でもその影響は色濃く残っている。この時代には、着物が正装から普段着へと移行するための基礎が築かれた。

要するに、江戸時代の着物には伝統と革新のバランスが凝縮されていたのだ。社会の規範を守る一方で、これらの衣服は芸術的表現と個人的アイデンティティの手段となった。この時代からの着物の遺産は、その優雅さ、繊細さ、そして日本の文化的タペストリーを形成するユニークな役割のために、賞賛され、称賛され続けている。

現代におけるキモノ

今でも伝統に忠実に、文化を尊重してさまざまな場面で着物を着る人もいますが、そのほとんどは今日のファッションのためのものです。伝統的な衣服で世界に影響を与えているのは日本だけではなく、さまざまな文化があります。 

現代では、人々は西洋文化の影響を受け、日常生活でもそれを踏襲するようになっていますが、着物を着るということは、単にお洒落をするということです。 

若者は、ファッションステートメントを作るために、また、ソーシャルメディア上でユニークに見えるように、これらの美しいパターンと色を身に着けている。誰もが自分の意見を持っており、それは重要なドレスを着ている間にも異なります。 

着物も同じで、歴史的な意味を大切にするために着る人もいれば、その華やかな世界観に魅了されて着る人もいます。しかし、最近のデザイナーは、このような日本の伝統的な衣服を日常的に着用することに一歩踏み出す傾向があります。 

また、結婚式やパーティーなどのフォーマルな場で、この息を呑むようなゴージャスな服を試してみたいという人も一定数いるようです。

また、着物のスタイルを自分流にアレンジして、完璧な着こなしをする人も増えています。袖のスタイルや長さは、まったく別のレベルに引き上げられ、着こなしを楽しむことができます。最近では、現代的でモダンな着物ドレスが融合し、世界中の人々を魅了しています。  

着物におけるモチーフの重要性

日本の伝統的な衣服である着物は、その優雅さと文化的重要性で有名だが、単なる衣服ではない。 

それらは、さまざまなモチーフが描かれた複雑なキャンバスであり、それぞれが象徴性を帯び、個人のアイデンティティを反映し、芸術的表現を体現している。 

着物に描かれたモチーフは、メッセージや物語、感情を伝える上で極めて重要な役割を果たし、着物全体の美しさや意味に貢献している。

  • 記号言語:着物のモチーフには、日本の文化や歴史に深く根ざした複雑なメッセージが込められていることが多い。桜のような自然にインスパイアされたシンボルは人生の儚さを象徴し、鶴は長寿と幸運を表す。これらのモチーフは、着物を視覚的な言語に変え、言葉を必要とせずに感情や信念を伝える。
  • 季節のつながり:日本の文化は四季の移ろいに深い畏敬の念を抱いており、着物のモチーフはこのつながりを反映している。花、植物、動物は、その年のさまざまな時期に関連するものが選ばれる。もみじをあしらった着物は秋を連想させ、梅の花は春の訪れを表す。
  • 文化的アイデンティティ:着物のモチーフには、地域や家柄が反映されることが多い。ある種の柄やシンボルは、特定の地域や家紋に関連しており、着る人は自分の伝統を誇らしげにアピールすることができる。こうしたモチーフは、個人のアイデンティティと衣服との結びつきを強め、帰属意識や伝統を育む。
  • 行事と儀式:着物はさまざまな行事や式典で着用され、それぞれにふさわしいモチーフがある。結婚式、成人式、お祭りなどには、それぞれ固有のシンボルがあり、そのイベントの視覚的なストーリー性を高めている。これらのモチーフは、その場の雰囲気を盛り上げ、着る人を文化的な伝統に結びつけるのに役立っている。
  • 芸術的表現:着物のモチーフは、芸術的表現と職人技のキャンバスとなる。友禅や絞りのような複雑な染め技法は、緻密で緻密なデザインを可能にする。モチーフ、色、柄の組み合わせは、作家の技と創造性の現れであり、着物を着ることのできる芸術作品へと変貌させる。
  • 継続性と現代性:伝統的なモチーフが広く普及している一方で、現代の着物デザイナーは現代的な要素や再解釈も取り入れている。伝統と革新が融合することで、着物のモチーフは文化的意義を保ちながら進化し続けるのです。

結論として、着物のモチーフは単なる装飾ではなく、物語や文化的価値、個人の物語を運んでいる。 

彼らはこれらの衣服を、伝統を伝えるもの、感情を視覚的に表現するもの、自然界を映し出すものへと変えていく。 

着物に描かれたモチーフは、日本文化の複雑なタペストリーの証であり、人間の創造性の美しさと、衣服を通して意味を伝える芸術を時代を超えて垣間見せてくれる。

キモノとは?

着物は日本の伝統的な衣服で、男女ともに着用されています。着物はT字型の布で、体に巻き付けて左手で結びます。着物には様々な種類の生地があり、着たいシーンに合わせて選ぶことができます。 

リード  日本人の血液型理論。A Crash Course

非常に着心地がよく、通気性にも優れています。女性たちは、布地を損なわないように腰に巻く「帯」と一緒に着用します。ベースカラーから花柄まで、様々なパターンやデザインがあり、とても美しいです。

着物の種類と着る理由

着物には様々な種類があり、その柄やプリント、色には特別な意味が込められています。フォーマルなもの、カジュアルなもの、普段着のもの、結婚式用のものなど、さまざまな種類の着物があります。

振袖は、フォーマルなカテゴリーに属するもので、3つの特徴的なタイプがあります。このタイプの着物は既婚女性も未婚女性も着用しますが、袖や柄の種類が異なります。短袖、中袖、長袖の3タイプがあり、それぞれ小振袖、中振袖、大振袖と呼ばれています。 

フォーマルな場では、中綿入りで長袖の「お振袖」を着るのが一般的です。同じ種類に、中綿が入っておらず、柔らかい生地で作られた「中振袖」があります。 

これは、美しく鮮やかなプリントが施されているため、主に未婚の女性に好まれました。小振袖は、この品種の最後のもので、袖が最も短く、カジュアルな形で着用されます。

また、着物は社会的地位によっても異なります。裕福な人は、絹の着物を特別な日に着るのではなく、日常的に着ていました。

着物には何千もの柄がありますが、それぞれの柄には美しく映える意味があります。例えば、鶴などの動物柄の着物は、長期的な幸運と幸福、そして千年の寿命を意味します。 

アニマルプリントに限って言えば、オシドリ柄の着物にも愛や忠誠、幸福といったポジティブな意味があり、結婚や出産、人生の節目などの幸せな場面で着用されています。

波の紋章がついているものは、平和な生活に憧れることを表し、麻の葉がついているものは成長を象徴しています。このような美しい意味が服の後についていると、その服の価値が上がり、魅力的になります

人はなぜ着物を着るのか? 

その利点や種類、隠された意味などを知ることで、とても意味のある答えが得られるでしょう。色にも意味があるというのは、どの国の文化にも共通することです。 

結婚式では、花嫁は白無垢を着ることになっていますが、これは家族を受け入れると同時に、夫の生き方を心から受け入れることを意味しています。

白はどんな色とも美しく調和するので、花嫁はこれを花嫁衣装として着るのです。 

日本人は、死や喪に服すような悲しい場面では、悲しみを表す黒を好んで着ます。色とりどりの着物には、自然に直結した意味があります。例えば、青は藍に由来し、噛み傷や感染症、アレルギーなどを癒す色を象徴しています。

また、服の種類や季節に対する愛情を表現するために、さまざまな色の着物を着ます。夏は濃紺やラベンダー、春はライムグリーンやライトイエローなどの淡い色が好まれています。

秋には落ち着いたナチュラルな色を、冬には赤や黒などの鮮やかな色を身につけることができます。

着物は、色やプリントの美しさだけで評価されるものではありません。この衣服は尊敬され、家族の中で大切なものとして保管されています。

昔の着物は、今では見られないような非常に良質な生地で作られていたため、家々で保存され、代々受け継がれてきました。 

文化が違えば、その土地の誇りとして伝えたいものも違うし、日本にはそのために着物がある。

また、生地の種類によっては、着物の値段が高くなることも知っておかなければなりません。特別な日のためのものは、完全な手作りで、高価な材料を使って美しく仕上げ、独特の雰囲気を出しています。

また、着物を着ることは、文化やマナーを尊重し、心を込めてそれに従っていることを示します。もし日本を訪れることがあれば、ぜひ着物を手に入れて、この素敵な文化の美しさを堪能してください。

さまざまな着物の色の意味

色は、さまざまな種類の着物の背後にある象徴主義と意味において、重要な役割を果たしている。 

それぞれの色には意味があり、さまざまな概念、感情、場面を表している。ここでは、一般的な着物の色と、それにまつわる意味を紹介しよう:

  • レッド(赤井): 赤は日本文化において、活気に満ちた縁起の良い色である。生命力、情熱、エネルギー、活力を象徴する。赤い着物は、幸運と繁栄をもたらすことから、結婚式やお祭りなどの喜ばしいお祝いの時によく着用される。
  • 白井): 白は純潔、無垢、そして新しい始まりを連想させる。日本の伝統的な結婚式では花嫁がよく身につけ、純粋な意思と人生の新たな章の始まりを象徴する。
  • 黒(黒井): 黒はフォーマル、エレガンス、洗練を表す色である。フォーマルなイベントや式典でよく着用される。また、黒の着物は、神秘性や陰謀を表すこともある。
  • ブルー(葵): 青は、静けさ、穏やかさ、安定を意味する落ち着いた色である。瞑想や瞑想修行のときに着る着物によく見られる。また、青は海を連想させ、着物のデザインでは水の要素を表すためによく使われる。
  • 黄色(きいろい): 黄色は明るさ、楽観主義、繁栄の色。太陽とその生命エネルギーを象徴している。黄色い着物は、喜びと幸福をもたらすことから、お祝いの席でよく着用される。
  • 緑(Midorii): 緑は自然、豊饒、活力を表す。新しい成長や生命の豊かさを連想させる。緑色の着物は、自然の再生を祝うために、花見など春の行事の際によく着用される。
  • 紫(ムラサキ): 紫は高貴さ、豪華さ、精神性を象徴する色である。歴史的に宮廷や貴族と結びついてきた。紫色の着物は、特別な日や正式な儀式に着用され、威信を伝えます。
  • ピンク(ももクロ): ピンクは女性らしさ、優しさ、若々しさを連想させる色。愛、ロマンス、愛情を表す。ピンクの着物は若い女性に人気があり、桜祭りの時期には、柔らかなピンクの色合いが桜の繊細な美しさを引き立てるため、よく見かける。
  • 金(キン): ゴールドは富、豪華さ、繁栄の色である。豪華さと優雅さを加えるために、着物のデザインによく使われる。金色のアクセントは、フォーマルな着物や帯、その他の小物によく見られる。

日本の着物を着るには?

日本の着物を着ることは、伝統的で儀式的なプロセスである。着物を正しく着こなし、文化を尊重するためには、いくつかのステップが必要です。ここでは、日本の着物の着方についての一般的なガイドを紹介する:

  • 下着: 肌襦袢」と呼ばれるスリップ状の衣服と「長襦袢」と呼ばれる半襟が一般的である。
  • 左側を右側にかぶせる: 着物を着るときに覚えておきたいのは、常に左側を右側の上に巻くということだ。この順番は故人のためのものなので、逆にすると失礼にあたる。
  • 帯: 帯を腰に巻き、後ろが中心になるようにする。帯は幅の広い装飾的なものでも、幅の狭いものでもよい。お太鼓結びなどの結び方で固定し、後ろでリボンを整えます。
  • 着物の長さを調節する: 着物の丈は身長に合わせて調節する。着物の裾をくるぶしまで上げ、前後の長さが同じになるようにする。
  • 襟と袖:襟がまっすぐになるように調整し、余分な布を襟の下に折り込むと、すっきりとした印象になります。袖の長さも、着物の格式によって、少し折り返したり、緩めたりして調節する。
  • 帯締め、帯留め(オプション): お好みで、帯の周りに帯締め(飾り紐)をつけ、帯締めに帯留め(飾り)をつけるとより華やかになります。
  • フットウェア:足袋」と呼ばれる日本の伝統的な靴下と、「草履」または「下駄」と呼ばれるスリッポンを履いて、着物アンサンブルを完成させる。

日本人でなくても着物は着られますか?

リード  三白眼の意味とは?

そう、文化的背景に関係なく、誰でも着物を着てもいいのだ。しかし、その文化的意義を理解し、敬意をもって接することが大切です。着物の正しいスタイリングや着用シーンについて学ぶことをお勧めする。 

着物レンタルサービスや文化イベントなど、着物を正しく着こなし、その文化遺産に感謝するためのリソースがあります。着物にまつわる伝統や歴史に感謝し、尊重することを忘れないでください。

着物は誰でも着られますか?

そう、着物は誰でも着ることができる。着物は日本に深い文化的ルーツを持っていますが、日本人だけのものではありません。様々な文化や背景を持つ人々が、特にファッションとして、あるいは文化探求の手段として、着物を評価し、着ることができるのです。 

しかし、その文化的意義を認識し、敬意と理解をもって接することが大切です。着物の正しい着方とその歴史的背景を学ぶことは、着物の文化的遺産を理解し、尊重するために望ましいことです。

日本では男性は着物を着るのですか?

そう、日本ではフォーマルな場面や冠婚葬祭で男性が着物を着ることがある。着物には「紋付袴」と呼ばれる独自のスタイルがある。よりシンプルな柄と濃い色が特徴で、袴やワイドパンツと合わせることが多い。男性用の着物は、結婚式、茶会、祭り、その他のフォーマルなイベントで見られるのが一般的だ。

日本人はなぜ着物を着なくなったのか?

日本での着物着用が減少しているのは、過去100年の間に生まれた社会的、文化的、経済的な要因が複合的に絡み合っているからである。 

19世紀後半、明治時代に西洋の衣服が導入されると、日本のファッションは大きく変化した。 

日本が近代化と西洋化を受け入れるにつれて、洋装は進歩、近代性、世界との関わりを連想させるようになった。この変化は、急速に変化する都市のライフスタイルに西洋の服装が実用的で便利であったことによって、さらに強化された。

さらに、複雑な重ね着や帯結びなど、着物を着るには複雑で時間のかかる工程があるため、現代のめまぐるしい生活には不向きだった。 

その結果、着物は主に儀式や祭り、文化的な行事のために用意されるようになった。 

着物の生産には専門的な技術と材料が必要で、大量生産の洋服に比べて高価になるからだ。 

その結果、日常的に着物を着るという伝統は次第に薄れ、現代の世代は、便利で手ごろな価格であり、現代の価値観に合致している洋服を選ぶようになった。 

このような変遷にもかかわらず、着物は日本の文化遺産の不朽のシンボルであり続け、その芸術性と特別な場面での重要性から、いまだに崇拝されている。

なぜ着物は左より右なのか?

着物は、故人でない限り、伝統的に右より左を着る。これは、体の左側が「きれいな」側であり、右側が「汚い」側であると考えられているからである。また、左側は心臓に近い側であるため、より重要な側と考えられている。

この習慣がなぜ生まれたかについては、いくつかの説がある。一説には、中国の陰陽思想に基づいているという。陰は体の左側、陽は体の右側に関連する。 

陰は女性的で受動的な原理、陽は男性的で能動的な原理と考えられている。着物を左から右に着ることは、この2つの原理のバランスをとる方法なのだ。

もうひとつの説は、着物を左右に重ねて着る習慣は仏教に由来するというものだ。 

仏教では、体の左側は慈悲と慈悲の象徴である観音菩薩に関連している。着物を右より左で着るのは、この観音菩薩に敬意を示すためである。

その起源が何であれ、この習慣は今日でも日本で守られている。着物を着ている人を見かけたら、それは間違いなく右から左へ着ている。

着物の下に着るものは?

伝統的に、着物の下には、着物の形を作り、快適さと暖かさを提供するために、何枚かの衣服が重ね着される。重ね着は着物の種類や季節によって異なるが、基本的な構成要素には通常以下のようなものがある:

  • 下着(ハダジュバン): 膝丈の軽い肌着で、肌に直接着用する。汗や皮脂から着物を守ると同時に、上のレイヤーの滑らかなベースとなる。
  • 長襦袢: 長襦袢の上に着る、よりフォーマルな長襦袢。着物の衿元から衿がのぞくのが一般的。長襦袢は着物の形を整え、保温性を高める。
  • 伊達締めか腰紐か: 長襦袢の上から腰に巻く細いベルトや紐のこと。長襦袢を固定し、腰に締める帯の下地を作る。
  • 足袋ソックス: 足袋ソックスとは、下駄や草履といった日本の伝統的な履物に合わせるためにデザインされた、つま先が分かれたソックスのこと。着物姿には欠かせないアイテムだ。
  • 着物の下(永木): 長襦袢の上に羽織る、裏地のない軽い着物。長襦袢の上に羽織り、汗や皮脂から長襦袢を守る。

これらの下着や重ね着は、機能的かつ美的な役割を果たし、着物の全体的な外観と着心地に貢献する。また、身体の自然な油分や水分に対するバリアとして機能することで、着物そのものを保護するのにも役立つ。

また、読んでください。

  1. 東京で着るべきサマードレス

どう思う?

最高の日本語翻訳アプリ

正確な日本語翻訳アプリ6選(iPhone版

日本のドラゴンのリスト

日本の龍の種類|知っておきたい日本の名龍9選!