ひなとまる - 東京駅にひっそりと佇む新しい寿司屋:珠玉の料理

日の丸

東京駅で、手早く、しかもおいしい食事が必要なとき、 日の丸 は素晴らしい選択肢として際立っている。この立ち食い寿司屋は、おまかせクオリティの寿司を、破格の値段で提供している。 

に位置する。 八重北食堂エリア グランスタの1階にある「ひなとまる」は、ちょっと隠れた名店だ。 

八重洲北口改札と日本橋口新幹線改札の間にある。奥まった場所にあるため見つけにくいかもしれないが、探す価値は十分にある。

日の丸」の特長のひとつは、その便利な店構えだ。重い荷物を持った旅行者でも、気軽に店に入って注文し、その場で食べることができる。座りながら食事をしたい人のために、「ひなとまる」は店の左手奥に3つのテーブルを用意している。

寿司の値段

  ショップ・フロム・ジャパン  

ひなとまるは、あらゆる予算に対応する幅広い寿司価格を提供している:

項目価格
スタンダード寿司(サーモン、ホタテ、エビなど)250円
一番安い寿司70円
最も高価な寿司(ウニなど)650円

選択肢に圧倒されている人のために マグロ5点握り のセットが1,350円と人気だ。セット内容

  • 中トロ
  • 大トロ
  • マグロの赤身
  • 大トロの蒲焼き
  • マグロの脂身

一本一本選ぶ手間を省き、様々な種類の上質なマグロを楽しみたい人にお勧めのセットだ。

品質と価値

立ち食い寿司屋にもかかわらず、「ひなとまる」は品質に妥協しない。このような便利な場所にあるとは思えないような高級ネタを使った寿司は、格別のクオリティを誇る。 

リード  日本の食料品をオンラインで購入するには?

例えば、「まぐろ5貫にぎり」の希少なまぐろの大トロは、通常高級寿司店でしか味わえないとろけるような食感を楽しめる。

マグロセットに加えて、以下のセットも試してみてはいかがだろう。 カンパチ そして 縞鰺いずれも250円。一口ごとに食感と風味が楽しめる「ひなとまる」は、多くの寿司ファンに愛されている。

秘密の宝石

ひなとまる」の寿司の質の高さは、その経営にあるのかもしれない。この店は浅草発祥の「魚がし」の直営店である。 

魚がし」は銀座と新橋に立ち食い寿司店を展開することに成功したが、これはその品質と価値を物語っている。

競争の激しい東京の寿司市場において、「日の丸」の成功と拡大はその優秀さを証明している。 

東京駅に来たら、ぜひ「ひなとまる」を訪れてほしい。寿司、ジャパニーズ・ウイスキー、そして駅構内の様々なお店のスイーツを組み合わせて、食の旅を続けることができる。

レストラン情報

  • 名前:立ち喰い寿司 ひなとまる
  • アドレス:東京都千代田区丸の内1-9-1(グランスタ1F八重北食堂内)
  • オープン:午前11時~午後10時
  • クローズド:団地休館日のみ

より視覚的な体験のために、レストランが赤い丸で囲まれている地図をご覧ください。次回の来店時に、より簡単に場所を確認することができる。東京駅での時間を最大限に活用し、高級なお値段とは無縁の一流のお寿司を楽しんでみてはいかがだろうか。

どう思う?

関西のレストランはボリューム満点

関西食堂は3500キロカロリーのデカ盛り料理を提供:ボリューム満点の食事体験

なぜ福岡県に移住者が殺到しているのか?

なぜ福岡県に移住者が殺到しているのか?