日本のお風呂の入り方|日本のお風呂の入り方101

日本のお風呂ガイド

日本のお風呂の入り方がわからない?ここでは 入浴の手引き!チェックアウト

日本は新しい技術の進歩で時代を先取りしており、近代化への道のりは非常に素晴らしいものでした。しかし、日本人は自分たちの文化をとても大切にしており、近代化とは関係なく、その文化を守り続けています。それが、ここでお話する日本の入浴習慣です。 

日本人は、ストレスをすべて戻して穏やかにリラックスできる公衆浴場で入浴するのが伝統的な習慣です。日本人は仕事の合間を縫って、天然の温泉で蒸し風呂を楽しみます。実際、日本には火山があるため、3000以上の温泉があると言われています。 

日本の伝統的なお風呂を体験したいなら、いくつかのルールに従わなければなりません。そこで今回は、日本の銭湯に行く際に必要となる完全なガイドをご用意しました。

日本のお風呂の入り方

日本のお風呂の種類

日本のお風呂の入り方を知る前に、日本のお風呂にはどんな種類があるのかを知っておきましょう。日本のお風呂には、温度と源泉の違いで2つのタイプがあります。 

日本のお風呂の最初のタイプは 銭湯.日本の銭湯では、一定の温度に温められたお湯で普通にお風呂を楽しむことができます。 

これは、私たちが家庭で行う入浴法と同じで、お湯を張った浴槽に座ってリラックスするというものです。

日本のお風呂の入り方

一方、日本のお風呂のもう一つのタイプは「温泉」と呼ばれるもので、これは天然の温泉を利用した共同浴場です。 

摂氏25度以上のお湯で、リチウムや水素イオンなどのミネラル成分が豊富に含まれています。人々が温泉に入るのは、単にリラックスするためだけではなく、天然温泉に含まれるミネラル成分を体に取り込むためでもある。

温泉と銭湯の違い

日本の入浴習慣はどちらも公衆浴場であるが、両者にはある違いがある。 

先に述べたように、温泉浴場は自然に温められた温泉を利用しており、その温度は一般的に25℃から40℃の間である。 

温泉には様々なイオンが含まれており、血行促進、消化器系のデトックス、細胞への酸素供給など、精神的なストレスや肉体的な痛みを完全に解消してくれるので、一般的には温泉浴の方が体に良いとされています。

温泉は、古代の日本人が1000年以上にわたって続けてきた日本の伝統的な入浴法です。 

温泉の浴場は通常、外の環境にあり、入浴しながら異国の自然を眺めることができます。また、個人で利用できる温泉プールもあります。

一方、銭湯とは、建物の中や外に浴槽が作られている共同浴場です。銭湯のお湯の温度は場所によって異なり、人工的にお湯を沸かしています。 

また、スーパー銭湯のような高級ホテルの銭湯もあります。スーパー銭湯では、サウナやスパなどの他のサービスも提供されています。普通の銭湯に比べてかなり高いです。

日本の浴場に入る前のルール

日本人は銭湯で全裸で入浴することを覚えておいてください。最初はびっくりしましたが、これにはちゃんとした理由があります。 

精神的なストレスや身体的な痛みを解消し、裸で温泉に入ることでミネラルが身体に無理なく入ってきます。 

  • 日本の銭湯には、番号のついたロッカーが設置されています。衣類や貴重品はロッカーの中に入れて、必ず鍵を持って行きましょう。 
  • 浴場には、シャンプーやタオル、ロッカーキーなどを入れるカゴが用意されています。
  • 温泉や湯船に入る前には、「かけ湯」と呼ばれるミニシャワーを浴びることが義務付けられています。これは、汗や不純物を洗い流すためと、お風呂の温度に適応するためのものです。 
  • シャワーを浴びる際には、シャンプーやボディソープを使ってしっかりと体を洗いましょう。シャワーエリアには、シャワーを浴びる際に使用する椅子があります。その椅子もきれいに洗っておきましょう。
  • ミニシャワーが終わったら、銭湯に行ってもいいですね。あわてずに慎重に、ゆっくりとお湯に足を入れましょう。カゴは浴槽から離れた、手に取りやすい場所に置いておくといいでしょう。
  • 汗を拭くためにタオルを使うことはできますが、水の中には入れないようにしてください。
  • 水に体を浸してリラックスし、どんなストレスも気にしない。

日本風呂後のルール 

  • 入浴後はすぐにタオルで体を拭き、バスローブを着てドレッシングルームに向かいましょう。
  • ロッカーキーやタオルなどを入れたバスケットを必ず持っていきましょう。
  • ドレッシングルームに入る前に、濡れていないか確認してください。
  • ロッカーを開けて服を着たり、荷物を持ったりすることができるようになりました。
  • ご出発前に必ずロッカーにキーを入れてください。
  • ほとんどの浴場の更衣室にはドライヤーが設置されており、無料でご利用いただけます。
  • 出かける前には、身の回りのものを整理整頓しておきましょう。 

さて、日本のお風呂に入るときに守らなければならない最も重要なルールを説明しましたが、次に、日本人がお風呂に入るときに完全に禁止されている行為や嫌がられる行為について説明します。

日本のお風呂の注意点

  • お風呂には小さなタオルを持って行きましょう。
  • シャンプーを持ってシャワールームに行き、しっかりと体を洗うことができます。
  • 荷物はすべてロッカーに入れ、タオルを入れておけるカゴを持っていきましょう。
  • 頭の上にタオルを置いて、汗を拭くことができます。
  • お風呂の中で周りの人と話すことはできますが、その際は礼儀正しくしましょう。
  • 子供を銭湯に連れて行ってもいいですが、目を離さないようにしましょう。 
  • 熱くなった水が他の人に飛び散って怪我をする恐れがあるので、水に飛び込まないようにしましょう。
  • お風呂の主な目的はあくまでもリラックスすることなので、お風呂の周りを泳がないようにしましょう。
  • お風呂には服やアクセサリー、サンダル、化粧品などを身につけないでください。
  • 携帯電話を持っていくのはやめましょう。
  • 水の周りをハシゴしないこと。
  • 銭湯ではあまりしゃべらないようにしましょう。
  • 生理中は銭湯に行かないようにしましょう。
  • 入れ墨があると、日本では顰蹙を買うと考えられているので、銭湯には入れません。
  • 銭湯では、大声を出したり、余計な音を立てたりしないようにしましょう。
  • ペットをお風呂に連れて行くのはやめましょう。
  • お風呂に入っているときは、写真を撮ってはいけません。
  • お風呂に長く入ってはいけません。
  • 人を見つめることは日本人にとって失礼なことなのでやめましょう。

結論として、日本の銭湯に行くときに気をつけなければならないことは、穏やかにお風呂を楽しみ、ストレスを解消することです。 

健康的で落ち着いたお風呂に入りたければ、体に良いミネラルを豊富に含んだ日本の温泉に行くと良いでしょう。普通のお風呂に入るなら、銭湯に行くといいでしょう。そこでは、リラックスしてくつろぐことができます。

日本のお風呂。よくある質問

温泉に入るときのルールはありますか?

温泉に入る際の最も重要なルールは以下の通りです。
- 脱衣して裸でお風呂に入る
- 水に入る前に、シャワーエリアでシャワーを浴びる
- 水に入るときは、ゆっくりと慎重に
- お風呂で泳ぎ回らない
- 静かに、しゃべりすぎないように
- 携帯電話やカメラなどの電気製品を持っていかないこと
- 走り回らない
- メイクアップをしない 
- 長居は禁物

日本人の入浴時間はどのくらいですか?

日本人はお風呂が大好きで、特に銭湯が大好きです。日本人の入浴時間は人によって異なりますが、ほとんどの人が20分から30分程度です。

日本では友達と一緒にお風呂に入るのが普通ですか?

日本の伝統的な習慣として、銭湯で友人や家族、あるいは見知らぬ人たちと一緒に全裸で入浴することがあります。日本人は、全裸でお風呂に入ることで、ストレスや体の痛みを解消することができると信じています。また、裸で温泉に入ると、ミネラルを体に吸収しやすいというメリットもあります。

なぜ温泉ではタトゥーをしてはいけないのですか?

刺青をしている人は温泉に入れないのは、日本では刺青は組織的な犯罪と結びついていると考えられているからで、したがって日本では刺青をしている人は嫌われているのです。古い時代の考えではありますが、日本の人々は今でもタトゥーに対して警戒心を持っています。

オンセンはユニセックスですか?

温泉とは、天然の温泉を利用した共同浴場のことです。日本古来の伝統では、男女が一緒に入浴していました。しかし、現在の温泉は、男女別の温泉施設があります。また、日本には男女兼用の温泉もいくつかあります。

温泉ではタオルを巻いてもいいのですか?

温泉に入るときはタオルを巻いてもいいのですが、タオルはカゴに入れて裸で入ることになっています。顔を拭くために小さなタオルを持つことはできますが、それは頭の上だけにしてください。 

日本の銭湯とは?

銭湯」とは、日本の公衆浴場のことで、温かくてリラックスできるお風呂です。第二次世界大戦後、家にお風呂がない人たちが、銭湯に行ってお風呂に入ることが流行りました。 

また、読んでください。

居酒屋ビギナーズガイド

ビギナーズガイド 日本の居酒屋2022

東京で大相撲のチケットを買うには

東京で大相撲のチケットを買うには?ガイド