日本の畳の部屋とその文化

畳の部屋

伝統的に、日本人の床 畳部屋 稲わらで織られた畳で覆われています。これらの厚い畳の目的は、人々が快適に床に座ったり寝たりすることです。畳の歴史、用途、畳のさまざまな要素など、畳の部屋のすべてを以下で学びましょう!

日本に住んでいたり、単に日本文化に興味を持っていたら、「畳」という言葉と畳の部屋に何度か出くわしたことでしょう。

最近では、多くの西洋人デザイナーが、他の日本や他の東洋の要素とともに、畳をデザインに取り入れようとしています。

畳の部屋は、家に開放感、空間、安らぎをもたらします。それらは多くの健康上の利点をもたらす天然素材から作られています。

畳の部屋とは?

畳は日本で広く使われています。

畳は「たたむ」という言葉にルーツがあります。畳は伝統的に乾いたラッシュで織られ、稲わらで作られた芯に縫い付けられていました。

これらは、床での休息をより快適にするためのものでした。作りたての畳は、美しい緑色と稲わらの独特の香りがします。

時間が経つにつれて、緑は鈍い黄色に色あせ、香りも消えます。

彼らは3フィート×6フィート、大人に適したサイズを測定します。使用しないときは、折りたたんで積み重ねます。

畳は金持ちと貴族だけが手に入れることができる贅沢でしたが、庶民は固い床で休まなければなりませんでした。

それらは、早くも14世紀の室町時代に起源を持っています。

やがて、稲わらは、購入が安く、掃除が簡単な合成素材に置き換えられてきました。

畳はなぜ高いのですか?

畳を織るのは手間がかかります。機械で簡単に作れるものではありません。日本には畳織りの特別な訓練を受けた芸術家がいます。

合成繊維または稲わらの芯は、マットにトレードマークの弾力性を与え、しっかりした状態でありながら、座ったり横になったりするのに非常に快適です。

畳の部屋の目的

ご想像のとおり、畳が敷かれている部屋です。

畳の部屋は、日本の貴族たちが休む場所として使われていました。今日の畳の部屋には、マットだけではありません。

クッションや布団を追加することで、畳の部屋がさらに快適になることがよくあります。非常に重い家具はマットを削る可能性があるため、使用できません。

畳の部屋も天井が低く、ライスペーパーのブラインドが付いている傾向があります。畳は耐久性が低いので、あまり踏まない場所で使用されます。

共用スペースで畳を使用する場合は、靴を履かずに踏むのが一番です。

最近は畳の部屋が寺院の勉強場として使われています。家庭では、畳の部屋はあらゆる目的に使用されます。リビングや休憩室として使う人もいれば、赤ちゃんや子供たちの遊び場として使う人もいます。

畳の部屋の要素

多くの日本人は、自分が入ることができる畳の数に基づいて部屋の大きさを測定します。

畳は、家の茶室や休憩したい部屋でよく使われます。

日本の文化には多くのことがあるので、バランスと調和をもたらすために、部屋ごとに特定の番号があります。

畳はデリケートなため、お部屋の家具の種類にご注意ください。

以下にリストしたように、いくつかの一般的な要素があります。畳は折りたたんで積み重ねることができるので、とても用途が広く便利です。

畳は、スペースの利用可能性を常に念頭に置いておく必要があるモダンでコンパクトな家で非常にうまく機能します。

引き戸:襖

畳の部屋には「襖」と呼ばれる引き戸があります。襖は伝統的に画家にとっては厚い帆布でしたが、時が経つにつれて部屋の仕切りとして使われるようになりました。

これらの厚くて不透明なシートは木製のフレームで支えられており、スライドさせてスペースをより開いたり閉じたりすることができます。

これらの襖は、精巧な装飾や絵画が施された寺院や神社で見ることができます。通常の家では、それらはより単純でわかりやすいです。

パーティション:翔二

庄司は、木製の格子で支えられた半透明の仕切りです。これらも引き戸に似ており、襖と同じ目的で使用されます。

襖と障子の違いは、後者は半透明であるため、部屋の外で光が入るように使用され、襖は家の中で使用されることです。

半透明なので、必要なプライバシーを確保できますが、自然光を遮断することはありません。最近では、庄司の片面にガラスがはめ込まれていることもありますが、以前は空気も流入していました。

クローゼット:押入れ

押入れは収納用のビルトインクローゼットです。今日のコンパクトな家では、これは非常に便利です。

多くの人がこれを使って、畳の部屋で使うことができる予備の寝具、リネン、クッションを保管しています。

また、お部屋の掃除の際は畳を保管しておくことをお勧めします。

一部の畳には「ちがいだな」と呼ばれる棚が建てられています。これらは、花瓶やお香などの装飾品を配置するために使用されます。

Low Tables: Kotatsu

畳の部屋では重い家具はあまり使えませんが(マットを長持ちさせたい場合)、日本人の多くは「こたつ」と呼ばれる低いテーブルを使用しています。

日本人は食事やその他の活動のために床に座る習慣があり、こたつは通常同じように使用されます。

これらのテーブルは、特に冬の間、暖かさを提供するために下から加熱され、毛布で覆われています。

布団とクッション(座布団)

布団は畳の上に直接敷くことができる無地のマットレスです。

これらは休憩や睡眠に使用されます。布団は、日本の家の多くの畳の部屋でよく見られます。

使用しないときは、折りたたむか丸めて、ビルトインクローゼットの中に入れます。快適さを増すために、畳の部屋にもクッション(座布団)が使われています。

これらは、ひじを休ませたり、ひざまずいたりするために使用されます。これらのクッションは、使用しないときは押入れにも保管されています。

畳部屋のご利用:

畳の天然素材と織り方が、敷き詰められた部屋の温度調節に役立ちます。

畳を部屋の壁一面のカーペットとして使用する場合、それらは優れた断熱材として機能します。

彼らは寒さを遠ざけ、熱を保持して、厳しい寒い冬の間、部屋の中の人々を暖かく居心地の良い状態に保ちます。

夏は畳で暑さを防ぎ、室内を涼しく保ちます。また、部屋の空気を新鮮でさわやかに保ちます。

背中の痛みに苦しんでいる場合は、畳と畳の部屋が痛みを和らげるのに最適です。

畳は弾力がありながらもしっかりしていて、足と背中をしっかりサポートします。裸足で歩いたり、薄い布団の有無にかかわらず寝かせたい場合に最適です。

あなたがそれらでヨガを練習したいならば、これらはまた良いサポートを提供します。

畳の衰退:

最近は畳の売り上げが大幅に落ち込んでおり、間もなく廃業することを恐れるアーティストも少なくありません。

まだ畳が好きな人は、安価な素材から大量生産され、中国から輸入された合成マットを購入しています。

見た目だけは元の畳に似ていますが、食感は似ておらず、健康増進にも積極的な役割を果たしていません。

稲わらを使ったオリジナルの畳は、メンテナンスが非常に難しいです。

畳に傷がつく恐れがありますので、畳の部屋では重い家具は使用できません。多くの人がマットをひっくり返して寿命を延ばしますが、それでも数年しか持続しません。

また、わらを台無しにする可能性があるため、畳は水から遠ざける必要があります。特にペースの速い忙しい生活を送る場合、メンテナンスは非常に困難です。

世界の他の地域はより多くの東洋の要素を彼らの家に持ち込もうとしていますが、日本の現代の家は西洋の要素を適応させようとしています。

洋風家具がたくさん日本に輸入されています。

伝統的に、日本人は床に座って薄い布団で寝ていましたが、今では人々はダイニングテーブル、ソファ、書斎テーブル、重いベビーベッドを望んでいます。

これらは畳に有害であるため、人々やデザイナーはより持続可能なフローリングの選択肢を見つけようとしています。

また、新鮮な畳の色や匂いが不快な若者も少なくありません。

彼らはまた、緑から鈍い黄色への色あせが彼らのインテリアの美学を台無しにしていると感じています。

これが、畳が現代の日本人によって古風であると考えられているもう一つの理由です。

また読む:

  1. 日本の家庭とキッチンでのクラッシュコース
東京で最高の温泉スタイルのスパ

東京の5つのベスト温泉スタイルスパ

Jiyugaoka: Tokyo's little Europe

自由が丘東京のリトルヨーロッパへのガイド| 15の楽しいこと