KFC In Japan Menu 2024|日本KFCの英語メニュー

KFC IN JAPAN メニュー

日本のKFCをチェックしませんか?ここでは、その全貌をご紹介します。 日本KFCのメニュー のアイテムを紹介します。ぜひチェックしてみてください。

南国のおもてなしと日本の伝統が融合した、2024年の日本KFCメニューをご体験ください。地元のスパイスを効かせたクリスピーチキンや、パン粉をまぶしたテンダー、味噌風味のグレイビーソースなど、KFCならではのメニューをお楽しみください。

日本KFCで、文化の違いを超えて味覚を刺激するフュージョンをお楽しみください。 

以下は 日本KFCメニューのPDF.

日本KFCメニュー 

  ショップ・フロム・ジャパン  

を初めて訪れました。 日本におけるKFCこれは本当にKFCなのだろうか?日本ではメニューがあまりにも違うのです

何を注文したらいいのかわからなくなるくらい圧倒されました。結局、目についたものはほとんど注文してしまったかもしれませんが、それはさておき。

KFCの定番メニューに加え、日本らしさを取り入れたメニューもありました。

国によって個性があると聞いていたが、日本のKFCはそれを証明している。

日本KFCのメニューは、和風チキンカツ、なっちゃんスッキリオレンジ、ウーロン茶など、日本をイメージしたものをうまく融合させた、ユニークなものです。

日本KFCのメニューに「スーパーセーバーパック」が登場

日本ではKFCが高いのは事実である。その理由のひとつは、日本のKFCのスタッフは、その店で働く資格を得るまでに徹底的なトレーニングを受けなければならないからだ。

このメニューでは、3種類のスーパーセーバーパックが用意されています。それぞれ4ピース、6ピース、8ピースのオリジナルレシピチキンとサイドメニューで構成されています。フライドポテト、チョコパイ、クリスピーストリップ、ビスケットなど、様々な種類のサイドメニューから選ぶことができる。

リード  日本のマクドナルドは健康的か?

スーパーセーバーパックの価格は、1490円、1990円、2640円。70円で、バーベキューソースかマスタードのどちらか好きなディップをつけることができる。

日本のKFCメニューのサンドイッチ・オプション

メニューにあるように、"サンドイッチを試してみませんか?"ということです。

個人的には、サンドイッチはあまり好きではありません。しかし、日本KFCは例外である。日本のKFCは通常、ハンバーガーを売っていません。その代わり、サンドイッチがあるんです

和風チキンカツサンドがたまらない一口食べたら、もうたまりません。このサンドイッチはKFCの日本らしさを表現している。

こちらのサンドイッチは、ドリンクとフライドポテトを追加することでコンボディールにすることができます。骨なしチキンとミニアップルパイを加えれば、一食分の食事になります。

日本KFCのメニューにツイスターが登場

日本のKFCのメニューでもう一つ壮大なのが、ツイスターのコーナーだ。このツイスターには、テリヤキ、ペッパーマヨ、レモン&バジルの3種類がある。

これはラップに似ていて、風味が詰まっている。ドリンクとフライドポテトを追加してコンボにすることもできます。もっと大きな食事がしたい場合は、骨なしチキンとミニアップルパイをさらに追加してボックスにします。

日本KFCのメニューにあるコンボ

KFCの注文は、ドリンクとフライドポテトがないと成立しない。そこで登場するのがコンボコーナーだ。

日本KFCのメニューは、サンドイッチ、ツイスター、オリジナルレシピチキン、チキンストリップをドリンクとフライドポテトと一緒に楽しむことができます。

日本KFCメニューのボックスオプション

コンボセクションと同様、このセクションも大食いを目指すならお勧めのセクションです。

サンドイッチ、オリジナルレシピチキン、ツイスターに、ドリンク、フレンチフライ、ミニアップルパイ、ボンレスチキンが入ったボックスです。

日本のKFCメニューに子供用オプションが登場

このコーナーがメニューの中で一番好きかもしれません。このセクションで注文した回数は、認めたくないほど多いかもしれません。

ちょっとした食事やおやつを食べたいとき、キッズミールはちょうどいい分量だと思います。おもちゃはあくまでオマケです。

キッズミールには2種類のバリエーションがある。ひとつは、ナゲット、ドリンク、フライドポテトがセットになったナゲット・コンボ。もうひとつは、チキンストリップ、ドリンク、フライドポテトがセットになった「クリスピーストリップスコンボ」。どちらのコンボにも、かわいいカーネルのおもちゃがついてくる。

日本のKFCメニューのサイドメニュー

サイドメニューは、フライドポテト、クリスピーストリップ、ナゲット、ボーンレスチキン、コールスロー、コーンサラダなど、KFCのメニューにあるような普通のメニューで構成されている。ディッピングソースはBBQとマスタードの2種類から選べる。

リード  ドミノ・ジャパンの新チーズ火山ピザ:味わう価値のある噴火料理

でも待ってください、まだあるんです。甘いものもいくつかあるんです。ドーナツのように見えますが、私たちはビスケットと呼んでいます。これもメニューの中で人気で、追加料金でハニーフレーバーのメープルシロップが付きます。

もうひとつのスイーツは、チョコパイです。軽くてフレーク状のチョコパイは、甘いものが食べたくなったときの解決策になります。

日本KFCのドリンクメニュー

ペプシやスプライトのような普通の飲み物を期待していると、嬉しい驚きがあります。

ソーダやレモネードのほか、ウーロン茶、なっちゃん!、すっきりオレンジ、ジンジャーエールなど、日本でおなじみのドリンクも選べます。スッキリオレンジ、ジンジャーエール。ドリンクのサイズはS、M、Lの3種類。

また、食事に合わせて、ホットコーヒー、ホットティー、100%オレンジジュース、富士山のKFCナチュラルミネラルウォーターもお選びいただけます。

日本KFCのメニューにしかない限定品

日本人は外国のものを自分たちのものにする術を心得ていますね。KFCのメニューはその一例です。

日本のKFCで食べられるのは、日本人の味覚に合わせた和風テイストの商品だ。

日本KFCの限定メニューをご紹介します(限定品や季節限定品も多いので、いつでも食べられるとは限りません)。また、日本の一部の店舗でしか食べられないものもあります)。

- ケンタッキーフレンド丼は、日本の照り焼き、スペインのサルピカーオ、ケンタ丼のような味わい

- バロチン

- はちみつ風味のメープルシロップを使ったビスケット

- ビストロハンバーガー

- ケンタッキー・フライド・サーモン

- ケンタッキーフライドフィッシュ

- ケンタッキーチキンライス・サンドイッチ

- KFC弁当

- ケンタッキーフライドスープ

- 和風チキンカツサンド

- チキンフィレサンドイッチ

- テリヤキ・ツイスター

- ペッパーマヨネーズツイスター

- チキンクリームポットパイ

- スイートポテトパイ

- チキンフィレとメンチカツのサンドウィッチ

リード  ミスタードーナツ 日本のメニュー 2024

- ガーリック醤油フライドチキン

- チキンカツサンド

- カーネルズディッシュライン-これは生産中止となったが、特筆に価する。リンゴの木でスモークした鶏もも肉、鶏肉のテリーヌ(高級パテ)、バロティーヌ(鶏肉のロースト、アプリコット、プラム、クランベリー、オレンジ、白ワイン漬けの栗入り)がラインアップされていた。

日本KFCのアニバーサリーセレブレーションパック

今、日本KFCが誇るのは、そのハチャメチャなマーケティング力とプロモーション力だ。チキンの食べ放題から、フライドチキンを模したガジェットのプレゼントまで、日本KFCのマーケティングチームは冷静さを欠いている。

そこで、もちろん日本KFCの周年記念になるようなものを考えたのだろう。

6月の日本KFCのメニューには、「日本KFC創業記念パック」が登場します。6月8日からの日本KFCのメニューをご覧ください。th 7月5日までth.

セレブレーションパックは2種類あり、どちらもオリジナルレシピのチキン、クリスピーストリップ、ビスケットで構成されています。こちらも1000円と1500円で購入できるので超お得です

さらにお祝いパックと一緒に、フライドポテト、ビスケット、チョコパイがそれぞれ300円で購入できますよ。

日本のクリスマスにKFCを

日本のクリスマスにおけるKFCの意義を語らずして、日本のKFCを語ることはできない。

日本ではクリスマスを国民の祝日と定めていません。しかし、それでも地元の人々はクリスマスの精神を受け入れることを止めない。

1970年代、KFCは日本における伝統的なクリスマス料理となった。その伝統は今も受け継がれ、人々は何時間も並んでフライドチキンのバケットを手に入れる。このメニューには、サイドメニューやケーキ、時にはシャンパンまでついてくる。

日本KFCのメニューです。よくあるご質問

日本はクリスマスにKFCを食べるのか?

そう、この伝統は1970年代にさかのぼる。日本KFCの初代支配人、大河原毅がフライドチキンのパーティバーレルを広め始めたのだ。これは、アメリカの伝統的なクリスマスの七面鳥のディナーに代わるものだった。それ以来、KFCのディナーは日本人のクリスマスの風物詩となった。

KFCは日本とアメリカでは違うのですか?

そう、日本のKFCとアメリカのKFCには、いくつかの違いがあるのです。日本では、より高価ですが、そのほとんどは、スタッフが料理やサービスのトレーニングを積んでいるからです。また、日本のKFCは、白身よりも黒身を好むという現地の嗜好を表しています。日本のKFCのもう一つの特徴は、マーケティング戦略とプロモーションである。

日本ではKFCはお手頃価格なのか?

日本ではKFCはかなりお手頃価格です。KFCを一杯食べると、約 500円~700円.

なぜ日本でKFCが有名なのか?

KFCは、日本ではクリスマスの風物詩となっている。クリスマスになると、日本の家族やカップルはKFCに注文する。 KFCのクリスマス を食べ、一緒に楽しむ。

関連記事

どう思う?

地下鉄メニュー

サブウェイ・メニュー 2024

ウェンディーズメニュー(日本

日本のウェンディス・メニュー 2024