日本の眼鏡ブランドのリスト|日本からの8つのアイウェアブランドあなたは好きになるでしょう!

日本の眼鏡ブランドのリスト

私たちは 日本の眼鏡ブランドのリスト さまざまなタイプとスタイルの高品質で耐久性のある眼鏡を提供します。見てみな!

眼鏡はあなたの外見を完全に変える力を持っています。選択したフレームの形状と色は、外観に大きな影響を与えます。それが処方眼鏡であろうとサングラスであろうと、アイウェアはファッションステートメントになっています。

市場にはいくつかのブランドの眼鏡があります。これらすべてのブランドの中で、日本の眼鏡は最高のもののいくつかです。

日本の最高の眼鏡ブランドはどれですか?

私のチームと私は、品質、価格、耐久性に基づいて、10以上の日本のアイウェアブランドをレビューしました。 増永は最高の眼鏡ブランドであることがわかりました。

増永は、日本の光学とアイウェアのパイオニアです。この日本の眼鏡ブランドは、日本の福井にルーツを持ち、1905年以来世界クラスの眼鏡を製造しています。彼らの製品は、他の眼鏡ブランドとは一線を画す、手作業で磨かれたアセテート、純チタン、耐久性のあるヒンジ、シグネチャーリベットを備えています。あなたはAmazonでそれらをチェックアウトすることができます。

日本の眼鏡ブランドは世界でも有数のブランドです。彼らはユニークで、最高の職人技のいくつかを示しています。過去200年ほどの間、日本の福井県は度付きレンズと眼鏡フレームの大手メーカーでした。福井地方は当初、農業で知られていました。

しかし、1905年頃、増永五左衛門は冬季に農民の収入源として眼鏡の製造を開始しました。

彼は後に、光学貿易を確立し、習得するために職人と商人の協会を設立しました。これにより、日本での光学貿易が始まり、日本の最高のアイウェアブランドの1つである増永がスタートしました。

近年、日本のサングラスブランドが人気を博し、ファッション業界でトップの座を獲得しています。

日本製

日本の眼鏡は、眼鏡の製造に優れた職人技があることから名を馳せています。使用される原材料の品質とこれらの眼鏡の製造に関わる専門知識は比類のないものです。

日本のアイウェアがとてもユニークなのは、それが日本の文化と伝統に忠実であり続けるということです。伝統と革新的な技術を組み合わせて、世界で最高の製品の1つと見なされている最高品質の製品を製造しています。

日本は世界をリードするブランドのフレームを製造していることで知られています。高精度で軽量なチタンフレームにより、眼鏡の製造において日本の職人技が非常に求められています。

日本のアイウェアはファッショナブルであるだけでなく、影響力もあります。ほとんどの日本の眼鏡ブランドは、他のブランドへのインスピレーションの源である独自のスタイルとトレンドを持っています。

スタイル、快適さ、革新性の完璧なブレンドである日本の眼鏡は、絶妙な職人技の良い例です。

日本の眼鏡ブランドのリスト

日本のアイウェアブランドは、世界で最も人気のあるオプティカルブランドの1つです。日本で最も人気のある眼鏡ブランドのリストは次のとおりです。

アイバン

1972年に設立されたEYEVANの日本の眼鏡ブランドは、「ファッションアクセサリーとしてのドレッシングのためのアイウェア」をコンセプトにスタートしました。

このブランドは、そのスタイルと静けさを取り入れることで、日本の文化に忠実であり続けます。それは世界中で認められている絶妙な職人技を特徴としています。 1985年にロサンゼルスのアイウェアストアに初の国際的登場を果たしました。

このブランドは、最高品質の伝統的な日本の職人技で作られたクラシックなデザインが特徴です。魅力的なデザインに加えて、人々を惹きつけるのは、顧客が関係することができるテレビコマーシャルと派手なルックブックを含むマーケティングスタイルです。

増永

Masunagaは日本の光学とアイウェアのパイオニアです。この日本の眼鏡ブランドは、日本の福井にルーツを持ち、1905年以来世界クラスの眼鏡を製造しています。

日本製のアイウェアフレームの約97%が福井で生産されています。この会社の創設者である増永五左衛門は、大阪と東京から名工を連れてきました。彼は福井に光学産業を設立しました。

Masunagaは長年にわたり、光学およびアイウェア業界の製品に非常に高い基準を設定してきました。彼らの製品は、他のアイウェアブランドとは一線を画す、手作業で磨かれたアセテート、純チタン、耐久性のあるヒンジ、シグネチャーリベットを備えています。

多くの国際的なアイウェアブランドは、最高品質の素材を使用し、世界クラスのプレミアム製品を製造しているため、フレームの製造をMasunagaに依存しています。

ナッキーメイド

ファンキーなアイウェアがあなたのものなら、Nackymadeはあなたのためです。この日本の眼鏡ブランドは、このリストの他のブランドと比較するとまったく新しいものです。しかし、それは日本のルーツに忠実でありながら、最もクールなグラスのいくつかを生産します。

このブランドは、2004年に非常に才能のある職人である長川直樹によって始められました。クリエイティブで独創的なデザインに加えて、これらのメガネはぴったりとフィットするように作られています。

Nackymadeは、製品の原料として日本の酢酸プラスチックを使用しています。近年、カスタムメイドのフレームは日本だけでなく世界中でファンを獲得しています。彼らは私が日常生活で使用する驚くべき品質の日本の眼鏡を販売しています。

松田

松田光弘は1967年に松田光弘によって東京に設立されました。この日本の眼鏡ブランドは、日本の伝統的な職人技と革新的な技術を取り入れて、世界で最高の眼鏡を製造しています。

他のブランドとは異なり、松田のルックスは建築とファッションからインスピレーションを得ています。これにより、彼らは世界で最も独創的なブランドの1つになっています。

各フレームは、福井県鯖江にある同社の工房で手作業で作られ、仕上げられています。高級アイウェアの各部分は、製造プロセスを完了するために約250のステップを要します。日本のトップアイウェアブランドのひとつです。

松田は実験と革新で知られています。また、スターリングシルバーと18Kゴールドを使用して、アイウェアにアクセントを加え、付加価値を高めています。この日本のメガネブランドは私の個人的なお気に入りです。

セイコー

セイコーは世界中でよく知られている名前です。同社は1881年に時計と時計を製造することから始めました。その後、光学レンズおよび関連するアイケア製品の製造を開始しました。

日本語のセイコーは正確さを意味し、それが同社の取り組みです。セイコーは、世界最大のハイテク光学レンズとフレームのメーカーの1つです。

セイコーは世界中に店舗を構えています。それぞれのレンズは、最高品質の製品を保証する専門家によって作られています。セイコーのロゴが高品質の証であることが自慢です。ここには、最もクールな日本のサングラスもいくつかあります。

Masahiro Maruyama

丸山正博は2011年にスタートし、風変わりなデザインで知られています。さまざまなコレクションから選択できます。それらには、ツイスト、ブロークン、ストレート、コラージュ、落書き、およびEraceが含まれます。

日本の眼鏡ブランドのフレームはすべて日本の福井県で製造されています。熟練した職人が集まって各製品を作成し、複雑な非対称のデザインとディテールを追加します。各作品は手作業で作られ、いくつかのステップが含まれます。私はこの日本のアイウェアブランドがその品質のために大好きです。

このブランドは、マッズッチェリのアセテートや純チタンなどの高品質の素材を使用しています。これらの素晴らしいメガネは、群衆の中であなたを際立たせること間違いなしです。それは最高の日本の眼鏡ブランドの一つです。

ボストンクラブ

その名のとおり、アメリカ発祥の会社ですが、ボストンクラブは1984年に日本で創業しました。創業当初、80年代のアイウェアトレンドに革命をもたらしました。

日本の眼鏡ブランドは、3つのカテゴリーのフレームを特徴としています。カジュアルでクラシックなメタルグラス、アセテートフレーム、そしてフリップアップフレームです。

日本の眼鏡ブランドは、その高品質と素晴らしいデザインで知られています。また、既存のスタイルやデザインを再設計および再製造することでも知られています。それは最高の日本の眼鏡ブランドの1つです

ディタコーン

日本の眼鏡ブランド

ディタコーンは、数多くのスタイルとデザインを持つ最も素晴らしい日本のサングラスブランドの1つです。彼らは細部のデザインと職人技に注意を払うことで世界的に有名です。私はこのブランドからサングラスを2つ購入しましたが、両方ともたくさんの褒め言葉をもらうので大好きです。

高品質の素材を使用しており、フレームも柔軟です。何も着ていないような軽量感が大好きです。 Dita Kohnは、長期間使用できる頑丈なフレームを備えています。あなたは間違いなくこの日本のサングラスブランドを気に入るはずです。

自分に合った眼鏡フレームを選ぶ:

自分で眼鏡を選ぶときに非常に重要な役割を果たす4つの要因があります。

  • 顔の形:フレームが異なれば、顔の形も異なります。正方形または長方形のフレームは丸い面によく似合いますが、幾何学的形状のフレームは楕円形の面に適しています。四角い顔の人は丸いメガネを選ぶことができ、ダイヤモンドの形をした顔はキャットアイフレームのようなものを選ぶことができます。
  • 肌の色:暖かい肌の色は金、蜂蜜、茶色または緑の色合いになり、涼しい肌の人は銀、黒、ピンク、藤色などを選択できます。
  • ライフスタイル:あなたが毎日オフィスに行く人なら、エレガントなフレームを選んでください。キャットアイのようなファンキーなメガネはあなたのライフスタイルに合わないかもしれません。あなたがまだ大学や学校にいて、はるかに若い場合は、ファンキーなメガネを選ぶことができます。
  • パーソナリティ:パーソナリティは重要な役割を果たします。たとえば、週末に楽しい人なら、気分に合ったさまざまな色のメガネを選ぶことができます。あなたが集中しているなら、静かで恥ずかしがり屋はあまり騒々しくない基本を選びましょう。

日本の眼鏡ブランド:よくある質問

日本からメガネを注文するにはどうすればよいですか?

ほとんどの日本の眼鏡ブランドには、世界中に製品を配送するオンラインストアがあります。ブランドの公式ウェブサイト/オンラインストアで注文できます。

日本でメガネはいくらですか?

日本の眼鏡の費用には処方箋が含まれています。価格は5,000円から13,000円の間です。ブランドのサングラスは、選択したブランドとモデルによっては、もう少し費用がかかる場合があります。

増永メガネはいいですか?

Masunagaは、日本だけでなく全世界で最高の日本の眼鏡ブランドの1つです。

松田はいいブランドですか?

松田は日本の最も人気のある眼鏡ブランドの1つです。彼らは高級品質の原材料を使用して眼鏡を製造しています。

どんなメガネで若く見えますか?

眼鏡をかけているときに若く見えたい場合に覚えておくべきいくつかのヒントを次に示します。
–黒いフレームを選択します。それらは用途が広く、あらゆるタイプの髪、衣類、またはイベントに適合します
–キャットアイフレームは素晴らしいオプションです。彼らはあなたの頬骨を強調しながらあなたの外観に女性的なタッチを追加します
–飛行士を避けてください。彼らはあなたを活気のあるよりも成熟したように見せてくれる傾向があります。
–眼鏡のチェーンは避けてください。あなたが古い学校の外観を探しているなら彼らは素晴らしいですが、彼らは若い外観を探している人のためではありません。
–クリアで縁のないフレームは避けてください。飛行士のように、これらもあなたをより成熟したように見せます。

日本でメガネがこんなに安いのはなぜですか?

日本で眼鏡を安く手に入れることができる最大の理由の1つは、視力検査の費用が眼鏡の費用に含まれているためです。もう一つの理由は、多くの店がレンズとフレームのフィッティングも提供していることです。

メガネは日本で人気がありますか?

日本のメガネはファッショナブルというよりも影響力があり、アイウェアブランドのトップ国のひとつです。日本の眼鏡は非常に人気があります。

また読む

  1. 最高の日本のクォーツ時計
マスンガ

日本で最もスタイリッシュで快適なメガネを手に入れるために、日本のメガネブランドのリストを厳選しました!リストの中で最高のMasungaをチェックしてください。詳細については、さらに読んでください。

製品SKU: 835975893

製品ブランド: マスンガ

製品通貨:日本円

製品価格: 1000.00

価格は2022年まで有効です

在庫のある商品:在庫あり

編集者の評価:
5
日本のトップアンチエイジング製品

7最高の日本のアンチエイジング製品2021

抜け毛に最適な日本のシャンプー

脱毛のための12の最高の日本のシャンプー2021 |日本のトップアンチヘアフォールシャンプー