日本のしつけの子供たちについて知っておくべき9つのこと

日本のしつけの子供たちはどうですか

あなたの子供を懲らしめるための前向きな方法をお探しですか?あなたの子供が親切で、しつけられ、成熟した存在に成長するのを助けるために、日本のしつけの子供たちがどのように子供を訓練するかを学びましょう。

日本の子供たちは間違いなくあなたが今まで見た中で最も行儀が良く、規律のある子供たちです。年齢に関係なく、子供たちが多くの気晴らしの中で落ち着きを保つことができるのかといつも思っていたのなら、あなたは一人ではありません。

私は日本人が子供たちをどのように懲らしめるかを理解するためにかなりの研究をしました、それで見つけるために読んでください:

子供のしつけに関しては、「万能」というものは決してありません。それは家族の価値観、両親の気質、子供の気質、そして状況によっても異なります。

しかし、子供たちの行儀を良くすることに関して、ほとんどの日本人の親が従うように思われる特定のことがあります。

日本人は子供を懲らしめることに関して非常に厳しいという評判がありますが、誰もが固定観念で生きているわけではありません。

時代は変わり、現代の親は伝統的および現代的なルールの中で最高の方法を採用しています。

日本のしつけの子供たちについて知っておくべきことはすべてここにあります!

日本のしつけの子供たちはどのように

シツケの芸術を学ぶ

しつけの日本語は「しつけです。大まかに翻訳すると、事前に何かを準備することを意味します。

日本人は、子供が年をとるにつれて特定の振る舞いをするように訓練することが難しくなるので、子供は幼い頃から矯正され、規律とマナーを教えられなければならないと信じています。

彼らがするあらゆる小さなことは、彼らが子供たちをどのように手入れし、訓練するかに貢献します。

世界の他の国々は公の場での子供たちの行動に重点を置いていますが、日本の初心者や観光客には、子供がタントラムを投げても、日本人は実際にはそれほど気になっていないように見えるかもしれません。

世界中のどこの子供たちと同じように、あなたは完全に行儀が良くなく、一瞬か二度タントラムを投げる子供たちに出くわすでしょう。

欧米では、親がすぐに子供に何かを言って、子供をコントロールしたり、公の場で叱ったりするのを見るのが一般的です。

日本のしつけの子供たちはどのように

しかし、日本人の両親はまばたきや顔に感情を表さずにタントラムを乗り越えます。私は後で子供たちが矯正されることを発見しましたが、それは私的なものだけです。

関連: 日本の子供の日のお祝いのガイド!

日本人は公の場ではなく私的な場で子供たちを正す

彼らの子供は、年齢に関係なく、公園やモール、その他の公共の場所に大きなタントラムを投げている可能性があります。両親が子供を気にせずに静かに過ごしたり、会話をしたりしていることに注目してください。

第三者にはそう思われるかもしれませんが、彼らは子供を正確に無視しているわけではありません。両親は、プライバシーを確保する最初の機会を利用して、その行動について子供に話したり叱ったりします。

日本の子育て方法

子供の行動は修正されますが、子供のプライドは損なわれないので、これは素晴らしいことだと思います。

たった1歳の子供でも、プライドとエゴがあり、これを傷つけたり、公共の場で傷つけたりすると、成長したときに自尊心に悪影響を及ぼします。

これらの子供たちはしばしば、身体的虐待と同様に、トラウマを抱えた感情で成長します。

日本の親は、子供を個人的に矯正したり、叱ったりすることで、子供の行動に取り組むだけでなく、自信を持って大人になる安全な子供を育てています。

関連: 最高の日本の出産祝い 買う!

子供たちは若い頃から共感することを学ぶ

このプライベートでの子供たちの矯正は、日本の子供たちにもう一つの重要な資質である共感を教えます。

日本の子供たちは、幼い頃から尊敬されてきた方法で他人を尊重することを学び、同様に共感することを学びます。また、日本人の親が、物や人に苦痛を与えると感じるという考えを植え付けることもよくあります。

子供を懲らしめる日本の方法

たとえば、親は子供に本を引き裂くのをやめるように頼むのではなく、本が痛みを感じるので、それを傷つけるのをやめる必要があると子供に言うかもしれません。

これもまた、最初から共感することを学ぶことに戻ります。

子供を罰しないで、行動を罰する

多くの場合、親は感情的になり、子供を罰します。彼らは子供に結果を与えますが、これをもう少し深く考えれば、それは両親が公の場で恥ずかしくて、子供に彼らに「従う」ことを望んでいるからです。

子供を襲う日本の方法

実際にうまくいくのは、子供が自分の行動に影響があることを理解している場合です。そのためには、子供ではなく、行動を罰する必要があります。

日本人はこれをよく理解しており、この簡単な公式は、子供たちを訓練することになると彼らが従うものです。

関連:ここに最高があります 留学生を受け入れる日本の高校!

子供が非常に若いときに添付ファイルを形成する

西洋の考え方は、親が子供たちの自立を奨励することを含み、彼らは赤ちゃんが生まれるとすぐにこれを始めます。多くの文化や国では、赤ちゃんには自分の部屋があり、親には自分の部屋があります。

これに関しては日本人は違います。日本人のお母さんがスリングを使って、子供を体に近づけて歩き回ったり、仕事をしたりするのはよくあることです。

子供が母親と同じベッドで寝ていて、一緒にお風呂に入っていることを知っても驚かないでください。母親はまた、少なくとも子供が自分のニーズを理解し、声を出すことができるようになるまで、赤ちゃんや幼児に大騒ぎします。

これは、子供が母親との強い愛着と絆を形成するのに役立ち、これらの強固な愛着の構築は、少なくとも4歳または5歳まで続けられます。

子供たちはより感情的に安全になり、幸せになり、両親と信頼関係を築きます。そのような絆が子供と形成されたとき、子供の行動を正し、彼らを懲らしめることは常により簡単です。

子供たちはまた、両親を失望させたくないので、ほとんどの場合、列に並んでいるように努めます。

家族が優先されます

家族と愛着は、3〜4歳が拡大家族と多くの時間を過ごすまで、日本人と子供にとって最も重要です。

拡大家族(祖父母、叔父、叔母、年長のいとこ)は必ずしも幼い子供を子守する必要はありませんが、彼らは彼らに良い行動を教え、年長者への敬意をモデル化し、必要に応じて彼らを訓練する役割を果たします。

しつけが最優先事項であり、両親の誇りの問題であるため、家族の他の大人が間違った行動を正すとき、子供の両親は幸せ以上に幸せです。

権威と自制の文化

日本人は一般的に、社会において権威と尊敬の文化を持っています。高齢者は常に尊敬され、従われており、この文化は子供たちにも浸透しています。

これは、周りに大人がたくさんいるときに、子供たちが非常に行儀が良いのを見るのが非常に一般的であるもう1つの理由です。彼らはまた、彼らが彼らに話しかける大人の話を聞くために彼らがしていることは何でもすぐにやめます。

日本人の文化には自制心も含まれます。日本人の大人が公の場で不適切な行動をしているのを目撃するのは珍しい光景です。これもまた子供たちに受け継がれているものであり、周りの人々に敬意を払うことの一部です。

これらは、子供の両親、祖父母、叔父、叔母、そして彼らが人生で出会う他のすべての人によってモデル化された役割である行動です。大人のこの行動を見ることは、子供たちも意識的または無意識のうちにそれに従うのに役立ちます。

日本の子供たちの懲戒は学校でも行われています

子供たちが成長するにつれて、彼らは学校に送られます、そして世界中の学校の場合のように、日本の子供たちも彼らの目覚めている時間の大部分を彼らの教師とクラスメートと過ごします。

日本人学生はまた、多くの課外活動に参加し、学校でクラブに参加します。つまり、週末の一部でも学校で過ごすことがあります。

子育ての日本の方法

したがって、学校と教師は、子供たちを訓練し、彼らの行動を調整する上で非常に重要な役割を果たします。

日本は、お尻を叩いたり、子供を殴ったりすることを禁止している国の1つであり、子供の行動は口頭でしか管理されていません。そのため、学校の役割の教師は、子供たちが常に見ている良い行動をモデル化し、子供たちのプライドを侮辱したり傷つけたりすることなく、間違った行動を修正します。

学校はまた、子供たちが家にいるときや両親と一緒にいるときに経験するのと同じ権威と自制心の文化に従います。

この一貫性は、子供たちの良い行動としつけを強化します。

子供たちに自分たちの後で片付けるように教える

日本の子供たちは、家でも学校でも、自分たちの後片付けをするように教えられています。

欧米の多くの学校には、子供たちが一日帰った後に教室を掃除する用務員や掃除人がいますが、日本では、ほとんどの学校で子供たちが教室を掃除する責任があります。

これは彼らに責任を教え、彼らは周囲を尊重するように成長します。

また読む:

  1. 日本での養子縁組の仕方
日本の医者を訪ねる前に知っておくべきこと

日本の医師を訪問する前に知っておくべきこと|日本で病気になった場合の対処法

東京で水着を買うのに最適な場所

東京2021で水着を買うのに最適な場所