なぜ日本は先進国なのか?| 日本が世界の先進国の1つである9つの理由

日本はなぜ先進国なのか

日本がどのように、そしてなぜこれほどまでに進んでいるのかを知るために読んでみてください。ここでは、日本の資本主義化、日本のエレクトロニクスの成長、研究開発などについて学びます。 

日本に行ったことがある人、あるいは国際関係に詳しい人なら、日本が先進国であることをほとんど知っているでしょう。技術の進歩、創造性と革新性、そして強烈な労働力のおかげで、欧米諸国をはるかにしのぐ成長を遂げた地球上の未来型国家なのです。 

第二次世界大戦の大きな失敗から学んだ日本は、その汚点を一掃するために大きな一歩を踏み出しました。このことは、日本が先進国として、またこれから発展していく国々の模範となることに間違いありません。 

しかし、なぜ日本はこれほどまでに早く発展を遂げることができたのでしょうか。そして、日本が今も強く、進歩的な国であるために、何が役立っているのでしょうか。 

そこで今回は、日本が先進的である理由のトップ3をご紹介します。さあ、読んでみてください。

日本はなぜ先進国なのか

日本軍の凋落

これはおそらくほとんどの国にとって素晴らしいニュースには聞こえないだろうが、日本の軍隊の没落は日本にとって悪いことよりも良いことの方が多かった。第二次世界大戦で日本が降伏した後、アメリカと日本は1951年に安全保障条約を結び、国際的な戦争の脅威に対処するために、アメリカ軍を日本に駐留させることになった。

これにより、日本政府や国民は、国民所得の一部を軍備や防衛体制に費やす必要がなくなり、他の機会を得ることができるようになったのです。

軍事費に充てられるはずの巨額な資金は、むしろ企業や産業への資金提供など、日本の経済建設に使われたのだ。

政府による資本主義の容認

資本主義とは、一国の産業を私企業が所有・運営し、利益を上げることだけを目的とした経済システムである。 

日本では、政府と民間の産業界が理解し合い、政府が産業界に資金を提供して、収益性の高い革新的な市場に取り組ませるという関係になっていた。 

そこで、日本の産業界は、コンピューター、電話機、エアコン、洗濯機、ゲーム機など、最高品質のエレクトロニクス製品を開発し、エレクトロニクス分野の向上に努めたのである。 

リード  日本の樹木一覧|知っておきたい日本の重要な4つの樹木!

日本の電子機器ブランドには、ソニー、シャープ、日立、東芝、パナソニック、任天堂などがあり、電気帝国のパイオニアとして今日に至っている。

日本政府は、低金利の融資や税制上の優遇措置で、新興企業の参入を歓迎した。また、輸入電気製品に対して貿易障壁を設けるなど、国内産業の保護にも力を注いだ。

日本の産業の急速な発展は、海外への輸出を促し、国民所得を増加させ、経済やインフラの発展への道を開いたのです。

日本のエレクトロニクス産業と自動車産業の成長

日本は、革新的で最高品質の電子製品および自動車で広く知られています。電子機器や自動車に対する世界的な需要の高まりは、日本の産業の増産につながりました。 

その結果、日本の輸出台数は爆発的に増え、日本の国際収支は黒字になった。

日本の自動車産業は、ヨーロッパの自動車産業に比べ、高品質な自動車をリーズナブルな価格で提供することができた。そのため、トヨタやホンダのような日本の自動車メーカーを頼りにする顧客が世界中にいた。 

2020年時点で、日本は374万台近く、北米向けだけでも341万台が輸出されています。

同様に、日本のエレクトロニクス業界も、テレビ、エアコン、洗濯機などの家電製品の需要が、特にアメリカの消費者から伸びるという好景気に見舞われました。 

ソニー、パナソニック、任天堂、キヤノンなど、日本の電機業界は、売れすぎて大きな利益を得た。その結果、これらの企業は、最先端かつ高速で、消費者に優しい電子機器の研究開発に資金を提供することができたのである。 

また、これらの産業の成長により、企業は国際市場に進出し、海外企業と競争するようになった。ソニーは2020年時点で売上高が$809億円を超え、世界トップクラスのエレクトロニクス企業への道を歩んでいる。

日本政府による教育分野への資金援助

信頼できる教育システムがなければ国は成り立たないが、日本は間違いなく教育に大きな意味を与えている国の一つである。日本は2021年時点で、教育・科学事業に約5兆4千億円を投じています。

STEM(科学、技術、工学、数学)カリキュラムは、日本の学生によって以下のカリキュラムの1つである。日本の教育界は、多額の国費を投入することで、日本経済の発展に寄与する優秀な人材を輩出することができました。 

日本には、ロボット、革新的なAI技術、高性能機械、宇宙ロケットの開発など、芸術的なアイデアを生み出すのに大きな役割を果たした技術に精通した学生がいます。 

リード  Konkatsu Japanese Spouse Hunting Parties:本当に効果があるのか?

統計的には、OECD加盟34カ国中、日本の生徒が理科で1位、数学で2位の成績を上げています。

日本の器用な労働力

経済が発展していくためには、安定した雇用と高度な技術を持った労働力が必要です。 

労働力が活発であってこそ、資源を効率的に使ってモノやサービスを生産することができ、日本の労働力は、国が常に発展している大きな理由の一つである。 

日本の労働時間が世界一長いことは世界的に知られている。そのため、日本はエレクトロニクスや自動車などの生産が盛んで、輸出も増えている。 

日本の学生は皆、経済に貢献する市民になることを奨励され、日本の文化は勤勉さを大いに賞賛しているようです。 

それゆえ、日本の労働力は今でも強く立ち続け、日本を進歩的な国にするために自分のスキルと知識を発展させようとするのです。

日本の研究開発奨励策

日本では1970年代初頭から、多くの部署で継続的な研究開発が欠かせなくなりました。 

日本政府は、最先端技術の開発や科学事業への助成に、まとまった資金を投入することを強く望んでいた。 

科学技術振興事業団は、研究資金を積極的に投入し、1986年には「技術立国」を実現した。 

つまり、日本は技術的な支援を他国に依存する必要がなかったのだ。日本政府のおかげで、日本では今でもいくつかの部署で研究開発が優先され、より多くの技術者が自分の技術と時間を捧げて新しい研究プロジェクトに参加している。

日本の近未来的な最先端技術

そして、その結果、日本は世界のどこにもない前衛的な技術を持つ国となったのである。 

日本はエレクトロニクスの分野で、見た目だけでなく、生活を便利にする技術に切り替えて、大きな飛躍を遂げました。 

ロボットの時代は日本から始まり、今もなお日々成長を続けている。日本では30万台以上のロボットが導入され、過酷な仕事を請け負っている。 

ロボット技術は間違いなく人間を助け、ワークライフをより便利なものにした。日本でも、近い将来、ロボットを使った手術が行われるように手配されています。

ロボット以外にも、日本は新幹線プロジェクトを開始し、時速320kmの世界最速の新幹線を誇っています。

リード  日本は社会主義か?

日本の新幹線での旅は、まるでタイムスリップしたかのような気分になります。新幹線の車内の雰囲気、座席、そしてサービスは、この世のものとは思えないほどです。

さらに、日本は自動販売機のような時代遅れの技術も刷新し、より魅力的なものにしてきました。日本を訪れると、街角のいたるところに、できたての食品から飲料まで、あらゆるものを提供する自動販売機を目にすることができるだろう。

原子力に依存する日本

超大国になれば、原子力に適応するのはごく当たり前のことだ。日本は自立した国家になるために、電力は再生可能な原子力エネルギーに依存し、電力用の輸入燃料を徐々に減らしていくことにした。 

残念ながら、福島第一原子力発電所の放射能漏れ事故により、20基近くの原子炉が閉鎖されるという甚大な災害が発生しました。しかし、日本は現在、再稼働に向けた原子炉の開発に取り組んでいます。 

盛り上がる日本の宇宙開発

宇宙開発は、第一世界のいくつかの国でかなり普及してきており、日本も革新的で優れた宇宙開発計画を持つ国として知られるようになってきました。その未来的で画期的な技術で、日本は宇宙でも目標を達成することができました。 

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、航空研究、人工衛星やロケットの製造などを行う、日本を代表する宇宙機関です。 

現在、JAXAでは小惑星探査や深宇宙での有人探査など、新たなミッションの開始を計画しています。また、日本はアメリカやNASAと共同で、新しい月探査計画「アルテミス」を進めています。 

このように、技術的に比類のないライバルがいれば、日本は科学技術の分野でより大きな成果を上げることができるはずです。

日本が先進的な理由。よくある質問

日本は最も進んだ国なのか?

日本は、先進国のHDI算定の結果、12位にランクされている先進国の一つです。日本の発展は、第二次世界大戦後まもなく、工業化による経済発展に重点を置き、その評判を回復し始めたことに始まります。その結果、日本は数え切れないほどの産業を生み出し、世界のエレクトロニクス市場をリードするまでになったのです。

日本は技術的に進んでいるのか?

日本は技術立国であり、既存の技術を改良し、また前例のない技術を開発することで、技術に対する愛情を示しています。日本に行ったことがある人なら、日本ではおしゃれな自動販売機が人気であることをご存知でしょうし、産業や病院でのロボット工学の普及は日に日に進んでいます。新幹線から革新的なトイレまで、日本はまさに技術先進国であることを世界に証明しています。

日本は近未来的か?

日本は、未来的な側面を無数に持つ国の一つです。AI技術やロボット工学の発展により、日本は数歩前進しました。また、日本は技術的に独立した国であり、世界のどこにもない最先端技術を生み出すために、今もなお研究開発に力を入れています。

関連記事

幽落日本怪談1

ゆうれい日本の怪談|眠れない日本の怪談8選

ベスト・アニメ・シリーズ (1)

2022年に放送されたアニメの中から、特におすすめの5作品をご紹介します。