日本における親指とその他の手のしぐさの意味

サムズアップ

日本での手のしぐさの意味は、他の国とは大きく異なり、中には不快に感じるものもあるかもしれません。例えば、日本での親指を立てる動作は、文脈によっては不快感を与える可能性があります。そこで、日本での手のしぐさの意味と、日本での親指を立てる意味の違いを学んでおくとよいでしょう。ここでは、日本での手のしぐさの意味について説明します。まずは、親指の意味から。 

コミュニケーションは必須ですが、効果的なコミュニケーションを補完するのは、適材適所のジェスチャーの使い分けです。あなたは適切なボディーランゲージや基本的なエチケットを持っているかもしれません。しかし、日本ではそれだけでは十分ではありません。 

もし、あなたが日出ずる国を旅することがあれば、手話を使うことになったとき、その文化がかなり厳格で、異なるものであることを知ることになるだろう。 

そして、こんな素晴らしい国で、戸惑い、悪評を立てないようにしたいものです。

通常のサムズアップは、ある種の同意とみなされ、ごく普通のことです。しかし、場合によっては、傲慢な言い方で「恋人」という意味にもなります。 

ですから、ある種の記号を使うときは、母国では別の意味、日本では別の意味になる可能性があるので、意識して舵取りをする必要があります。 

日本におけるハンドジェスチャーの意味

日本におけるサムズアップの意味

サムズアップの使い方とその意味は、世界共通でごく普通のことです。日本でも親指を立てるのは何かを宣言し、同意する印です。 

しかし、このシンボルは別の意味も持っており、時には少し不快に感じることもあります。

親指を立てることは、さりげなく「恋人」を意味する場合にも使われます。そのため、合コンなどで集まっているときに親指を立てて見せると、相手が別の解釈をし、気づかないうちに変な方向に進んでしまうこともあるようです。ですから、日本にいるときは、この一般的なジェスチャーの使い方に気をつけましょう。

日本における人差し指の意味

言葉による合図でなければ問題ないのですが、日本では非言語的な合図でもかなり重く受け止めますから、事情が違います。人差し指の使い方もそうです。 

リード  日本の学校の学年と年齢構成|日本の学校制度ガイド101

人差し指を上に向けて、悪魔の角のように頭の両側に突き出すと、あなたには冗談のように見えるかもしれませんが、日本人にとっては少し違うかもしれません。日本人にとっては、このサインは「怒り」を意味する。 

ジェスチャー

だから、鬼の形相で集団の中で笑いをとろうとするときは、そのしぐさが自分の意図と相反する可能性があることを確認してからにしましょう。 

人差し指の使い方にはもう一つあり、それは鼻の上を指します。これは、自分自身を指さして、テーブルの向こうで起こっていることに責任を持つことを意味しています。 

普通、そのような動作は胸元を指しますが、先にも述べたように、日本人は何事も日本流のやり方があるのです。 

だから、次に人が自分の鼻を触ったり指さしたりしたら、その人は奇をてらったのではなく、自分を指しているのだとわかるだろう。

日本でのお辞儀の意味

世界の人々は、それぞれ異なる方法で挨拶をしています。欧米人は固い握手で、友人や家族にはハグをするのが好きです。 

インドでは手を合わせて「ナマステ」と言いますが、日本ではお辞儀をします。お辞儀は日本の文化に欠かせないものであり、日本人はお辞儀で有名なのです。 

日本では、挨拶だけでなく、すみません、ありがとう、失礼します、さようなら、といった言葉もお辞儀で言う。友人や家族に対しても、握手やハグをするのではなく、お辞儀をする。

そして、正しいお辞儀の仕方は一つであることを忘れないでください。日本人は、正しいお辞儀をしないことで、自分たちの文化を馬鹿にしていると感じたら、怒るかもしれません。お辞儀の前には必ず背筋を伸ばします。ですから、お辞儀をする前には必ず背筋を伸ばしてください。 

お辞儀はある程度のレベルまでするもので、すぐに行ってしまうものではありません。良いお辞儀は、立ち上がって微笑み、相手を認めていることが相手に伝わるようにすることです。 

日本におけるポインティング・フィンガーの意味

無生物や自分自身でない限り、日本人はあなたが指をさすことに何の問題もありません。しかし、日本では他人を指差すことは確かに問題です。これは、相手や自分自身を卑下することになりかねません。 

リード  日本語で平和を語る12通りの方法
てまね

欧米の文化では、会話中に指をさすことが普通になっているので、気にならないかもしれません。しかし、あなたが誰かに指をさしているときに、相手の目が自分に向けられなかったとしても、驚かないでください。 

日本人は、親しい間柄でも公の場でも、社会的な価値を維持しなければならないと考えているので、どちらの状態でも恥をかかないように配慮しているのです。ましてや、外国人である自分にとっては全く普通のことであるはずの指差しをする時点で、間違いなく桁外れです。 

日本におけるMiddle Fingerの意味

そう、あなたにとっては、とても卑屈で軽蔑的なものなのかもしれませんが、日本ではそんなものはないのです。 

それどころか、まったく違う意味を持つ家族向けのジェスチャーである。欧米では違反になることが、日本では違反にならない初めての例です。 

指にまつわる有名な童謡に、日本人が指を基準に家族を関連付けるものがあります。日本語で「お兄さん」は中指で表現されます。 

しかし、日本人は教養はあっても、生半可な人間ではない。芸能界や人脈のおかげで、誰かがいきなり中指を立てたときに、どういう意味が優勢なのか知っている。 

ですから、もし娯楽として友人に上げようと思っても、裏目に出る可能性があるので控えてください。すぐにあなたと地元の友人との間に異様な空気が流れ、事態が悪化する可能性があります。 

そして、日本人は祖国で悪口を言われると失礼だと思うので、逃げられると思ったら大間違いです。 

日本における贈答品の受取りと提供について 

これは多くの人にとっても厄介なことです。贈り物をしたり、もらったりすることに何の意味があるのでしょうか。それは、受け取った側が「ありがとう」と笑顔で言うだけでいい、普通の交流の場です。しかし日本では、それよりももう少し運動する必要があります。 

リード  日本人が生魚を好んで食べる3つの理由とは?

贈答の儀式には、受け取った人が両手でお辞儀をして受け取るという、謙虚なお辞儀がつきものです。 

そう、片手からプレゼントを受け取るのも、日本人にとっては卑屈になりかねないのです。贈り物をするときも同じで、必ず両手で渡すようにしましょうね。

日本では避けたいジェスチャー

人の目をひたすら見続けることは、日本では敵対行為とみなされる可能性があります

私たちは、会話に徹底的に興味を持っていること、気配りしていることを相手に示すために、できるだけ深くアイコンタクトを維持するように教えられてきました。 

しかし、日本では、この行為は敵対的で威圧的と見なされることがあります。なぜなら、日本人にとって必要なのは、会話をしている間の心地よい空間であり、あなたが常に相手を見ていると、それが実現しない可能性があるからです。 

だから、下向きや横向きのものをじっと見たり、垣間見たりするようにする。 

日本では腕を組むのは無関心の証し 

立ちながら腕を組むというのは、他の場所ではごく普通のことのように思えますが、日本ではそうではありません。私たちは立ちながら腕を組んでいる人をよく見かけますが、日本にいるときのボディランゲージについて何か言っているのです。 

腕を組んでいる人は、日本ではとても控えめで寡黙な人であることがわかります。ですから、もしあなたが地下鉄の駅で腕を組んで立っていて、電車を待っている間におちゃらけようと思ったら、誰もあなたに話しかけないので、大変な思いをするかもしれません。 

日本では腕を組むのは無関心の証し

ポケットに手を突っ込み、うつむく姿は怠け者の象徴。

日本での立ち仕事、移動の際、背中を曲げてポケットに腕を入れる立ち方は、一見快適でかっこいい立ち方かもしれませんが、とても無気力で不活発な人に見えてしまうかもしれません。 

これは世界でも例外ではありません。理想的な体型は背筋を伸ばして立つことであり、それは日本も同じである。 

だから、日本の街角では正しい姿勢で、ポケットから腕が出ないようにアピールしてください。

関連記事

シンゾーヲササゲヨの意味

シンゾーヲササゲヨの意味