日本で絶対に訪れたい10の城

日本の城

日本のお城をチェックし、絶対に訪れたい日本のお城リストを作りました。ぜひご覧ください!

古代の秘密に包まれたそびえ立つ要塞、迷宮のような回廊に響き渡る侍のささやき、荘厳な天守閣の上から広がるパノラマの景色。これが日本の魅惑的な城であなたを待っている現実です。 

姫路城の幽玄な気品から熊本城のストイックな逞しさまで、どの建造物もタイムカプセルであり、あなたを過ぎ去った時代の中心へといざなう。 

さあ、ウォーキングシューズを履いて、日本で絶対に訪れたい5つの城に驚かされる準備をしよう。

日本で必見の城

姫路城(兵庫県)

  ショップ・フロム・ジャパン  

兵庫県の姫山山頂にそびえる姫路城は、ただの城ではない。 ユネスコ 世界遺産には理由がある。 

その優雅な美しさと驚異的な復元力から「白鷺城」というニックネームが付けられ、ここを訪れれば、時間と建築の驚異を巡る旅が約束される。

日本で必見の城

創意工夫の証:しかし、姫路は単なるきれいな顔ではない。17世紀初頭に建てられた姫路城は、防御建築の傑作だ。荘厳な半蔵門を含む、堀、門、櫓の複雑なネットワークは、最も断固とした攻撃者をも阻止するように設計されている。 

水路や隠し通路を巧みに利用したこの城は、日本の工学の素晴らしさを示している。

歴史を巡る旅:城内に一歩足を踏み入れると、まるでタイムカプセルに入ったような感覚になる。天守閣の様々な階を探検し、それぞれの階からユニークな景色を眺めたり、かつての住人の生活を垣間見ることができます。 

複雑な木工細工や隠された部屋を目の当たりにし、かつてこの広間を歩き回った武士たちを想像してみよう。

単なる城ではない:姫路城は孤立したモニュメントではない。静かな池や伝統的な茶室の中を散策できる好古園のような美しい庭園に囲まれている。 

周辺の姫路市には、魅力的なショップ、おいしい郷土料理、活気ある文化シーンもある。

なぜ訪れるのか?姫路城は単なる城ではなく、日本の歴史、回復力、芸術性の象徴である。過去とつながり、天才的な建築技術に驚嘆し、伝統的な日本の美を体験できる場所なのだ。 

歴史好き、建築好き、あるいは単に美しい風景が好きな人であろうと、姫路城はあなたを感嘆させること請け合いだ。靴ひもを締め、カメラを持って、この不朽の名作に魅了される準備をしよう。

松本城(長野)

長野の中心部、雄大な日本アルプスの中に松本城はある。姫路の幽玄な美しさとは異なり、松本は無骨な魅力を放ち、その風化した黒い屋根から「カラス城」と呼ばれている。 

5階建ての天守閣は、現存する日本最古の木造天守閣で、中世の神秘的な雰囲気を漂わせ、武士の戦いと政治的陰謀の時代にタイムスリップさせてくれる。

一歩足を踏み入れれば、堂々たる建造物の中にある迷路のような通路や隠された部屋に迷い込んでしまう。 

松本城(長野)

枡形」と呼ばれる巧妙に偽装された抜け穴や、足元できしみ、侵入者を知らせる独創的な「ナイチンゲール・フロア」など、曲がり角を曲がるたびに防御的な特徴が明らかになる。 

どの床板や階段からも歴史がささやかれ、城の秘密を解き明かす探偵になったような気分になる。

松本の物語は、驚くべき回復力のひとつである。幾多の戦乱、自然災害、そして火災さえも乗り越えてきた。しかし、その堂々たる建造物は、独創的な設計と歴代の守護者たちの献身的な努力の証として、力強く立っている。 

この耐久性は、そのユニークな建築様式とともに、国宝という名誉ある地位を獲得した。

しかし、この城の魅力は歴史的意義だけにとどまらない。敷地内の二の丸庭園は、手入れの行き届いた緑と静かな池が広がる安らぎのオアシスだ。松本市美術館では、魅力的な展示品によって過去が蘇り、日本の歴史に浸ることができる。 

松本城は、武士の伝説に魅了された人も、防衛戦略に興味をそそられた人も、単にユニークな建築の美しさを堪能したい人も、忘れられない時間の旅を約束してくれる。

好奇心と冒険心を携えて、日本アルプスを見守るように佇む、時を経た宝石のような存在に魅了される準備をしよう。 

カラスの城」がその秘密を囁き、あなたを過去へといざない、畏敬の念と驚嘆の念を抱かせる。

大阪城(大阪)

賑やかな大都市大阪にそびえ立つ大阪城は、単なるランドマークではなく、大阪の活気ある歴史と精神を象徴している。 

リード  日本におけるインプラントの費用 2024年|日本におけるインプラントのベストガイド

周囲の緑豊かな公園からそびえ立つ城は、輝く金色の屋根を持ち、冒険と息をのむような眺望を約束して訪れる人を手招きする。

大阪城(大阪)

権力の遺産:16世紀後半に有力な武将によって建てられた大阪城は、彼の野心と支配力の象徴であった。その堂々たる5階建ての大天守閣は、象徴的な「桃山」の屋根を戴き、その武勇を物語っていた。 

今日、城は往時を偲ばせ、その城壁は戦いと陰謀の物語を囁いている。

五感の饗宴お城の中に一歩足を踏み入れると、細部まで精巧に作られた職人技の世界へと誘われます。様々な階層を探検し、それぞれの階層がかつての住人の生活についてユニークな洞察を与えてくれる。 

大阪城(大阪)

豪華な金箔の装飾、堂々とした木製の梁、展望台からの息をのむような眺めに驚嘆する。

城壁を越えて大阪城はただの城ではない。 歴史的遺物大阪城公園は、活気あふれる中心地である。大阪城を囲む広大な公園を散策し、西の丸庭園の静謐な美しさや大阪城公園フェスティバルの賑やかな雰囲気を楽しんでください。 

道頓堀川でボートに乗れば、城や周辺の街並みをユニークな視点から眺めることができる。

なぜ訪れるのか?大阪城は、大阪の心と魂を体験したい人なら誰もが訪れるべき場所だ。大阪の豊かな歴史に触れ、建築の驚異に驚嘆し、美しい自然を満喫できる場所だ。 

歴史ファン、自然愛好家、あるいは単にユニークな体験を求める人など、大阪城はすべての人に何かを提供する。

二条城(京都)

京都の中心部、堂々たる城壁と緑豊かな庭園の奥に二条城がある。大阪城の峻厳な迫力とは異なり、二条城は優雅さと陰謀を囁いている。徳川将軍が豪華な隠居所として建てた二条城は、金色に輝く豪華さと洗練された美の世界への入り口だ。

金色に輝く夢の中へ:店内では、目を奪われることだろう。壁は金箔できらめき、繊細な絵には日本の民話や自然の情景が描かれている。 

複雑な彫刻が施された天井板から磨き上げられた畳まで、細部に至るまで富と職人技を物語っている。権力者のささやきに包まれながら、将軍が側近や従者に囲まれて廊下を歩く姿を想像してみてほしい。

足元の秘密二条城には隠された武器がある-悪名高い "ナイチンゲール床 "だ。この独創的な板は足元できしみ、近づいてくる足音を知らせる。そっと足を踏みしめて、すべての音に意味があり、すべての動きが重要である秘密の世界のスリルを感じてください。

黄金の壁を越えて二条城の魅力は豪華な内装だけではない。静寂に包まれた二の丸庭園は、丹念に敷き詰められた砂利と静かな池に囲まれたオアシスだ。隣接する書院で伝統的な茶道を見学し、日本文化の静かな洗練を味わおう。

なぜ訪れるのか?二条城では、江戸時代の将軍の豪華な世界を垣間見ることができます。日本の職人技の最高峰を体験し、伝統的なデザインの繊細な美しさを堪能し、金色に輝く広間でささやかれる隠された秘密を解き明かす場所です。

さあ、好奇心を詰め込んで、魅了される準備をしよう。二条城は、細部に至るまで発見されるのを待っている物語を明らかにする、権力とエレガンスの過ぎ去った時代へとあなたを誘います。黄金の夢の中に足を踏み入れ、京都の隠された宝石の永遠の魅力に五感を目覚めさせよう。

弘前城(青森)

弘前公園のエメラルドに抱かれるように佇む弘前城は、青森の中心でおとぎ話のような夢を見る場所として君臨している。大阪の堂々たる威容や二条の金色に輝く豪華さとは異なり、弘前は繊細な魅力を囁き、その美しさは四季折々に花開く。

春のスペクタクル:ピンクのワンダーランドを散策することを想像してみてください。春になると、弘前公園は桜の海となり、その繊細な花びらが弘前城の優美なシルエットを縁取ります。 

ミツバチの鳴き声と、興奮した観光客のおしゃべりで空気がうごめき、誰もが目の前の光景に魅了される。

弘前城の美しさは、四季の移ろいを感じさせない。東北地方で唯一現存する三層の天守閣は、日本の職人技の逞しさを証明している。 

伝統的な木彫りや絵画で飾られたエレガントな内装を探検し、きしむ床板の一枚一枚に歴史の重みを感じよう。

ただの城ではない弘前城は探検の世界への入り口です。藤田記念日本庭園では、手入れされた風景や鯉の池が静寂のひとときを演出します。 

リード  2024年、東京に12の英語書店が誕生

弘前市立博物館では、この地域の豊かな歴史と文化を掘り下げた魅力的な展示を見ることができる。

なぜ訪れるのか?弘前城は単なる歴史的建造物ではない。 

春には桜の下でのんびりとピクニックを楽しみ、ねぷた祭りでは夜空にライトアップされたお城を眺める。

さあ、不思議な感覚を詰め込んで、魅了される準備をしよう。弘前城の繊細な春の色合い、時代を超越したエレガントな建築様式、そして青森の温かな抱擁で、あなたの思い出を彩りましょう。 

歴史的な陰謀、自然の美しさ、おとぎ話のような魔法など、弘前城は忘れられない旅をお約束します。

岡山城(岡山)

岡山の中心部、広大な庭園と静かな水路に囲まれた岡山城は、その威厳ある黒い外観から「カラス城」とも呼ばれている。 

姫路の幽玄さや二条の華麗さとは異なり、岡山は独特の魅力を放ち、その美しさは優雅に飛び立つサギのように展開する。

岡山城

黒衣の幻影: 予想を裏切る城を想像してみてほしい。岡山の堂々たる5階建ての天守閣は、きらびやかな白壁ではなく、緑の中に佇む見張りのカラスを思わせる印象的な黒い外壁を誇っている。 

そのコントラストは印象的で、神秘と陰謀のオーラを醸し出し、訪れる人々を引きつける。

ヘブン・オブ・ガーデンズ しかし、岡山城は単なる印象的なシルエットではない。その広大な敷地は静謐な美しさの楽園であり、都会の喧騒を忘れさせてくれる。 

岡山城(岡山)

鯉が泳ぐ池や丹念に彫られた盆栽が、調和と静寂を生み出している。

歴史を味わう: 城に足を踏み入れ、その豊かな歴史に触れてみよう。伝統的な木彫りや繊細な絵画で飾られた保存状態の良い内部を探検してみよう。 

展望台に登れば、市街地とその周辺の庭園の息を呑むようなパノラマを目の当たりにすることができ、かつてこの見晴らしの良い場所から領地を見渡した封建領主の姿を想像することができる。

単なる城ではない:岡山城は、活気あふれる活動の拠点である。隣接する庭園の茶室で伝統的な茶会を見学したり、近隣のレストランで郷土料理を味わったり、旭川でボートに乗れば、城とその周辺をユニークな視点で見渡すことができる。

なぜ訪れるのか?岡山城は単なる歴史的建造物ではない。文化に浸り、美しい自然を満喫できる世界への入り口なのだ。 

古い城壁から歴史がささやき、見事な庭園で自然が広がり、見守り続けるサギの魂が飛び立つ、岡山ならではの魅力を体験できる場所だ。

熊本城(熊本)

九州の中心にある熊本城は、ストイックなツキノワグマのように聳え立ち、その堂々たる石垣には戦いと時の傷跡が刻まれている。 

護国城」の愛称で親しまれているこの城は、日本人の強靭さを証明するものであり、歴史ファンや建築愛好家にとっても必見の場所である。

熊本城(熊本)

2016年の震災後、城の一部はまだ修復中だが、その精神は壊れることなく残っている。 

迷路のような門や櫓を探検し、複雑な石組みに驚嘆し、かつてこの広間を歩いた武士たちを想像してみよう。坂本山に登って城と市街の息をのむような眺めを楽しんだり、本丸御殿の庭園の静けさに身を任せたりするのもいい。

熊本城は単なるモニュメントではなく、日本の歴史と文化の生きた遺産なのだ。好奇心を満たし、逞しさと美しさの象徴としてそびえ立つこの黒熊のような城に驚かされる準備をしよう。

松山城(愛媛県)

愛媛県の勝山丘陵の頂上に優雅にそびえ立つ松山城は、街のシンボルとしてだけでなく、日本の封建時代の生きた証として、その頂点に君臨している。 

周囲の街並みや瀬戸内海を俯瞰し、白とグレーの壁の優雅な輪郭に縁取られた景色を想像してみてください。

時を超えた宝石大阪城の荘厳な迫力や姫路の幽玄な魅力とは異なり、松山の美しさはその控えめな優雅さにある。

風化した木板で覆われ、優美な屋根を載せた3階建ての天守閣は、周囲の緑と違和感なく調和している。石造りの小道、複雑な彫刻が施された門、隠された櫓のひとつひとつが、戦いと繁栄した王朝の物語をささやく。

松山城(愛媛県)

時を超えた旅:城内に足を踏み入れ、歴史の旅に出かけよう。侍の甲冑や伝統的な絵画で飾られた保存状態の良い内部を探検してみよう。 

展望台に登れば、何世紀も前の大名が息をのんだであろうパノラマを目の当たりにすることができる。大広間に響き渡る刀の音、侍大将の口ごもり、宮廷の陰謀のひそひそ話を想像してみてください。

リード  日本で着物を買うには?| 日本で着物を買うなら?

城壁を越えて松山城は単なる歴史的遺物ではない。伝統的な銭湯と魅力的な建築で有名な落ち着いた道後温泉地区を散策しよう。 

スリル満点のロープウェイで行ける松山山頂から、城と市街の息を呑むような絶景を目に焼き付けよう。

なぜ訪れるのか?松山城は、日本の豊かな歴史と息をのむような景色を垣間見たい人にとって、必ず訪れるべき場所だ。過去とつながり、建築の独創性に驚嘆し、愛媛のパノラマの美しさを堪能できる場所だ。

犬山城(愛知)

犬山城は愛知県の緑豊かな丘陵地帯にあり、日本古来の歴史を今に伝えている。 

大阪の壮麗さや姫路の幽玄さとは異なり、犬山は素朴な魅力を放ち、その風化した木の壁は武士や封建的陰謀の物語をささやく。

犬山城(愛知)

最古の宝:犬山城は、現存する日本最古の天守閣というユニークな特徴を誇っている。1440年代後半に建てられた5階建ての天守閣は、特徴的な「平入」の屋根を戴き、何世紀にもわたる嵐や戦いを乗り越えてきた。 

敷地内に一歩足を踏み入れると、まるでタイムスリップしたかのように、木造の城壁と隠し通路の世界へと誘われる。

歴史の中を歩く保存状態の良い城の内部を探検し、各階でかつての住人の生活を垣間見ることができる。 

複雑な木工細工、隠された部屋、そしてかつて敵の接近を防いだ見張り台まで。この階を歩いた武士たち、甲冑の音、歴史の流れを形作った静かな交渉を想像してみてほしい。

単なる城ではない:犬山の魅力は歴史的な城壁だけにとどまらない。静寂に包まれた円山公園では、カエデの古木が秘密をささやき、桜が息をのむような色合いで春を彩ります。

近くの屋台で地元のグルメを味わったり、木曽川をのんびりと下るボートに乗れば、城をユニークな視点から眺めることができる。

なぜ訪れるのか?犬山城は単なる博物館ではない。日本の豊かな歴史に触れ、建築の復元力に驚嘆し、周囲の自然の静けさに浸ることができる。

首里城(沖縄)

沖縄の生き生きとしたサンゴ礁と熱帯の美しさの中に、首里城は灰の中から生まれ変わった不死鳥のように立っている。 

かつて琉球王国の豪奢な宮殿であったこの琉球グスクは、古くからの伝統とたくましい精神の物語をささやく。 

大阪の荘厳さや姫路の幽玄さとは異なり、首里は中国と日本の影響を見事な建築タペストリーに融合させた独特の魅力を放っている。

首里城(沖縄)

力と美の遺産朱色の屋根を戴き、壁には複雑な彫刻や繊細な絵が描かれた城を想像してみてほしい。これが全盛期の首里であり、琉球王国の繁栄と文化交流の象徴だった。 

復元された正殿を見学し、金箔張りの内装に驚嘆し、かつて王室の儀式が行われたウナ広場に立つ。

時を超えた旅:2019年の壊滅的な火災の後、城の一部はまだ再建中だが、首里の精神は活気に満ちている。 

かつては王族専用の落ち着いた庭園を歩き、シルクのローブのざわめきやティーカップの優しい音を想像してみよう。 

中庭で踊られる伝統的な琉球舞踊を目の当たりにし、音楽を聴きながら過ぎ去った時代に思いを馳せてみてはいかがだろう。

なぜ訪れるのか?首里城は、沖縄の魅力的な歴史と活気ある文化を垣間見たい人にとって、必ず訪れるべき場所だ。島の過去とつながり、回復力を目の当たりにし、沖縄の温かいもてなしを体験できる場所です。

結論

幽玄のエレガンスからストイックな回復力まで、日本の城は歴史、建築のすばらしさ、そして国の不朽の精神の証である。 

おとぎ話のような美しさ、武士のささやき、息をのむようなパノラマなど、これらの城は、時間と伝統を超えた忘れられない旅を約束してくれる。 

靴紐を締め、好奇心の赴くままに、そびえ立つ壁の中に潜む魔法を発見しよう。

どう思う?

東京で最高の辛ラーメン店

東京の辛いラーメン店10選 2024

ネットフリックスで見られる最高の日本映画

Netflixで配信中の日本映画ベスト12 (2024)