日本で最も危険な7つの地域

日本の危険地域

日本は安全な国ですが、日本には危険な地域がいくつかあります。そこで、日本で最も危険な地域をリストアップしてみました。 

日本は安全な国で、一般的に犯罪率は非常に低くなっています。しかし、注意しなければならない地域があります。

日本には観光地がたくさんありますが、そのような場所は特に注意が必要で、楽しく、安全で、危険のない旅行をするためには、そのような場所を避けるのがよいでしょう。

以下の地域のほとんどは、酒飲み、ヤクザ(日本のマフィア)、路上喫煙者、ギャンブル、売春宿が多いということだけ覚えておいてください。

ですから、もしあなたが旅行中に治安の悪い場所を避けたいと思っているのなら、まさにうってつけの場所なのです。

このガイドでは、日本で避けるべき場所、あるいは日本で行ってはいけない場所について、私の考えをお伝えします。

そこで、日本で最も危険な7つの地域・地区をご紹介します。

日本で最も危険な地域

大阪・釜ヶ崎

日本最大のスラム街。 エアインチク大阪の南部に位置する。住所不定のホームレス、失業者、日雇い労働者などが多数集まっている。 

そのほとんどが酒とギャンブルに溺れている。人々は、宿屋に住んでいる。この地域の安宿は、予算に余裕のある外国人観光客を多く惹きつけている。

なぜ危険なのか?

  • この地域は、ヤクザなどの組織的な犯罪集団が事務所を構えていることで知られているので、行く前に注意が必要です。
  • 釜ヶ崎は、警察による虐待に抗議して大規模な暴動が起こった歴史があります。
  • 警察が軽犯罪を取り締まることも、駐車違反の切符を切ることもないような地域である。
  • 万が一、危険なことがあっても、警察の助けを借りることはできないだろう。

したがって、この地域がいくら安くても、不要な手間をかけないよう、距離を置いて注意するか、完全に避けてください。

東京・歌舞伎町。

東京に避けるべき場所などないと思うかもしれない。しかし、厳しい現実として、東京の歌舞伎町は避けるべき場所の一つである。ここは日本最大の歓楽街であるだけでなく、世界最大の歓楽街でもある。 

リード  二条城:京都の歴史的壮大さの隠れた宝石を解き明かす

世界最大級の鉄道駅である新宿駅の向かいに位置しています。

なぜ危険なのか?

  • 風俗店、ナイトクラブ、モーテル、売春場所など、いろいろな場所があります。
  • また、マフィアや変人が集まる裏社会的な施設も数多く存在する。だから、この通りを何気なく歩いている機動隊員の姿を見てもおかしくはない。
  • 観光客を巻き込もうとするブースターやプロモーターは避け、特にホストクラブやホステスクラブは危険です。特にホストクラブやホステスクラブは危険です。
  • 一部の国では、飲み物にスパイクをかけられたり、財布を盗まれたりするなどの詐欺事件が発生しています。
  • このため、写真撮影は控えた方がよいでしょう。

そのため、日本でこの地域を訪れる際は、常に警戒が必要です。また、家族や子供と一緒に食事をする際にも、なるべくこの場所には行かないようにしましょう。

札幌・すすきの。

ススキノは札幌で最も人気のある地域のひとつで、レストランやナイトバーがあることで知られています。また、札幌で行われる多くのお祭りの目的地でもあります。 さっぽろ雪まつり

札幌の主要観光地とされていても、日本で一番安全な場所とは言えないので注意が必要です。 

また、街角を歩くと、ナイトクラブやバーへの誘いのポスターが貼られていたり、スケスケの服を着た女性がバーテンダーとして働いていたりするのを見かけます。

なぜ危険なのか?

  • この界隈は、盗賊やヤクザ、見知らぬ人が集まり、日本で2番目に大きな歓楽街となっている。 
  • そして、他の歓楽街と同じように、危険な人々やさまざまな種類のギャングがいる。

だから、一番安全な場所ではないだろうということを意識して、リストに入れたというわけです。

東京・六本木。

東京の高級住宅地と商業地であり、悪名高いナイトライフ・エリアがある。この界隈には、高級オフィスが多数立地している。

日中の六本木は安全ですが、夜に訪れる場合は注意が必要です。

リード  パチンコ機の価格はいくらですか?

なぜ危険なのか?

  • アメリカ大使館はすでに観光客にこの場所を避けるよう警告を出していたが、危険なのは夜だけである。
  • 危険なのは、バーやナイトクラブで、多くの人が酔っぱらって悪さをすることです。
  • 夕方になると、観光客に嫌がらせをする客引きがあちこちにいて、ついてくるのが特徴です。 
  • 間違ってついていくと、強盗や誘拐、暴行にあう可能性があるので注意しましょう。

意外なことに、六本木ヒルズなどの人気観光スポットがあるため、地元の人はこのエリアを避けているようです。だから、特に観光客にとっては、野宿するには不向きな場所なのだ。

新世界、大阪。

この界隈は、日本で最もコスモポリタンでモダンなエリアであった。パリの街並みを模して計画され、ルナパークという超近代的な遊園地もあった。残念ながら、1923年に閉鎖された。

現在では、お祭りのような雰囲気と大阪を代表する観光スポットがあり、楽しいレストランやパーラー、ギフトショップで溢れている。

なぜ危険なのか?

  • にもかかわらず、新世界の犯罪率は日本の中でも高い方であるため、この危険な地域を避ける住民や地元の人もいる。
  • ここでも売春や賭博が盛んです。

しかし、もう一度言いますが、ここは完全に避けるか、旅行中に特に気をつけるべき場所の一つです。

東京・上野

上野は、博物館、公園、動物園など、東京の名所の中心地です。

なぜ危険なのか?

夜間はホームレスが多く寝泊まりしていることが多いので、少し危険かもしれません。また、この界隈はヤクザが多いので、周辺はあまり楽しい場所ではなく、夜9時以降の訪問は避けた方が無難です。夜遊びも少ないので、夜のアクティビティはあまりない。

より本格的な体験をしたい場合は、不快な雰囲気を避けるため、観光地は避け、日中に旅行を済ませるのがよいでしょう。

福岡・中洲

中洲は日本有数の歓楽街で、ススキノと同じく観光の中心地です。

リード  東京ドームは価値があるか?

なぜ危険なのか?

  • 観光客や飲み屋が多いので、まったく安全というわけではありません。
  • ナイトライフが盛んで、歓楽街もあるので、詐欺やスリなどの犯罪に遭わないよう、通りを歩くときは特に気をつけたほうがよいでしょう。

中洲は日本で一番悪い場所ではないかもしれないが、この言及は、十分な注意と安全を取ることを提案するものである。

日本の危険な地域。よくある質問

日本の観光地にはどのようなものがあるのでしょうか?

多くの外国人観光客は、東京ディズニーランドの混雑に不満を持ち、待ち行列で4時間も待つことがある。ポップコーンを買うためだけに長い行列ができることさえあるのです。また、札幌市時計台は、内部を探索する価値がないため、リストから除外してよい。もう一つ避けたいのは、東京の主要な相撲場である両国国技館で、非常に退屈でがっかりするような雰囲気の場所です。

日本で最も安全な都市はどこですか?

上記のような危険な地域とは対照的に、日本は国内772以上の都市があり、訪れる価値のある素晴らしい場所です。訪れる価値のある都市には、大阪、京都、福岡、神戸、岡山、広島、仙台、川崎などがあり、最後に東京があります。

日本の他の危険な地域は?

ナイトクラブや観光客、バーが多い地域では、詐欺や暴行を避けるために警戒するのが普通です。
その他、靖国神社や霞ヶ関も危険な地域です。

結論:

結論から言うと、日本は安全な国ですが、観光客が多い地域、ホステスクラブ、ナイトクラブ、バーなどでは警戒した方がいいです。

 完全に危険のない国などないのだから、このような注意はどの国でも必要だ。これらのスポットを訪れることはできますが、ただ、これらの地域を訪れる際には、厳重に警戒し、より多くの用心をする必要があります。

今回は、次回の日本旅行で覚えておくと便利な安全対策についてご紹介します。

油断せず、お金を別のキャッシュに分けるなどの対策をとっておきましょう。

特に歌舞伎町や六本木のバーエリアは、詐欺、ドリンクの横流し、性的暴行などで知られているので、避けた方が無難です。

変なところに付いて行かないで、日本語の挨拶や数字を覚えたり、翻訳アプリをダウンロードしたりすると、助かりますよ。

こちらもご覧ください

Ava Satoによって書かれた。

はじめまして!Japan Trulyのメインライターです。日本のことは何でも好きで、スキンケアやメイクアップ、ガジェットなど、日本の製品を試すのが大好きです。ここでは、日本のベストセラー製品のレビュー(試してみたもの)をご覧いただけます。

ヤメテクダサイ、ヤメロ、ダメ、ヤダの意味

ヤメテクダサイ、ヤメロ、ダメ、ヤダの意味?

浅草サンバカーニバル in Japan

浅草サンバカーニバルのすべて