日本でのタクシーの使い方101

日本でのタクシーの使い方

日本国内でのタクシーの移動は、やり方さえ知っていればとても便利です。ここでは、その方法をご紹介します。 日本でのタクシーの使い方 日本でのタクシーの呼び方からタクシー料金までを網羅しています。 

日本の都市部では、非常に効率的な公共交通機関が整備されています。しかし、深夜になると止まってしまうので、目的地までの移動はタクシーに頼らざるを得ません。 

日本のタクシーは、電車やバスを利用する場合に比べて割高です。しかし、日本のタクシーを利用する前に、よく理解しておくことが大切です。 日本への移住 または休暇に来てください。 

のクイックアンサー 日本でタクシーを利用するには?

日本でのタクシーの呼び方はとても簡単です。日本でタクシーを呼ぶには、タクシーが見つけられそうな場所で手を振るだけです。また、日本の鉄道駅にいる場合は、タクシー乗り場に向かってください。また、Uber、Grab、Japan taxiなど、日本のタクシー用スマートフォンアプリでタクシーを予約することもできます。

日本のタクシーがどのように動いているのか、日本のタクシーに乗るときのフレーズ、タクシーを呼ぶときのルールなど、日本でのタクシーの利用方法をご紹介します。 

日本でのタクシーの呼び方

日本のタクシーは、たくさんの荷物を持って空港に向かうとき、お年寄りと一緒に旅をするとき、とても役に立ちます。また、金曜日の夜、友達に誘われたパーティーに行くときにも便利です。 

また、大都市を離れると、交通手段があまり整備されておらず、タクシーに頼らざるを得ません。 

日本には26万台以上のタクシーがあり、そのうち東京だけでも3万台以上のタクシーが走っています。日本には300社以上のタクシー会社があり、必要な時に必要なだけタクシーを利用することができます。 

普通の車は白と黄色のナンバープレートですが、日本のタクシーは緑のナンバープレートです。日本の認可されたタクシーは信頼できるので、詐欺に遭うことはありません。もし、無免許のタクシーに出会ったら、避けることをお勧めします。 

日本のどこにいても、たくさんのタクシーを目にしますし、路上でタクシーを呼ぶこともできます。駅や大きなホテルに行けば、タクシー乗り場があって、タクシーを呼ぶための列ができているかもしれません。 

食事をしたり、ホテルに泊まっている場合は、コンシェルジュデスクやフロントに声をかければ、どこかのタクシー会社からタクシーを呼んでくれることもあります。 

日本でのタクシーの使い方

日本のタクシーは安全で安心、そしてとてもきれいです。 

日本のタクシーには、空いているかどうかを示すランプが付いています。緑のランプは空車、赤のランプは乗車中を意味します。 

また、日本のタクシーの中には、空いているときは消灯し、空いていないときは点灯するようにしているところもあるでしょう。 

目的地がわかっていても日本語が話せない場合は、ドライバーに住所を見せれば目的地まで連れて行ってくれます。

 また、その場所を地図上に表示することで、多くのドライバーがより分かりやすくなります。 

日本でタクシーを利用する際には、この「日本のタクシー利用ガイド」を読んで、重要なフレーズを覚えておきましょう。

日本でタクシーを利用する際のフレーズ

ここでは、日本のタクシーのサインをご紹介します。

  • タクシ- これはタクシーのサインです。
  • 空車 - この記号は、「」と発音されます。kuusha」です。 で、キャブが空いていることを意味する
  • 賃走 - 発音は "chinso"このサインは、タクシーが占有されていることを意味します。

日本語でよく使われるフレーズを覚えておくと、車に乗るときに役立ちます。

  • _____ までお願いします - Pronounced "____made onegai shimasu" .Please Take me to ____"という意味です。
  • 東京駅までお願いします - Pronounced "東京駅で作ったおねがいします".意味は「東京駅に連れて行ってください」です。
  • 心の底から愛してください。 "koko de oroshite kudasai "です。 タクシーに乗っていて目的地に到着した場合、"Please let me off here "と言いたいときにこのフレーズを使うことができます。

日本でタクシーに乗っているとき、運転手に道を教える必要がある場合、以下のフレーズが役立ちます。

  • 左お願いします。- 発音は "hidari onegai shimasu "です。 "Turn Left Please "という意味です。
  • 右お願いします。- 発音は "migi onegai shimasu"."Turn Right Please "という意味です。
  • まっすぐお願いします - 発音は "マスグオネガイシマス".Go Straight Please」という意味です。

侵入

日本では乗客として、左後方のドアからタクシーに乗り込むことになります。 

日本のタクシーの多くは、運転手がリモコンで操作する自動ドアを備えています。そのため、ドアを開けたり閉めたりする必要はありません。 

少しでも壊れていたり、手動ドアの古いタクシーがあっても、ドライバーが開けてくれるので安心してください。 

タクシーの中

欧米人にとって、日本でタクシーに乗ることは、レッドカーペットに運転手付きで連れて行ってもらうようなもの。 

日本のタクシードライバーの多くは40代前半で、非常に礼儀正しい服装をしています。スマートスーツを着て、手袋や帽子をかぶっています。タクシー自体も、シートやヘッドレストにレースが施されていて、ぴかぴかしています。

ドライバーにはボタンがあり、それを使ってドアの開閉をコントロールすることができます。また、トランクに荷物を入れたい場合は、このボタンでトランクを操作します。 

日本のタクシードライバーはほとんどが日本語しか話さず、英語を話せる人はまずいません。 

ご自身の安全のために、必ずシートベルトを着用してください。これは自家用車に乗っている場合でも同様です。 

タクシーの中では、喫煙や運転手との料金交渉など、禁止されていることがあります。 

Getting Off

日本のタクシードライバーはとてもプロフェッショナルです。時間通りに目的地に到着させるつもりでも、交通状況に翻弄されてしまいます。 

目的地に到着したら、どの支払い方法が最適なのかを確認し、それに合わせて支払いを行います。 

何らかの理由で領収書が必要な場合は、必ず降りる前にお願いしてください。 

先ほども言いましたが、自分でドアを開けてはいけません。ドライバーが開けてくれるのを待ちましょう。 

タクシーの料金と支払い方法

日本のタクシー料金は、公共交通機関を利用した場合に比べて相対的に高くなります。料金は都市によって、また利用するタクシーの種類によっても異なります。 

東京のような大都市では、最初の2kmで700円程度(大型タクシーを利用した場合)、それ以降は300mごとに90円程度を目安にしてください。また、夜10時以降にタクシーを呼んだ場合、20%~30%の追加料金が発生することもあります。 

また、高速道路を利用した場合は、高速道路料金も運賃に加算されます。

カード決済ができるタクシーもありますが、多くのタクシーはカード決済ができません。 

路上でタクシーを呼ぶときは、必ず十分な現金を持っているようにしましょう。 

スマートフォンのアプリでタクシーを利用する場合、アプリでの支払いにクレジットカード、デビットカード、ペイパルを利用することができる場合があります。 

最近では、SuicaなどのICカードも使えるようになりました。お店のドアには、すべての支払い方法を示すステッカーが貼られています。日本では、タクシーの運転手にチップを渡す必要はありません。これは 日本でのチップ は不快なものとされています。

日本のタクシーのスマートフォンアプリ

日本に来た外国人の多くが感謝している発明のひとつが、日本のタクシー用スマートフォンアプリです。言葉がわからない、ルートがわからない、料金がわからないなどの悩みを解消してくれます。 

日本には携帯電話のアプリを使ったタクシーサービスがたくさんあり、住所を入力するだけです。住所を入力するだけで、アプリが空いているタクシーを呼んでくれて、出発できます。 

時には、豪華な旅行をする際に少しでもお金を節約できるような割引クーポンもあります。 

ここでは、日本のタクシーのスマートフォンアプリの中でも、特に優れた効率的なアプリをご紹介します。

  • ユーバー:国際的に利用されているこのアプリは、日本でも広く利用されています。Uberはすべての主要都市で利用できます。このアプリはクレジットカードでの支払いに対応しています。Uberは30以上の言語に対応しているので、観光客にも最適です。
  • グラブ:東南アジアでヒットしているGrab。日本のGrabはJapan Taxiと提携し、すべての主要都市に対応しています。
  • DiDi:これは、日本のいくつかの主要な都市や地域で利用可能な中国のアプリです。支払いには、他のモードとは別に、paypalを使用することができます
  • フルクル:登録手続きが不要なので、観光客に最適なアプリの一つ。ダウンロードしてすぐに使い始めることができます。また、Fulculを使ってタクシーを呼んでも、迎車料金はかかりません
  • ムーヴ:日本語が話せない人は、アプリで支払いまで完了できるDiDiをチェックしてみてください。ドライバーとのやりとりは不要です
  • ジャパン・タクシー: このアプリは47都道府県を網羅しているので、全国を観光する場合や、都道府県を行き来する場合は、このアプリを使うと良いでしょう

観光タクシー

人気のある観光地では、英語が堪能なバイリンガルのタクシードライバーがいます。 

これらのタクシーは2時間で1万円ほどかかりますが、運転手が観光名所を案内してくれたり、ツアーガイドとしても活躍してくれます。 

固定料金の空港送迎

空港に行く用事があったり、空港に降り立った場合は、ほぼ確実にタクシーが必要になる。 

幸い、日本の空港には固定料金の空港送迎タクシーがあります。中には乗り合いタクシーもあるので、同じ方向に向かう他の人とタクシーを分けて、お金を節約することもできます。 

タクシーに乗る前に、ある地域に行くのにいくらかかるかをドライバーに聞けば、教えてくれるでしょう。 

よくある質問日本でタクシーを利用する際の注意点

#1 - 日本のタクシーはなぜあんなに高いのですか?

日本のタクシーは公共交通機関に比べて非常に高価ですが、それは日本のタクシーがプレミアムで豪華なサービスを提供しているからです。日本のタクシーは、運転手によって非常に清潔に保たれています。日本のタクシードライバーは車のドアを開けてくれるので、ハンドルに触れる必要もありません。また、日本ではタクシーの最低料金がかなり高く設定されているため、タクシーでの移動はかなり高額になってしまいます。

#2 - 日本ではUberとタクシーのどちらが安いですか?

日本のタクシーとUberの料金を比較すると、Uberを予約した方が安くなることがわかります。東京ではUberのタクシーはあまり走っていませんが、Uberはプレミアムカーを顧客に提供しています。そのため、日本のUberは日本の通常のタクシーと比較して安いだけでなく、より快適です。 

また、読んでください。 

  1. 日本での緊急連絡先
  2. 日本の洗濯機の使い方
  3. 日本のホーム&キッチン事情を徹底解説
  4. 食べ物を注文するときの簡単な日本語
精進の日

成人の日。祝!日本の成人の日

ベストジャパニーズクリーニングプロダクツ

日本の掃除用品ベスト2022