さん」「様」「くん」「ちゃん」など、日本での敬称の使い分けについて

日本での敬称の使い方

さん」「様」「くん」「ちゃん」など、日本での敬語の使い方を知りたいですか?ここでは、日本での敬語の使い方を詳しく説明します。ぜひご覧ください。

日本の文化に詳しい方なら、日本人が伝統に非常に深く根ざしていることをご存知でしょう。日本人は伝統に非常に深く根ざしており、人の名前を呼ぶときでさえ、特定の行動をとる方法があります。 

ちゃん」「さん」「くん」といった日本語を耳にしたことがあると思いますが、これらは単に人を指す言葉ではなく、深い意味を持つ敬称なのです。

Klook.com

日本語の敬称はとても複雑ですが、心配はいりません。日本語の敬称の意味、いつ、どのように使うかを完全ガイドします。 

日本語の敬語についてもっと知りたい方は、ぜひ以下を読んでみてください。

さん」「様」「くん」「ちゃん」など、日本での敬称の使い分けについて

敬称とは?

敬称とは、礼儀や敬意を示す手段として、相手に呼びかける際にタイトルとして使われる言葉です。

一般的に敬称は、自分より年上の人や、皇族、リーダー、上司など社会的地位の高い人に呼びかけるときに使います。 

敬称は言語学によって接頭辞と接尾辞に分けられるが、英語の場合、敬称は主に三人称の文脈で使われることが多い。 

英語の敬称の例としては、Your Highness, Your Excellency, Mr.Mrs.Madam 等があります。

日本語にも敬称があり、英語と同じように年上の人や社会的地位の高い人に敬称をつけます。 

しかし、日本の敬称のほとんどは接尾辞であり、名前の前ではなく、名前の後に使われる。

例えば、ここでは「ちゃん」が敬称であるのに対し、「しんのすけ」は短縮して「しんちゃん」と呼ばれる。 

知っておきたい日本の「敬称」について

このように、日本語の敬語は複雑ですが、どのような時にどのように使うかというルールや要素を知っていれば、簡単に使い方を練習することができます。 

リード  Meaning Of Onii Chan, Onee Chan, Onii San, And Onee San

また、日本では名前や苗字で呼ぶことは失礼にあたるため、敬称は非常に重要な文化です。 

日本の敬称を使用する際に注目すべき主な要素は以下の通りです。

  • 宛先の年齢

年長者を敬うことは、どのような伝統においても非常に重要なことですが、日本文化も同様に年長者を非常に重要視しています。だから、日本では年長者は「様」という敬称で呼ばれ、尊敬されていることに気づくでしょう。

祖父母であれ、見知らぬ年配者であれ、年上の人には特定の敬称をつけるのが日本の伝統的な考え方です。

  • 相手の社会的ランク 

職場で地位の高い人や皇族の方にも、日本の敬語を使います。これは、日本の伝統の中で、より高い地位の人に対しても敬意を払うことを表している。

年齢や社会的地位は別として、親族に話すときにも敬称を使うことがある。また、日本の伝統では、親が子供にある種の称号を与えることは、愛情や配慮の表現として普通である。

日本の人気敬語をどう使うか?

日本語の敬称で最も広く使われているのは、「さん」「様」「くん」「ちゃん」です。これらの敬称は接尾辞であるため、人の名前のすぐ後に付きます。これらの敬称はどのように使われるのか、どのような場合に最適なのかを分析しました。 

さん - さん

さん」は、日本でよく使われる敬称の一つで、英語のMr.やMrs.に相当するものです。また、「さん」は性別に関係なく使える言葉なので、男性にも女性にも使うことができます。 

身分や年齢に関係なく、また見知らぬ人と話すときにも使える柔軟な敬称です。 

もう一つ面白いのは、「さん」付けは、職業に応じた呼び方にも使えることです。例えば、食料品店を日本語で「かいもの」と呼び、食料品店の店員を「かいものさん」と呼びます。 

さんま - さま

さん」は誰にでも使える敬称ですが、職場で使えるような正式な言葉ではありません。 

この「様」は、フォーマルな場面で使われることが多く、特に職場で地位の高い人に声をかけるときによく使われる日本語の敬語です。 

さん」と同じように、「様」も性別に関係なく、男性にも女性にも使える言葉です。英語のSamaに相当するのは、MadamかSirでしょう。 

リード  日本でのプロポーズと婚約はどう違うのか|5つの独占的方法

また、お客様と会話するとき、人前で演説するとき、さらには日本の神や神を指すときにも、「様」という敬称が使われる。 

チャン - ちゃん

ちゃん」は「さん」の別バージョンですが、インフォーマルな場面や親しい人に声をかけるときに使います。一般的には、子供や女性、そして動物にも使われます。 

ちゃん」は接尾語なので、人の名前の後に付けますが、発音がかわいいので、子供の敬称として使われることが多いようです。 

例えば、漫画のキャラクターである野原しんのすけは、両親や友人から「しんちゃん」と呼ばれる。また、夫や恋人が相手のことを「ちゃん」付けで呼ぶこともよくある。

くん - くん

くん」もまた、日本の有名な敬称であり、人の名前の後につける接尾語でもある。また、「ちゃん」同様、カジュアルな場面で使われる敬称でもある。 

女性よりも男性に使うことが多く、友人やいとこの間で使われたり、女性パートナーが男性パートナーのことを「くん」と呼んだりすることもあるようです。 

くん」は、登場人物がお互いを呼び合うときに使うマンガ用語として親しまれています。また、先輩が後輩や同期に「くん」付けで呼ぶことも普通にある。 

ただし、会社では上司だけが後輩を「くん」づけにでき、その逆はできないことを覚えておいてください。

日本語の敬語を使う場合、使わない場合

その人に合った敬語を学んだ上で、使うべき時、使ってはいけない時を学ぶのがベストです。 

日本人について知っておくべきことのひとつに、彼らは敬意とマナーを重んじる人々であり、他の人々も同じであることを期待しているということがあります。 

  • 年長者に話すとき

日本では、特に年配の方の場合、名前で呼ぶのは失礼にあたるとされています。そのため、日本人は通常、相手の名前に敬称を付けて呼びかけます。もし、自分より年上の人と話すときは、敬称をつけたほうがいいでしょう。 

  • フォーマルな場面で

商談や職場であれば、特に上司であれば敬称を付けて呼び合うのがベストです。さらに、お客様にも同様に敬称をつけなければなりません。また、王様や天皇陛下、あるいは一国の大統領に敬意を表す場合にも、敬称を使うのが賢明です。 

  • 家族・友人と

親しい間柄であれば、同世代や年下の相手に対して敬語を使う必要はありません。 

パーティー、家族の集まり、懇親会など、カジュアルな場に同席する場合は特に敬語を使うことが免除されます。 

リード  日本のファッショントレンド13選|東京の人気スタイルとサブカルチャー 2022年

友人や親しい人を、気を悪くすることなく、ファーストネームで呼べばいいのです。 

日本ではまだ敬称が使われているのか?

世界の進歩に伴い、フォーマルな話し方の必要性は日に日に低下し、インフォーマルな話し方が新しい普通になってきている。

現在でも相手を名前で呼ぶことはできますし、敬称を使わなくても尊敬の念を抱くことができます。しかし、ほとんどの文化圏ではそうではありません。 

日本のように高齢者が多い国では、名前で呼ぶのは失礼にあたると考えてよいでしょう。 

日本では今でも保守的な慣習が残っており、特にフォーマルな場では日常的に敬語が使われている。

日本人は「敬語」を重要視し、フォーマルな印象を与えます。 

ですから、日本にいるときは、気まずくならないように敬称をつけたほうがいいですね。 

さん」「様」「くん」「ちゃん」など、日本での敬称の使い方を教えてください。よくある質問

日本語で敬称はどのように使うのですか?

日本語の敬称は、通常、接尾語であり、相手の名前のすぐ後につく。敬称は、特に年上の人や、リーダーや天皇など社会的に重要な地位にある人に対して敬意を表すために使われます。日本語でよく使われる敬称は、さん、様、ちゃん、くん、などです。

三国連とチャンは日本語でどう使うのですか?

日本で広く使われている敬称に「さん」「くん」「ちゃん」があります。さん」は性別に関係なく、職場で地位の高い人や年配の人など、フォーマルな場面で使われる言葉です。 
くん」は年配の方が若い男の子に使う呼び方、「ちゃん」は主に子供やペットに使うカジュアルな敬称です。

SanとChanのどちらが正式なのでしょうか?

さん」は、職場の目上の人や年上の人に使う正式な敬称です。一方、「ちゃん」は、子供、特に女の子、ペット、あるいは恋人や夫婦の間に使われる非公式な呼び方である。 

日本語で「様」は何ですか?

様」は日本の正式な敬称の一つで、神様のような身分の高い人を指すときや、大勢で話すときに使われます。様」は性別に関係なく、英語ではSirやMadamと訳すことができます。

日本で一番おいしいお餅が食べられる場所

日本一おいしいお餅が食べられるお店は?| 日本で一番おいしいお餅が食べられるお店5選!

平和ボケ

日本語で平和を語る12通りの方法