,

日本の年賀状ガイド 2022年版

日本の "年賀状 "事情

Whatsappでメッセージを送ったり、メールを書いたりすることはできますが、個人的に書いてサインしたものほど、それを物語るものはありません。 日本の年賀状。 

さらに、日本の伝統的な方法である "年賀状 "を使ってみてはいかがでしょうか。 

年賀状は、新年の願い事を書いて大切な人たちに送るという、日本の初期の風習のひとつです。

最近ではハガキに書くこともあるので、「年賀ハガキ」とも呼ばれています。 

また、ご家族やお友達にも年賀状を渡して笑顔になってもらいましょう。 

日本の年賀状について知っておきたいことをまとめました。

日本年金機構の年賀状

日本の年賀状の起源

年賀状の起源は、平安時代にさかのぼります(794~1185年)。この時代の貴族は、人々を訪ねて新年の挨拶をしていました。 

日本年金機構の年賀状

その後、遠方に住んでいて直接会えない友人や大切な人のために、願い事や挨拶を手紙に書くようになりました。この習慣は、やがて彼らの子孫にも受け継がれていった。 

技術が進歩して郵便局ができると、日本では年賀状が印刷されたハガキが作られ、購入してサインをし、名前や住所を書いて送ることができるようになった。 

現代の技術では、電子的な手段で願い事をする人が増えていますが、日本では年賀状は今でも広く普及しており、多くの人がこの習慣を行っています。 

年賀状の購入・作成について

年賀状は、11月から1月上旬まで、郵便局、コンビニエンスストア、文具店などで販売されます。

そのため、年賀状を送り忘れた人から年賀状が届いても、すぐに近くのお店に駆けつけて年賀状を受け取り、送り返すことができます。 

年賀状はとても楽しく、自分の創造性を発揮できる場でもあります。あらかじめ印刷されたデザインのカードを購入するか、白紙のカードを購入して自分でデザインするかを選ぶことができます。このコンセプトは、欧米で販売されているポストカードに似ています。 

リード  東京で訪れたい12の美術館 2022年

また、自分でカードをデザインしたいけれど、絵心がないという方は、デザインサイトを利用することもできます。無料で利用できるサイトがたくさんあるので、自分に合ったデザインを選ぶことができます。 

印刷可能で、とても簡単にまとめることができます。年賀状の上に「年賀」と書いておけば、年賀状であることがわかります。 

欧米のクリスマスカードや年賀状のように、その年を象徴するような写真を入れてもいいでしょう。

大切なイベントの写真でも、家族の幸せそうな写真でも構いません。これらの写真は、年賀状をデザインする際のウェブサイトにデジタルで掲載することもできます。

日本では干支を採用していますので、その年の干支をモチーフにした年賀状が多く見られます。例えば、2021年は丑年なので、丑をモチーフにした年賀状が多いのではないでしょうか。 

あなたも同じようにすれば、縁起が良いとされているので、受け取った人に喜ばれるでしょう。 

年賀状に書くべきこと

年賀状を送る際には、相手の家族一人一人に挨拶をするのがマナーであり、礼儀です。また、その人に敬意を払うと考えられる正しい接頭語を付けます。 

すでに挨拶文が印刷されている年賀状を購入する場合は、日付とサイン、相手の住所を書くだけでOKです。 

白紙の年賀状を作る、または購入する場合は、以下の2つの挨拶文から選んで新年の挨拶をしてください。

明けましておめでとうございます(アケマシテ オメデトウ ゴザイマス) 

新年おめでとうございます(新年のオメデトウゴザイマス)

また、新年の挨拶だけでなく、相手の方やご家族への願いを込めても良いでしょう。 

年賀状を誰に向けて書くのか、また、フォーマルにしたいのか、カジュアルにしたいのかによって、書く内容が変わってきます。以下にいくつかのフレーズをご紹介しますので、参考にしてみてください。

ご健康で幸せな一年でありますようにお祈りしております(Go-kenkou de shiawase-na ichinen de arimasu you o-inori itashite orimasu)

= 健康で幸せな一年になりますように。

リード  メルボルンで日本製品が買えるお店|メルボルンでおすすめの日本のお店7選

昨年はお世話になりました(作年はお世話になりました)

= 去年は本当にありがとうございました

今年もよろしくお願いします(Kotoshi mo yoroshiku onegaishimasu)。

= 今年もよろしくお願いします。

明るく楽しい一年でありますように(あかるくたのしい一年でありますように)

= 素晴らしい年になることを願っています

旧年中は大変お世話になりました。

= 昨年は大変お世話になりました。

年賀状を誰に送るか?

日本の年賀状は、家族(遠くに住んでいる場合)、友人、親戚、同僚など、一年間お世話になった人に送らなければなりません。

多くの企業では、顧客やビジネスパートナーにも年賀状を送り、良好な関係を保つようにしています。 

もし、カードを送っていない人や挨拶を忘れていた人から「日本の年賀状」が届いたら、すぐに買ったり作ったりして、お礼と新年の幸運を祈って送りましょう。

これに応えないのは非常に失礼なことです。 

日本郵便は、年賀状を1月3日の最終日までお届けしています。

万が一、1月3日を逃してしまっても、1月7日までは相手が年賀状を受け取っても構わないとされています。この基準値を超えると、新年ではなく冬の願い事ということになります。 

しかし、忘れてはいけないのは、この1年で家族を亡くした人には年賀状を送らないことです。 

年賀状の送り方は?

日本の年賀状に願い事を書いて飾り付けたら、左側に自分の住所を縦に書き、中央に相手の名前、右側に相手の住所を書きます。 

購入した年賀状は、ほとんどが送料込みなので、あとは書き込んで住所を記入して投函するだけです。 

12月15日から12月25日までの間、すべての郵便局で年賀状用の特別枠が設けられ、あなたの願いを込めた年賀状が元旦に正確に届けられるようになります。これを見逃す手はありません。

日本郵便がどれだけ効率的かというと、郵便局が特に忙しく働くのはお正月の頃だということを知っておいてください。

年末年始は人員を増やすことで、タイムリーで効率的な配送を実現しています。すべての年賀状を保留にして、元旦にきっちりお届けする。

日本人はこのことを知っていて、クリスマスにサンタさんからのプレゼントを開けるのと同じように、1年の最初の日にもらえる年賀状を楽しみにしています。  

日本の年賀状を送るといくらになりますか?

年賀状の費用は、国内に送るか、国外に送るか、また、白紙のカードを購入するか、デザインや印刷済みのカードを購入するかによっても異なります。

リード  シンガポールでおすすめの日本食レストラン7選 2022

ここでは、年賀状を送る際にかかる費用の目安をご紹介します。

日本国内で年賀状を送る場合は、約63円です。 

年賀状があらかじめ印刷されていて、名前と住所を書くだけでよい場合は、68円以上になります。デザインによって値段が変わります。 

年賀状は、7円の切手を追加することで海外にも送ることができますが、相手国の郵便事情に左右されるため、1月3日までに届くという保証はありません。

日本の年賀状はいつ送るの?

日本人はタイミングにこだわる人が多いので、挨拶はタイミングを見計らって送りたいものです。 

年賀状は新年の願いを込めたカードなので、遅くとも1月3日までには届くようにしたいものです。日本郵便では、年賀状の特別配達を行っています。

nenga」と書かれたカードは、12月15日から受付を開始し、1月1日に配達されます。年賀状の最終受付日は12月25日なので、それまでにカードを準備してください。 

日本の年賀状から得られる幸運

ここで非常に重要なことがあるのですが、店頭や郵便局で販売されている既製品の年賀状には、下部に抽選用の記入欄があります。 

そうなんです。年賀状に書かれた数字が1月17日頃に引き当てられれば、あなたに幸運をもたらし、多くの現金や電子マネーの賞品が当たるかもしれません。もちろん、確率はかなり低いですが、今年はあなたの年になるかもしれません。 

だから、受け取った年賀状をすべて保存しておけば、一晩でお金持ちになれるかもしれませんよ。

日本での就職活動

2022年の日本の就活|知っておきたい10の重要事項

日本の旅館とホテル

日本旅館VSホテル2022|どっちがいい?