マンガの章と巻の違いは何ですか?| マンガの巻数と章数の関係

マンガの章と巻の違い

マンガの「章」と「巻」の違いってなんだろう?こちらのブログでは、マンガの章と巻の違いについて詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

私が初めてマンガに出会ったとき、他の本と違って、ただの読み物であるにもかかわらず、かなりの疑問がありました。しかし、マンガは私たちが読んでいる英語の絵本や小説とは全く違い、もっと複雑で長いものだと知りました。

マンガでよく使われる用語は、マンガの巻数と マンガの章 と、同じ意味を持つのかどうか、疑問が生じます。 

マンガの「巻」と「章」は全く違うもので、その違いやマンガ業界における仕組みについて知りたい方は、以下をお読みください。 

その違いや長さなど、このトピックについて知っておくべきことを、以下にまとめました。

マンガの「章」と「巻」の違いとは?

マンガの章は、連載中のストーリーを担う1つのセグメントで、通常、雑誌で毎週または毎月発表されます。一方、マンガの章を積み重ねて一冊の本にしたものを「マンガの巻」と呼ぶことが多い。 タンコボン のボリュームになります。

巻と章の違い

マンガの章とは?

私たちがよく知っているように、章は物語の一部分であり、後に他のいくつかの章に引き継がれます。同様に、マンガでは、章は物語の1つのセグメントであり、各マンガの章は物語のプロットの進行である。 

マンガの章について興味深いのは、週刊誌と月刊誌の2種類で発売されていることです。週刊漫画は毎週雑誌に掲載され、月刊漫画は月に一度だけ掲載されます。

マンガの章とは

また、週刊誌は月刊誌に比べてページ数が少ない。月刊誌の読者は月に一度しか好きなマンガを読むことができないため、マンガ家や出版社は読者を楽しませるために多くのマンガコンテンツを提供する。

しかし、これは決まったルールではなく、週刊誌や月刊誌で発表される各章のページ数は、出版社や編集者、漫画家により異なる場合があります。 

週刊漫画の代表的な例としては、NARUTO、ONE PIECE、Attack On Titan、Hunter X Hunter、Death Note、Berserk、My Hero Academiaなどが挙げられます。

多くのマンガ本は、まずマンガの章を掲載してからマンガの巻を発行しています。

マンガの1章の長さは?

マンガの1章の長さは、発売頻度やページ構成、マンガ家・編集者・出版社の関心など、さまざまな要因によって決まります。 

週刊漫画であれば、月刊漫画のチャプターと比較してページ数が少なくなるのは当然で、その理由も説明した。

例えば、「NARUTO」は毎週1章平均18〜21ページが公開される週刊マンガ、「進撃の巨人」は毎月1章平均40〜45ページが公開される月刊マンガである。

また、マンガの章の長さは、編集者や出版社の影響を受けることもあります。マンガの章は雑誌で発表されるため、出版社はその方が儲かるなら連載を続けたいので、章の長さについて発言権を持つ。 

また、あるマンガのシリーズに多くのファンがいる場合、そのマンガの章を継続的に掲載することは、出版社にとって雑誌の売上を増やすことにつながる。 

また、マンガ家のページレイアウトも、マンガの章の長さに影響を与えます。出版社によっては、出版コストを下げるために、マンガ家の作品を数ページに収めなければならない場合もある。 

漫画家も出版社が納得すれば、コマ割りをドラッグすることができます。

マンガは何章まであるのですか?

繰り返しになりますが、マンガの章数は、そのマンガの発売頻度や、出版社、編集者、マンガ家がどれだけの期間、そのマンガのプロットを継続する意思があるかなど、いくつかの要因に左右されるのです。

なぜなら、週刊漫画は毎週章が公開されるため、月刊漫画よりも章数が多いからです。

例えば、週刊マンガの平均的な章数は、マンガ単行本または単行本1巻あたり8~10章です。同様に、月刊マンガの平均的な章数は、単行本1冊あたり5章程度です。

マンガの巻数とは?

雑誌に連載された漫画の全章をまとめたものが「漫画全集」です。 

公開されたマンガの全チャプターは、1冊のマンガ単行本、または単行本1巻にまとめられ、読者が好きなマンガに一度にアクセスできるような便利な仕組みになっています。 

マンガ編とは

マンガは通常、経費削減のために白黒で印刷される。マンガは、マンガ家と出版社が決めたストーリーの長さによって、さまざまな巻数を持つことができる。 

例えば、『ONE PIECE』は長編漫画の代表格で、単行本は100巻を超え、今後も巻数が増えることが予想されます。 

マンガが単行本で発売される主な理由は、その入手のしやすさにある。海外の読者は、日本の雑誌で毎週または毎月発表されるマンガの章についていけないからだ。

 同様に、週刊や月刊で発売されるマンガの章を待つのが嫌な日本の読者でも、代わりに発売後に全巻を読むことを好むかもしれない。

マンガの1巻の長さは?

マンガの巻数の長さは、マンガの章の長さとほぼ相関がある。 

前述したように、マンガの巻は、週刊誌や月刊誌で発表されるマンガの章をまとめたものである。 

巻数

例えば、「ワンピース」のマンガの平均ページ数は200ページで、マンガのシリーズによってページ数が異なることがあります。

マンガの巻は、マンガの各章を掲載した後に発売されるため、マンガの巻のページレイアウトは、雑誌出版社が採用しているページフォーマットと対比させることができる。 

この場合、マンガの1巻のページ数が圧倒的に多い場合と少ない場合があることを意味します。

さらに、マンガの一巻に、ボーナス章、トリビア、楽しいクイズ、コントなど、読者のための特別なコンテンツをいくつか加えて発売されることもある。その結果、ページ数が増え、1巻の長さが長くなる可能性もある。

マンガは何巻まであるのですか?

これは、あくまでも掲載されたマンガの章数に依存する質問です。 

なぜなら、マンガの1巻は、掲載されたすべてのマンガの章を1冊のマンガ本や単行本にまとめて初めて1巻の完結となるからだ。 

マンガ編とは

マンガのシリーズは、ストーリーが続くマンガであれば80巻から100巻まであり、有名なマンガでは巻数を重ねて100巻の大台に乗せたものもある。 

巻数が10巻以下のマンガは、短編マンガとして扱われます。

しかし、マンガの1巻が完結するためには、マンガの章数が一定でなければならないという決まりはありません。 

例えば、ゴルゴ13は現在進行中のマンガシリーズで、203巻でありながら552章を有している。同様に、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は、1900章以上あるマンガシリーズだが、巻数は201巻にとどまっている。

したがって、章数が多くても、章数に関係なく巻数が少ない漫画があることを示している。また、マンガは章数ではなく巻数でランキングされる。

マンガの章と巻の違いは何ですか?よくある質問

マンガの1巻って何?

マンガの1巻とは、1冊のマンガ本にまとめられた章の集合体のことである。日本の雑誌では週刊誌や月刊誌で連載され、人気が出ると全編を一冊にまとめた「単行本」と呼ばれるものが発行される。 

ボリュームはチャプターと同じですか?

A マンガの章 は物語の1セグメントで、物語のプロットが進むと、プロットを次のステップに進めることで章が徐々に増えていく。一方、巻は章を集積して1冊の本にしたものである。漫画では、週刊または月刊の漫画雑誌で発表された章を、後に単行本1巻にまとめて販売する。 

マンガのチャプターはどのように公開されるのですか?

マンガの章 は、作者や出版社によって、2つのベースで公開されています。週刊で連載されているマンガもあれば、月刊で連載されているマンガもある。しかし、すべての漫画は雑誌に掲載され、その後、単行本にまとめられ、単行本として販売される。

マンガの1章は何ページですか?

マンガの章立てのページ数は、マンガの筋書きやマンガ家、出版社など様々な要因に左右されます。出版社がコスト削減に熱心なら、漫画家は自分の作品のほとんどを数ページに収められるようにする。同様に、人気のあるシリーズであれば、1章のページ数が増えることもあります。平均的なページ数は、18ページから20ページです。

関連記事

マンガの黄ばみを防ぐには (1)

マンガが黄ばむのを防ぐには?| 簡単な8つの解決策

日本のメガネブランド一覧

日本製メガネブランド一覧|気になる日本製メガネブランド8選!