Kid Friendly Japanese Food|子供が大好きな日本の食べ物15選!

キッズフレンドリーな日本食

子供は同じ食事に飽きやすいものです。そんなときは 子供に優しい日本食 お子さんが絶対に喜ぶ

日本食は、地球上で最も栄養価が高く、健康的な食べ物だと言われています。また、とても美味しいですよね。もしあなたが日本を訪れたり、お子さんと一緒に日本に引っ越したりするなら、お子さんがどのように日本の食べ物に適応し、好きになってくれるのか気になることでしょう。 

旅行や引っ越しで、子どもたちが必ず経験することのひとつに「食」があります。そんな心配は無用で、子供に優しい日本食がたくさんあります。 

ここにいくつかの例を挙げておきますので、常にマクドナルドや大陸の食料品店を探す必要はありません。 

  ショップ・フロム・ジャパン  

子どもにぜひ食べさせたい、キッズフレンドリーな日本食をご紹介します。

子供のためのおいしい日本食

味噌汁

子供に優しい日本食リストの最初の料理は、味噌汁です!

日本の子供たちが必ず食べている伝統料理のひとつです。味噌はとてもヘルシーであっさりしているので、朝一番の朝食として食べられることもあります。大豆と麹をブレンドしたスープは最高に美味しいですよ。 

子供に優しい日本食

これをペースト状にして(Called miso paste)、豆腐やネギと一緒に熱いスープに入れて混ぜ合わせます。野菜や海藻を加えて栄養価を高めることもできます。 

お味噌汁には、タンパク質、抗酸化物質、ビタミンが豊富に含まれているだけでなく、素晴らしいプロバイオティクスがあることをご存知ですか?お子さんの免疫力を高め、病気から守り、腸を健康に保ち、肌や髪をつやつやにしてくれる一品です。

カレーライス

子供に優しい和食の次の料理は、カレーライスです。

カレーライスほどシンプルで魅力的な料理はありません。世界中の子供たちに愛されているようです。特に旅行中は、汎用性が高いので、このような料理が好まれます。 

スパイスを自分の好みに合わせて調整したり、好きな野菜を加えたり、肉を入れたり入れなかったりして食べることができます。また、日本全国を旅していても、簡単に手に入る料理です。 

子供のための日本食

カレーの内容にもよりますが、この料理はとてもヘルシーで栄養価の高いものです。ただ、お子さんが一人で食べられるようになると、ちょっと面倒になるかもしれませんね。お子さんの好みに合わせて、普通のご飯にシャキシャキの野菜を添えてあげるのもいいでしょう。 

関連する 梅は食べられますか?

餃子

この子供に優しい日本食のリストの次のものは 餃子!

餃子は、日本というよりは中国のものですが、日本のレストランでは、中国の影響を受けた餃子を見ることができます。餃子は中国の餃子から派生したもので、肉やハーブを入れた餃子を皮で包んでフライパンで焼いたものです。 

素材の良さが伝わってきて、とても美味しいです。ただし、すぐに食べようとすると具が熱くなってしまうので、しばらく冷ましてから食べるようにしてください。 

子供が好きな日本食

お子さんが小さい場合は、餃子を割っておくと早く冷めます。餃子にはソースがついていますが、そのまま食べてもおいしいです。お子さんがソースをつけて食べたがるかどうかは、お子さんの探究心にかかっています。 

関連する 日本のサツマイモは健康に良い

天ぷら

次にご紹介する子供に優しい日本食は、私の大好きな天ぷらです。

衣をつけて揚げた鶏肉、魚、海老、野菜は、絶対に間違いのないものです。外出先でのおやつとして、あるいは食事の際のサイドメニューとして、子供たちに食べさせてみてはいかがでしょうか。 

日本の子供たちのヘルシーフード

揚げ物ですから、ある程度の脂肪分は含まれています。しかし、西洋の揚げ物に比べると、天ぷらは衣が非常に薄く、軽く揚がっているのでヘルシーです。サクサクとした食感の日本料理は、子供たちに手軽にタンパク質を摂らせるには最適です。 

関連する 日本のクモガニは食用ですか?

枝豆

これはおそらく、子供に与える日本食の中で最もヘルシーなものでしょう。

リード  Starbucks In Japan Menu 2024|スターバックス ジャパン限定メニューの数々

若い大豆の甘みと、湯通しした水のわずかな塩味が混ざり合って、おやつとしてとても魅力的です。旅先で子供たちがチップスやクッキーから目を離さないように、湯通しした枝豆を常に携帯しておきましょう。 

子供のための日本の朝食

枝豆には食物繊維が豊富に含まれているので、長時間満腹感を得ることができます。また、枝豆はカスタマイズ可能なので、子供の好きな味付けを加えることもできます。子供が好きなら、ディップしてもいいかもしれません。家で作るのが難しい場合は、日本のほとんどのレストランで枝豆が用意されています。 

関連する ニューヨークで日本製品が買える場所

おにぎり

次の子供向け日本食は、みんなが大好きなおにぎりです。- おにぎりです。 

おにぎりは、とても楽しいものです。柔らかいおにぎりにいろいろな具を詰めて、海苔で巻いて食べるのです。お寿司のようなものですが、ちょっと違います。伝統的には、三角形や円筒形のものが多いですね。 

キッズフレンドリーな日本食

私のお気に入りの具は、スパイシーなツナと新鮮なキュウリにクリーミーなマヨネーズを加えたものです。おにぎりが子どもたちに人気なのは、いろいろな形にできるからです。もちろん、一番簡単なのは幾何学的な形ですが、創造力を働かせて、子供の様々なスーパーヒーローの形にしてみるのもいいでしょう。 

お子さんにも喜んでもらえると思います。おにぎりの具としては、焼き鮭、マグロ、明太子、野菜などがおすすめです。入れるもの次第で、いくらでもヘルシーにすることができます。 

関連する 白菜とは?

テリヤキ・チキン

子供に優しい日本食リストの次の食べ物は、照り焼きチキンです。

照り焼きといえば、私の口の中には何でも入ってきます。ごはんと一緒に食べても、サンドイッチにしても、そのまま食べてもおいしいので、お子さんにもおすすめの和食です。 

子供に優しい日本食

照り焼きソースには、醤油、ニンニク、ショウガ、タマネギなどの香辛料と、味を均一にするための黒砂糖が含まれています。これを鶏肉や野菜に塗ります。家で肉を焼いて簡単に作れるし、レストランでも手に入るので便利だ。 

ソースだけではあまり健康的ではないかもしれませんが、肉や野菜をコーティングすることで、子供たちは栄養を摂取することができます。 

たまご寿司

次に紹介する子供向けの日本食、「たまご寿司」が大好きです。おいしそう

玉子寿司は、日本で愛されている料理である寿司をお子さんに紹介するのに最適です。これは基本的に卵で、オムレツのように調理されていますが、甘くなっています。濃厚なカスタードのような食感が特徴です。 

それを長方形に切って、もち米と一緒に海苔で巻きます。 

子供のためのヘルシーな日本のおやつ

これは、タンパク質、炭水化物、ビタミン、ミネラルを豊富に含んだ食品です。この料理は非常に複雑な味がしますが、とても楽しいです。 

大人がおいしい巻き寿司を食べている間に、お子さんにはおいしい玉子焼きを食べさせてあげましょう。お子さんがまだ小さい場合は、巻き寿司を一口サイズに切っておくと便利です。 

寿司

もちろん、この料理は「子供に優しい日本食」のリストに入れなければなりませんでした。

せっかく日本に来たのだから、本場のものを食べよう!」。日本人でなければ、この人気のある料理を好きになるのに時間がかかったかもしれませんが、子供たちは意外とそうではありません。生の魚を食べさせることに抵抗がある場合は、野菜と調理された肉の詰め物から始めてみてはいかがでしょうか。

子供のための日本のおやつ

私は個人的にはわさびを避けていますが、もし子供たちが冒険心を持っているなら、わさびを紹介しても問題はありません。彼らが寿司好きなら、日本での生活は非常に楽になるでしょう。 

また、お米や海藻、使用する野菜や魚の栄養やエネルギーが詰まっているので、とてもヘルシーです。 

弁当箱

お弁当は、それ自体が料理ではありませんが、特に大きな子供にとってはとても楽しいものです。また、大人にとっても、自分の好きなようにカスタマイズできるのでとても便利です。弁当箱は基本的に、いろいろな食べ物を混ぜ合わせることができ、自分の好きなように栄養価の高いものを作ることができます。ご飯や麺類などの炭水化物をメインにした料理を作ります。 

子供のための日本食

鶏肉、卵、肉、魚など、お子さんが好きなタンパク質と一緒に食べましょう。調理した野菜や湯通しして味付けした野菜を加えれば、ビタミンも加わり、バランスのとれた食事になります。また、子供たちはさまざまな食品を摂取し、それぞれが健康に貢献します。 

リード  日本のサツマイモの7つの健康効果|日本のサツマイモはヘルシー?

旅先でどうやって組み立てればいいのかわからない、という方もいるかもしれませんが、日本ではほとんどのコンビニエンスストアでお弁当箱が販売されていますので、安心してください。駅の構内でも販売されています。 

うどん

私の子供に優しい日本食で一番好きなのは、なんといっても「うどん」です。

麺類を嫌いな子供にはまだ出会っていない。では、大人で麺類が嫌いな人を教えてください。私はうどんが大好きだし、出会った子供たちもみんなそうだ。うどんは、太い麺を使った料理です。 

麺がモチモチしていて、とても楽しいです。この麺には小麦が使われています。確かに、これは健康的な料理とは言えませんが、たまにはシンプルに楽しむのもいいかもしれません。

日本のお弁当箱

うどんは、野菜と肉の熱いスープで食べます。冷まさないと大やけどをする恐れがあるので、注意してください。 

お肉が入っているので、お子さんの食事にタンパク質を取り入れるのに適しています。野菜を食べるように促すために、青菜などの野菜を加えてもいいでしょう。一人で食べるのが好きな幼児には、スープを使わずに麺を別にしてもいいでしょう。 

赤ちゃんがお皿からつまんで口に直接入れやすいように、カットしてあります。 

オヤコドン

親子丼は、英語で「親子丼」と訳される日本の伝統料理です。 

チキン(親)とエッグ(子)の両方が含まれていることから、そう呼ばれています。 

醤油、みりん、出汁でとった風味豊かなスープやソースで、薄切りの鶏肉、溶き卵、玉ねぎを煮込むのが一般的な料理です。

親子丼は一般的に、健康的でバランスのとれた食事と言われています。鶏肉と卵から得られるタンパク質に加え、必要な栄養素やビタミンを摂取することができます。玉ねぎが風味と食感をプラスしています。 

また、親子丼は、エネルギー源となる炭水化物を摂取するために、蒸したご飯の上に載せて食べるのが一般的です。

親子丼をお子様にお召し上がりいただく場合、お子様の食事内容や嗜好を考慮することが大切です。 

鶏肉や卵にアレルギーがなく、食べることに制限のないお子さんであれば、親子丼は適した料理と言えます。ただし、鶏肉はしっかり火を通し、卵もきちんと火を通すことで、健康へのリスクを回避することができます。

ソースやスープのナトリウム量が気になる場合は、醤油の量を減らしたり、減塩のものを使ったりして調整することが可能です。 

同様に、お子さんが偏食だったり、マイルドな味を好む場合は、それに合わせて味付けを調整するとよいでしょう。

親子丼は、お子様にとって栄養価が高く、おいしいメニューですが、お子様の食事に関するニーズやアレルギー、嗜好を考慮した上でお召し上がりいただくことをお勧めします。

納豆

納豆は大豆を発酵させて作る日本の伝統料理ですが、その独特の味と食感から、必ずしも子供向けとは言えません。 

ネバネバ、ヌルヌルの食感です。納豆の風味も独特で、お子さんが大好きになるか、嫌いになるか、どちらかに分かれるでしょう!

とはいえ、納豆が好きなお子さんもいますし、栄養価の高い食品として選ぶことができます。納豆には、たんぱく質や食物繊維、さまざまなビタミンやミネラルが豊富に含まれています。ご飯と一緒に食べることが多く、醤油、からし、ネギなどのトッピングで味を引き締めます。

お子さんに納豆を紹介する場合は、少量から始めて反応を観察するとよいでしょう。 

お子さまによっては、好んで食べてくれる場合もあれば、美味しくないと感じる場合もあります。他の食材と混ぜたり、寿司や炒め物などの料理に取り入れたりするなど、さまざまな調理法を試して、子どもたちが食べやすいように工夫してみるのもよいでしょう。

リード  KFC In Japan Menu 2024|日本KFCの英語メニュー

結局のところ、納豆が子供向けかどうかは、個々の子供の味覚の好みによります。新しい食品を少しずつ取り入れ、その好き嫌いを尊重することは常に良いことです。

あんぱん

あんぱんは、"あんこ "と呼ばれる甘い餡が入った日本で人気の菓子パンです。日本では一般的なおやつやデザートとして、お子様をはじめ、幅広い年齢層の方に親しまれています。

あんぱんは、一般的に子供向けのお菓子と言われています。柔らかくてほんのり甘いパンと、甘いフィリングの組み合わせは、子どもの味覚に訴えかけることができるのです。 

あんこは、小豆を煮て甘くしたもので、多くの和菓子の材料として使われています。

しかし、どんな食べ物でもそうですが、お子様の食事制限、嗜好、アレルギーを考慮することが大切です。 

あんぱんには、小麦粉、砂糖、バターや植物油などが含まれているため、これらの原材料にアレルギーや過敏症がある場合は、代替品を探すか、別のおやつを選ぶ必要があります。

特に甘いものが好きなお子様には、あんぱんはおいしくて楽しいおやつになることでしょう。バランスの良い食事を心がけるのはもちろんですが、あんぱんはバランスの良い食事計画の中で、たまには贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

たまごやき

玉子焼きは、長方形のフライパンで溶き卵を何層にも重ねて焼く、日本の伝統的なロールオムレツである。 

日本では一般的な料理で、醤油などの薬味を添えて朝食として食べるのが一般的です。

玉子焼きは、一般的に子供向けの食べ物と言われています。まろやかでほんのりとした甘みがあり、お子様にも好まれる味わいです。食感は柔らかく、ふわふわしているので、噛み砕きやすく、飲み込みやすい。

玉子焼きの主原料である卵は、成長期のお子様に嬉しいタンパク質やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。 

ただし、卵アレルギーや食事制限をお持ちのお子様には注意が必要です。卵アレルギーのお子さまや、卵を避けるように指示されているお子さまには、玉子焼きは適しません。

玉子焼きは、バランスのとれた食事の一部として楽しむことができます。ご飯や野菜などのおかずと一緒に食べることで、より完全で栄養価の高いお子様向けの食事にすることができます。 

玉子焼きやその他の食品を食事に取り入れる際には、いつも通り、お子様の食事の必要性や好みを総合的に考慮することが大切です。

子供のための日本食:よくある質問

日本では子供たちにどんな食べ物を食べさせているのだろう?

日本の子供たちは、米、麺、野菜、魚、豆腐、卵、果物、乳製品など、さまざまな食品をよく食べます。寿司、天ぷら、味噌汁、焼き魚などの伝統的な日本料理も、子供たちによく食べられています。また、近年は洋風のファストフードやスナック菓子も子どもたちの間で人気があります。

日本の子どもたちは、学校で何を食べているのでしょうか? 

日本の学校では、栄養バランスのとれた「給食」が提供されるのが一般的です。ご飯、主菜(魚、肉、野菜など)、副菜(野菜や漬物など)、汁物、牛乳がセットになっていることが多いです。具体的なメニューは学校によって異なりますが、健康的で充実した食事を提供することを目的としています。

日本の子どもたちは、お弁当に何を入れているのでしょうか? 

日本の子どもたちの多くは学校から支給される給食を食べていますが、中には自分で作ったお弁当を持参する子どももいます。弁当箱には通常、ご飯、タンパク質(焼き鳥や魚など)、調理した野菜、漬物、そして時には小さなデザートが詰め込まれています。お弁当の中身は、個人の好みや食事制限によって様々です。

日本の子どもたちは、朝食に何を食べているのでしょうか? 

日本の朝食は、ご飯、味噌汁、焼き魚、漬物、海苔、納豆の組み合わせが多い。その他、玉子焼き、豆腐、サラダ、パンなどがあります。しかし、ライフスタイルの変化により、シリアルやトースト、ヨーグルトなど、手軽な朝食にする家庭もある。

日本の子どもはシリアルを食べるのか? 

日本では従来、シリアルは朝食の選択肢として一般的ではありませんでしたが、近年、特に欧米の食文化の影響を受けている子供たちの間で人気が高まってきています。日本の多くのスーパーマーケットでは、輸入品や国産品を含め、さまざまなシリアルが販売されています。

日本の子どもたちは、1日に何を食べているのでしょうか? 

日本の子供たちの食事は様々ですが、典型的な1日の食事は、朝食に野菜とタンパク質を含むご飯か麺類、昼食はご飯、タンパク質、野菜、スープからなる学校給食または弁当、夕食は同じような構成になっています。食事と食事の間のおやつには、果物、ヨーグルト、おせんべいなど、日本の伝統的なスナックを食べることができます。

関連記事

  1. 回転寿司の人気店
  2. 日本のベストカレーブランド

どう思う?

トップ クラフト&アーティザナル ジャパニーズ ジン

ジャパニーズ・ジンのベスト8|トップ・クラフト&アーティザナル・ジン・トゥ・トライ

日本でのセラミック充填のコスト

日本のセラミック充填費用 2024年|日本のセラミック充填価格ガイド!