マンガとライトノベルの違い|マンガとライトノベルの5つの大きな違い

マンガ vs ライトノベル

マンガとライトノベルは同じものと混同されがちです。しかし、それは大きな誤解です。なぜなら、マンガとライトノベルは、その形式、連続性、イメージなどの点で全く異なるものだからです。ここでは、マンガとライトノベルの違いをたどり、両者の芸術をより深く理解するための方法を紹介します。ぜひご覧ください。 

エンターテインメントは私たちの生活に欠かせないものであり、何らかのエンターテインメントがなければ、私たちの生活は味気ないものになってしまうことは周知の事実です。インターネットが娯楽の源である現在、私たちはゲーム、音楽、アニメなど様々な娯楽コンテンツに触れています。 

しかし、エンターテインメントは必ずしも電気的である必要はないのでしょうか?そこで、本や小説の出番となるわけですが、誰もが見て新しいことを学ぶのが好きなわけではありません。

日本人は漫画やライトノベルが好きで、独自のスタイルとデザインで物語を描いています。マンガやライトノベルは、現在、センセーショナルなエンターテインメントの形となっている。 

でも、どっちがいいんだろう?漫画とライトノベルのどちらが読者にとって良いメディアなのか、さらに読み進めていきましょう。

マンガとライトノベルの比較

マンガとは何か?

マンガ は、日本発のエンターテインメントとして非常に有名であり、世界中のアニメオタクに愛されている素材です。マンガは日本語で簡単に言うと「コミック」ですが、これまで見てきた英語のコミックとは少し違うところがあります。 

マンガはカラーではなくモノクロで印刷され、キャラクターは英語のコミックブックで表示されるキャラクターよりも詳細で感情的な特徴を持つ。

幅広い年齢層に読まれており、漫画にもアニメと同様にアクション、アドベンチャー、コメディ、ホラー、ロマンス、ファンタジー、SF、ドラマ、ミステリーなどいくつかのジャンルがあります。 

マンガは、日本では一般的にマンガ雑誌に連載され、各エピソードが毎週発行される。漫画雑誌の漫画の1エピソードにはたくさんの物語が含まれていて、毎週継続して掲載されます。 

マンガのエピソード集を全部読むには、マンガの単行本があります。

マンガは、マンガ家である萬画家が執筆し、その他にイメージ画や編集、出版に携わる人が何人かいる。多くの漫画がアニメや映画になり、アニメが漫画になったものもある。

ベストセラーのマンガには、「ワンピース」「ドラゴンボール」「NARUTO」「事件屋/名探偵コナン」「ゴルゴ13」「ブラックジャック」などがあります。

ライトノベルとは?

ライトノベルはその名の通り、マンガに近いスタイルで出版される小さな小説で、当初はマンガ離れが進む若年層をターゲットにしたものだった。

リード  6 ワンピースのような最高のアニメ

ライトノベルの平均的な長さは、最大5万字です。漫画とは異なり、イメージやセリフよりもストーリーに重きを置いているのが特徴です。 

しかし、最近はライトノベルでも画像を入れることが増えてきましたが、マンガほどではありません。 

ライトノベルはストーリー重視のため、漫画に比べてファン層が狭く、10代から20代が中心です。 

ライトノベルの多くは単行本として出版され、一部は漫画雑誌に連載される。

ライトノベルは当初、若年層のファン獲得を目的に、人気アニメやゲーム、映画などのイラストを掲載したパルプ誌から発展したものである。その後、ライトノベルの映画化、アニメ化、マンガ化が一般的になってきた。 

ライトノベルは、マンガと同じように文庫本や単行本で出版されているものが多い。1000万部を超えるベストセラーとなった漫画には、『とある魔術の禁書目録』『その時、スライムに転生した』『ソードアート・オンライン』『魔法科高校の劣等生』『涼宮ハルヒ』などがある。

マンガとライトノベルの違い

マンガとライトノベルの性質がわかったところで、両者の大きな違いについて見ていきましょう。両者の間には、次のようないくつかの注目すべき点がある。

媒体の違い

マンガとライトノベルは、多くの共通点を持ちながらも、異なる体験を提供し、読者に異なる印象を与えるものです。どちらも日本発のビジュアルメディアでありながら、ストーリーの種類、ターゲット層、マーケティング方法などが大きく異なっているのです。 

マンガはコミックに分類されますが、ライトノベルは小説に絵をつけたもので、一般的な小説にあまり興味がない人向けに販売されることがほとんどです。 

例外はあるが、一般にライトノベルはマンガより洗練されていると見られ、高等教育を連想させることが多い。 

マンガとライトノベルの大きな違いは、読書体験にあると思います。 

マンガを読むには、時にストーリーをリードする画像に注意を払うという、ある種のテクニックが必要です。マンガは章が短いのでテンポがよく、経験の浅い読者でもついていける。 

しかし、ライトノベルは、読者が物語を理解し、小説の中で描かれるさまざまなシーンを理解するために、言葉やより伝統的なストーリーテリングのテクニックに依存する必要があります。ライトノベルは、漫画よりも長く、言葉も多く、より豊かな体験を提供する傾向がある。 

マンガとライトノベルのスタイルの違い

マンガやライトノベルは、超常現象の話から日常生活の話まで、そのスタイルもさまざまですが、細部や深さにも違いがあります。一般的に、ライトノベルはマンガよりも広い範囲をカバーし、マンガはストーリーの視覚的な部分に重きを置いています。 

マンガとライトノベルの発売の仕方の違い

マンガとライトノベルのもう一つの違いは、その発売形態にある。流通面では、マンガは雑誌に掲載され、単行本として発売されるのが一般的ですが、ライトノベルは単行本として発売されるのが一般的です。 

リード  2024年の日本人監督ベスト10

日本では、マンガは白黒印刷で各種コンビニエンスストアで販売されていることが多く、ライトノベルはフルカラー印刷で書店に並んでいることが一般的です。 

結局、マンガもライトノベルも、好みに応じてさまざまな楽しみ方ができるメディアなのです。 

マンガは読むのに時間がかからないが、ライトノベルに比べると深みに欠けるかもしれない。時間はかかるが、非常に詳細で豊かな体験ができる。 

漫画もライトノベルも、好みに関係なく、適切なストーリーで忘れられない旅ができる素晴らしいメディアです。

マンガとライトノベルの形式の違い

マンガやライトノベルは、その形式が内容の描写に大きな役割を果たします。マンガはご存知の通り、キャラクターが主役で、ストーリーよりもキャラクターのセリフや感情、リアクションに主眼が置かれています。 

マンガの進行を通じて、ストーリーや脚本に続いて、読者を楽しませるためにいくつかの画像が表示されます。そのため、マンガの読者は子どもやティーンエイジャーが多い。 

一方、ライトノベルは、イラストではなくストーリーが中心です。ライトノベルは、漫画よりもストーリーに重きを置き、より明確な説明がなされます。そのため、ライトノベルはヤングアダルトのような成熟した読者層にとってより魅力的なものとなっています。 

マンガとライトノベルの挿絵やイメージの違いについて

マンガもライトノベルも映像を描くのは同じですが、マンガは目を引くイラストが中心です。マンガはコミカルな表現が多く、登場人物の行動やセリフが徹底的に強調される。 

そのため、観客は登場人物の気持ちや状況を知ることができ、より漫画に没頭することができるのです。

ライトノベルは物語性を重視するため、登場人物の画像は数枚程度です。しかし、ここで注目すべきは、イラストの質である。ライトノベルは挿絵が少ない分、マンガの挿絵よりクオリティが高い。 

また、ライトノベルはキャラクターの外見を細かく描写するため、マンガ家は大量の絵を描かなければならず、絵のクオリティにばらつきが出ます。

マンガとライトノベルの違いによる言葉の重要性

明らかに、ライトノベルはマンガよりも言葉を重視しています。これは、ライトノベルが、グラフィックよりもストーリーを重視する若年層をターゲットにしていることが主な理由です。そのため、ライトノベルは読書好きな多くの人にとって興味深い趣味となっています。 

ライトノベルは、物語の歴史や登場人物、なぜそのような筋書きになったのかが明確にわかるようになっています。 

だから、ライトノベルはマンガよりずっとわかりやすいし、情報量が多いんです。すべてが明確に語られているので、疑問が生じることはまずないでしょう。

一方、マンガは登場人物のセリフに重きを置いていて、読者が登場人物の気持ちを理解するのにも有効です。 

しかし、これはマンガの単調な要素であり、何人もの登場人物が台詞を伝え続けると、読者を混乱させることになる。

マンガとライトノベルの長さの比較

読み物では、長さも重要な要素です。長すぎて退屈だと、ほとんどの読者にとって大きなマイナスになります。 

リード  ペアレント・ガイド・トゥ・アニメ101

ライトノベルは5万字までと決まっていますが、マンガは特に字数制限がありません。

そのため、ライトノベルは、作家が最後まで筋を通し、言葉の長さを利用して物語を進行させる必要があるため、マンガよりも短く、テンポの悪い作品になります。 

一方、漫画は字数制限がないため、何年も続くこともあり、ライトノベルよりテンポがいい。 

継続性の違い

ライトノベルは5万字という字数制限があるため、それ以上続けることはできません。物語はいつかは終わらなければならず、作家が元の物語の続編を作るつもりでなければ続きが書けないのです。 

だから、ライトノベルがマンガのようにずっと続いていくことはないでしょう。

漫画といえば、作者が望めばいくらでも続けられるものです。過去に最も長く続いたマンガは、全205巻を数える「ドカベン」です。1972年4月に創刊され、2018年9月に終了しています。

マンガとライトノベルはどっちがいい?

さて、ここまで漫画とライトノベルの違いについて述べてきましたが、そろそろどちらが優れているか結論を出したいと思います。マンガもライトノベルも、それぞれの良さがあり、読者に魅力的な物語を描いています。 

最終的には人の好みになるので、勝ち負けはないのですが。子供やティーンエイジャーがマンガを好むのは、イメージの多様性やキャラクターを重視するためだろう。さらに、大人にも漫画のファン層は多い。 

ライトノベルは、プロットを重視し、物語を包括的に表現しているため、より成熟した読者に好まれるのでしょう。 

また、マンガとライトノベルでは対象読者層が全く異なるため、優劣をつけるのは難しい。

マンガとライトノベルの違い。よくある質問

ライトノベルとマンガのどちらが先か?

ほとんどの場合、ライトノベルが最初の原作となり、映画化される。ライトノベルが人気を博すと、漫画化され、さらにアニメや実写映画化される。また、ライトノベルがそのままアニメ化されることもある。また、ライトノベルがないため、漫画から直接アニメ化されることもある。 

ライトノベルはマンガのようなものですか?

ライトノベルとマンガは、どちらも娯楽を目的として作られた読み物です。ライトノベルとマンガは、ある程度似たような作風ですが、大きく異なる点があります。マンガはキャラクター重視で膨大な画像が掲載されているのに対し、ライトノベルは物語重視で5万字という字数制限がある。

すべての漫画にライトノベルがあるのですか?

ライトノベルは、マンガに近いスタイルで、ストーリーを細かく見せることを基本とした小説のようなものです。漫画やアニメはライトノベルを原作としていることがほとんどです。しかし、すべての漫画にライトノベルがあるわけではなく、また、すべてのライトノベルが他のエンターテイメントに転用されるわけでもありません。

ライトノベルとマンガはどっちがいい?

ライトノベルは、読者に誤解を与えないように、総合的なプロットを提供する。そのため、ライトノベルはより成熟した読者に好まれる。一方、漫画はキャラクターが主役で、イメージやクライマックス、セリフに重点が置かれているため、若者向けと言えます。どちらが優れているかは、読者の好みによる。

Ava Satoによって書かれた。

はじめまして!Japan Trulyのメインライターです。日本のことは何でも好きで、スキンケアやメイクアップ、ガジェットなど、日本の製品を試すのが大好きです。ここでは、日本のベストセラー製品のレビュー(試してみたもの)をご覧いただけます。

ベスト・インテンシブ・マンガ

今すぐ始めるべき!中毒性の高い連載マンガ10選

日本史の必読書10冊