東京でおすすめの温泉スタイルのスパ5選

東京の温泉スタイルのベストスパ

厳選されたリストをご紹介します。 東京でおすすめの温泉スタイルのスパ あなたがリラックスしてくつろげるように。日本の温泉でのスパトリートメントは、まさに天国のようです。東京で人気の温泉スパをご紹介します。 

お風呂が好きで、リラックスするにはそれが一番だと思っている人には、日本の温泉は天国だと思うでしょう。 

私は日本の温泉文化が大好きで、世界中のすべての都市が、市民に最高のリラックスタイムを提供するために、温泉文化を取り入れるべきだと思っています。 

東京でどの温泉に行こうかと悩んでいる方は、東京の温泉スタイルスパのベスト5を読んでみてください。

東京で人気の温泉スタイルのスパ

東京染井温泉さくら

  • アドレス 東京都豊島区駒込5-4-24
  • Tel: 03-5907-5566

この東京のベスト温泉スタイルのスパのリストの最初のものは、Somei Onsen Sakuraです。

のです。 染井温泉さくら は、東京のスパの中でも評価が高く、常連客が絶えません。

ソメイヨシノ温泉サクラ

ここは、都会の喧騒から逃れるために多くの人が訪れる場所です。 

このスパに足を踏み入れると、滝の流れる静かな庭園に一瞬にして連れて行かれます。 

あなたは可憐な鳥を見ることを半ば期待しているでしょうし、そうなっても私は驚きません。 

京都にいることを感じさせる桜のアートが描かれた素敵な壁画があります。 

染井温泉「さくら」では、数ある温泉の中から自分に合ったものを選び、時間を忘れて楽しむことができます。 

岩盤浴、サウナ、女性用6つ、男性用5つのお風呂の中からお好きなものをお選びください。 

露天風呂は最高で、絶対に見逃せない体験のひとつです。 

のです。 rotenburo, 超音波でお湯を温め、自分に合った温度を保つことができる女性向けの製品です。 

スパではタオルやローブを小額で貸し出していますが、希望すれば自分のものも持ってくることができます。

お風呂に入る前に、パーラーやサロンでサービスを受けることができます。 

また、家具付きのラウンジでは、温かい飲み物を飲みながらお気に入りの本を読むこともできます。 

ウェブサイトは非常に使いやすく、日本語だけでなく英語にも対応しているので、外国人や駐在員の方にも便利です。

サヤノユドコロ

  • アドレス 東京都板橋区前野町3-41-1
  • Tel: 03-5916-3826

東京でおすすめの温泉式スパランキングの次は、「さやの湯処」です。

"Saya "とは純粋さを意味し、それはまさにこの店に足を踏み入れたときに感じられるものです。 サヤノユドコロ

このスパは、お客様に深いリラクゼーションと癒しを提供することを目的としており、まさにそれが実現されています。 

伝統的な木造建築を利用した「さやのゆどころ」は、2000年初頭に戻ったような雰囲気を醸し出しています。日本のマスターデザイナーである小口基実氏がプロデュースした禅の庭は、一瞬にして静寂と平和をもたらします。 

さやの湯どころがし温泉

この庭は、スパ内の他の美しく、美的なデザインの中に設置されています。この庭は、ダイニングエリア・レストランからも見えるので、リラックスしながら美味しい食事を楽しむことができます。 

さやの湯処」は、みんなが大好きな露天風呂があると評判なので、必ず事前に電話で予約しておきましょう。 

この温泉は、塩化ナトリウムが多く含まれているため、緑がかった茶色をしています。 

塩化ナトリウムは、筋肉の痛みを和らげ、血行を促進することで知られています。また、肌の角質を優しく取り除き、肌を明るくします。 

これ以外にも、ホットストーンを含む14のお風呂があります。 

ウェブサイトは主に日本語で書かれていますが、英語への翻訳も可能です。 

テルマエ・ユウ

  • アドレス 東京都新宿区歌舞伎町1-1-2
  • Tel: 03-5285-1726

次にご紹介するのは、新宿にある人気の温泉スパ「テルメ湯」です。

美肌のために、温泉に行こう テルマエ・ユウ。 

最近オープンしたばかりのこのスパは、6つのフロアで構成されており、様々な種類のお風呂に浸かったり、スパでトリートメントを受けたり、いくつかのサウナで体を温めたりすることができます。 

テルマエ・ユ

ここではっきりさせておかなければならないのは、ここは本来の温泉ではないということです。しかし、ここで私のリストに入っている理由は、テルメ湯が静岡県の温泉から湯を運んできて、天然温泉と同じ効果をもたらしているからです。 

サンゴの光や中和水などの成分を含んだテルメ湯のお風呂は、あっという間にお肌が柔らかくなってツヤツヤになります。 

このスパでは、タオルやバスローブのレンタル料が入場料に含まれているので、自分で持ち歩く必要はありません。

テルメ湯では、2つのレストランとカフェで、心と体を癒す素敵なお食事をご用意しています。 

また、バーでドリンクを飲んだり、ラウンジエリアでくつろぐこともできます。 

東京の多くの温泉スパは、さらに上を行こうとしていますが、テルマエ・ユは、感情的、感傷的、または悲しい映画を見た後に大泣きする「クライ・デトックス」ナイトで、それに成功しました。 

スパは夜間営業しており、午前1時以降は追加料金がかかります。 

ウェブサイトは日本語で書かれていますが、Google翻訳のオプションを使って英語に翻訳することができます。

なごみの湯

  • アドレス 東京都杉並区上荻1-10-10
  • Tel: 03-3398-4126

この東京のベスト温泉スタイルのスパのリストの次のものは、私のお気に入りで、「なごみの湯」と呼ばれています。

なごみの湯 は、超多忙な都市の中心部に位置する、平和と静寂と癒しのオアシスです。 

お風呂のお湯は、武蔵野の温泉を使用しています。 

なごみの湯

天然の塩化ナトリウムが豊富に含まれているので、筋肉痛や肌のくすみを解消してくれます。 

このスパにはいくつかのお風呂がありますが、お風呂上りには肌がつるつるになっています。 

なごみの湯では、他にも炭酸風呂や岩盤浴、フィンランド式蒸し風呂サウナなどが人気の施設です。

このスパも夜通し営業していますが、午前1時以降は追加料金がかかります。

入場料には、フェイスタオル、ボディタオル、ローブが含まれています。

ウェブサイトには、ほとんどが日本語ですが、英語に翻訳されたページがあります。 

石野温泉

  • アドレス 東京都港区六本木5-5-1 ロジュビル4階
  • Tel: 03-3404-4126

続いてご紹介するのは、「石野温泉」です。

石野温泉 は、従来の温泉とは異なります。 

忍野温泉

この温泉は、水ではなく、乾いた岩盤浴のようなもので、赤外線で温められています。 

その効果は天然温泉に近いものがあります。 

赤外線は細胞に吸収され、ストレスや痛みを和らげ、血行を良くし、肌に輝きをもたらします。 

また、新陳代謝を高め、デトックス効果があることも知られています。

石野温泉は、カプセルホテルの一部です。 

また、ボディスクラブ、フェイシャル、ボディマッサージなどのサービスも充実しており、いくつかの水風呂を選ぶことができます。 

このスパは24時間営業で、午前1時から午前5時の間に入店する場合は追加料金が必要となります。

東京のベスト温泉スタイル・スパ。よくある質問

温泉スタイルスパとは

温泉は、日本の文化の一つである温泉のようなものです。涼しくなってくると、おじいちゃん、おばあちゃんから小さなお子さんまで、家族みんなで温泉に入りますよね。日本の子供たちは、温泉の中での礼儀や振る舞い、服装などを教えられます。温泉スタイルのスパは、温泉施設を利用することができるスパです。 

温泉には、体を温めるだけでなく、肌をきれいにしたり、痛みを和らげたりするミネラルが含まれています。また、これらのミネラルは病気を治すことでも知られています。 

温泉vs銭湯。

また、銭湯は温泉にあるような共同浴場のことです。温泉と銭湯を混同してはいけません。銭湯にはお湯が入っていますが、これは普通の水道水で、ミネラル分はありません。しかし、これは体をきれいにしてくれるので、リラックスしたり、お風呂に入ったりするのに使うことができます。 

一方、温泉は温泉水をそのまま使用しています。癒しの効果があるのは温泉の方で、すべてのスパに温泉があるわけではありません。また、温泉は銭湯よりも高価です。

そのため、本物の温泉に浸かりたい場合は、まずその温泉が「銭湯」なのか「温泉」なのかを確認する必要があります。あるいは、以下にご紹介する東京の人気スパの中から、本物の温泉に入れるところを探してみてください。 

いくつかの温泉のルールを紹介します。

温泉に行く前に、以下のことを覚えておいてください。

  • タオル:多くのスパではタオルが用意されていますが、用意されていない場合は自分のタオルを持っていきましょう。体を拭くための大きなタオルと、体を隠すための小さなタオルを持っていきましょう。
  • 温泉に入る前にシャワーを浴びる:プールと同じように、温泉に入る前にはシャワーを浴びて体を清潔にしておく必要があります。シャワーがあり、石けんやシャンプーが用意されているところがほとんどですが、自分のものを持っていくのもよいでしょう。全身を二重に洗って、清潔な状態にしておきましょう。シャワーを浴びた後は、便とバケツを渡されますので、それを使って洗います。
  • 小さめのタオルを持って温泉に行き、つま先をつけてお湯の温度を確認します。お湯に入るときには、タオルを外して首にかけたり、頭にかぶせたりして、濡れないようにします。
  • 刺青を隠す。日本のスパではタトゥーを禁止しているところが多いので、もしタトゥーを入れている場合は、包帯などで隠すようにしましょう。
  • No Splashing: 温泉は、気持ちの良い癒しの場所とされています。ですから、水しぶきを上げたり、泳いだりしないでください。落ち着いて、リラックスして、元気を取り戻すための時間を過ごしてください。

また、読んでください。

  1. 日本の旅館とホテル
日本製エアコンの使い方

日本のエアコンの使い方101:究極のガイド

畳の部屋

日本の畳の部屋とその文化