日本のパンダのすべて|起源、生息地、名前も!?

日本のパンダのすべて

以下は 日本のパンダのすべて を知る必要があります。ぜひチェックしてみてください。

動物園や森の中で人の好奇心をかきたてる動物の中で、パンダは多くの人にとってトップであるに違いないでしょう。 

パンダは数が少なく、野生動物の専門家からは絶滅の危機に瀕していると思われがちですが、その愛らしさからネットユーザーから注目を集めています。 

Klook.com

パンダといえば、南アジアの森の中でさりげなく休んでいる姿を想像し、ほとんど日本のような環境で過ごしているのではないだろうか。 

しかし、驚いたことに、ジャイアントパンダとレッサーパンダの2種類のパンダは、アジアのある地域に深く生息しているのですが、日本はそのうちの1つではありません。日本で記録されているパンダは、すべて動物園で見ることができる。 

日本のパンダのすべて

日本におけるパンダの起源

パンダというと日本文化のオーラを感じますが、決して日本のものではありません。日本の上野動物園が初めてパンダを受け入れたのは、日中両政府が外交に転じ、平和になった1972年10月のことだった。 

パンダの名前は、どちらかというと奇抜なものが多く、パンダのカンカン(オス)が来てから、カンカンと ホアン・ホアン (メス)は、日本にパンダブームを巻き起こした。 

その結果、1980年代初頭にメスのファンファンとオスのフェイフェイが誕生した。1986年にメスのトントン、1988年にオスのユーユーの子孫となった。

男性 リンリン は、1992年に東京・上野動物園に来園した中国生まれのジャイアントパンダである。リンリンは日本と中国を結ぶ関係の重要な寓話であった。 

リンリンは、日本全国で唯一の直飼いのジャイアントパンダということで、手厚い介護を受けながらサービスを受けていました。現在、日本最大の動物園の檻の中で飼育されているパンダは、すべて中華人民共和国から借りたものである。 

リンリンは22歳で亡くなり、上野動物園に36年ぶりにジャイアントパンダがいなくなった。日本に上陸したパンダはすべて「貸与」であるため、契約期間が終了すると、国はすべてのパンダを返還しなければならない。

日本のパンダはどこで見られるの?

前にも述べたように、日本には竹林の中で可愛らしく横たわるパンダはいない。なぜなら、全世界的に見ても、それは中国南部でしか見られないからだ。日本のパンダはすべて監禁されているのだ。 

リード  日本人が生魚を好んで食べる3つの理由とは?

しかも、日本ではパンダをペットとして飼うことは法律で禁止されています。1984年以降、日本のパンダはすべて中国に貸し出され、日本には自国のパンダはいないのです。 

しかし、もしあなたが休暇で日本に行くなら、寿司と桜に飽きたのなら、このかわいい魅惑的な生き物に出会える場所をいくつか紹介しましょう。

上野動物園(東京

東京最大の動物園は、ここが全国で初めてパンダを飼いならした歴史的な場所であることから、すでにここで何度も紹介されています。上野動物園は、それ以来、パンダを見ることができる場所として人気を博している。 

ここではパンダが飼育されていますが、皆さんが想像するような檻の奥ではありません。昔ながらの監禁は、今はもうなくなっている。 

動物園のパンダと書かれたボードの上を見ると、のんびりしたパンダがくつろいでいる巨大な地面が見えます。これは、パンダが自然の生息地と同じようにくつろげるように細工されています。 

アドベンチャーワールド(和歌山

遠くから眺めるだけでなく、和歌山にあるアドベンチャーワールドは、そのような人たちにぴったりの場所かもしれません。 

アドベンチャーワールドでは、パンダを間近に見ることができる「パンダラブツアー」が実施されており、希望者はパンダにリンゴを与えることもできます。また、アドベンチャーワールドは、最もかわいいジャイアントパンダの「西浜風神」を保護していることでも知られています。

アドベンチャーワールドによると、日本で一番大きなパンダの家族、英明、羅芳、桜芳、桃芳、結芳、彩芳、風芳を飼育していると考えているそうです。このサファリワールドでは、すべての動物の自然な生息地が見られる。 

アドベンチャーワールドでは、1994年に最初のパンダが誕生し、以来15頭のパンダが誕生しています。現在、7頭が飼育されています。

神戸市立王子動物園

数年前からパンダを収容している日本のホットスポットでは、最後のパンダのタンタンがリース期間終了後に中国に放逐されました。現在、タンタンが帰国した後、パンダの入荷の情報はありません。 

リード  キラッとネームとは?

しかし、神戸市立王子動物園は、訪れる価値のある場所です。この動物園では、2000年から日中共同研究の一環としてジャイアントパンダを飼育しています。 

神戸市立王子動物園は、人類の脅威となり、その数を減らしている野生動物の保護に情熱を注いでいます。

タンタンの飼育期間が終了し、日本がパンダ返還の義務を果たした後、日本のパンダは9頭にまで減少しました。しかし同年、アドベンチャーワールドでジャイアントパンダが誕生し、再び10頭にまで増えました。 

タンタンは2000年から神戸市立動物園に在籍し、2008年に人工授精で繁殖させたが、まもなく死亡したため、神戸王子のパンダはタンタンだけになってしまった。 

日本のパンダよくある質問 

日本でパンダに会えるのはいつ?

もしあなたが、パンダの完全な姿を観察し、その動きを丹念に研究するのに理想的な特定の季節を探しているなら、そんな時期はないでしょう。パンダは何事にもフレキシブルに行動するので、季節は関係ないのです。しかし、パンダは朝がとても活動的です。だから、新鮮な朝にパンダを見に行くのはいい考えだ。運が良ければ、パンダが竹や好物のお菓子を食べている姿を見ることができるかもしれません。アドベンチャーワールドでは、パンダツアーも午前中に開催されています。

日本でレッサーパンダを見ることができる?

これまでずっと、ジャイアントパンダの存在について述べてきました。パンダの範疇に入るもう一つの広義の種、レッサーパンダは、ジャイアントパンダとは外見も交配も全く異なる。体はアライグマによく似ていて、柔らかな赤い毛で守られている。ジャイアントパンダは白黒であるのに対し、レッサーパンダは黒と白の2色である。通常、これらのパンダは、他の種はほとんど直立何かに登って見られている間、彼らは良いクライマーであるとして、木で発見されるでしょう。 
レッサーパンダは日本原産ではなく、中国、ネパール、ブータンなどヒマラヤ山脈東部の地域が原産地であることは明らかです。日本では、上野、西山、野毛山など、かなり著名な動物園でレッサーパンダを見ることができる。

リード  ジャパニーズ・ハロウィーン・お盆のガイド 2022

存在する問題

日本ではパンダが減っている。パンダも保護活動をしている人たちも、子孫繁栄の問題で参っているのです。 

に掲載された記事によると ジャパンタイムズ上野動物園のパンダ「リーリー」と「シンシン」のペアは、2011年に19年ぶりに440万人の入園者を記録しました。 

このとき、動物園ではパンダをもっと生み出す必要性を感じた。人工繁殖の試みは何度も行われましたが、ほとんどが失敗に終わっています。

また、日本の動物園では、パンダが病気になったとき、あるいはパンダが死んでしまったときに、いろいろな手続きが必要です。日本の動物園が中国の動物園に説明しなければならないこともたくさんある。

結論

日本は、パンダの愛らしさをアピールする国になってきました。しかし、パンダという種族は決して日本には属さず、日本にいるパンダが指数関数的に増えるには永遠にかかるかもしれないので、日本で新しい世代が生まれる確率は宇宙的に低いという悲しい現実があります。 

しかも、その半数以上が繁殖期を終え、短いスパンで中国に戻されてしまう。パンダを愛し、パンダの保護に日夜取り組んできた場所としては、残念なことである。

パンダは現在、日本で最も人気のある動物の一つであり、日本人はしばしば、パンダは日本発祥のものであるかのように、あらゆることにこの生き物を吹き込もうとしてきました。 

しかし、この国の人々は楽観的で情熱的で、繁殖を続け、日本にパンダの保護区ができるように努力しています。これこそ、パンダと日本の人々の両方が、世界を魅了する理由なのだ。

こちらもご覧ください

ラッキョウ

日本語で「幸運」を表現する10の方法

日本の都市伝説

日本の都市伝説一覧|知っておきたい!日本の都市伝説6選