日本のバレンタイン・チョコレート:甘い伝統を探る

バレンタインチョコレート

日本のバレンタインデーは、ただ単にチョコレートを交換するだけではなく、意味や意図が込められており、それぞれの種類は贈る人によって熟考された上で決定される。その内訳はこうだ。

  • 同僚への気軽な記念品(ギリ・チョコ):日頃のアシストやチームワークに感謝して、オフィスでお菓子を配る習慣を想像してみてほしい。和気あいあいとした雰囲気を保つための、気さくでプレッシャーのないジェスチャーだ。
  • キューピッドの狙いを表現する(本命チョコ):これは本物よ。女性が誰かにこれを贈るときは、真の恋愛感情の表れだ。ただのチョコレートではなく、動悸を考慮して選ばれている。
  • 友情を祝う(友チョコ):友情の温かさを反映し、女性は女友達とこのお菓子を交換する。
  • 自己愛のチョコレート(じぶんチョコ):自分だけのバレンタインにならないなんて誰が言ったの?自分へのご褒美にお菓子を選ぶのは、セルフケアと今この瞬間の喜びを独り占めするため。

家族内贈与(家族チョコ):もはやカップルだけの日ではなく、家族全員が参加し、家族愛の延長として家族間でお菓子を交換する。

  ショップ・フロム・ジャパン  

脚本を翻す(逆チョコ):男性はホワイトデーのお返しを待つのが一般的だが、伝統を破ってバレンタインデーに女性にチョコレートを贈る人もいる。

男のためのセルフ・スパイリング(オレチョコ):男性も、どうしても我慢できないチョコレートに出会うかもしれない。プレゼントとして受け取ってもらえないリスクを冒すよりも、自分へのご褒美にする。

リード  横浜の自動販売機、食品廃棄物削減のためベーカリーの売れ残りパンを30%で販売 

忘れてはならないのは、日本のバレンタインは堅苦しいルールではないということだ。日本のバレンタインデーはお菓子の遊び場なのだ。だから、あなたの心がどちらに傾いても、それに合ったチョコレートと名前があるのだ。

スイーツ選び

タイプ対象意味
ギリ・チョコ同僚、上司さりげない感謝、義務
本命チョコロマンチックな趣味真実の愛、深い愛情
トモ・チョコ女性の友人友情、暖かさ
ジブンチョコあなた自身耽溺、自画自賛
家族チョコ家族家族愛、一体感
逆チョコ女性(男性別)サプライズ、役割逆転
オレ・チョコ自分自身(男性用)自己満足、男性的耽溺

市販のものであれ、手作りのものであれ、そのどれもが、愛、愛情、そして感謝の気持ちを祝う日本ならではの味を提供してくれる。さあ、喜びの味を選んでください!

どう思う?

ちゅうごくちゅうしゃじょう

日本の駐車場ガイド|日本の駐車場の注意点

ガチャ・グルメ・チャレンジ:カプセルトイミールレプリカで生き残る