,

中目黒の楽しみ方15選|中目黒の楽しみ方

ナカメガロ

アーティスティックなカフェやユニークなショップがたくさんあります。 中目黒 は、東京都目黒区にある住宅地です。美術館やお寺で文化を楽しんだり、風変わりなお店でユニークなお土産を買ったり。中目黒の魅力をご紹介します。 

日本に旅行するなら、中目黒は絶対に外せない場所です。この地域は桜の名所として人気がありますが、息を呑むような花の美しさだけでなく、それ以上の魅力があります。 

中目黒には、無数のアーティストやヒップスターが住んでいるため、独自の文化があります。このガイドでは、東京で最もクールな地区のひとつである中目黒の魅力を余すところなくお伝えします。

中目黒の楽しみ方

西郷山公園を訪ねる 

代官山と中目黒を結ぶ西郷山公園は、小さいながらも丘陵地帯にあり、頂上からの眺めが良い。西郷隆盛の弟、西郷従道が住んでいた場所でもある。代官山の端には草原があり、小さなカフェやトイレもあります。また、桜の名所でもあります。

  • 営業時間 24時間
  • 電話: +81 3-5722-9775
  • アドレス153-0042 東京都目黒区青葉台2丁目10番28号

中目黒公園でピクニックをする

中目黒公園は、広大な芝生、たくさんの花、魚やカエルのいる池、そして無料のネイチャーセンターが特徴的な公園です。 ピクニックにはもってこいのロケーションだ。しかし、この公園の特徴は、その奥にある「足裏健康ウォーク」です。靴を脱いで、血圧を下げ、バランスを保つために作られた石畳の「リフレクソロジー・トレイル」を歩いてみてください。

営業時間 24時間

電話番号+81 3-5722-9775

アドレス153-0061 東京都目黒区中目黒2丁目3番14号

いろは寿司

目黒川沿いにある「いろは鮨」は、立地の良さと値段の安さで有名だ。中目黒の高級新店とは対照的に、店内はこじんまりとしているが、寿司は絶品だ。 

遅くまで営業しており、魚は新鮮で、日の出とともに刺身が食べられる数少ない店だ。ランチセットは1,000円以下から。

生魚を食べることにためらいがある訪日外国人のために、さまざまなロール寿司が用意されています。サーモン、カニ、アボカドを組み合わせた伝統的な巻き寿司は、より難易度の高い寿司を食べるための出発点として良いだろう。夜は居酒屋に変身し、"飲み放題 "のドリンクスペシャルを提供する。

  • 営業時間 月曜日から金曜日5PM~5AM|土・日:11:30AM~2PM、5PM~5AM
  • ウェブサイトです。 http://www.irohasushi.com/megurogawa/
  • お問い合わせ先: +81357223560
  • アドレス:153-0051東京都目黒区上目黒1丁目5番13号 メゾン中目黒1階

トラベラーズファクトリー

トラベラーズファクトリーは、中目黒の路地裏にある日本独特の文房具屋さんです。普通の文房具屋さんでは見かけないようなユニークな商品が並んでいます。デザインポストカードやトラベラーズノートなど。 

リード  東京でSIMカードを購入する方法2022|東京でSIMカードを購入する簡単な方法!?

トラベラーズファクトリーは、トラベラーズノートと呼ばれる革製ノートで知られており、自分の好みに合わせて、アイデアや考え、日数など、好きなことを日記にできる個性豊かな1冊を作ることができます。 

店内にはカスタマイズの手順が書かれた木製のボードがあり、自分でも作ってみようという気になります。 切手やヴィンテージカメラ、コーヒーグラインダーもありますよ。

  • で知られています。 革製ノート、ステーショナリー 
  • 営業時間 月〜日:12PM〜8PM、火曜定休
  • 連絡先 +81 3-6412-7830
  • アドレス 153-0051 東京都目黒区上目黒3丁目13番10号

エスエムエル

SMLは、日本の民芸品で有名です。ガラス製品、陶磁器、食器なども手頃な価格で手に入ります。 

SML(Standard Manufacturer Laboratory)は、アーティストが自分のアートを展示するギャラリースペースを提供することで、アーティストの作品発表を支援しています。また、SMLでは、著名な作家だけでなく、新進気鋭のクラフト作家の展覧会も開催しています。 

お問い合わせ先: +81368090696

アドレス:153-0042 東京都目黒区青葉台1丁目15番1号

現代彫刻美術館

アーティストが多く集まる地域には、その作品を展示するミュージアムがあるはずです。

1995年に設立された現代彫刻美術館は、日本と世界のアーティストによる最も素晴らしい現代美術を展示しています。

200点以上の作品が展示されているこの美術館は、屋内と屋外に分かれています。

入館料は無料で、開館していればティールームの見学も楽しめます。  

関連情報の完全なローダウンはこちらです。 富士山に登る!?

東京フォトグラフィックアートミュージアム

この美術館は、写真が好きな人なら絶対に訪れたい場所のひとつです。カメラの後ろにいるのが好きな人も、カメラの前にいるのが好きな人も、あるいは単に美しい芸術を鑑賞するのが好きな人も、ぜひこの博物館に行ってみてください。

1986年に設立された写真美術館では、日本をはじめ世界各国の現代および古典的な写真家の優れた作品を展示しています。

また、写真がどのように進化してきたのか、アーティストたちがレンズを通して何を捉えたのかを知ることも興味深いです。 

この美術館には、写真芸術に関する書籍を集めた充実したライブラリーもあります。 

関連する 東京の旅程を3日で!?

目黒寄生虫館

もうひとつ、ぜひチェックしていただきたいのが「目黒寄生虫館」です。科学に興味がない人でも、これは魅力的です。

つまり、寄生虫に特化した場所なのです。私は猜疑心を持ってこの場所を訪れましたが、多くのことを学ぶことができたので、訪れてよかったと思います。

この博物館が長年にわたって行ってきた研究についての本や雑誌がたくさんあり、科学が好きな人にとってはディズニーランドのようなものだと思います。

目黒スカイガーデン

この地域には、目黒天空庭園を除いて、あまり公園や庭園がありません。地上に庭を作るスペースがない場合、日本人はどうするか?屋上に庭を作るのです。

nakameguro things to do

目黒天空庭園は、その素晴らしいデザインに魅了されること間違いなしなので、ぜひ訪れてほしい場所です。忙しい東京の街から離れて、まるで別の惑星にいるかのような気分にさせてくれるなんて、信じられないですよね。 

リード  おはようございます」の本当の意味とは?

関連する 東京の桜の開花時期は?

正覚寺

中目黒には、400年の歴史を持つ正覚寺を除いて、あまり寺や神社がありません。目黒駅から歩いてすぐのところにあるこの神社は、仏教系の神社で、最も安らぎを感じることができます。 

目黒川沿いを散歩する

美術館や博物館が苦手な方は、目黒川沿いの散歩がお勧めです。多くの人が桜を見に訪れますが、ここはどの季節でも美しい場所です。秋の紅葉は、春の可憐な花々と同じように、あなたをうっとりとさせることでしょう。 

目黒川沿いにはおしゃれなカフェがたくさん並んでいて、食事やコーヒーのテイクアウトができます。 

関連する 高知の楽しみ方 日本

蔦屋書店

中目黒には、地元のデザイナーがデザインしたトレンディでファッショナブルな服を売るブティックがたくさんあります。ここでは、ユニークで洗練された一点もののデザインを手に入れることができます。 

蔦屋書店は日本で人気のある書店チェーンで、本好きな人や大切な人へのユニークな贈り物を探している人がよく訪れます。蔦屋書店の各店舗は芸術的にデザインされており、中目黒の店舗もその例に漏れません。本に囲まれてリラックスしながら、自分や友人へのプレゼントを選んでみてはいかがでしょうか。 

関連記事6 ベスト 石垣島の楽しみ方

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京

最近では、スターバックス リザーブ ロースタリー東京が話題になっており、いつも流行に敏感な若者たちが、おいしい香りのする焼き菓子やコーヒーを囲んで、活発な会話を交わしています。 

中目黒のカフェ

日本のスターバックスでくつろぐためにわざわざ日本に来たのではない、とお考えの方は、ぜひこのスターバックスをご覧ください。 

関連記事ここでは top things to do in Saitama Japan

このスターバックスは、世界でも有数の規模を誇り、4つのフロアにまたがる総面積32,000平方フィートの最大規模のスターバックスです。 

さすがにコーヒーはスターバックスならではの一品ですし、インテリアも超高級感があります。 

そして、この凄さは大きさだけではありません。テラスがあり、コーヒーを運び、桜の花を目の保養にしながらくつろぐことができます。 

コーヒーのための大きなスペースができましたね。

アーティザナルコーヒーに酔う

中目黒には多くのカフェがありますが、職人の手によるコーヒーを販売している人気店のひとつが「オニバス」です。

カフェを探すのにちょっと地図を読む力が必要かもしれませんが、その一環として裏通りを探索するのも楽しいですよ。 

ブルーボトル・コーヒー」や「ストリーマー・コーヒー・カンパニー」など、新しいカフェも人気を集めています。 

最近では、これらのカフェでもコーヒーを待つ人が多くなってきたようです。 

中目黒の人気レストランで食事をする

散策や買い物、観光などでお腹が空いてきますよね。 

コーヒーを飲み終わったら、中目黒のレストランに行ってみよう。正直なところ、この界隈のレストランはどれも試してみる価値がありますが、私のお気に入りは「Yakitori Akira」と「Chum Apartment」です。 

やきとり あきら は、いつも私のお気に入りの場所であり、美味しいコンフォートフードです。お腹が空いたら、この店で超柔らかい肉を串に刺して食べます。 

それを、ここの素晴らしい梅酒で流し込む。いつも混んでいて、入店までに時間がかかることもありますが、それだけの価値があると思います。店内は素朴な雰囲気で美しく、とてもリラックスできます。 

リード  外国人留学生を受け入れる日本の高校 2022年

チャムアパート もうひとつのお気に入りは、「やきとり あきら」か、この素敵なパラダイスのようなカフェかで迷うことがあります。 

私がここをパラダイスと呼ぶのは、一歩足を踏み入れたときにそう感じるからです。日本の有名な芸術家、吉川千春氏がデザインしたこの古い邸宅を改装した建物は、地中海の色と装飾で生き生きとしています。 

料理も同様に美味しく、盛り付けも美しいので、カメラを持っていくことをお忘れなく。心ゆくまで食事をした後は、レストランの上にある趣のある陶器店でショッピングを楽しむのもいいかもしれません。 

中目黒界隈で食事をしたり、座ってゆっくりと食事をしたりする場所といえば、有名なピザ屋さんの名前を挙げないわけにはいきません。 青林館

この店は東京で一番おいしいピザを作る店だよ。 

Netflixで放映されているDavid Chang氏の番組で紹介されたこともあり、人気が出てきてからは、お店の場所を確保するのが難しくなりました。 

しかし、もし可能ならば、スペシャルメニューを食べてみてください。ただし、注意していただきたいのは、イタリアで食べたようなピザの味は期待しないでください。 

これは、ピザ職人が日本の食材を使って作っているので、似ているようで全く違う味のピザが出来上がるのです。

中目黒の背景と歴史。

中目黒 直訳すると「目黒の中」という意味です。目黒川を囲むようにして作られていることからその名がついた。1932年まで、目黒区は碑文谷と目黒プロパーの2つに分かれていた。1932年以降、これらは1つに統合された。 

現在、中目黒は日本で最も高級な場所の一つとされている。

また、最先端のカフェやバー、レストラン、ブティック、書店、アートギャラリーなどがあり、とてもスタイリッシュでクールな街です。多くのアーティストたちの故郷でもあります。 

中目黒のナイトライフは、通りが活気にあふれ、バーには人々がくつろいでいますが、昼間も同様に、見ること、すること、食べること、飲むことがたくさんあります。

nakameguro cafe

関連しています。ここでは、いくつかの 東京で子供と一緒に楽しめること

中目黒の宿泊先

中目黒のAirbnbにはかなりの数のリスティングがあります。もしそれが苦手なら、中目黒から電車で一本の渋谷でホテルやホステルを探すこともできます。

中目黒への行き方

このトレンディな地域は、目黒駅から簡単にアクセスできます。東横線と日比谷線の2路線が通っています。 

駅から歩いてすぐの場所にあり、楽しめる見どころが満載です。 

駅構内にはカフェやバーがたくさんあり、どれも趣のある内装で、中目黒に来たことを実感します。

東京の芸術的でシックな地域であるため、ここでは見ることやすることに困ることはありません。 

中目黒ショッピング
日本のお正月の家族の伝統

日本のお正月に大切な12の家族の習慣

ミノン薬用シャンプーの口コミ

ミノン薬用シャンプーレビュー2022