2024年|#1日本のテレビブランドを検証してみた。

日本のトップテレビブランド

日本のテレビブランドはこちらです。ぜひご覧ください。 

最先端のテクノロジーと洗練されたデザインが融合した日本最高峰のテレビブランドで、ビジュアルエンタテインメントの最高峰を発見してください。圧倒的な画質と革新的な機能で、映画のような体験をリビングルームで。

厳選された日本の一流テレビのセレクションに飛び込んで、あなたの視聴を新たな高みに引き上げましょう。

日本で最も人気のあるテレビブランドは?

最近の市場調査によると、現在日本で最も人気のあるテレビブランドは次の通りである。 ソニー.ソニーは高品質の電子機器を製造してきた長い歴史があり、その製品は信頼性と耐久性で知られている。

  ショップ・フロム・ジャパン  

加えて、ソニーは日本企業であり、日本市場では有利かもしれない。

日本で人気のある他のテレビブランドには、パナソニック、シャープ、東芝などがあり、これらも高品質の電子機器を製造していることで知られている。

結局のところ、日本における特定のテレビブランドの人気は、ブランドの評判、製品の特徴、マーケティング戦略など、さまざまな要因によって左右される可能性がある。

日本のテレビブランド。早見表

日本のテレビブランドモデル特別な機能
ソニーソニーX800H4k HDRプロセッサーAndroid + Google AssistantDolby Vision
パナソニックパナソニック TH-55JZ2000ダイナミックハイコントラスト落下防止スタンド有機ELディスプレイ
東芝東芝 50LF621U21Fire TV対応4K UHD Smart優れた画質
シャープシャープ LC-75N8000UハイダイナミックレンジWi-Fi内蔵Aquamotion
日立日立 55RH1Smart Roku OSMobile App Support120 バックライト周波数

日本のテレビベストブランドのレビュー 

ソニーX800H

ソニーは1946年に日本で設立され、その創造的な展望、革新性、幅広い製品で世界中に知られる企業です。ソニーの従業員数は11万人以上で、売上高は5兆621億円以上です。 

リード  日本のエレクトロニクス企業一覧|日本の驚くべきエレクトロニクス・ブランド9選

ソニー は、ベーシックな32インチからメガサイズの103インチまで、幅広いラインナップのテレビからお選びいただけます。どのような環境にもマッチする洗練されたデザイン、LEDバックライト技術、4K超解像度を備えたソニーのテレビは、最高の顧客体験のために最高の品質で製造されています。 

2020年、ソニーはテレビを売って$250億円を稼ぎました。ブラビアシリーズを覚えていますか?別名「ベストレゾリューション・オーディオビジュアル・インテグレーテッド・アーキテクチャー」とも呼ばれています。そう、ソニーがその先駆者なのです。 

ソニー製のテレビを狙うなら、目をつぶっていてもいい。ただし、Alexa対応、Dolby Vision搭載のソニー「X800H」がおすすめです。クールな機能の数々を搭載したこのスマートLEDテレビは、リビングルームやオフィスのキャビンに彩りを添えてくれます。 

Pros: 

  • 4K Ultra HD
  • ドルビービジョン
  • Android + Google アシスタント対応 
  • トリルミノディスプレイ
  • ウルトラスリム

Cons: 

  • 予算が限られている場合は、高価なものになる可能性があります。

パナソニック TH-55JZ2000

松下電器産業株式会社として設立。松下電器産業株式会社として設立、 パナソニック は1918年に大阪で創業した。パナソニックは世界のトップテレビメーカーの中で、間違いなくトップ5に入っている。 

テレビだけでなく、冷蔵庫、洗濯機、キッチン用品など、革新的で最先端技術を駆使した製品を製造している。

パナソインは、消費者のライフスタイルを向上させ、快適さを提供することを唯一の目的として、最高の生活を実現する製品を作ることに専念している。 

テレビの販売において、パナソニックは年間$2億5,600万ドル以上の収益を上げている。

そのTH-55JZ2000はかなりの人気と需要がある。4K対応スピーカー、落下防止スタンド、ダブルチューナー内蔵と、人気の機能が満載で、パナソニックとテレビ好きの間で、総合的にヒットしているモデルだ。 

Pros: 

  • ダイナミックハイコントラスト
  • 転倒防止スタンド
  • 有機ELディスプレイ
  • 4K内蔵ダブルチューナー
  • 4K対応スピーカー
  • 転倒防止スタンド

Cons: 

  • ゲーム機との互換性が難しい
  • この価格帯ではかなり標準的な音質

東芝 50LF621U21

日本で最も古く、そしておそらく最も古いエレクトロニクス・ブランドのひとつである、 東芝 は1875年に設立された。そう、150年近い歴史があるのだ。これほど長い間、エレクトロニクス分野で高い評価を得てきた東芝は、現在に至るまで、最高の技術と美的センスを備えたテレビを製造してきた。 

リード  マンガに最適な電子書籍リーダー6選 2024

東京に本社を置く東芝は、この分野で12%以上の市場シェアを持ち、手頃な価格で高品質の製品を生産している。

さらに、同社のテレビは頑丈であることが知られており、特定の損傷に耐えることができる。鮮やかな画面、LEDバックライト、優れた作りで、東芝製のテレビは雑然とした中から簡単に目立つ。 

特に東芝の50LF621U21は、リーズナブルな料金で多くの機能を提供している。NetflixやPrimeのような素晴らしいプラットフォームにアクセスでき、この製品は4K Ultra-HDディスプレイと優れた画質を提供する。

数ドルの余裕があれば、東芝の50LF621U21にアップグレードすれば、いくつかの機能が追加され、画質も向上する。 

Pros: 

  • Fire TV対応
  • 4K UHD Smart
  • 優れた画質
  • Wi-Fi、HDMI、USB接続可能
  • 美しい色彩

Cons: 

  • 長時間使用すると音質が劣化することがある

シャープ LC-75N8000U

1912年創業のシャープは、日本を代表するテレビブランドである。

世界中で5万人以上の従業員が働いている、 シャープ は数年前、$165億の売上を上げた。シャープは、造りと洗練されたデザインに特別な注意を払っている。テレビとスマートフォンをアクオスというブランド名で販売している。 

シャープのLC-75N8000Uは、LEDバックライトを搭載し、プライム、YouTube、Netflixなどのアプリを内蔵し、ドルビーオーディオでコンソールタイプのゲームを昇華させます。 

Pros:

  • YouTubeやNetflixなどの内蔵アプリを多数搭載
  • HDR対応
  • アクオス・ディスプレイ
  • App StoreとWebブラウザに対応
  • HDMI端子×4、USB端子×3、Wi-Fi内蔵
  • ハイダイナミックレンジ再生

Cons: 

  • Bluetoothは内蔵していません。

日立 55RH1

1910年、東京で発見、 日立 は、それ自体が先行する評判を持っています。高品質の製品をリーズナブルな価格で提供することでよく知られている。テレビ以外にも、電子レンジ、冷蔵庫、エアコン、その他の電化製品も製造している。 

35万人以上の従業員を抱える日立は、昨年だけで8兆8千億円の売上を上げた。テレビに関して言えば、日立は高価な部類に入るが、その品質と耐久性を考えれば、それだけの価値はある。 

リード  日本のアンプ・ベスト10 2024

日立 55RH1」は、Smart Roku OSを搭載し、専用のモバイルアプリケーションを提供するほか、バックライト技術により設置環境を向上させたモデルの一つです。 

Pros: 

  • 4KパーフェクトウルトラHD
  • モバイルアプリ対応
  • シンプルでスマートなRoku OS
  • 高周波バックライト
  • 高コントラスト・高鮮明な色彩

Cons: 

  • 他機種と比較して耐久性に欠ける

日本のテレビブランドよくある質問

日本製のテレビブランドは? 

テレビで有名なブランドは、日本が発祥の地です。 

  • 日立
  • ソニー
  • パナソニック
  • シャープ
  • 東芝 
  • サンスイ

また、他の人気ブランドは、日本に拠点があっても、日本で製造されていない場合があり、よく間違われる。例えば、サムスンやLGは韓国産ですが、日本製のブランドと間違われます。 

サムスンとLGのどちらが優れているか? 

どちらも韓国の企業であり、家庭用ブランドでありながら、異なるバリエーションを提供しています。LGは、有機ELディスプレイ、内蔵アプリなどのスマートな機能をリーズナブルな価格でたくさん手に入れることができますが、サムスンは高価な端にある傾向があります。しかし、サムスンが提供する機能のリストと長持ちする寿命は、絶対にお金をかける価値があります。 

パナソニックのテレビはまだ日本製ですか?

パナソニックのテレビが日本製でなくなった。コスト高と利益率の低さを理由に、同社は2023年3月に国内生産を中止した。パナソニックは現在、中国やその他の国のパートナーにテレビ生産を委託している。

パナソニックはかつて世界のテレビ市場の主要プレーヤーだったが、中国や韓国の低価格なライバルとの競争に苦戦している。同社はまた、ストリーミング・サービスの台頭や従来のケーブルテレビの衰退という課題にも直面している。

クロージングの感想

日本製テレビは、長寿命で優れたパフォーマンスを発揮します。日立、東芝、シャープ、ソニー、パナソニックは、日本の技術におけるトッププレーヤーであり、優れた製品を手に入れるチャンスは常に高いのです。 

あとは、自分のライフスタイルや予算、希望をカバーする最適なテレビを検討するのみです。

関連記事

ソニーX800H

WEが日本のトップテレビブランドをレビューしました。ぜひご覧ください。

製品SKU: 3012571928yhg0395721

製品ブランド: ソニー

製品通貨: USD

製品価格: 649.99

価格の有効期限: 2022

在庫のある製品: 在庫あり

編集部の評価
5

どう思う?

ベストジャパニーズシェフズナイフ

10 Best Japanese Chef Knives Under $100 2024

東京の人気ショッピングエリア

買い物好きにはたまらない、東京の人気ショッピングエリア7選