2022年、日本のテレビブランドを検証してみた結果...

日本のトップテレビブランド

日本のテレビブランドはこちらです。ぜひご覧ください。 

テレビは、太古の昔から私たちの生活の中で最も重要な電化製品のひとつでした。数十年前まではステータスシンボルでしたが、手頃な価格とエンターテインメントの側面から、多くの産業にとって真のゲームチェンジャーであることが証明されました。 

バカ箱」と呼ばれたテレビが、無限の生計を立てるようになるまでには、長い道のりがあった。 

テレビ時代の終焉の憶測は何年も前からありましたが、新時代のオーバー・ザ・トップ・プラットフォーム、オンラインストリーミング、メディアの容易な消費により、テレビは今後も続くと考えます。

ほとんどの家庭で、家族同然の存在であり、娯楽、ニュース、スポーツなどの重要なメディアとして位置づけられています。 

これまでにも、さまざまなメーカーから洗練されたデザインのスマートテレビが発売されてきましたが、日本は他の家電製品と同様に、テレビでもイノベーションをいち早く導入してきました。 

ソニー、パナソニック、シャープ、東芝など、日本のテレビメーカーは激しい競争にさらされながらも、何とか世界のテレビ業界のトップ10に食い込んでいる。 

その作り、品質、性能、デザインは、世界地図に載り、日本国内外のあらゆる家庭、オフィス、レストラン、スポーツ競技場で使用されているのです。 

ご自宅用や業務用の新しいテレビをお探しの方におすすめです。 

今回は、日本製テレビの最高峰、各ブランドのトップモデルとその価格帯を取り上げます。 

最後まで読んで、あなたのお気に入りを見つけてください。

日本のテレビブランド。早見表

日本のテレビブランドモデル特別な機能
ソニーソニーX800H4k HDRプロセッサーAndroid + Google AssistantDolby Vision
パナソニックパナソニック TH-55JZ2000ダイナミックハイコントラスト落下防止スタンド有機ELディスプレイ
東芝東芝 50LF621U21Fire TV対応4K UHD Smart優れた画質
シャープシャープ LC-75N8000UハイダイナミックレンジWi-Fi内蔵Aquamotion
日立日立 55RH1Smart Roku OSMobile App Support120 バックライト周波数

日本のテレビベストブランドのレビュー 

ソニーX800H

ソニーは1946年に日本で設立され、その創造的な展望、革新性、幅広い製品で世界中に知られる企業です。ソニーの従業員数は11万人以上で、売上高は5兆621億円以上です。 

リード  日本の冷蔵庫10社以上をレビューした結果...

ラジオ、カメラ、携帯電話のメーカーとして人気の高いソニーは、古くからテレビ製造に携わっており、それもトップクラスのメーカーです。箱入りのテレビから、洗練されたマウント型のLCDやLEDまで、ソニーはすべてを手がけてきた。 

さらに、ベーシックな32インチからメガ103インチまで、幅広いラインナップのテレビから選択することができます。どんなシーンにもマッチするウルトラスリークデザイン、LEDバックライト技術、4Kウルトラ解像度など、ソニーは最高のカスタマーエクスペリエンスのために、最高の品質でテレビを製造しています。 

2020年、ソニーはテレビを売って$250億円を稼ぎました。ブラビアシリーズを覚えていますか?別名「ベストレゾリューション・オーディオビジュアル・インテグレーテッド・アーキテクチャー」とも呼ばれています。そう、ソニーがその先駆者なのです。 

ソニー製のテレビを狙うなら、目をつぶっていてもいい。ただし、Alexa対応、Dolby Vision搭載のソニー「X800H」がおすすめです。クールな機能の数々を搭載したこのスマートLEDテレビは、リビングルームやオフィスのキャビンに彩りを添えてくれます。 

Pros: 

  • 4K Ultra HD
  • ドルビービジョン
  • Android + Google アシスタント対応 
  • トリルミノディスプレイ
  • ウルトラスリム

Cons: 

  • 予算が限られている場合は、高価なものになる可能性があります。

パナソニック TH-55JZ2000

松下電器産業株式会社として設立。パナソニックは1918年に大阪で設立されました。世界のテレビメーカーランキングで、パナソニックは間違いなくトップ5に入っています。 

テレビだけでなく、冷蔵庫、洗濯機、キッチン家電など、イノベーションと最先端が凝縮された製品を生産しています。パナソニックは、消費者のライフスタイルを向上させ、快適な生活を提供することを唯一の目的として、最高の生活を実現するための製品づくりに取り組んでいます。 

パナソニックはテレビの販売で、年間$256万円以上の収益を上げています。そのTH-55JZ2000は、かなりの人気と需要があります。4K対応スピーカー、落下防止スタンド、ダブルチューナー内蔵と、求められる機能が揃っており、パナソニックとテレビ愛好家の間で総合的にヒットしているモデルです。 

Pros: 

  • ダイナミックハイコントラスト
  • 転倒防止スタンド
  • 有機ELディスプレイ
  • 4K内蔵ダブルチューナー
  • 4K対応スピーカー
  • 転倒防止スタンド

Cons: 

  • ゲーム機との互換性が難しい
  • この価格帯ではかなり標準的な音質

東芝 50LF621U21

日本で最も古い電子機器ブランドのひとつである東芝は、1875年に設立されました。そうです、150年近い歴史があるのです。これだけ長い間、エレクトロニクス分野で高い評価を得てきた東芝は、現在に至るまで、最高の技術力と審美性を備えたテレビを製造してきました。 

リード  2022年に手に入れるべき日本のスピーカーブランド5選をレビューしてみた

東京に本社を置く東芝は、この分野で12%以上の市場シェアを持ち、高品質な製品を手頃な価格で生産しています。さらに、同社のテレビは頑丈であることが知られており、特定の損傷に耐えることができます。鮮やかな画面、LEDバックライト、優れた構造で、東芝製テレビは簡単に雑踏の中から目立つ。 

特に東芝の50LF621U21は、リーズナブルな料金で多くの機能を提供しています。NetflixやPrimeといった素晴らしいプラットフォームにアクセスできる本製品は、4K Ultra-HDディスプレイと優れた画質を提供します。もし、数ドルの余裕があれば、いくつかの追加機能とより良い画質を提供する東芝50LF621U21にアップグレードすることができます。 

Pros: 

  • Fire TV対応
  • 4K UHD Smart
  • 優れた画質
  • Wi-Fi、HDMI、USB接続可能
  • 美しい色彩

Cons: 

  • 長時間使用すると音質が劣化することがある

シャープ LC-75N8000U

1912年創業のシャープは、日本を代表するテレビブランドです。全世界で5万人以上の従業員を抱えるシャープは、数年前、$165億円の売上高を記録しました。シャープは、その造りと洗練されたデザインに特別な注意を払っています。テレビとスマートフォンを「アクオス」というブランド名で販売している。 

シャープのLC-75N8000Uは、LEDバックライトを搭載し、プライム、YouTube、Netflixなどのアプリを内蔵し、ドルビーオーディオでコンソールタイプのゲームを昇華させます。 

Pros:

  • YouTubeやNetflixなどの内蔵アプリを多数搭載
  • HDR対応
  • アクオス・ディスプレイ
  • App StoreとWebブラウザに対応
  • HDMI端子×4、USB端子×3、Wi-Fi内蔵
  • ハイダイナミックレンジ再生

Cons: 

  • Bluetoothは内蔵していません。

日立 55RH1

1910年に東京で創業した日立製作所は、高い評価を得ています。高品質の製品をリーズナブルな価格で提供することでよく知られている。テレビ以外にも、電子レンジ、冷蔵庫、エアコン、その他の電気製品を製造している。 

35万人以上の従業員を抱える日立は、昨年だけで8兆8千億円の売上を上げた。テレビに関して言えば、日立は高価な部類に入るが、その品質と耐久性を考えれば、それだけの価値はある。 

日立 55RH1」は、Smart Roku OSを搭載し、専用のモバイルアプリケーションを提供するほか、バックライト技術により設置環境を向上させたモデルの一つです。 

リード  2022年の日本製ノートパソコン4ブランドはこれだ!テストに合格したのは?

Pros: 

  • 4KパーフェクトウルトラHD
  • モバイルアプリ対応
  • シンプルでスマートなRoku OS
  • 高周波バックライト
  • 高コントラスト・高鮮明な色彩

Cons: 

  • 他機種と比較して耐久性に欠ける

日本のテレビブランド。よくある質問

日本製のテレビブランドは? 

テレビで有名なブランドは、日本が発祥の地です。 
日立
ソニー
パナソニック
シャープ
東芝 
サンスイ
また、他の人気ブランドは、日本に拠点があっても、日本で製造されていない場合があり、よく間違われる。例えば、サムスンやLGは韓国産ですが、日本製のブランドと間違われます。 

世界で最も優れたテレビブランドは? 

テレビは、現代においてショーピース以上の必需品となっています。手頃な価格、簡単なEMIオプション、新しく追加された機能の数々により、各家庭ではエンターテイメントやメディア消費、ローカルニュースの視聴、お気に入りのドラマやスポーツチャンネルの視聴のためにテレビが必要とされています。

洗練されたデザイン、4Kディスプレイ、鮮やかな色彩、内蔵アプリなど、テレビはよりモダンでスマートなものになってきています。これに伴い、世界最高のテレビメーカーには以下のようなものがあります。
ハイセンス(U9DG)
LG (G2 OLED)
ソニー 
サムスン 
ティーシーエル 
ヴィジオ

サムスンとLGのどちらが優れているか? 

どちらも韓国の企業であり、家庭用ブランドでありながら、異なるバリエーションを提供しています。LGは、有機ELディスプレイ、内蔵アプリなどのスマートな機能をリーズナブルな価格でたくさん手に入れることができますが、サムスンは高価な端にある傾向があります。しかし、サムスンが提供する機能のリストと長持ちする寿命は、絶対にお金をかける価値があります。 
サムスンは、予算がなく、テレビにもっと多くのものを求める場合に最適な選択肢となります。 

クロージングの感想

日本製テレビは、長寿命で優れたパフォーマンスを発揮します。日立、東芝、シャープ、ソニー、パナソニックは、日本の技術におけるトッププレーヤーであり、優れた製品を手に入れるチャンスは常に高いのです。 

あとは、自分のライフスタイルや予算、希望をカバーする最適なテレビを検討するのみです。

関連記事

ソニーX800H

WEが日本のトップテレビブランドをレビューしました。ぜひご覧ください。

製品SKU: 3012571928yhg0395721

製品ブランド: ソニー

製品通貨: USD

製品価格: 649.99

価格の有効期限: 2022

在庫のある製品: 在庫あり

編集部の評価
5
日本製スピーカートップメーカー

2022年に手に入れるべき日本のスピーカーブランド5選をレビューしてみた

妖怪ウォッチ

妖怪ウォッチに登場するキャラクターのかっこいい日本語名