必見!日本のスリラー映画7選

ジャパニーズ・スリラー・ムービー

日本のスリラー映画が好きですか?日本のスリラー映画の中でも、特に素晴らしい作品を厳選してご紹介します。ぜひご覧ください。

日本の映画産業は、さまざまな種類の映画で活況を呈しています。近年では、国際的なファンを獲得している映画もあります。一方、ハリウッドは様々な映画からインスピレーションを得て、同じものを映画化しています。 

日本のスリラー映画は、その非日常的なストーリー展開で話題を呼んでいる。その最大の特徴は、サスペンスとしての演出にある。 

視聴者は今、こうした映画に傾倒している。紆余曲折の末に完成した邦画は、観る者を飽きさせることはないだろう。今回は、日本のスリラー映画のベストを紹介します。それでは、ご覧ください。 

日本のスリラー映画、どれを見る?

愛の森 

Sion Sono が監督を務め、2019年に公開された作品です。1990年代後半に日本で起きた一連の殺人・恐喝・拷問事件を題材に、すべて実際に起きた事件をもとにした作品です。 

筋書きは、違法行為を題材にした映画を作りたいと考えている若い映画監督たちを中心に展開する。ある少女と出会った彼らは、年上の男の手によって、操られ、揺さぶられ、影響を受けていく。

やがて、全員がその男の言うことに耳を傾けるようになる。それぞれの内面的な葛藤から、なかなか協力し合えない。やがて全員が追い詰められていく。この映画のモチーフとなったのは、前科者の松永太だ。彼は殺人と傷害致死で有罪判決を受け、死刑を宣告されている。

151分の映画を見ることができます 愛の森 を今すぐNetflixでご覧ください。愛の森ディープカット」は、原作映画のその後を描いた全7話のリミテッドシリーズ。

寄生虫

受賞に至ったもう一つの2019年作品 アカデミー賞4部門.英語以外の言語で製作された初のアカデミー賞受賞作です。原作は、2013年に監督が書いた戯曲です。 ポン・ジュノ.物語は、裕福な家庭に使用人として潜入する貧しい一家を中心に展開される。

地下の小さなアパートで暮らすキム一家が物語の中心だ。彼らはお金に困り、脱出方法を探しています。その結果 朴東益(パク・ドンイク大富豪である菅原道真に娘が生まれ、息子はその娘の家庭教師をすることにした。 

リード  日本語学習者に最適なマンガ5選 2022年

家庭教師を始めると、一家は優秀な使用人を装って屋敷に潜入する計画を練る。

パーク家の留守中、彼らは金持ちや有名人のライフスタイルを楽しみ、贅沢な生活を送るようになる。そんな中、地下室にある秘密を発見し、彼らの世界は一転してしまう。

サスペンス・スリラーには、階級間の格差が明確に描かれている。富裕層と貧困層が同じ家を共有しながらも、人生観が全く異なることがよくわかる。この映画を観た後は、132分の上映時間の間、ずっと夢中になっていることでしょう。この作品は必見です

冷たい魚 

2010年、別の Sion Sono の映画が公開された。というストーリーがあるように 冷たい魚 中年の魚売り、社本信之の人生が展開される。反抗期の娘・美津子は、時折、継母を罵倒する。 

やがて彼女は万引きで逮捕され、店の主人がシャマトを呼び出した。シャマトに誘いをかけたのは、店の主人である村田幸雄である。

やがて、2人で協力して大型小売店を開こうという話が持ち上がる。この話を聞いた村田の奥さんには朗報となった。

最初は仲睦まじく見える二人だが、やがてその正体が見えてくる。愛する人を救うため、シャマトはあらゆる手を尽くすことになる。この映画は、東京の連続殺人犯2人をゆるやかにモデルにしている。 

陰惨な殺人シーンや連続殺人犯が好きな人は見てください。さらに、ダークなユーモアも散りばめられていて、飽きさせない。

容疑者X 

小説『容疑者Xの献身』は、この映画のプロットのインスピレーションとなった。バツイチのシングルマザーが、元夫を誤って殺してしまうというストーリー。隣家に住む数学者の石神哲哉は、この事件の隠蔽に協力する。母娘を守るため、彼は二人に完璧なアリバイを作り上げる。

一方、2人の刑事は捜査の指揮を執り、著名な物理学者である湯川学教授に相談する。最初は断られたものの、隣に同級生が住んでいることを知り、事件解決のために飛び込んでくる。しかし、同級生が隣に住んでいることを知り、事件解決に乗り出す。

リード  東京のアニメ・マンガに最適な4つのオタク街 2022年

これは普通のスリラーではない。最も魅力的なのは、2人の高名な学者による知性の戦いである。2人の対立に夢中になり、どちらが勝つか、ドキドキしながら見ることになる。

日本では4週連続で興行収入1位を記録。IMDbでは7.5つ星を獲得。この映画はまだ幅広い観客に届いていませんが、ぜひ見てほしい映画です。 

オーディション 

三池崇史がカメラを構えるジャパニーズ・ホラー・スリラー。妻に先立たれた青山繁晴は、息子から新しい恋人を探すように言われる。 

茂治の友人のテレビプロデューサーは、夫役に若い女性を起用することを提案する。夫に先立たれた茂治は、この企画に賛成する。

数回のオーディションを経て、アサミを発見する。初めて彼女を見た時、重治は半信半疑だったが、彼女の魅力に取り付かれるようになった。やがて二人は付き合うことになり、誰もいない彼女のアパートに行くことになる。 

しかし、謎の少女が男やもめと性的関係を持ち始めたことから、物語は一転する。彼女の過去を探るうちに、関係者全員を破滅させる可能性を秘めた暗い秘密が浮かび上がってくる。

本作は非常に陰惨で、多数のエッチなシーンが含まれています。サイコな彼女があらゆる手段を講じる姿に、胃が痛くなることだろう。Rotten Tomatoesの評価は81%で、上映時間は113分です。 

バトルロワイヤル

バトル・ロワイアル』は、1999年に出版された高見広春の小説が原作で、日本のスリラー映画で最も高い興行収入を記録した作品です。物語は、深刻な経済不況に見舞われた21世紀の日本に焦点を当てています。すべてが異常で、政府の全体主義的な支配下に置かれている。

若い学生たちが、ある離島に派遣される。彼らは3日間滞在し、たった一人の勝利者が現れるまで死闘を繰り広げなければならない。地図から物資、武器に至るまで、必要なものはすべて届けられる。

映画を通して、若者の心を垣間見ることができます。彼らはトップに立つためなら何でもする。同級生が殺害された後の惨状には、まったくもって嫌悪感を覚えるだろう。

原作があるだけに、映画には多くの人が怒ったが、今でもそのコンセプトに基づいたコミックやゲームなどの商品がたくさんある。

リード  NARUTO-ナルト-』の "シェアリング "と "リネガン "とは?

恐ろしい行為を目の当たりにするだけでなく、90年代のティーンエイジャーが抱えていた問題を知ることができます。まったく新しい世界に目を向けることができるはずです。

カナコの世界

川木はてなの同名小説を映画化したもので、2014年に公開された。筋書きは、職を失い、妻や娘も失った元警察官を中心に展開する。その結果、彼はアルコール依存症の不安定な人間になってしまう。

ある日、妻から「娘の加奈子が行方不明になった」と連絡が入る。彼はすぐに行動に移し、捜査を開始する。その過程で、彼は娘の過去について多くを知ることになる。 

娘の安全を守るためなら何でもする。しかし、娘の高校の関係者に話を聞いたところ、とんでもないことが判明する。

この映画は予想外の展開やひねりが多いので、ぜひ見てほしい。銃声のことは忘れてください、この映画にはそれ以上のものがあります。この映画にはそれ以上のものがあります。映画は118分あります。

結論 

日本で作られるスリラー映画は、常に見る者の注意を惹きつけてやまない。何百万人もの人々が、プロットの予想外の展開とストーリーの独創性に魅了されてきた。前述したように、これは欧米諸国にも大きな影響を与えている。呪怨」「パラノーマル・アクティビティ」。Tokyo』『Tormented』など、数多くの作品が興行収入を独占している。

このような映画を見るときは、常にオープンマインドでいることが重要です。コンセプトはほとんどグロテスクで、強い心が必要です。映画の主題とは裏腹に、登場人物たちが映画に命を与えているのです。サイコなキャラクターは、多くの映画でこれまで以上にあなたを怖がらせるでしょう。力強い台詞と背景の音楽が加わることで、ボーナスが生まれます。これらを夢中で見るリストに加えることを忘れないでください。

関連記事

名探偵コナン(事件簿)はいつ終わるのか

名探偵コナン(事件簿)はいつ終わるのか?

日本のヤクザ映画

日本が誇るヤクザ映画7作品を一挙公開