知っておきたい日本のマスコット10選!

マスコット

多くの人に愛されている日本のマスコットを知りたくありませんか?かわいくて不気味な日本のマスコットキャラクターをご紹介します。

面白いスポーツ観戦にはマスコットがつきものです。しかし、日本のマスコットはスポーツに限らず、テレビ局、団体、番組、チーム、お祭りなど、公共性の高い活動や団体をほとんど代表している。 

日本人のマスコットに対する執着心は半端ではなく、ここ数年、日本では圧倒的な数のマスコットが誕生している。

日本を知る人なら、「かわいい」「愛らしい」という意味の「カワイイ」ものが好きなことはご存知でしょう。カワイイ文化を代表するマスコットは数え切れないほどいるが、異端児的な姿のマスコットもいくつかある。

では、早速、日本のマスコットの人気・実力をチェックしてみましょう。

日本のマスコット 知っておきたい!

くまモン

くまモン は、日本だけでなく世界中の多くの人に愛される、最も人気のあるユラユラしたマスコットのひとつです。 

くまモンは、九州新幹線の開業を機に、観光客の誘致を目的に熊本県が2010年に導入したものです。 

その後、2011年の日本のマスコット調査で1位を獲得したことで、一躍脚光を浴びるようになりました。

くまモンは、ぽっちゃりした顔と赤いほっぺたが特徴のツキノワグマのような外見をしています。見た目も愛らしく、抱き心地も抜群です。くまモンの登場からわずか2年で、熊本県は1200億円以上の寄付金を集めることができたそうです。 

また、地域の団体も、くまモングッズを提供するなどして、くまモンから利益を得ています。くまモンファンなら、日本のどこを訪れれば、くまモンのすべてがわかるのでしょう。

ミライトワ 

ミライトワ は、東京で開催された2020年夏季オリンピックの公式マスコットキャラクターです。2020年はパンデミックの影響でオリンピックを目撃することはできませんでしたが、2021年は幸運にもオリンピックを見ることができました。 

このマスコットは、谷口亮さんという日本のアーティストが制作・デザインしたものです。Ryoさんのマスコットデザインは、2018年に2000以上のマスコットデザインから選ばれました。

ミライトワは、ゲームの公式デザインをイメージした青と白のチェック柄で、頭には2020年夏季オリンピックのロゴが描かれています。白く長い耳と青い瞳が特徴で、幅広い年齢層にアピールできるマスコットになっています。 

リード  ジャパニーズ・ハロウィーン・お盆のガイド 2022

ミライトワの名前の意味は、「未来」「永遠」です。また、ミライトワはテレポーテーションのような架空の超能力を持っています。残念ながら、ミライトワの姿を見ることができたのは、夏のオリンピックの時だけでした。

ソメイヨシノ 

オリンピックの公式マスコットといえば、Someityは外せません。ソメイティはオリンピックの公式マスコットで 2020年夏季パラリンピック は、2021年に日本でも開催されました。 

Someityのデザインもミライトワのデザイナー、谷口亮氏によるものです。2020年の夏季パラリンピックの女性公式マスコットとして、ソメイティが採用されることは間違いないでしょう。

ソメイティもミライトワと同じようにチェック柄ですが、こちらはピンクと白の2色です。ソメイティの名前は、桜の花「ソメイヨシノ」にちなんで、ピンク色の衣装を身にまとっています。 

Someityの頭には2020年夏季パラリンピックのロゴが描かれています。ソメイティの能力は、空を飛ぶこととテレパシーによるコミュニケーションです。ソメイティとミライトワは今後、競技に登場することはないかもしれないが、オリンピックを代表するマスコットとして記憶されることだろう。

ひこにゃん 

日本の都市を代表するもう一つのかわいいマスコット、それは彦根市のマスコット「ひこにゃん」です。ひこにゃんは、彦根市が2007年にデザインしたマスコットキャラクターです。 

彦根城築城400年を記念して作られたマスコット。ひこにゃんの登場には、興味深い歴史的背景がある。

彦根藩三代藩主井伊直孝は、落雷の際、白猫が寺に避難するよう合図を出し、助けられたという。そこで、ひこにゃんの兜に2本の角が生えた白猫をマスコットキャラクターにデザインしました。 

ひこにゃんの穏やかでかわいい姿は、日本にとって$4億円近い利益をもたらし、グッズ収入だけでも$2億円以上に達しています。ひこにゃんの可愛らしさがたまらない人は、日本に来た際にはぜひひこにゃんのぬいぐるみをゲットしてください。

キイタン 

ちぃたんは、どちらかというと物議を醸した歴史を持つ、健全な日本のマスコットです。ちぃたんは2017年に誕生した須崎市の非公式マスコットである。行政職員と須崎市の公式マスコット「しんじょう君」との動画をインターネット上にアップロードし、人気を博した。 

ちぃたんと新庄くんは、絶滅したニホンカワウソを表しています。しんじょう君がラーメン鍋を頭に乗せているのに対し、ちぃたんは子ガメを乗せています。 

ちぃたんとの論争は2019年、ちぃたんが登場する動画がSNSに登場し、ちぃたんが須崎市で大暴れしている姿が目撃されたことから始まった。 

リード  日本の歴史時代一覧|日本史における重要な14の時代

ちぃたんは見た目は可愛らしいのですが、動画では破壊行為をしたり、人に危害を加えるなど、とてもお茶目なマスコットなんです。 

このビデオは人によって評価が分かれるが、須崎に注目が集まったことは間違いない。 

結局、須崎市の行政は観光振興のためにちいたんを使ったコンテンツをすべて削除させられ、ついにはちいたんやその残虐行為とはまったく関係がないことを発表する羽目になった。

ドーモ

どーもくんは、NHKの公式マスコットキャラクターです。1988年にストップモーションで登場し、日本で最も古いマスコットの一つです。 

NHKが開局10周年を記念して、どーもさんの寸劇を使用。ドーモの名前に「くん」がつくのは、日本の若い男性によく使われる敬称である。

ドーモは、茶色で、大きな口ととがった歯が特徴の怪獣のマスコットキャラクターです。他のモンスターと異なり、ドーモは長方形の形をしており、後ろから見ると崩れたブラウニーのように見える。 

しかし、その姿に惑わされてはいけない。正面から見ると、恐ろしくかわいいのだ。どーもくんは、歴代の日本のマスコットの中でも、最も好感が持てるマスコットの1つです。

ガジロー 

史上最も不気味でアッパレなマスコットに出会う時が来た。ガジロウは2015年から福崎の公式マスコットで、この不気味なマスコットの登場により、福崎の街は悪魔のテーマパークに変貌してしまったのです。 

福崎市を訪れると、鬼をモチーフにしたベンチや像などを目にすることが多くなります。

ガジロウは、日本古来から伝わる川の怪物で、爬虫類のような姿をしているのがモチーフです。このマスコットは赤色で、さらに長髪なので、より怪物的な印象を与えています。 

ガジロウは、地元の人や観光客を突然怖がらせることで知られ、何人もの人に恐れられています。福崎を訪れた際には、突然の恐怖に襲われないように気をつけましょう。

メロン熊(めろんくま)

もう一人、怖いマスコットを紹介しましょう。それは「メロン熊」です。メロン熊という名前はあまり怖くないかもしれませんが、このマスコットを見るまでは待ってください。 

クマとメロンの産地として知られる北海道夕張市の公式マスコットキャラクターです。メロン熊は熊のマスコットであるため、特に子供たちにはあまり好まれないマスコットである。

それは、マスコットのおどろおどろしい姿に起因しています。メロン熊は熊のような風貌ですが、頭にメロンが乗っており、メロン熊の目はメロンの隙間から見えています。 

リード  6 ベスト日本語翻訳アプリ

メロン熊の特徴は、赤いステインが垂れているので、歯が目立ちます。メロンから出たスイカの汁なのか、血なのか、誰にもわからない。メロン熊に近づきすぎると、一瞬で飲み込まれてしまうので、くれぐれも近づかないようにしましょう。

モンベモン 

モンベモンは、ある人にはかわいく、多くの人には不気味に映る。鮮やかな色彩と悪魔のような顔立ちのモンベモンは、日本のある都市を代表する厄介なマスコットである。北海道紋別市の公式マスコットキャラクターであるモンベモン。 

モンベモンは海中に食べ物を探しに行ったとされており、その背景は非常に目を見張るものがあり、また悲しいものです。しかし、不幸なことにモンベモンは海中で動けなくなり、地球温暖化の影響で戻ってくることができたのです。

モンベモンは、ピンクと紫を基調とし、小さな爪のような手と長い歯、そしてあなたの心をじっと見つめる不気味な目を持っています。さらに不気味なのは、モンベモンには耳がないにもかかわらず、あなたの行動をすべて把握していることです。

日本のマスコット一覧。よくある質問

日本のマスコットは何人いるのでしょうか?

日本人は無条件にマスコットに執着し、その結果、日本では各都市や各都道府県にマスコットが配置され、観光振興に役立っている。日本には、都市、都道府県、団体、チームなどを代表するマスコットが3000体以上あると言われています。

日本で一番人気のあるマスコットは何ですか?

日本には、さまざまな団体を代表するマスコットが何千と存在します。その中で最も国民に愛されているマスコットは、スマイルマークと赤いほっぺが特徴のツキノワグマ「くまモン」です。2021年に行われた調査では、ほとんどの回答者が「くまモン」を好きなマスコットとして選んでいます。

日本の都市にはマスコットがいるのですか?

日本のマスコットは、都市、都道府県、スポーツチーム、団体など、さまざまな団体を代表しています。日本の各都市や各都道府県には、その都市や県の観光を盛り上げるための公式マスコットがあります。例えば、「くまモン」は熊本県、「ひこにゃん」は彦根市、「メロン熊」は夕張市を表しています。

関連記事

一蘭ラーメンジャパン

一蘭ラーメンジャパン メニュー 2022

タコベル・ジャパン メニュー

タコベル・ジャパン メニュー 2022