尻目(しりめ)。尻目のお化けの民俗学

尻目のお化け

尻目の伝承のすべてがここにある。おしりたんていのお化け  

日本が魅力的な文化、素敵な人々、おいしい食べ物、そしてハイテクな側面を持つ国であることは、誰もが知っていることです。しかし、私たちは日本の古い民話や日本史初期の神話について何か知っているでしょうか? 

日本古来の文化やそれにまつわるエピソードを完全に理解している人は、そう多くはないはずです。 

日本古来の神話やファンタジーを知らない人は、かなり損をしていると思います。

日本の民間伝承の一つに、「尻目(しりめ)」という名の神話があります。しかし、この奇妙な生き物の全貌を知るのは、もう少し先の話です。

もし「尻目幽霊」という名前に興味を持たれたのなら、この悪魔について知りたいことはすべて説明しましたので、さらに下を読んでください。

尻目幽霊とは何者か?

シリメ は、日本の民話に登場する人気の高い神話上の生き物で、妖怪として知られている。 

妖怪とは、日本古来の神話に登場する神話的な生き物のことで、英語では妖怪は、モンスター、悪魔、幽霊、そして時にはシェイプシフターを意味し、日本の民間伝承では妖怪と呼ばれている。 

妖怪には様々な種類があり、善玉と悪玉がいるので、悪玉には近づかないようにしましょう。 

この妖怪たちは、超自然的で神秘的な力を持っており、変身したり、姿を消したり、その力を使って人を怖がらせたりすることもできる。

日本の悪名高い妖怪である白目は、人を怖がらせる不思議な力を持っている。 

尻目」は漢字で書くと「尻目」となり、英語では「Buttocks Eye」と訳される。 

尻目に巨大な目玉があるというので、「本当に尻目のような妖怪がいるのか」と多くの人が思っているからだ。

また、「尻目」の漢字には「下を向く」という意味がありますが、これは眼球の位置からして当然といえば当然です。 

また、日本の民俗学の中には、「尻目は人間を怖がらせるために変身する奇妙な動物である」とする考え方もある。

白米ってどんなもの?

シリメが悪魔であることを知ったからには、この狂った悪魔の姿に慣れ親しみ、いつか目撃したときのために識別できるようにするのが一番だ。

リード  日本の妖怪一覧|知っておきたい怖い日本の妖怪5選!

前述したように、尻目は悪魔のような生き物で、背中に大きな目玉があると信じられている。 

しかし、その顔や体格はどうだろうか。どのような姿をしているのだろうか。それがこの悪魔の最も複雑で興味をそそるところだ。 

日本の伝承では、シリメは普通の人間の体格をしていて、遠くから見ると人間に見えるように着物を着ていて、人を誘うのに役立っていると言われています。しかし、その顔は真っ白である。

つまり、尻目には顔や目・鼻・唇など、何の特徴もないのだ。 

この悪魔の特殊な事実が、考えることをさらに恐ろしいものにしています。顔がないのに、どうして尻目は見えるのだろうと思うかもしれない。 

まあ、お尻に巨大な目玉があるので、尻目のような怪獣には間違いなく問題ないでしょう。 

日本の民俗学における「尻目」の由来

日本の民間伝承の中で、「尻目神話」がいつ頃成立したかは定かではない。古代の話と推定され、その後、何人もの人によって話が付け加えられました。 

18世紀、与謝蕪村という歌人が、この尻目神話に大変興味を持ち、作品の中に尻目の絵を描くようになった。その与謝が書いたとされる有名な物語がある。

尻目の話は、ある武士が夜遅く京都の町を歩いていると、誰かが自分を呼んで、「ちょっと待ってくれ」と言うのが聞こえた。 

侍が振り向くと、着物を着た普通の人間だった。しかし、侍はその人が脅威となるようなことがあれば、戦うために刀を用意していたのである。 

その男が近づいてきたとき、侍はその男が顔立ちをしていないことに困惑した。侍が動く前に、その実体は着物を持ち上げて振り向き、お尻を高くして前かがみになりました。 

侍が見たのは、尻にある巨大で明るい瞬きする眼が、まっすぐ自分を睨んでいることだった。その瞬間、誰もがそうするように、侍は命からがら逃げ出した。

人間がシリメに出会ったのはこの時が初めてで、それ以来、シリメとの出会いは報告されていない。願わくば、この侍のような目に遭う人がいないことを。 

なぜ、白目は人を怖がらせるのが好きなのか?

どんな悪魔や幽霊にも言えることだが、尻目は人を怖がらせて楽しむのが好きである。尻目に関するいくつかの物語を見てみると、尻目は悪者ではないが、スリルを求めて人を怖がらせるのが好きな悪魔であることは確かだ。 

リード  日本の名字100選とその意味・由来

友だちにイタズラをして、その友だちが怖がるのを見るのが好きなのは、みんな同じです。

しりめには、人を脅かすときの条件がある。夜、特に各地から来た孤独な旅人を怖がらせるのが好きだ。 

これは、旅人が尻目の話を知らないからで、尻目の残虐行為を知らない人を怖がらせるのは、この悪魔にとって好都合でスリリングなことなのだ。

白目はどのように人を怖がらせるのか?

前述したように、尻目には人を怖がらせるための基準があり、以下にそれを紹介する。

  1. シリメは夜間にしか現れないので、特に一人で旅をしている人を見つけやすい。
  1. 着物を着て普通の人間に見せかけ、後ろから声をかけて人を誘う。
  1. 人がしりめに近づくと、無表情な顔を見せ、すぐにお尻にある目玉を見せにくる。
  1. 目玉は、人が恐怖で逃げ出すまで、光り続け、見つめ続けます。

尻に目があると、まるでピエロのようですが、こんな光景を目の当たりにしたら、誰だってショックで恐ろしくて、命からがら逃げ出すしかないでしょう。 

もうひとつの「しりめ」。

以前、日本の民話に登場する妖怪についてお話したのを覚えていますか?さて、ここでは、おそらく尻目の別バージョンか親戚である別の妖怪について、別の話をします。 

日本の伝説では、この「のっぺら坊」は、尻目と同じように顔のない妖怪として知られている。 

しかし、のっぺらぼうの怖がり方は、尻目のおバカな行動とは全く違うのです。

のっぺらぼうは顔に特徴があると信じられていることもあり、手で顔を拭うと顔の特徴が消えてしまうので、人を怖がらせてしまう。 

一方、尻を見せびらかすのが好きで、人を怖がらせるという名目の尻目もある。 

日本人は「白目」をどう見ているのか?

昔の日本人なら、この尻目伝説を信じたと考えるのが賢明であろう。また、尻目の伝説は、夜中に旅する人を怖がらせるための、ある人物や集団の奇想天外な想像に過ぎないという考え方もある。 

リード  日本語で「幸運」を表現する10の方法

また、夜中に家の外に出る子供を怖がらせて、そうさせないために、親がそのような話を思いついたのかもしれない。

最近、尻目の話は人によって対照的なとらえ方をされている。神話に登場する妖怪の話を面白がる人もいれば、日本の民話にある嫌な面として捉える人もいる。 

日本人はあまりそういう神話が好きではないので、普通の会話でそういう話をすると失礼にあたることもある。

しかし、ミームメーカーの間では、尻目の鬼のイメージは、より面白いイメージやシナリオを作るためのツールとして人気がある。 

尻目の神話も、今では本来の恐怖ではなく、笑いのネタにされているような気がします。

日本のエンターテインメント業界における「志事(しりごと)」。

尻目伝説は日本ではポピュラーな話だが、アニメやマンガの中で尻目の怪獣が登場するシーンや描写に出会ったことがないのは明らかだ。 

アニメでは、キャラクターを奇抜なデザインにして、独創的なプロットを作ることが多いのですが、その中でも特に「尻目」を意識してデザインされたキャラクターはありません。 

しかし、1994年に公開された「ポンポコ」というアニメ映画では、ゴミ箱からお尻に大きな黄色い目のついたシリメのような生き物が現れるシーンが登場する。 

この時、尻目はカメオ出演しただけで、それ以来、日本の人気エンターテインメント・コンテンツに尻目が登場することはなかった。

その理由は、尻目のようなキャラクターが持つポテンシャルの低さにあると思われます。考えてみれば、多くの超能力を持たず、お尻に大きな目を持つキャラクターが、アニメやマンガのシリーズで何ができるのだろうか。 

以上、尻目怪獣伝説についてでしたが、もしあなたが実際に尻目を見たらどうしますか?大笑いしますか、それとも命からがら逃げますか?

日本では牛乳は低温殺菌されているのか

日本では牛乳は低温殺菌されているのですか?

日本の代表的な武将

知っておきたい日本の名将6選!