グリーンローソンを訪ねて:日本の未来型コンビニでアバターのサービスを体験しよう

グリーン・ローソン

東京都豊島区の中心部に、従来のコンビニエンス・ストアに革新的なひねりを加えた、環境に配慮したユニークな試み「グリーンローソン」がある。 

従来のローソンとは異なり、グリーンローソンは、環境維持への確固たるコミットメントと、創意工夫にあふれた事業への取り組みが特徴である。

このユニークな企業では、一般的な常温弁当やチルド弁当は陳列されていない。 

注文を受けてから店内の厨房で温めるので、食材の無駄を大幅に省くことができるのだ。

  ショップ・フロム・ジャパン  

この店の弁当のモバイル注文システムは3ステップで、とてもシンプルだ:

  1. 指定のQRコードをスキャンする
  2. キャッシュレス決済
  3. サービスカウンターで注文を受け取る

環境に優しいという理念のもと、グリーンローソンではビニール袋や食器の配布を一切見合わせている。その代わりに、買い物用のバスケットはリサイクル素材で作られている。 

さらに、顧客が余剰食品を寄付できる「フード・ドライブ」コーナーや、購入品を運ぶ紙袋のリサイクルを促す「リユース・コレクション・ボックス」によって、社会的責任が奨励されている。

しかし、おそらくグリーンローソンの最も興味深い特徴は、従来の店舗スタッフの代わりにアバターを雇用していることだろう。約30人が自宅から遠隔操作でこのバーチャル・アシスタントを操縦し、さまざまなシフトをカバーしている。 

この制度は、労働力不足に対処するだけでなく、障害者、高齢者、遠隔地に住む人々に雇用機会を創出する。

この店は、技術革新と暖かさ、そして人間的な触れ合いをペアにしている。 

例えば、タバコやアルコールなど年齢制限のある商品を購入する場合、客は好きなものを選んでセルフレジに持って行き、運転免許証やマイナンバーカードで年齢を確認する。

リード  2024年冬、埼玉でしたい15のこと:埼玉観光ガイド

タバコを買うためにセルフレジを利用したとき、ハプニングに見舞われた。カードを入れなおしてください」という指示にもかかわらず、何度か失敗した。 

ついにアバターが動き出し、私が最初見落としていたレジ画面のオレンジ色のタッチボタンへと導いてくれた。

アバターとのやりとりは戸惑いと自意識過剰から始まったが、最終的には必要な支援をしてくれた。しかし、このエピソードは、より円滑なコミュニケーションの可能性を示すとともに、アバターと顧客とのインターフェースに改良の余地があることを浮き彫りにした。

グリーンローソンを探求する中で、私は技術の進歩と環境への配慮、そして包括的な雇用を調和させた未来への立派な青写真を発見した。 

時間の経過とともにプロセスが合理化されれば、このモデルが人気を博し、コンビニエンスストアに対する私たちの認識に革命を起こすかもしれない。 

単なるホログラム・レジやロボットによる仕入れの革新を超える先駆的な一歩で、日本のコンビニの未来は明るい。

グリーンローソンのアバター運用サービスを理解する

グリーンローソンの革新的な技術により、従業員は店舗にいるアバターを遠隔で管理することができる。このアバターはスクリーンに表示され、別の場所にいるスタッフがリアルタイムで操作する。 

双方向カメラを通じて顧客と対話し、人間味を保ちながら新たなレベルの利便性を提供する。

アバターが運営するグリーンローソンのサービス

グリーン・ローソン は、コンビニエンス・ストアにありがちなさまざまな商品と、環境に配慮した商品を提供している。 

リード  日本におけるインプラントの費用 2024年|日本におけるインプラントのベストガイド

同店は環境負荷の軽減に重点を置き、持続可能なライフスタイルを促進する商品を取り揃えていることで知られている。

グリーンローソンでのユニークな買い物客との交流

グリーンローソンでの買い物が従来の店舗と異なるのは、主にアバタースタッフが買い物の案内をしてくれるからだ。

そのユニークさは、通常のコンビニエンスストアに近未来的なひねりを加えた、デジタルな人的交流にある。

グリーンローソン営業時間

私は24時間体制で業務を管理しています。グリーンローソンは年中無休で営業しており、お客様はいつでもアバターの利便性を享受することができます。

グリーンローソンのアバター活用術

顧客は、人間のスタッフと接するのと同じように、アバターに話しかけたり、アバターの指示に答えたりすることで、アバターと対話することができる。アバターは、購入や店舗への問い合わせをサポートするために、簡単で直感的な対話ができるように設計されている。

アバターが日本の小売業雇用に与える影響

グリーンローソンのようなアバタースタッフのいる店舗は、小売業、特に雇用のあり方に大きな影響を与える。 

これらの店舗は、移動に不自由があるなど、従来の店舗環境では働くことが困難な人々に働く機会を提供し、労働力の拡大と包括性の育成に貢献している。

どう思う?

バーガーキング抹茶パイ

バーガーキング・ジャパン 京都抹茶パイのレビュー:ユニークな味の融合

カルディス メロンバター

カルディ「和風メロンバター」試食レビュー:グルメキッチンを席巻する料理トレンド