日本人はなぜヒゲを生やさないのか?

日本人はなぜヒゲを生やさないのか?

日本人はなぜヒゲを生やさないのでしょうか?ここでは、日本人がヒゲを選ばない主な理由を紹介します。詳しくはこちらをご覧ください。

男性は、歴史の中で様々な目的で顔の毛をスポーツ刈りにしてきたと言われています。それは彼らの文化の不可欠な部分かもしれませんし、彼らは単に周りにそれを持つことを楽しむかもしれません。

欧米の文化で最も特徴的なのは、髭を生やした男性が圧倒的に多いことです。

かつては、人々はそれを権力の象徴として見ていました。ヒゲを生やした男性は権威ある人物と見なされ、その顔立ちから仲間から尊敬されることが多かったのです。

日本に関して言えば、物事の進め方が違います。メディアで知ることもできますし、自分で行ってみると、日本の男性はヒゲを生やしていないことがわかります。ここで考えていただきたいことがあります。その理由については、この記事で説明します。

日本人はなぜヒゲを生やさないのか?

日本におけるヒゲの歴史

日本では、どのような種類のものであっても、一言で表すことができます。 にがお衛生[髭]日本語では口ひげ、ひげ、もみあげ、ひげを一括りにして言う。

日本語でも、"衛生 "と同じ発音で "自虐 "という言葉があるように、ヒゲはあまり好きではないようだ。

かつて日本では、ひげは権力の象徴とされ、特に武士の間では厳粛で危険な印象を与えることが望まれていた。

日本人はなぜヒゲを生やさないのか?

武士の中には、第一印象を良くするために付け髭をする者もいた。これがヒゲが嫌われるようになった最大の要因である。

文民政権になったとき、ひげをつけることはその政権に反抗することを意味した。

の大半を占めています。 武士 その時代の人々は、髭を取り、髪を頭の後ろで束ねたり、結んだりしていた。

リード  八咫鏡とは何か:日本の聖なる鏡とは?

他国の人を指して「毛唐」という言葉を使うようになると、差別される率が上がった。さらに、アイヌの人たちがヒゲを生やしていることが認知された。

の後に 明治時代そして、他の高級官僚も口ひげやひげを使うようになり、それが目立つようになった。前世紀でも、ヒゲを生やした男性は珍しくなかった。

鬚

日本でヒゲが生えない理由 

一般に、ヒゲは珍しいものではなく、ある程度年齢を重ねた男性にしか見られません。しかし、ここ数年、日本の若い男性の間で、ヒゲを生やすことにルネッサンス的な関心が持たれている。

このような新世代のヒゲ愛好家は、海外のセレブリティに注目しています。 ブラッド・ピット そして ジョージ・クルーニー や、日本のヒップスターがその源流として受け入れています。

では、なぜ日本人がヒゲを生やさないのか、その理由を考えてみましょう。 

  • 非衛生的 

これは信じられないことだが、真実である。日本人の大多数、特に日本の女性は、「顔の毛は不潔な印象を与える」という意見を持っている。

世界で顔の毛が生えている男性を不衛生と考える国は、日本と韓国だけです。逆に言えば、生粋の日本人でなければ、日本人は顔の毛の濃さなど気にしないでしょう。

毛深い日本人男性は不潔であるという先入観があるようです。もしあなたが長いヒゲを生やしている人で、今後これらの国に行く予定があるのなら、「外国人だからヒゲを指摘されることはないだろう」と心配する必要はないでしょう。ひげをきれいにする必要はありません。

鬚髯
  • 遺伝学

中国系、日本系、韓国系の人がふさふさとした濃いヒゲを生やさないのは当然といえば当然です。環境的な要因が大きく関わってくる可能性はありますね。

気温も湿度も非常に低くなりがちな場所です。そのため、自力でヒゲを生やすのは非常に難しい。そのため、東アジアの男性でヒゲが濃い人はあまり見かけません。

リード  アニメにおける髪の色とヘアスタイルの意味

ただし、生える可能性を排除するものではありません。ある種の人は丈夫な遺伝子を持っていて、その結果、完全なひげを育てることができるのです。

考え方や文化を考えると、清潔感を保つ努力をするのが一般的でしょう。先ほども述べたように、若い世代の男性はヒゲを生やさない傾向にあるが、年配の男性は今でも世界と同じようにヒゲを生やしている。

  • 企業文化

日本の会社では、髭や口ひげをつけることを禁止しているところがほとんどである。その結果、日本の労働者階級の男性は、ほとんど全員が髭を剃っている。

日本や韓国の人々は勤勉で、仕事に対して高い評価を受けていることで知られています。そのため、勤務先の方針で「顔面ヘアーを禁止している」場合は、それを遵守することになります。

  • 男性はきれいな剃り味を好む 

現地の男性の大半は、きれいな髭を剃ることを好みます。それは彼らや彼らの文化に独自のアイデンティティを与えるだけでなく、他者との差別化にもなり、非常にポジティブな特徴となっています。 

近年、ヒゲを生やしていない男性が好まれる傾向がある。欧米で日本や韓国のモデルやミュージシャンがもてはやされるのは、彼らがメディアで活躍することに起因している。

その唯一無二のクリーンシェービングというアイデンティティが、他のブランドとは一線を画しているのです。一般的に、誰もが自分の顔の毛をどのように整えたいかを自分で選択する自由が認められているはずです。

  • 社会的ルール 

最近、これらの国では、顔の毛を生やすことは社会的な失敗と考えられています。ちょっと憂鬱になりますね。

彼らの文化は進化し、今ではなかなか変えられないメンタリティのようなものがあります。顔面毛髪は我々の文化とは違うということを、ようやく理解してくれたようです。

一般的な注意事項 

日本の若者の大半はヒゲを生やしていないことに気づくだろう。女の子はヒゲを剃っているのが当たり前という、男性の美の基準に従う傾向があるのです。

リード  入浴ガイド|日本でお風呂に入るには?

社会的なプレッシャーがなく、誰もが自由に行動できるにもかかわらず、ほとんどの日本人男性は顔の毛を生やしません。

現代アーティストの間で、ヒゲの人気が高まっている。村上隆、宮崎駿、小島秀夫、セーラー服のおじさん(小林秀明)、山田孝之、安田純平などがヒゲを生やしているのに気づきます。

もし、ヒゲを剃っていないお年寄りに出会ったら、それはアイヌの子孫であるか、老齢になったから剃らないことにしたかのどちらかである。

また、さまざまな場面でコスチュームの一部として付け髭をする人がいます。それは、自分にとって楽しいからするのです。

なぜ日本人はヒゲを生やさないのか。よくある質問

日本人男性はヒゲを生やせるのか?

日本人男性のヒゲはあまり見かけないが、生やすことは可能である。

そのため、日本人男性の多くはヒゲを剃っている。

ヒゲを生やして日本で教壇に立てるか?

はい、できます。あまり見かけない光景ですが、日本ではヒゲを生やした人も教壇に立つことが多いようです。 

日本の男性はヒゲを生やしているのですか?

ヒゲもそうですが、特にサラリーマンの男性でヒゲを生やしている人はほとんどいないことにすぐに気がつくと思います。特に若い男性にその傾向が強い(顔の毛も同様)。

ヒゲを剃ってもたまに問題になることはあっても、日本ではヒゲがあるだけで問題になることがある。

結論 

日本人がヒゲを生やさないのには、いくつかの理由がある。まず、日本語の「ひげ」の発音が「自虐」の発音に似ていること。

そのため、ほとんどの人がヒゲを生やさないように心がけています。また、衛生面も重要な要素です。ヒゲは不潔とされ、現代の美の基準では、ほとんどの人が顔をきれいに剃ることを選択します。

ヒゲを生やしている方も、日本への旅行を計画されている方も、心配はいりません。髭を剃る必要はないのです。あなたが外国人だからといって、先住民は何も言いません。そして、美しい場所を探索することを忘れないでください。

また、読んでください。

Nancy Josephによって書かれた。

現在、交換留学生として東京に在住。毎日少しずつ日本語を勉強しています。

自宅でできる楽しいワークアウト

身体的にも精神的にもシェイプアップするための7つの楽しい家庭内ワークアウト

忍者武器ガイド

忍者武器ガイド