HAKOの香りの種類|HAKOの香りのおすすめ9選!

HAKO香の香り

心を落ち着かせるアロマで、すぐにでも安心できるハコ香の香りをキュレーションしました!

用事で長い一日を過ごした後は、心も体も、そして魂も、そのプレッシャーを洗い流すためにいくつかの甘やかしを必要とします。自宅でアロマキャンドルを灯しながら、うとうとと眠りにつくのが、何よりのリラックス方法です。 

しかし、私はアロマキャンドルの代わりに、様々な香りを持つ日本のお香「HAKO」の香紙をお勧めします。軽くて、魅惑的で、ポプリとしても使えて、一瞬で消臭してくれます。 

Hakoのお香が気になった方は、以下のHakoのお香の種類についてのレビューをご覧ください。

  ショップ・フロム・ジャパン  

こちらをご覧ください HAKOペーパーインセンス6個入り を含むものです。スパイシー・ジャスミン、エレガンス・シトラス、スモーキー・シナモン、ホワイト・フローラル、グリーン・グラス、トゥルー・アクア

を取得することもできます。 HAKOペーパーインセンス5個入り を含むものです。スパイシージャスミン、アガーウッド、ウィンターシダー、ウィンターファームツリー、ウィンタージンジャー。

Hakoの香りの種類

はこべら香 沈香

まず、HAKOのお香は和紙で作られており、季節を表す葉の形がデザインされています。 

HAKOのオリジナルコレクションを構成する香りは8種類あり、沈香はそのうちの一つです。沈香は香水やお香に使われる世界的に有名な香気・薬用成分です。 

はこべら香 沈香

沈香の香はこ葉は白色で、ケヤキの葉に似ている。沈香の香紙を焚いて数分後、部屋全体が消臭され、とても生き生きとした香りになりました。 

沈香の香りは深く、部屋がお寺になりそうなほどでした。ハコ香は7分程度でしたが、沈香は2日ほど部屋に残りました。

Hako インセンス スパイシージャスミン

スパイシージャスミンの香りは、HAKOのお香の中でも特に好きな香りの一つです。やや黄色の濃淡があり、ケヤキの葉のような形状のお香です。

ジャスミンは誰もが認める香りで、フローラルフレグランスの女王と呼ばれる。 

Hako インセンス スパイシージャスミン

スパイシーなジャスミンのような花の香りは、一般的に繊細で、とても癒しの効果があると言われています。このお香は、天然のジャスミンの花から開発され、香りは甘い麝香のヒントを与えるようにバランスされているので、あなたはそれを圧倒的に見つけることはできません。

もし、あなたが寝つきが悪いのであれば、寝るときに「HAKOインセンス スパイシージャスミン」の葉を焚くことをお勧めします。 

リード  鳥栖プレミアム・アウトレットは行く価値があるか?

これは、ジャスミンの香りが睡眠を促進することが証明されており、翌日には爽やかで機敏な目覚めを迎えることができるからです。 

HAKOインセンスのジャスミンのスパイシーな香りは、いつもポジティブでポジティブな気分にさせてくれるので、定期的にHAKOインセンスの葉を焚いています。 

Hako インセンス サンダルウッド

こちらも白檀の香りのする白い色のハコ香の葉を使用した、木の香りのするお香です。 

白檀は神聖な薬用植物であり、古くからお香として、さらにはスキンケア成分として儲けられるようになった。 

私は、毎日のリラックスタイムに、「はこべら香」の白檀の香りのリーフをその日の気分で選びたいと思います。 

Hako インセンス サンダルウッド

サンダルウッド香は、神経系に多くの効果をもたらします。神経を落ち着かせ、不安や動揺を抑え、睡眠の質を高め、ストレスを即座に低下させることができます。 

HAKOインセンスのサンダルウッドの葉は、まさにそれを実現し、全体的に落ち着いたムスクのような雰囲気を促進させます。 

リーフに含まれるサンダルウッドの香りはまろやかで繊細で、ストレスがすべて排出されるのを自動的に感じることができます。

白檀の葉を焚いた後は、気分が高揚しますし、気分も高揚します。 

Hako インセンス エレガントシトラス

柑橘系の香りのお香は、いつも何人かの人に好まれています。柑橘系には、気持ちを穏やかにしてくれる何かがあるからです。 

HAKOインセンス エレガントシトラスの葉は、淡いオレンジ色をしており、柑橘系の香りを直接的に表しています。 

HAKOインセンス シトラスエレガントリーフに火をつけると、柑橘系の香りがオレンジなのかレモンなのかよくわからないが、エキゾチックでマイルドな香りがするのが特徴だ。 

Hako インセンス エレガントシトラス

柑橘系のお香は、幸せホルモンであるセロトニンの分泌を促進し、ストレスホルモンを減らすので、気分転換に最適です。また、柑橘系のお香は、集中力を高め、注意深く活動的にしてくれるという効果もあります。 

HAKOインセンス エレガントシトラスの葉には、雰囲気を消臭しながら、明るく俊敏な気分にさせるシトラスの香りが絶妙に含まれています。 

柑橘系の香りは覚醒力や集中力を高めるものなので、特に仕事中の方は日中に「Hako香エレガントシトラス」を使うのがおすすめです。 

Hako インセンス ホワイトフローラル

HAKOインセンスのホワイトフローラルの香りは、今まで何の花で香りをつけているのかが分からず、謎のままでした。 

柿の葉に似ているこの香葉は、穏やかな黄色い色合いをしています。花の香りにこだわらないが、花の香りを楽しみたい方には、「はこべら香 白花」がおすすめです。 

Hako インセンス ホワイトフローラル

Hako Incese White Floral scented leavesの香りは、女性らしさがあり、その魅惑的な繊細な匂いにただただ魅了されます。フローラル系のお香は、スピリチュアルな癒しやアロマテラピーの聖地と言われています。 

リード  日本にニコンのアウトレットはありますか?

静寂、神聖さ、セレンディピティを促進します。HAKOインセンス ホワイトフローラルのエッセンスは、あなたの精神を刺激し、不安や落ち込み、ストレスを抑えて心の健康を育みます。 

昼でも夜でも、「はこべら香 ホワイトフローラル」の葉を灯すと、明るい気持ちになり、癒されます。 

Hako インセンス スモーキーシナモン

Hako香のスモーキーシナモンの香りは、柿の葉に、シナモンの皮の自然な色に似た茶色の陰影をつけたものです。 

秋の季節にぴったりのお香で、シナモンが好きな人にはたまらない一品になりそうです。 

Hako インセンス スモーキーシナモン

Hako Incense Smoky Cinnamon リーフは、土と焦げた木のような香りに、わずかに花の香りが混ざったような香りです。 

もし、この香紙をポプリとして使いたいのであれば、その方が上品で素朴な香りがするので、より喜ばれると思います。 

しかし、桂皮のお香には、風邪を治す、血行を促進する、痙攣や消化不良を抑えるなど、体を癒す効果がたくさんあるのだそうです。 

Hakoのスモーキーシナモンインセンスは、健康に良いだけでなく、あなたの快適な空間からネガティブなエネルギーや邪悪なものを遠ざけてくれるのです。もし、体調が悪いと感じたら、HAKOインセンスのスモーキーシナモンの葉に火をつけて、早く治しましょう。 

はこべら香 青草

草の香りのお香に出会うのは初めてですが、嬉しいですね。ハコ香の青草の葉は白色で、ケヤキの葉のような構造をしています。 

HAKO香のグリーングラスを焚いてみた感想は、濡れたジャングルの奥深くを歩いているような感覚に似ているとしか言いようがありません。 

土や苔の香りは、家の中に芝生があるのかと思うほど奥深いものです。 

正直なところ、このお香を勧めるかどうかは疑問ですが、もしあなたが熱心な自然愛好家なら、Hako Incense Green Grassは自然のすべてを思い起こさせるので、きっと大切にしていただけると思います。

ポプリとして置いておくと、芳香剤や蚊などの虫除けとして活躍します。 

ハコ インセンス トゥルーアクア

アクアインセンスがあるなんて、誰が想像できたでしょう?ハコ香のオリジナルコレクションに「真・アクア」というお香がありますが、このお香の葉は、香りを感じさせない真っ白なものです。 

しかし、「HAKO香TRUE AQUA」は、火をつけると洗濯物のような香りがする。 

これは、海水が蒸発して表面についた塩の一種であるフルール・ド・セルが含まれているためと思われる。 

リード  SK-IIは日本では安いのか?SK-IIの日本での価格と他国での価格を比較する

このお香は、水の香りなのか塩の香りなのかわかりませんでしたが、タイトルにあるようにアクアの香りを持ち、また、少し花の香りもします。 

フルール・ド・セル香は、その海洋的でミネラルを含んだ匂いから、最近話題になっているお香である。型破りで怪しげな内容にもかかわらず、かなり爽やかで原始的な香りがした。 

はこべら香緑茶

HAKOインセンス」の「グリーンティー」のペーパーインセンスは、春の季節に多く販売されるアイテムです。 

日本では、緑茶の香りを感じないことはないでしょう。 

緑茶のお香ってどんな香りなのか半信半疑でしたが、ハコ香の緑茶はこの世のものとは思えないほどでした。 

はこべら香緑茶

純粋な緑茶の香りがほのかに漂い、とてもフレッシュでエキゾチックな香りがしました。瞬時に消臭し、周囲を清潔にし、ハエや蚊を追い払ってくれるのはありがたい。 

また、緑茶の香りを完璧に引き立てる桜の花の上品なニュアンスも感じられました。抹茶の香りが、寒い夜にぴったりな雰囲気です。

Hako インセンスシダー

HAKO香杉は、特に冬の季節に開発された季節の香紙です。 

このお香もまた、HAKOインセンスの木製のお香紙で、メディカルな効能を詰め込んでいます。 

シダーウッドインセンスは、ストレス、憂鬱、不安、緊張を取り除き、睡眠の質を高めるために、神経系を落ち着かせ、精神安定させます。また、血行を促進し、エネルギッシュな気分にさせ、集中力を高める効果もあります。 

Hako インセンスシダー

Hako Incense Cedarに火をつけると、樟脳の香りとかすかな柑橘系の香りがします。 

香りはマイルドで癒し効果があり、一瞬でほっとするような気分になります。ハコ香杉の興味深い事実は、蚊や虫を抑える効果があるということです。 

したがって、「HAKO香杉」は、薬用・防虫用のお香の香りの中でも、断トツに優れていると言えるでしょう。

関連記事

どう思う?

村松幸恵 照明

村松幸恵の照明8種|村松幸恵の美しい照明の選択肢

日本語学習者に最適なマンガ

日本語学習者のための読みやすいマンガ10選